かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績や評判/口コミ/年収

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

かえでファイナンシャルアドバイザリー(かえでFA)は、中堅・中小企業向けにM&A・事業承継のアドバイザリーサービスをするM&A仲介会社です。詳しい業務内容や評判・口コミ情報など、かえでファイナンシャルアドバイザリーについてレポートします。

目次

  1. かえでファイナンシャルアドバイザリーとは
  2. かえでファイナンシャルアドバイザリーのサービス内容
  3. かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&A事業
  4. かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績
  5. かえでファイナンシャルアドバイザリーの評判
  6. かえでファイナンシャルアドバイザリーの口コミ
  7. かえでファイナンシャルアドバイザリーの年収
  8. かえでファイナンシャルアドバイザリーに向いた企業
  9. 合わせて相談する際におすすめのM&A仲介会社
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. かえでファイナンシャルアドバイザリーとは

かえでファイナンシャルアドバイザリーとは

かえでファイナンシャルアドバイザリー(かえでFA)は、2005(平成17)年にM&A仲介会社として設立されました。

M&A仲介会社とは、事業規模拡大の課題解決を目的として行われるM&A事業承継・会社売却の仲介やアドバイザリーサービスを提供する会社です。

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、主に中堅・中小企業のM&Aを請け負っており、M&Aを通して中堅・中小企業およびその経営者がいきいきと活動できるインフラ整備を行うとしています。

【関連】M&Aアドバイザリーとは?業務内容を徹底解説!

2. かえでファイナンシャルアドバイザリーのサービス内容

かえでファイナンシャルアドバイザリーのサービス内容

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&A仲介業務ですが、一口にアドバイザリーサービスといってもその内容は多岐に渡ります。

この項では、かえでファイナンシャルアドバイザリーが提供しているサービスと、その具体的な内容を見てみましょう。

【かえでFAのサービス内容】

  • 事業承継
  • 事業再生
  • PMIコンサルティング
  • 株価算定
  • 財務デューデリジェンス
  • 資本政策アドバイス
  • ベンチャーM&A

事業承継

事業承継とは、企業の経営・所有権を経営者から後継者に引き継ぐ行為のことです。かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、事業承継に必要な手続きについて、アドバイスまたは代行業務を行っています。

事業承継においては、現在、必ずしも理想の後継者が存在しているわけではありません。かつて中小企業の事業承継は、家族や親族が引き継ぐ「親族内承継」が一般的でしたが、身内に後継者が見つからないケースも増えています。

その場合、廃業を避けるためには、社内から後継者を選ぶ「社内承継(従業員承継)」や「M&Aによる第三者への事業承継」が選択肢です。そして、社内に後継者がいなければ残された選択肢はM&Aであり、この部分において、かえでファイナンシャルアドバイザリーは最適な候補者を探し出すサービスを行っています。

【関連】事業承継の5つの方法のメリット・デメリットを徹底解説!注意点や必要な準備まで

事業再生

事業再生とは、経営悪化などにより赤字状態にある会社の経営回復を図ることをいい、具体的には、事業の見直しや不採算事業の切り捨てを行うことで経営状態の回復を目指します。

事業再生を試みるきっかけとしては、「債務超過でかつ過大な債務を抱えているため、通常のM&Aが難しい」、「資金繰りが厳しく、事業の継続が困難」などです。

これらの状態に陥ってしまうと、自力での解決は難しく専門家によるサポートを受ける必要があるでしょう。

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、企業が抱えている問題を正しく把握して、事業存続のためのスポンサー探索「事業再生M&A」サービスを提供しています。

【かえでFAの事業再生M&Aアドバイザリー業務の流れ】

  1. 再生スキーム策定
  2. スポンサー選定手続実施
  3. スポンサー選定過程の利害関係者への報告、説明
  4. スポンサー契約などのドキュメンテーション
  5. クロージングのサポート

【関連】M&Aで事業再生するには?方法、手順、ポイントを解説

PMIコンサルティング

PMI(Post Merger Integration)とは、「経営統合」を意味する言葉で、M&A後の統合効果を最大化するためのプロセスのことです。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、M&Aサポートの目的はM&Aを成約させることではなく、M&A後の経営統合こそが本番であるとしており、PMIコンサルティングサービスが充実しています。

【関連】M&Aにおける人事DD(デューデリジェンス)からPMIまでを徹底解説!

