ビザインは中小企業・スモールM&Aが得意?実績・評判まとめ

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

ビザインは、中小企業向けのM&Aのアドバイザリー業務や仲介を行う会社です。この記事では、ビザインが得意とするサービスや、実績・評判を紹介しています。そのほか、M&Aの仲介依頼先としてビザインが適しているケースも紹介しています。

目次

  1. ビザインとは
  2. ビザインの特徴
  3. ビザインは中小企業・スモールM&Aが得意なのか
  4. ビザインの手数料・相談料
  5. ビザインの実績・評判
  6. ビザインがおすすめの方
  7. M&A仲介会社選びに迷ったときは
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. ビザインとは

ビザインとは

ビザインは、M&Aの仲介・アドバイザリー業務を行う会社です。創業地である福岡市のみならず、東京にも拠点を置き、全国で幅広く対応しています。

中小企業の案件を中心に取り扱っている点が大きな特徴であり、株式譲渡事業譲渡株式交換や株式移転、合併などM&Aを行う際のサポートを行っています。

2. ビザインの特徴

ビザインの特徴

中小企業の案件を主に取り扱っているビザインですが、事業・サービス内容にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、ビザインの5つの特徴を紹介します。
 

  1. 中小規模・店舗のM&Aに対応
  2. アドバイザリー契約にも対応
  3. セカンドオピニオンとしても利用可能
  4. プレM&Aのコンサルティング
  5. ファンドアレンジ

①中小規模・店舗のM&Aに対応

中小企業向けのM&A関連サービスを提供する会社は増加傾向にありますが、ビザインにおいては最小規模の案件に対応していることも特徴です。

最低報酬や着手金が数百~数千万円に設定している大手M&Aサービスは多くありますが、ビザインでは最低報酬150万円、着手金については原則30万円(取引価格1億円以下の小規模案件は着手金無料)と低い金額設定となっています。

ビザインは小規模事業者でも依頼しやすく、売却難易度や依頼事業者の現状を考慮し対応しています。

②アドバイザリー契約にも対応

すでに売り手と買い手間で交渉済みでM&Aが決まっている場合であっても、その後の手続きには専門知識が不可欠です。

ビザインではM&Aに関する手続きのアドバイス業務を行っており、契約書作成や税務・財務確認などのサポートも実施しています。

③セカンドオピニオンとしても利用可能

すでにM&A仲介会社に相談済みでありセカンドオピニオンを求める場合でも、ビザインに依頼できます。

ビザインは原則無料でセカンドオピニオンに応じている点が特徴で、費用がかかるような事案は事前に教えてもらえるため、安心して相談できます。

④プレM&Aのコンサルティング

今すぐではなくても、将来的にM&Aによる事業売却を検討しているという経営者も少なくありません。

ビザインでは、将来の事業売却に備え企業を最高の状態にするために、プレM&Aコンサルティングサービスを提供しています。M&A決定時に、買い手に「欲しい」と思わせる状態に、成長させます。

具体的には、企業の事業戦略やマーケティング、管理体制整備など多岐にわたる分野に関する成長戦略支援を行います。

⑤ファンドアレンジ

ファンドというと、外資系で高収益を上げるために手段を選ばないといったマイナスのイメージが強かったところがありますが、ここ数年でファンドのスタンスやポリシー、投資方法は多様化しています。

例えば、後継者が不在で経営継続が困難になった会社を取得する「事業承継に特化したファンド」や、業績不振の会社を債権者と調整して可能な限り債務負担を減らして取得する「事業再生特化型のファンド」などがあります。

ファンドの種類が多様化したことより、中小企業の多岐にわたる課題の解決可能性が高まったといえますが、中小企業側が的確に自社に適したファンドを探し出すことは困難です。

ビザインでは、さまざまなファンドとのネットワークを生かし、課題を抱えた中小企業に適したファンドのアレンジサービスを行っています。

【関連】M&Aアドバイザーって?選び方と利用するメリットを解説!
【関連】投資ファンドのM&Aを分析!ファンドに買われた会社は買収後はどうなる?

3. ビザインは中小企業・スモールM&Aが得意なのか

ビザインは中小企業・スモールM&Aが得意なのか

ビザインの公式ホームページでは、自社のミッションとして以下の2点を掲げています。
 

  1. 中小企業のM&Aサポートに真摯に向き合い、社会的損失を防ぎ、経済発展に寄与し、雇用の継続を守る
  2. 中小企業様のM&Aへの理解・普及を促進し、M&Aサポートビジネスの全体のナレッジの共有化、スキルアップに積極的取り組む

ビザインは、中小企業に多くみられる後継者不足や経営難などの課題を抱えていたとしても、買収企業にとって魅力となる強みがあれば、十分に事業売却が可能と考えています。

また、詳細は後述しますが、手数料や相談料を安価に設定するなど、小規模事業者が相談しやすい環境を整備しています。

実際に小規模事業者の売却案件もあることから、ビザインはスモールM&Aを得意としていると判断できるでしょう。

4. ビザインの手数料・相談料

ビザインの手数料・相談料

この章では、ビザインのM&Aサービスを利用した場合の手数料や相談料をみていきましょう。

ビザインでは、M&Aの仲介サービスはレーマン方式により手数料を決定しています。レーマン方式とは、案件成約時の売買価額を基準に手数料を設定する方法です。

取引価格1億円以下の小規模案件については成功時のみに報酬支払が発生し、それまでの相談や着手金、紹介料などは一切かかりません。

【取引価格(譲渡価格+保証金)1億円以下の場合の成約時手数料】
 

取引価格(税別) 手数料
1,000万円以下の場合 150万円
3,000万円以下の場合 250万円
6,000万円以下の場合 350万円
1億円以下の場合 500万円


ビザインのM&Aサービスは規模の小さな企業でも相談しやすい価格設定となっていることが特徴です。なお、取引金額が1億円を超える場合はビザインと個別相談のうえ、決定されるため、詳細は問い合わせて確認してください。

【関連】レーマン方式とは?M&A仲介会社の成功報酬や手数料の算出方法を徹底解説!

