コーポレート・アドバイザーズM&Aとは?税理士法人が母体?【強み/評判/採用】

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、会計事務所が設立したM&A仲介会社です。コーポレート・アドバイザーズM&Aについて、グループ企業との兼ね合いや業務内容、強み、評判などとともに、採用にまつわる情報も交えて紹介します。

目次

  1. コーポレート・アドバイザーズM&Aとは
  2. コーポレート・アドバイザーズM&Aの母体は税理士法人?
  3. コーポレート・アドバイザーズM&Aの業務内容
  4. コーポレート・アドバイザーズM&Aの強み
  5. コーポレート・アドバイザーズM&Aの評判
  6. コーポレート・アドバイザーズM&Aの採用条件
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. コーポレート・アドバイザーズM&Aとは

コーポレート・アドバイザーズM&Aとは

コーポレート・アドバイザーズM&Aとは、どのような会社なのでしょうか。ここでは、コーポレート・アドバイザーズM&Aの概要と、社名が似ているグループ会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングとの違いを含め解説します。

M&A仲介会社?

コーポレート・アドバイザーズM&Aとは、M&Aの仲介・アドバイザリー、事業承継のコンサルティングを行う会社です。

中小企業とベンチャーを中心としてM&A仲介を支援しており、グループ内の企業との連携によって、M&A・税務・会計の支援はもちろん、人事労務・相続・事業承継の支援体制も整えています。

コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングとの違い

コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングも、コーポレート・アドバイザーズM&Aと同じグループに属する会社ですが、両社では提供するサービスが異なります。

コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングで行っているサービスは、上場企業による買収価額を自社の資産・負債に組み込むPPA(Purchase Price Allocationの処理株価算定(株式・事業価値評価、非上場金融商品とストック・オプションの公正な評価など)、株式を公開するIPOの支援などです。

つまり、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングは、M&Aの仲介を支援するコーポレート・アドバイザーズM&Aと異なり、M&Aに伴う手続きなどを支援している会社といえるでしょう。

【関連】M&Aアドバイザリーとは?業務内容を徹底解説!

2. コーポレート・アドバイザーズM&Aの母体は税理士法人?

コーポレート・アドバイザーズM&Aの母体は税理士法人?

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、どのような経緯で設立された会社なのでしょうか。ここでは、コーポレート・アドバイザーズM&Aの親会社と、コーポレート・アドバイザーズM&A以外のグループ企業を紹介します。

コーポレート・アドバイザーズM&Aの親会社とは

コーポレート・アドバイザーズM&Aの親会社は、社名をダブルブランド化しており、その名も「日本クレアス税理士法人/コーポレート・アドバイザーズ」といいます。

2002(平成14)年に設立された中村公認会計士事務所が、2005(平成17)年にコーポレート・アドバイザーズへと社名変更しました。

そして、2007(平成19)年、M&A仲介事業に参入するために、子会社のコーポレート・アドバイザーズM&Aを設立しています。

その後の2016(平成28)年に、コーポレート・アドバイザーズは社名をダブルブランド化して、現在の社名となりました。

親会社であるコーポレート・アドバイザーズとしては、本来の会計事務所の事業に集中し、関連して派生するM&A支援などの事業については、それらを専門に取り扱う別会社にて担当させる体制を築いてきたのです。

コーポレート・アドバイザーズM&A以外のグループ企業

コーポレート・アドバイザーズM&Aが属するグループには、先述したコーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング以外にも2社あります。

1社は、人事・労務管理を支援する日本クレアス社会保険労務士法人、もう1社は、相続・事業承継・資産管理などをサポートする日本クレアス社会保険労務士法人です。

このようなグループ企業がそろっているため、コーポレート・アドバイザーズM&Aへ仲介支援を依頼すると、グループ企業の協力にも期待できます。

【関連】税理士法人のM&A・会社売却まとめ!売却・譲渡案件一覧あり

3. コーポレート・アドバイザーズM&Aの業務内容

コーポレート・アドバイザーズM&Aの業務内容

コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、具体的にどのような業務を行っているのでしょうか。ここでは、コーポレート・アドバイザーズM&Aの業務内容について、売り手と買い手それぞれに提供しているサービス内容を掲示します。

譲渡検討側

コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、会社・事業の譲渡を検討している経営者に向けて、以下2つのサービスを提供しています。
 

  • M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリー
  • 企業価値シミュレーション

M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリー

1つ目のサービスは、M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリーです。譲渡計画などの聞き取りから、M&Aの実行までをトータルでサポートします。

料金体系は、レーマン方式の成功報酬制となっており、着手金は無料です。ただし、中間金の50万円がかかります

企業価値シミュレーション

2つ目のサービスは、企業価値シミュレーションです。おおよその譲渡価格を知りたい経営者に向けて、無料の企業価値シミュレーションを実施しています。

コーポレート・アドバイザーズM&Aと秘密保持契約を結んだあとに、提出する直近3期分の決算資料を踏まえて聞き取りを行い、2週間程度で企業価値の算出結果報告です。

企業価値シミュレーションを利用すれば、譲渡を決める判断材料が得られることから、早急な譲渡を希望していない場合にもおすすめのサービスといえるでしょう。

【関連】M&Aの企業価値評価とは?算出方法を詳しく解説!