株価算定

株価算定とは、株式の価値を算出することです。上場していない中小企業の場合、時価で株価を算出できませんが、M&A・事業承継・会社売却の際は、株価算定を行って企業の価値を数値化する必要があります。

具体的な株価算定方法には、DCF法や時価純資産価額法など、さまざまなものがありますが全て専門的な知識が必要です。どの手法を選ぶかによって算出される評価額も変わるため、企業の特徴や状態を考慮したうえで最適な株価算定方法を選択しなくてはなりません。

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、実務経験豊富な公認会計士・税理士によるサポートを受けられるため、数ある算定方法から最適なものを選択できます。

【関連】会社買収の価格(金額)の算定方法や相場を解説!事例10選!

財務デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、企業や投資先の価値・リスクなどを調査することです。

M&Aでの財務デューデリジェンスは、売却対象会社の財務面におけるあらゆる内容を調査して正確な姿を把握することで、潜在的なリスクの特定と定量化を図る目的で行われます。

【関連】M&AにおけるDD(デューデリジェンス)項目別の目的・業務フローを徹底解説!

資本政策アドバイス

資本政策とは、事業を遂行するために必要となる資金を調達する方法の策定とその実現を図る施策をいいます。

具体的な資金調達の手段としては、新株発行、株式移動、株式分割、新株予約権付き社債の発行、金融機関からの融資、国や自治体からの助成金の獲得などです。

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、最適な資金調達方法や企業価値を高める資金運用方法をサポートする資本政策アドバイスサービスを提供しています。

【関連】プロラタ(プロラタ方式)とは?意味、返済の計算方法を紹介

ベンチャーM&A

ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや先進技術を用いて、画期的なサービス・ビジネスを展開する企業をいいます。

ベンチャー企業は、それらのサービス・ビジネスを持続させるため、ベンチャーキャピタル・事業会社・個人投資家などから資金提供を受けるのが常套です。

そして、投資家の方針にも影響を受けることですが、資金提供を受けている場合、イグジットとしてIPO(Initial Public Offering=株式公開)かM&Aを行う必要に迫られることがあります。

昨今ではIPOよりもM&Aによるイグジットが増えつつあり、ベンチャー企業におけるM&Aが注目されているのが実情です。

このような背景もあり、かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、ベンチャー企業のM&Aサポートにも力を入れています。

【関連】ベンチャー企業のM&Aの成功方法【事例30選あり】

3. かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&A事業

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&A事業

この項では、かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&A事業の詳細を掲示します。

【かえでFAのM&A事業】

  • クロスボーダーM&A
  • ベンチャーM&A
  • 事業再生M&A
  • 事業承継M&A

クロスボーダーM&A

クロスボーダーとは、国境を超えたという意味を持つ言葉で、クロスボーダーM&Aは国境を超えたグローバルなM&A、つまり海外企業とのM&Aを指します。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、世界規模のM&Aネットワーク組織「GLOBALSCOPE Partners」に所属しており、固有のグローバルネットワークを所有していることが特徴です。

世界中の案件の発掘・実行などを得意としており、日本企業の海外展開・海外事業の拡大などのサポートに強みを持ちます。

【関連】クロスボーダーM&Aの成功要因・メリットを解説!件数も紹介!

ベンチャーM&A

ベンチャー企業はイグジットとしてIPOかM&Aを設定していることがほとんどですが、最近ではM&Aによってイグジットするベンチャー企業が増えつつあります。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、公認会計士・税理士の専門家や金融機関、コンサルティング会社出身者も多数在籍しており、幅広い分野に対してM&Aサポートが可能です。

ベンチャー企業のように、専門性の高い企業においても正確に診断を行い、適切なM&Aサポートを行っています。

事業再生M&A

事業再生M&Aは、企業の経営状態を回復させるために行うM&Aのことを指します。端的にいえば、「債務超過で過大な債務を抱えていて通常のM&Aが難しい」、「返済期間をリスケジュールしているが返済の見通しが立っていない」といった問題を抱えている企業が行うM&Aです。

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、事業存続するためのスポンサー探索という形で事業再生M&Aを行っています。

再生実務に関する高い専門性や独自のスポンサー候補データベースを活用することで、事業継続をサポートできるのです。

事業承継M&A

事業承継M&Aとは、後継者がいない企業が最適な後継者を求めて行うM&Aを指します。M&A仲介会社に相談・依頼するなどして第三者に株式譲渡(会社売却)・事業譲渡などをして事業を存続させることです。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、M&A仲介会社として長年培ってきたノウハウやネットワークを活用することで、経営者が望む形で事業を引き継いでくれる最適な候補者探しをサポートしています。

