スパイラルコンサルティングはM&A仲介専門会社?【評判/社員数/求人情報】

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

企業価値の向上を重視した「SCALE型M&A」で注目を浴びているのが、スパイラルコンサルティングです。そこで本記事では、SCALE型M&Aの意味合いとスパイラルコンサルティングの評判・社員数・求人情報などについて紹介します。

目次

  1. スパイラルコンサルティングとは
  2. スパイラルコンサルティングはM&A仲介専門会社?
  3. スパイラルコンサルティングはどんなM&A仲介専門会社か
  4. スパイラルコンサルティングが提唱するSCALE型M&Aとは?
  5. スパイラルコンサルティングの採用・求人情報
  6. スパイラルコンサルティングに適した人材
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. スパイラルコンサルティングとは

スパイラルコンサルティングとは

スパイラルコンサルティングは、東京都渋谷区に本社を構えるM&Aコンサルティング会社です。

単に、売却側と買収側をマッチングさせるだけでなく、企業価値を最大限に高めてから売却に臨む「SCALE(スケール)型」というスタイルを採用しているのが特徴になります。

経営者がM&Aに求めるものやその先に描いているプランは、それぞれ違うものです。スパイラルコンサルティングでは、経営者が目指すゴールについてヒアリングで十分に話し合って設定し、売却後は税務サポートまで行う一気通貫のサービスを提供しています。

【関連】M&Aアドバイザリーとは?業務内容を徹底解説!

2. スパイラルコンサルティングはM&A仲介専門会社?

スパイラルコンサルティングはM&A仲介専門会社?

M&Aの相談をスパイラルコンサルティングに持ちかけようとしている方の中には、社名が「コンサルティング」となっているので、M&A仲介会社とは違うのではないかと感じてしまうかもしれません。

確かにスパイラルコンサルティングの公式サイトでも、業務内容は「M&Aコンサルティング」になっています。

M&Aコンサルティングというのは、M&Aを検討している経営者に、より良い条件を目指してアドバイスやサポートをし、対価としてコンサルティング料を支払う業務形態です。

しかし、スパイラルコンサルティングは、コンサルティング業務に加えて仲介業務も行っており、報酬体系は仲介会社と同じ完全成功報酬制を採用しています。

スパイラルコンサルティングは、コンサルティングとM&A仲介業務を総合的に行う、仲介・コンサルティング会社だといえるでしょう。

M&Aとは

M&Aとは、会社や個人事業を売買したり、合併や分割する行為の総称を指します。英語では「Mergers and Acquisitions(合併と買収)」と表記されるので、その頭文字をとってM&Aと呼ばれているのです。

M&Aは総称ですから、具体的な売買の手法はいくつも存在します。たとえば、自社の事業を他社に売却する事業譲渡(または事業売却)、株式を他社や新しい経営者に売却して経営権を譲る株式譲渡(または会社譲渡・会社売却)などです。

また、合併に関しては、一方の会社が他方の会社を吸収する吸収合併、新設した会社によって既存会社を合併する新設合併などがあります。

近年は、親族間での事業承継の減少にともない、事業承継を目的とした中小企業によるM&A件数が増加中です。これには、事業承継が果たせず廃業危機にある中小企業を支援しようとする行政が、事業引継ぎ支援センターなどの公的機関を設置して後押ししていることも一役、買っています。

【関連】M&Aとは何の略?M&Aの意味をわかりやすく解説!

M&A仲介専門会社の役割とは

M&A仲介専門会社の役割は、会社の売却・買収を希望する経営者に最適な相手を紹介し、交渉から成約に至るまでのサポートおよびその間の諸手続きの遂行などです。

似たような業種に「M&Aアドバイザリー」がありますが、こちらは仲介業務ではなく買い手・売り手どちらか一方の立場に立って、より良い条件で成約できるようにアドバイスします。

一方、M&A仲介会社は買い手・売り手どちらかの側に立つのではなく、中間的な立場としてお互いの意見を聞き、双方が納得できる条件での成約を目指すことが業務です。

M&A総合研究所はおすすめのM&A仲介専門会社

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所は、実績豊富なM&Aアドバイサーによるフルサポートを提供するM&A仲介専門会社です。

通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3ヶ月でスピード成約する機動力という他社にはない特徴も持っています。

料金システムは完全成功報酬制です。つまり、M&Aが成約するまで一切の費用は発生せず、また、仮にM&Aが成約しなければ、手数料の請求はありません。その手数料も国内最安値水準であり、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

電話・メールによる無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、M&A・売却・買収・事業承継をお考えの際には、どうぞお気軽にお問合せください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

3. スパイラルコンサルティングはどんなM&A仲介専門会社か

スパイラルコンサルティングはどんなM&A仲介専門会社か

この項では、スパイラルコンサルティングがどのようなM&A仲介専門会社であるか、事業内容や手数料などの基本情報を掲示します。

スパイラルコンサルティングの事業内容

スパイラルコンサルティングの事業内容は、会社の売却・買収を希望する経営者に最適なプランを提供し、相手を紹介して交渉・成約させるM&A仲介・コンサルティング業務です。

