ストライク(M&A仲介会社)の評判・口コミ・実績まとめ!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

ストライクはM&A仲介会社で上場している三社のうちの一つで、評判も概ね良好です。業界としてはいち早く、インターネットの活用によるM&Aマッチングを展開するなど、独自の営業をしてきました。そんなストライクの評判・口コミ・実績をまとめました。

目次

  1. ストライク(M&A仲介会社)とは
  2. ストライクの評判・口コミ
  3. ストライクのM&A仲介実績
  4. 他のM&A仲介会社との比較
  5. ストライクと相性の良い企業
  6. ストライクに問い合わせ・資料請求をした体験談
  7. ストライク(M&A仲介会社)の評判・口コミ・実績まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. ストライク(M&A仲介会社)とは

ストライク(M&A仲介会社)とは

会社概要

M&A仲介会社、ストライクの概要は以下の通りです。
 

会社名 株式会社ストライク
英文社名 Strike co.,Ltd.
設立日 1997年7月
代表執行役社長 荒井邦彦
資本金 8億23百万円
事業内容 M&A仲介
従業員数 70人
平均年齢 35.0歳
平均年収 17,770千円
本社所在地 〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目9番2号
大手町フィナンシャルシティグランキューブ 18階
お問い合わせ先 0120-552-410

強み

ストライクは上場しているM&A仲介会社三社のうちの一つです。上場は三社の中で遅く、2016年に東証マザーズに上場しました。2017年に東証一部に市場変更しています。

ストライクは公認会計士、税理士が主体のM&A仲介会社ではありますが、最も特徴的なのは早くからネットでのM&A市場に着目しており、1999年にはマッチングへのネット活用を始めるなど、独自の営業スタイルを持っている点です。ストライクでは既にインターネット経由のM&Aマッチングは、全体の3分の1ぐらいになっています。

ストライクの強みとなる特徴をあげると以下の通りです。
 

  1. ストライクが運営するM&A市場SMARTを使って、オンライン上からマッチしそうな買い手を探すことが可能
  2. 後継者不在で困っていたり、部門や子会社を整理したいと考えている社長のための事業承継セミナーを開催
  3. 売上100億円以下である中堅企業のM&Aについて得意
  4. 広い視野での事業展開を考えた場合のM&Aについて得意
  5. 金融機関や仲介業者のネットワークも活かしたパートナー探しが可能

社長情報

ストライクの現在の代表者である荒井邦彦氏は、会社の創業者でもあります。

1970年11月千葉県生まれで、千葉の高校を卒業後、一橋大学商学部に入学しています。そして大学在学中に公認会計士の資格を取得しました。

そしてなんと、あまり例がある話ではないと思いますが、大学卒業前から監査法人に勤務していました。監査法人には6年弱勤務しており、この間に会計士としてM&A業務に携わっていました。

監査法人退職後、ストライクを創業し今に至っています。

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

2. ストライクの評判・口コミ

ストライクの評判・口コミ

ストライク利用者と社員の評判・口コミを、インターネットでオープンになっている中から拾いました。

ストライクにはとても能力の高い方達が集まっています。

利用者からの評判・口コミ

インターネットでオープンになっている、利用者からのストライクについての評判・口コミを載せています。

ストライクの担当者の方は、コミュニケーション能力の評判が大変良いことがうかがえます。
 

  • 正直、もう面倒くさいと思ったりしたときもあったが、そんなときもストライクの担当者はいろいろアドバイスをくれた
  • 譲渡企業との直接の交渉だったら、相互理解は難しかったかもしれないところ、ストライクの担当者が絶妙なコミュニケーションを上手に取り持ってくれた
  • 不安が大きくて、社長を辞めたいと言ってしまったこともあったが、ストライクの担当者には一番飾らない私の気持ちや本心を聞いていただきながら、とても真剣に取り組んでもらえた
  • ストライクの担当者が自社の業界に精通していたこと、また買い手企業とも非常に強い信頼関係を築かれていたので、M&Aを進めていく上でとても安心感があった
  • 他の仲介会社にありがちな、機械的にやったり、強引に取り持ちそうな、そんな不安を感じさせるストライクの担当者はいなかった
  • ストライクが自社の風土と相手先の風土との共通点を理解した上で、企業相互が同じ価値観を持っている、同じ考え方ができているという点を調整・結び付けてくださったのがM&A成功の要因だった