【関連】MアンドAとは?流れや成功ポイントをわかりやすく解説【案件あり】

4. かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績

かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、数多くの仲介実績を持っているM&A仲介会社です。

その中から一例として、ウェブ上で公開されているM&A仲介実績を抜粋して掲示します。

【かえでFAの実績】

  • 事業承継のため外資系企業に株式譲渡
  • 事業再生のためM&A
  • 大手企業からの申し出を受け再出発

事業承継のため外資系企業に株式譲渡

かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績1件目は、事業承継のため外資系企業に株式譲渡した事例です。

会社の経営状態は良好なものの、後継者がいないことから事業譲渡を決断し、海外展開したい希望もあったことから、グローバルネットワークを持つかえでファイナンシャルアドバイザリーに依頼しました。

オーナーの「売却後も5年後は経営者として残りたい」という希望とともに株式譲渡が完了しています。

事業再生のためM&A

かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績2件目は、事業再生のために決意したM&A事例す。

会社の利益が大幅に減少していくなか、事業や従業員だけは守ろうとして事業再生M&Aを決意し、実施されました。

この事例では、かえでファイナンシャルアドバイザリーのサポートによってスポンサーが見つかり、事業再生M&Aを遂行し、M&A後は無事に事業再生や雇用維持を成し遂げています。

大手企業からの申し出を受け再出発

かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績3件目は、大手企業からの申し出を受け再出発した事例です。

先代から機械部品メーカーを引き継いだオーナーが、将来性に限界を感じたことで新規事業開拓を模索していたところ、大手同業者より条件のよい事業譲渡の提案がありました。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのサポートにより手続きは順調に進み、手続きは4ヶ月で完了しています。

【関連】M&A成功事例25選!【2020年最新版】

5. かえでファイナンシャルアドバイザリーの評判

かえでファイナンシャルアドバイザリーの評判

ここでは、かえでファイナンシャルアドバイザリーの評判について紹介します。

【かえでFAの評判】

  • 幅広いネットワーク
  • 経営課題の解決力
  • 完全成功報酬

幅広いネットワーク

かえでファイナンシャルアドバイザリーの特徴は、幅広いネットワークを保有していることです。M&A案件で候補を探す際は、国内外問わず幅広い分野でのネットワークを活用して1,000社以上から選定しています。

海外案件についても現地のM&A専門家と繋ぐネットワークがあるため、クロスボーダーM&Aの強さは日本のM&A仲介会社の中でもトップクラスです。

また、世界有数のM&Aネットワーク組織「GLOBALSCOPE Partners」に、日本代表組織として参加しています。

経営課題の解決力

M&Aや事業承継の目的には、後継者問題や債務超過などの経営課題の解決も含まれています。

企業によって抱えている経営課題はさまざまであるため、それぞれの状態に合わせた支援を行わなければなりません。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、公認会計士・税理士・コンサルティング会社出身者などの多彩なスタッフが在籍しているほか、監査法人や税理士法人といった会計事務所もグループ企業としてあります。

したがって、事業承継・事業再生・財務デューデリジェンスなど、幅広い事業内容に対応しているのも特徴です。

完全成功報酬

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの手数料・報酬体系は完全成功報酬制です。

M&Aの手数料・報酬体系は仲介会社によって異なり、着手金や中間費用を必要とする仲介会社も存在しています。

しかし、成約するかどうかわからないM&Aに、多額の手数料を支払うのは厳しいと考えることが多いでしょう。

なかには「言われるがままに何百万円もの手数料を支払ったのに破談してしまった」というケースもあるので、M&Aの相談先を選ぶときは完全成功報酬、もしくは手数料・報酬体系が明瞭化されているM&A仲介会社がおすすめです。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは完全成功報酬制を採用しているので、安心して相談できます。

【関連】M&Aの手数料・報酬体系の相場は?M&A仲介会社別を徹底比較!

6. かえでファイナンシャルアドバイザリーの口コミ

かえでファイナンシャルアドバイザリーの口コミ

かえでファイナンシャルアドバイザリーの口コミで多く見受けられるのは、幅広いネットワークを活用した候補先選定への評価でした。

「国内外問わず、幅広い分野のM&A案件に対応が可能で、安心して相談できる」という内容です。

また、手数料・報酬体系が完全成功報酬であることがサイトに明記されていることも評価に繋がっているようでした。

M&Aにはかなりの手間と時間を要するため、M&A仲介会社には決して安くない手数料を支払うことになります。したがって、最終的にかかる費用が最初からわかるのは大きなポイントだといえるでしょう。