業界屈指の実力を持つアドバイザー陣を有しており、フレッシュで確度の高い情報を提供するとともに、M&A後の起業や社長個人の資産運用までバックアップしています。

スパイラルコンサルティングの評判

スパイラルコンサルティングの評判というのは、ネット上からだけではあまりうかがいしれませんが、経験豊富なスタッフによるSCALE型のコンサルティングは、非常に質が高く顧客が満足できるものだと考えられます。

スパイラルコンサルティングはまだ新しい会社なので、実際に利用した経営者や元社員の口コミなどもありませんが、今後、実績が積み重なるにつれて、口コミなどで評判も広がっていくでしょう。

スパイラルコンサルティングのクライアント層

スパイラルコンサルティングのクライアント層は、他のM&A仲介会社と同じように、大企業よりも中規模から中小企業を主な対象としていると推測されます。

公式サイトで公開されているM&A事例を見ると、一例として、YUNARIの譲渡金額が15億円、ロイネス/B-firstが100億円です。

他の売却案件も平均して年商数千万から数億円の規模が多く、従業員数名程度の中小企業や個人事業主でも相談しやすいといえるでしょう。

スパイラルコンサルティングの相談料・手数料

スパイラルコンサルティングの相談料・手数料は、成約時にのみ成功報酬を支払う完全成功報酬制を採用しています。完全成功報酬制は、M&A仲介会社の報酬体系として比較的多いシステムの1つです。

M&A仲介会社の中には、本格的な仲介業務に入る時点で着手金を支払ったり、基本合意の時点で中間報酬を支払うシステムを採用している会社もあります。

完全成功報酬制の「完全」というのは、着手金や中間報酬などが全て無料であり、成功報酬以外には料金が発生しないということです。

完全成功報酬制は、報酬体系がシンプルで分かりやすく、料金を気にせずじっくりと相談・交渉できるのがメリットです。

レーマン方式とは

スパイラルコンサルティングの成功報酬の金額計算として採用されているのが、「レーマン方式」というシステムになります。

レーマン方式は、M&A仲介会社の報酬体系として、ほとんどの会社で採用されているポピュラーなシステムです。

大規模な売買で報酬が高額になり過ぎないように調整された報酬体系ですが、初めて見る場合には若干わかりづらいかもしれませんので、以下にレーマン方式の手数料率を表で示しておきます。
 

取引価格 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超から10億円以下の部分 4%
10億円超から50億円以下の部分 3%
50億円超から100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%


一例としては、取引金額が7億円だった場合で見てみましょう。
  • 7億円のうちの5億円分については5%なので2,500万円です。
  • 5億円超に該当する残りの2億円分については4%なので800万円となります。
  • 両者を足して、3,300万円が、7億円の取引時の手数料です。

スパイラルコンサルティングの社員数

スパイラルコンサルティングの社員数は、公式サイトなどで公表されていないため不明です。

公式サイトでは、4名の役員と7名のアドバイザーが紹介されているので、それに事務などを担当する社員を加えると、スパイラルコンサルティングの社員数はおそらく十数人程度だろうと推測されます。

スパイラルコンサルティング拠点・アクセス情報

スパイラルコンサルティングの住所は、東京都渋谷区道玄坂にある「ODAビルディング」3Fです。

渋谷駅西口を出て玉川通りを少し歩けば、通り沿い右手にODAビルディングがあります。道のりは非常に簡単なので迷うことはないでしょう。

電話での問い合わせは年中無休の24時間対応となっていますが、いきなり電話するのが不安な場合は、公式サイトの問い合わせフォームから連絡できます。
 

住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-9-4 ODAビルディング3F
TEL 0120-123-522 【受付】24時間対応(年中無休)
WEB https://ma.scale.style/

スパイラルコンサルティングの実績例

スパイラルコンサルティングの公式サイトでは、実際にM&Aを手がけた実績例がいくつか公開されています。以下では、その中から2つの事例を取り上げました。

①YUNARIがクリエイト・レストランツ・ホールディングスへ株式譲渡

1件目は、「つけめんTETSU」を運営するYUNARIが、クリエイト・レストランツ・ホールディングスへ株式譲渡した事例です。譲渡価格は15億円となっています。

YUNARIの経営者は、株式上場を目指してスパイラルコンサルティングへ相談を持ちかけましたが、熟考の結果、M&Aが現実的だとして方向転換し無事イグジットを達成しました。

②ロイネス/B-firstがサンライズ・キャピタルへ株式譲渡

2つ目は、美容室「Aguグループ」を運営するロイネス/B-firstが、100億円でサンライズ・キャピタルへ株式譲渡した事例です。

急激に店舗数を増やし事業拡大する中で、新しい管理体制の必要性を感じてのM&Aとなっています。

【関連】M&A仲介会社・企業ランキングTOP25!大手上場企業あり!

4. スパイラルコンサルティングが提唱するSCALE型M&Aとは?

スパイラルコンサルティングが提唱するSCALE型M&Aとは?