社員からの評判・口コミ

インターネットでオープンになっている、社員のストライクについての評判・口コミを載せています。

職場環境についての評判・口コミ

ストライクの社員が語る職場環境の評判は、とても良いようです。
 

  • ストライクは一人で複数の仕事を同時にこなすので、業務が慌ただしくなることもある
  • ストライクは直行直帰も可能で、オフィスの場所で働くことに縛られることはない
  • ストライクはM&A業界については珍しく、残業は少ない
  • ストライクは仕事に集中できる環境が整っており、設備も不足を感じない
  • ストライクの職場はフリーアドレスである
  • ストライクは地方勤務でもオフィスごとに行動範囲が制限されることはなく、全国が営業エリアである

社風についての評判・口コミ

ストライクの社員が語る社風の評判は、とても良いようです。
 

  • ストライクはみんな仕事は振ってもらえるものではなく、自ら作り出していく意識が強い
  • ストライクはプロ意識の高いメンバーが集まっている
  • ストライクは一人一人が全く別の仕事をする個人事業主の集まりのようだが、社員同士の関係は非常に良好
  • ストライクは転職組が多いので、それぞれの経験をお互いにリスペクトしあっている
  • ストライクは物事にチャレンジする姿勢を大事にする社風
  • ストライクはワーカホリックということでもなく、雑談も部活動も活発

入社理由についての評判・口コミ

ストライクの社員が語る評判によると、挑戦しがいのある環境で入社を決めた人も多いようです。
 

  • ストライクはネームバリューで仕事をするのではなく、個の力で勝負ができる最高の場所だと考えた
  • ストライクでは社長面接で威圧感はなく、親しみさえ感じられた
  • ストライクはM&A自分仲介では仕事を探す、作ることができるということに一番惹かれた
  • ストライクでは銀行員時代にできなかったことが実現できると考えた

給与についての評判・口コミ

給料についてのストライクの評判・口コミはオープンで見られるサイト上では見つかりませんでした。

代わりに、生涯給料の高い会社のデータがありましたので、高い順に5位まで載せます。

東洋経済オンラインが2018年7月に発表したものから抜粋しましたが、なんとM&A仲介会社が5位までに3社(M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク、GCA)ランクインです。

ストライクの同業であるM&Aキャピタルパートナーズがぶっちぎりの1位ですが、ストライクも生涯給料換算で7億超、平均年収は1,700万円を超えています。給料面での不満などは少ないのではないでしょうか
 

順位 社名 生涯給料
(万円)
平均年収
(万円)
平均年齢
(歳)
1 M&Aキャピタルパートナーズ 12億8890 2,994 31.5
2 キーエンス 8億3636 2,088 35.9
3 ストライク 7億1041 1,777 35.0
4 GCA 5億9780 1,559 37.3
5 マーキュリアインベストメント 5億9066 1,822 40.8

【関連】M&Aアドバイザーのランキングおすすめ一覧【2018年最新版】

3. ストライクのM&A仲介実績

ストライクのM&A仲介実績

ストライクがM&Aの仲介した実績の事例を、買収事例と譲渡案件別に、インターネットでオープンになっている中から何点かを選びました。

買収事例

ストライクが仲介したM&Aの買収事例を3つ挙げます。

事例1.土木・建築企業がM&Aでエリア拡大

地質調査や物理探査などのサービスを展開するA社が、同業をM&Aで買収した事例です。
 

業種 土木・建築
本社拠点 長野県
M&Aの目的 事業拠点獲得
買収先業種 土木・建築
買収先拠点 不明

A社は長野県を地盤として、取引先の多くは全国展開している大手のゼネコンや建設会社です。長野県外の仕事の依頼もあったのですが、拠点が長野県のみで、対応することは出来ずにいました。

そこで、事業エリア拡大のための買収を行います。また数年後には、この買収先を完全に吸収合併しました。

加えてA社は、買収先の持つ非破壊検査の技術も獲得することができました。買収前に比べて、なんと売上は4倍、利益は5倍になるまでに成長しています。

事例2.インターネット関連企業がM&Aで競争力強化

生活関連サイトの運営が中心のB社が、ゲームの企画・開発・運用を行う企業をM&Aで買収した事例です。
 

業種 IT・インターネット
本社拠点 東京都
M&Aの目的 競争力強化
買収先業種 ゲーム関連
買収先拠点 東京都

B社は、自社とは遠からずのゲームの企業を買収していますが、ゲーム業界への参入を目的としてはいません。買収先の持つ開発基盤と、自社のリソースを合わせた上での競争力強化を狙いました。

このため、経営陣なども送リ込んでいません。見た目上は両社が関係なく運営しているようにも見えます。

また買収先の企業も、パートナーとして組むのであれば、同業ではなく異業種を希望していました。異業種であっても両社のM&Aの目的が近いものであったことから、マッチングが可能になった事例と言えます。