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

7. かえでファイナンシャルアドバイザリーの年収

かえでファイナンシャルアドバイザリーの年収

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、M&Aアドバイザリーの求人を出していることがあり、年収のモデルケースは年収2,500万円(月給+成功報酬)です。

上記の年収はあくまでもモデルケースとなっており、自分が頑張って親身なサポートをすれば成約率がアップし年収も比例して上がるシステムになっています。

「実績を出して多くの収入を得たい」という上昇志向がある方に、おすすめできる環境といえるでしょう。

【かえでFAの応募資格】

  • M&Aアドバイザーの実務経験
  • 英語スキル
  • 大卒以上

【かえでFAの仕事内容】

  • M&Aアドバイザリー業務全般(クロスボーダーを含む)
  • デューデリジェンス
  • 事業評価業務

【関連】M&A仲介会社は高年収!理由と業務内容を解説
【関連】M&A業界へ転職するには?未経験と経験者別に解説

8. かえでファイナンシャルアドバイザリーに向いた企業

かえでファイナンシャルアドバイザリーに向いた企業

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、幅広いネットワークなどの特徴が見られるM&A仲介会社です。以下のような企業は、かえでファイナンシャルアドバイザリーが向いているといえるでしょう。

【かえでFAに向いた企業】

  • 挑戦的な中小企業
  • 海外展開を希望する企業
  • 事業売却を検討している経営者

挑戦的な中小企業

M&Aは事業再生や新事業の開拓などのきっかけとなるため、M&Aは成約させるだけではなくM&A後のプラン立ても重要です。

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、幅広いネットワークと綿密な戦略によって中小企業の攻めの姿勢にサポートを行っています。

海外展開を希望する企業

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、世界規模のM&Aネットワーク組織「GLOBALSCOPE Partners」に日本代表組織として所属しており、そのネットワークを活用することで、最適な買収先を選定可能としています。

海外展開を考えている会社であれば、グローバルなネットワークを持つかえでファイナンシャルアドバイザリーがおすすめといえるでしょう。

事業売却を検討している経営者

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、事業承継だけではなく事業売却においても大きな強みを持ちます。

会計士・監査法人経験者・コンサルタントなどの多彩な人材が揃っているため、幅広い分野の事業に対応することが可能です。現在の事業を売却して新しい事業を始めたいという意欲的な経営者の方におすすめできます。

【関連】中小企業向けのM&A仲介会社15選!会社の選び方も解説

9. 合わせて相談する際におすすめのM&A仲介会社

合わせて相談する際におすすめのM&A仲介会社

M&A仲介会社は、各社がそれぞれ強みや特徴を持っているので、M&A案件を依頼するときは、いくつかの仲介会社を比較検討することをおすすめします。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所では、1つの案件に対してM&Aの経験と実績が豊富なM&Aアドバイザーが専属でつくサポート体制を整えています。

通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3ヶ月でスピード成約する機動力もM&A総合研究所の大きな特徴です。

料金体系は完全成功報酬制ですから、M&Aが成約するまで一切、費用は発生せず、仮にM&Aが成約しなければ、手数料の請求はありません。また、成功報酬額は業界最安値水準であり、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

随時、無料相談を受けつけておりますので、M&A・事業承継・会社売却などをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

10. まとめ

まとめ

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、世界規模のM&Aネットワーク組織に加盟しており幅広いグローバルネットワークを保有しています。

海外事業の展開などを検討している企業にとっては、非常に心強いM&A仲介会社であるといえるでしょう。

本記事の概要は、以下のとおりです。

【かえでFAのサービス内容】

  • 事業承継
  • 事業再生
  • PMIコンサルティング
  • 株価算定
  • 財務デューデリジェンス
  • 資本政策アドバイス
  • ベンチャーM&A

【かえでFAのM&A事業】

  • クロスボーダーM&A
  • ベンチャーM&A
  • 事業再生M&A
  • 事業承継M&A

【かえでFAの評判】

  • 幅広いネットワーク
  • 経営課題の解決力
  • 完全成功報酬

【かえでFAに向いた企業】

  • 挑戦的な中小企業
  • 海外展開を希望する企業
  • 事業売却を検討している経営者

M&A総合研究所では、豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーによる専任サポートを行っています。相談からクロージングまで親身な対応がモットーです。

手数料・報酬体系は完全成功報酬を採用しており、相談料・着手金・中間金は一切かかりません。M&Aが成約して初めて成功報酬が発生する安心の料金プランです。

M&Aに関するご相談は随時受けつけております。M&A・事業承継・会社売却をご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事