買収検討側

コーポレート・アドバイザーズM&Aを利用する買い手には、主に以下の6つのサービスを提供しています。
 

  • M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリー
  • M&Aマーケティング・ファインディング
  • デューデリジェンス
  • バリュエーション
  • 企業再編コンサルティング
  • PMI支援

M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリー

1つ目のサービスは、M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリーです。希望条件の聞き取りから、デューデリジェンス(売却企業の監査)を含めたM&Aの実行までをトータルでサポートしています。また、取引先・従業員への承諾についての支援も受けることも可能です。

料金体系は、レーマン方式の成功報酬制をとっており着手金は無料ですが、中間金として200万円がかかります。

M&Aマーケティング・ファインディング

2つ目のサービスは、M&Aマーケティング・ファインディングです。具体的には、既に依頼しているM&A仲介会社や金融機関では、自社に見合った売り手が見つからない経営者に向けて、希望に沿った売り手候補の紹介を行っています。

サービス内容は、売り手候補のリスト作成・売り手候補への働きかけ・資料の収集と作成・スキームの決定・各種手続き・スケジュールの作成・トップ同士の面談を踏まえた調整と交渉です。

なお、M&Aマーケティング・ファインディングはオプションのため、月額費用(20万円×3カ月~)が必要になります。

デューデリジェンス

3つ目のサービスは、デューデリジェンスです。買収側が実施するデューデリジェンスを滞りなく進められるように、資料の用意や、売り手側への聞き取りのほか、デューデリジェンスの実施先に対する現地調査では、スタッフによる立ち会いとサポートを行っています。

実施するデューデリジェンスは、財務・税務・法務・労務・ビジネス・ITが対象です。

【関連】M&Aの法務DD(デューデリジェンス)とは?手続き、チェック項目を解説!

バリュエーション

4つ目に挙げる買収検討側への提供サービスは、バリュエーション(企業価値評価)です。コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、M&Aや、株式の売買、ベンチャーキャピタルを対象とした資金調達などの計画に合わせて、株価の算定を行っています。

実施する株価算定は、M&A・事業再編の前に行う簡易価値評価や、買収・再編前の企業・事業価値評価、非上場金融商品とストック・オプションに対する公正評価、のれん代の減損テストに対する支援、有償で発行するストック・オプションの対価の算定です。

このように、コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、買収先の希望に見合ったバリュエーションが実施されています。

【関連】M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?算定方法を解説【事例あり】

企業再編コンサルティング

5つ目のサービスは、企業再編コンサルティングです。再編・事業承継を滞りなく進めるために、買収側に見合ったスキームを提案するプランニングをはじめ、合併株式交換比率の提案や契約書の作成などを行う実行支援、統合を済ませた後のPMI(Post Merger Integration=統合プロセス)の支援を提供しています。

そのほかにも、組織再編に伴うリスクの軽減・回避を目的とした、セカンドオピニオンのサービスも実施しているので、税務に関するリスクについて、第三者の意見を聞きたい場合にも、サービスの利用が可能です。

PMI支援

6つ目に挙げる買収検討側への提供サービスは、PMI支援です。デューデリジェンスの時点でPMIの課題を把握し、経営理念・業務への取り組み方・従業員の意識といった両社の機能を1つにする過程を支援します。

【関連】M&Aのプロセスまとめ!

4. コーポレート・アドバイザーズM&Aの強み

コーポレート・アドバイザーズM&Aの強み

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、ほかのM&A仲介会社と比べて、どのような点が秀でているのでしょうか。ここでは、コーポレート・アドバイザーズM&Aの強みを掲示します。

総合力

コーポレート・アドバイザーズM&Aの1つ目の強みは、総合力です。コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、自社でM&A仲介を担うほか、グループ企業による税務・財務会計・人事労務・相続・事業承継の支援も行っています。

そのため、相談から成約後のPMIまでの一貫したサポートを受けられるのです。

情報力

コーポレート・アドバイザーズM&Aの2つ目の強みは、情報力です。コーポレート・アドバイザーズM&Aは、自社・グループ企業に各分野の専門家を揃えており、事業規模・業種に見合った情報を獲得して仲介サービスにあたっています。