事例3.食品製造企業がM&Aで製造拠点獲得

食品製造メーカーのC社が、製造する商品まで同じの同業をM&Aで買収した事例です。
 

業種 食品製造メーカー
本社拠点 群馬県
M&Aの目的 製造・物流拠点獲得
買収先業種 食品製造メーカー
買収先拠点 神奈川県

C社は豆腐の製造を行っている企業です。ただし豆腐は日持ちせず、よって物流にはとてもデリケートですが、拠点である群馬県の南側、特に神奈川県や静岡県への商品展開は、渋滞の多い首都圏の交通網がネックになっていました。

そこで、神奈川県の同業の買収で、この地域の製造・配送拠点を獲得しました。

同じものを製造しているといっても、社風や作るノウハウなどは全く違います。買収先には、自社の既存工場のノウハウをもとに全ラインを一新するとともに、自社の思想や姿勢を伝えることにも注力していました。

譲渡事例

ストライクが仲介したM&Aの譲渡事例を3つ挙げます。

事例1.製造機械メーカーがM&Aで事業承継

譲渡先は不明ですが、製造機械メーカーD社が事業承継のために会社をM&Aで譲渡した事例です。
 

業種 製造機械メーカー
本社拠点 東京都
M&Aの目的 事業承継
譲渡先業種 不明
譲渡先拠点 不明

D社の元経営者は元々、子息に経営を引継がせる計画でしたが、子息の病気のため実現できませんでした。そこで、まず地元のメインバンクに譲渡先のマッチング希望を伝えます。

そのメインバンクでストライクを紹介してもらい、ストライクの仲介で上場企業への引継ぎが実現しました。

元経営者は会長職に就いていますが、会社への口出しなどは一切していません。完全に第一線からは身を引いています。

事例2.ソフトウェア企業がM&Aで事業の選択と集中

ソフトウェア企業のE社が、ゴルフ用品販売の事業を譲渡したM&Aで事例です。
 

業種 ソフトウェア
本社拠点 東京都
M&Aの目的 事業の選択と集中
譲渡先業種 アパレル卸売・小売
譲渡先拠点 愛知県

ソフトウェアとゴルフ用品は一見関係がないので、業績不振による事業の売却と想像できます。しかしながら、E社のゴルフ用品販売の事業は、継続して利益を出していましたし、事業を育てるのに注力もしていました。

しかしながら、本業のソフト製造・販売事業も順調に拡大しており、こちらに経営資源を集中させるための事業の売却を決断します。

また買収先もアパレルの卸売・小売ながら、ゴルフ用品は取り扱っていませんでした。買収先にとっては、新たな事業展開と競争力強化が目的の買収でした。

事例3.製造装置メーカーがM&Aで経営危機回避

製造装置メーカーF社が、経営危機回避のために電気機器メーカーとM&Aによる資本業務提携(その後、完全子会社化)した事例です。
 

業種 製造装置メーカー
本社拠点 東京都
M&Aの目的 経営危機回避
譲渡先業種 電気機器メーカー
譲渡先拠点 東京都

F社は、大口注文のキャンセルにより、倒産の危機に見舞われます。しかしながら、有機ELディスプレイや太陽電池などの分野では、最先端の技術力と世界レベルのシェアを持っていました。

明確な強みがありましたから、最初は複数の大手メーカーに資本参加を打診します。その中から、上場の電気機器メーカーとの資本業務提携に至っています。またその3年後には、完全子会社化されました。

この大手電気機器メーカーの信用力や、マーケットの拡大で、資本業務提携後は順調に増収増益を実現ています。

【関連】中小企業向けのM&A仲介会社オススメ20選!【案件事例あり】

4. 他のM&A仲介会社との比較

他のM&A仲介会社との比較

ストライクと、他の上場M&A仲介会社、およびM&A総合研究所について比較します。

手数料

M&Aの手数料は算出方法が各社それぞれですので、実際にどのくらいかかるかは一概には比較できません。ただし、相談の時点で大体の金額は出してもらえますので、まずは相談してみることをお勧めします。

その上で、各社の手数料の概要だけ記載します。

なお、M&A総合研究所は着手金なしの完全成果報酬型で、多くのM&A仲介会社が採用するレーマン方式でも業界最安値です。
 

仲介会社 特徴
ストライク 最低報酬は1,000万円、着手金は100万円ほど
成果報酬の算出はレーマン方式
日本M&Aセンター 最低報酬は2,000万円、着手金は100~300万円
成果報酬の算出はレーマン方式で移動総資産ベース
M&Aキャピタルパートナーズ 月額費用や着手金はなし
成果報酬の算出はレーマン方式で株式譲渡価格ベース
最低報酬額は2,500万円
M&A総合研究所 完全成果報酬型で、基本合意まで手数料や着手金なし
成果報酬の算出はレーマン方式マイナス1%(国内最安値)