スパイラルコンサルティングは、他のM&A仲介会社にない強みとして「SCALE型M&A」を提唱しています。

SCALE型M&Aとは、単に買い手と売り手をマッチングさせて終わりではなく、売却前の磨き上げから売却後の税務までトータルでサポートし、会社と経営者の将来設計も含めて考えていくM&Aです。

近年は、M&A需要の高まりとともにM&A仲介会社の数も増えていますが、売却先企業をマッチングして終わりになってしまっている仲介会社も少なくありません。

こういった状況を鑑み、スパイラルコンサルティングでは、企業価値の向上を重視したサービスを提供したいと考え、SCALE型M&Aの提唱に至ったという経緯があります。

【関連】M&A戦略の策定方法!目的や注意点も解説!事例あり

5. スパイラルコンサルティングの採用・求人情報

スパイラルコンサルティングの採用・求人情報

M&Aに興味がある方の中には、スパイラルコンサルティングに就職したいと考えてる場合もあるかもしれません。

しかし、スパイラルコンサルティングは2019(令和元)年設立の新しい会社で、採用・求人情報については不明な部分も多いのが現状です。

この項では、スパイラルコンサルティングの採用・求人情報について、現状わかっている情報を掲示します。

採用基準

ネット上の就職情報サイトなどには、スパイラルコンサルティングの採用情報は掲載されていません

スパイラルコンサルティングは、2019年度から始動した新しい会社なので、採用基準については今後、明らかになる可能性はあるでしょう。

参考までに他の大手M&A仲介会社の採用基準を見てみると、M&Aキャピタルパートナーズは大卒以上で中途採用のみ、また、M&A業務未経験者の採用枠ありです。そして、日本M&Aセンターでは、新卒でコンサルタント職の採用をしています。

スパイラルコンサルティングの採用基準が今後どうなっていくかは未知数な部分もありますが、業務内容が高度で専門的なので、他のM&A仲介会社同様、採用基準は厳しい可能性が高いといえるでしょう。

初任給

スパイラルコンサルティングの初任給については、今のところ情報が公開されていません。今後、採用情報が明らかになるにつれて、初任給も公開される可能性があります。

一例として、M&Aキャピタルパートナーズは初任給35万円とインセンティブ歩合、日本M&Aセンターは学歴や職種により、初任給25万円から29万円、およびインセンティブ歩合です。

全体的にM&A仲介会社の初任給は高い傾向があるので、もし今後、スパイラルコンサルティングの採用情報が明らかになった場合、高い初任給が期待できる可能性もあります。

離職率

スパイラルコンサルティングの離職率については、まだ新しい会社ということもあり不明です。

M&A仲介会社は激務で離職率が高いともいわれていますが、たとえば、M&Aキャピタルパートナーズは、コンサルタントの平均退職率が1.5%と非常に低い水準となっており、M&A仲介会社だからといって一概に離職率が高いとはいえないでしょう。

求人情報

ネットの求人情報サイトなどには、スパイラルコンサルティングの求人情報は掲載されていません。

スパイラルコンサルティングは、まだ設立されて間もない会社なので、今後、採用情報が掲載される可能性もあります。

スパイラルコンサルティングへの就職を希望する場合は、今後の採用情報をチェックしておくとよいかもしれません。

【関連】M&A仲介会社は高年収!理由と業務内容を解説

6. スパイラルコンサルティングに適した人材

スパイラルコンサルティングに適した人材

スパイラルコンサルティングのようなM&A仲介会社では、金融機関での業務経験が数年以上あるなど、即戦力として働ける能力を持った人材が必要になるでしょう。

スパイラルコンサルティングは、単に買い手と売り手をマッチングさせるだけでなく、企業を成長させて経営者の人生設計に寄り添う「SCALE型M&A」を売りとしています。

したがって、経営者とともに売却企業の成長とその後を親身になって考え、それをやりがいと感じられる人や、高齢化が進む中で事業承継を進めることを社会貢献として、意義を感じられる人が適任だといえるでしょう。

【関連】M&A業界へ転職するには?未経験と経験者別に解説

7. まとめ

まとめ

スパイラルコンサルティングは、SCALE型M&Aという経営者に寄り添ったM&Aを提唱し、会社経営者に満足なサービスを提供するだけでなく、M&A業界全体にも刺激を与える存在になると考えられます。

今後、実績を積み重ねてどこまで業績を伸ばしていくか、注目すべきM&A仲介会社だといえるでしょう。

【スパイラルコンサルティングの特徴】

  • 単なる売却側と買収側とのマッチングだけでなく、企業価値を最大限に高めてから売却に臨む「SCALE型M&A」を採用
  • 売却後は税務サポートまで行う一気通貫のサービスを提供
  • 料金体系はレーマン方式による完全成功報酬型を採用

M&A総合研究所は、豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーがフルサポートする、M&Aを検討中の経営者におすすめの仲介会社です。

無料相談を随時受けつけておりますので、M&Aをお考えの方はどうぞお気軽にお問合せください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事