このような情報力により、M&A仲介とアドバイスは累計で120件を超え、株価算定・デューデリジェンスの実施数は800件以上という実績です。

交渉力

コーポレート・アドバイザーズM&Aの3つ目の強みは、交渉力です。コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、売り手候補の開拓を担う専門のM&Aマーケティングチームを組み、譲渡を希望していない企業に対しても積極的な働きかけを行っています。

コーポレート・アドバイザーズM&Aには、潜在的な売り手企業を発掘し、買い手に見合った企業を紹介する交渉力が備わっているといえるでしょう。

初期費用を抑えたい方はM&A総合研究所へ

相談料・着手金・中間金無料の完全成功報酬制の仲介会社をお探しの方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所は、M&Aが成約するまで一切、費用は発生せず、仮にM&Aが成約しなければ、手数料の請求はありません。

また、成功報酬額は業界最安値水準ですから、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

仲介業務については、豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーが、専任となってフルサポートを提供し、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3カ月でスピード成約する機動力も特徴です。

無料相談は随時受け付けますので、M&A・事象承継をご検討の際には、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

5. コーポレート・アドバイザーズM&Aの評判

コーポレート・アドバイザーズM&Aの評判

コーポレート・アドバイザーズM&Aの利用者は、どのような感想を抱いているのでしょうか。ここでは、コーポレート・アドバイザーズM&Aの評判・口コミの一部を掲示します。

評判①

オーディオと食材の輸入業を営んでいたオーナーは、高齢を理由に事業承継を検討していましたが、後継者不足や借入金の負担などの問題を解決できずにいました。

そんなおりに、コーポレート・アドバイザーズM&Aからの手紙が送られてきたことで、事業承継について相談を持ち掛け、M&Aでの譲渡を提案され、2社の株式譲渡を完了しています。

オーナーによれば、専門性の高いオーディオの輸入会社については、資金力があり業界に知見のある買い手を紹介してもらえ、事業承継をスムーズに行うために、食材の輸入会社を先に譲渡する方法を提示してくれたそうです。

そのほかにも、事業価値の認識や、引き継ぎを考えた支援の提案などについて、的確な助言を受けられたと評価しています。

評判②

訪問介護・看護事業を営むオーナーは、経営者がいなくても経営を続けられる体制の構築と、事業の拡大による利益の増加を検討していました。

そのような時期にコーポレート・アドバイザーズM&Aから、M&Aによる譲渡の提案を受けて、通所介護を手掛ける会社へのM&Aを完了させています。

コーポレート・アドバイザーズM&Aに対する評価には、質問に対して丁寧に回答してくれたことや、M&Aによる成長の可能性を提示してもらえたこと、会社の存続・従業員の将来を考慮して買い手を紹介してくれたことを挙げていました。

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

6. コーポレート・アドバイザーズM&Aの採用条件

コーポレート・アドバイザーズM&Aの採用条件

コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、M&Aコンサルタント・営業職のM&Aアドバイザー・事業企画と推進を担当するマーケティングの募集をしています。

雇用形態には、正社員と準社員・契約社員の2種類を用意し、勤務地は東京の本社または国内の支社です。

選考の過程は、ホームページからのエントリー・履歴書と職務履歴書の送付・書類選考・数回の面接・適性検査を経て、内定を決めています。

このような採用条件を掲げているコーポレート・アドバイザーズM&Aでは、なにもないところから作り上げる・現在すべきことを把握している・数年後の将来像を明確にしている人物を集めているので、会社・事業の譲渡・買収を任せられるといえるでしょう。

【関連】M&A業界へ転職するには?未経験と経験者別に解説

7. まとめ

まとめ

本記事では、コーポレート・アドバイザーズM&Aについて、会社の概要や実施する業務内容などを紹介しました。

コーポレート・アドバイザーズM&Aは提供するサービスに加えて、グループ会社との連携や、各業界の把握、潜在企業の開拓といった強みを備えており、自社に見合った交渉先の紹介やサポートが期待できるといえるでしょう。

【コーポレート・アドバイザーズM&Aの業務内容/譲渡検討側】

  • M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリー
  • 企業価値シミュレーション

【コーポレート・アドバイザーズM&Aの業務内容/買収検討側】
  • M&A仲介・ファイナンシャルアドバイザリー
  • M&Aマーケティング・ファインディング
  • デューデリジェンス
  • バリュエーション
  • 企業再編コンサルティング
  • PMI支援

【コーポレート・アドバイザーズM&Aの強み】
  • 総合力
  • 情報力
  • 交渉力

M&A総合研究所では、案件ごとにM&Aアドバイザーが専任で就き、クロージングまでのフルサポートを行っています。

料金体系には、レーマン方式の完全成功報酬制を採用し、着手金・中間金は無料です。随時無料相談を受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事