実績

ストライクは最新の年間実績では、上場M&A仲介三社の中で3番手です。
 

仲介会社 2015実績 2016実績 2017実績
ストライク 46 55 73
日本M&Aセンター 215 256 338
M&Aキャピタルパートナーズ 47 76 115
M&A総合研究所 - - -

なお、M&A総合研究所は2018年にスタートしているので前年の実績はないですが、公認会計士・税理士の有資格者が運営する料金・サービスの質共に業界トップクラスのM&A仲介会社です。
結局、M&Aの業務自体はどの会社でも変わらないので手数料が最も安い仲介会社を選ぶのが得策だと言われています。

電話で無料相談WEBから無料相談
【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

5. ストライクと相性の良い企業

ストライクと相性の良い企業

他の上場大手のM&A仲介会社と重なる部分は多いですが、ストライクと相性の良い企業は以下となります。

売上100億円以下の中堅企業

金融機関などではない、M&A専門の会社としては一般的ですが、ストライクの取扱案件で多いのは売上100億円以下である中堅企業のM&Aで、6割が事業承継型のM&A仲介です。

ただし、業界や業種は限定されませんし、M&Aの目的が何であれ、公認会計士や金融機関出身者などのM&Aの知識や経験が豊富な人材のサポートを受けられます。

事業展開を進めたい企業

昨今のM&Aは事業承継を理由とするものが多いですが、ストライクは多種多様の業界や業種のM&Aに精通していますから、新規事業のためのM&Aや拠点展開のためのM&Aについても期待できます

また、ストライクが定期的に各地で開催しているセミナーに参加すれば、事業展開のためのM&Aの検討段階でも参考となる情報を得ることができます。

多くの買い手企業を提示してもらいたい企業

ストライクは業種・業界問わずM&Aに対応してくれます。また拠点は全国7つで、会計事務所や金融機関、M&Aブティックなどの外部ネットワークもとても広いです。選択肢は豊富にあることが期待できます。

加えて、ストライクが運営するM&A市場SMARTは空間と時間の制約を受けないため多くの企業が利用しています。オンライン上からマッチしそうな買い手を探すこともできるので、自分から買い手を探していくこともできます。

【関連】M&A仲介会社・企業ランキングTOP20!大手上場企業あり!

6. ストライクに問い合わせ・資料請求をした体験談

ストライクに問い合わせ・資料請求をした体験談

インターネット上でオープンにされている、ストライクにお問い合わせした体験談から拾います。

ストライクにはお問い合わせ専用のフリーダイヤルの窓口があります。そこでストライクの電話担当者からM&Aの譲受希望かM&Aの譲渡希望かをまず聞かれ、そのあと営業担当に繋いでもらえるようです。

ストライクの営業担当者の対応はとてもよかったとのことで、以下の体験談があります。
 

  • 聞いた質問に対して、明確に答えてくれた
  • 資料請求などの要望にも、柔軟かつスピーディーに対応してくれた
  • 要望があれば資料をメールでも送ってくれる

また、ストライクから送られてくる資料には「ストライクの着手金や成功報酬について」「M&Aの流れ」「ストライクのM&A成約実績」などが記載されているようです。

【関連】東京のM&A仲介会社オススメ30選!

7. ストライク(M&A仲介会社)の評判・口コミ・実績まとめ

ストライク(M&A仲介会社)の評判・口コミ・実績まとめ

ストライクは公認会計士主体のM&A仲介会社で、上場しているM&A仲介の三社のうちの一つです。

顕著な特徴としては、早くからM&Aマッチングへのネット活用を始めるなど、独自の営業スタイルを持っている点が挙げられます。

ストライクは社員の年収も高く職場環境も良好で、コミュニケーション能力の高い優秀な担当者が多く集まっています。利用者の評判もお問い合わせ時点の評判も良好です。

ストライクのM&A仲介の手数料の最低報酬は1,000万円、着手金は100万円ほどです。成果報酬についてはレーマン方式です。電話でのお問い合わせでも丁寧に対応してもらえますので、詳しくは聞いてみると良いでしょう。

なお、ストライクの他にも、M&Aの相談は会計士のいるM&A総合研究所にお任せください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