5. ビザインの実績・評判

ビザインの実績・評判

ビザインにサポートの依頼を検討している経営者にとっては、実績や評判も気になるところでしょう。ビザインの公式ホームページ上に具体的なM&A事例や評判の記載はありませんが、福岡や東京を中心として10年にわたる案件取り組み実績があると記載されています。

また、ビザインホームページのM&A資料室には以下の事例が記載されており、いずれの事例も従業員数は数名~数十名の小規模企業であり、小規模な案件であってもきちんと実績を出していることが伺えます。

【ビザインのM&A事例】

  1. 年間売上500万円の会社が600万円で売却できた事例
  2. 赤字かつ金融機関からの借入を有する状態で売却できた事例
  3. 赤字の飲食店計3店舗が200万円で売却できた事例

【関連】スモールM&Aとは?探し方・注意点まとめ!実際の案件も紹介!

6. ビザインがおすすめの方

ビザインがおすすめの方

小企業事業者へのM&Aサービス提供に強みがあるビザインですが、具体的にどのような方が相談に適しているのでしょうか。以下に当てはまる方は、ビザインへ相談するのが適していると考えられます。
 

  1. 規模が小さく大手に断られた
  2. 着手金を低く抑えたい
  3. M&Aにまだ迷っている
  4. 自社の実績・規模でM&Aが可能か心配
  5. 事業承継したい
  6. 将来のM&Aを検討
  7. セカンドオピニオンを探している
  8. push型のM&Aを検討している

①規模が小さく大手に断られた

近年、中小企業向けにM&A仲介サービスを提供する会社が増加傾向にありますが、数百万円~数千万円と高額な報酬、着手金を設定している仲介会社も少なくありません。

そのような場合、売上が数百万円~数千万円程度の小規模事業者になると、M&Aの相談を気軽に行うことができず、相談できたとしても断られる可能性があります。

ビザインでは、取引金額1億円以下の小規模事業者については、着手金は無料、最低報酬は150万円に設定しており、小企業事業者がM&Aに関する相談を行いやすい環境を整備しています。

②着手金を低く抑えたい

ビザインでは、着手金は原則30万円(取引金額1億円以下の小規模事業者に対する着手金は不要)となっていますが、相談内容や企業の現況などにより柔軟的に着手金を設定する点が特徴です。

「高額の着手金を支払ったのに、まったく進展がなかった」というような経験をした方でも、安心して相談できる条件となっています。

③M&Aにまだ迷っている

M&Aを検討する理由は、例えば、後継者不在・業績悪化・不採算部門の売却などさまざまですが、ビザインでは売却の依頼であれば、まず、今売却すべきかという観点に立ち、コンサルティングを行います。

実際に売却を決定したときの企業価値を向上するため、業績の回復の支援などを行うプレM&Aコンサルティングサービスを提供しています。

④自社の実績・規模でM&Aが可能か心配

ビザインでは売上高1千万円以下の成約実績が実際にあり、M&Aは実績や規模から単純に成約可否が判断されることはありません。

買い手からみて売り手の事業者に買い取りたいと思わせるような強みがあるかどうかが一番重要なポイントになります。

⑤事業承継したい

中小企業の多くは親族内で大部分を出資する同族会社ですが、後継者不足を要因として廃業する企業も少なくありません。

借入金や経営資産を保有していたり、従業員・取引先・顧客を抱えていたりするなど、廃業することがステークホルダーに大きな影響を与える場合には、まず友好的なM&Aにより経営資源を引き継ぐことを検討しましょう。

事業承継の有力な手段としては、第三者に事業を譲渡する方法や従業員に経営を引き継ぐ方法があり、後者の方法はMBOやEBOと呼ばれます。

事業承継の場合、第三者に友好的に経営を譲渡する方法が多く採用されます。対して、第三者に事業を譲渡することに抵抗がある方は、従業員に経営を引き継ぐ方法を採用することも選択肢の1つです。

この手段をとる場合は従業員が会社を買い取ることになりますが、従業員はサラリーマンであるため、買取資金を保有していない場合がほとんどです。

金融機関では事業承継に注力しているところが多く、事業承継のための資金制度を用意している場合も少なくありません。

ビザインでは、金融機関との協議し従業員の資金調達の仲介を行うことで、従業員の会社買取案件を成約させた実績もあります。

【関連】事業承継の目的とは?事例から解説!

⑥将来のM&Aを検討

後継者の不在や業績の悪化など現状に大きな課題を抱えており、今後M&Aを検討する可能性がある場合には、早めにビザインに相談すると、売却時の企業価値を高め、円滑に売却するための具体的支援策を提示してくれます。

⑦セカンドオピニオンを探している

中小企業向けのM&A仲介会社は数多く存在し、仲介会社ごとに強みが異なるため、アドバイスの内容も異なってきます。

そのため、1社のアドバイスの内容が必ずしも最適な答えとならないため、他の仲介会社のアドバイスも受けることで、納得できるM&Aが行えることもあります。

ビザインではセカンドオピニオンサービスを無料で提供しています。

⑧push型のM&Aを検討している

買収を考えている方で、待つM&Aではなくpush型のM&Aを検討している場合にも、ビザインは適しています。

M&Aでは、案件を能動的に調べてアプローチしなければ、理想とする事業や企業を取得できる可能性は低くなります。

ビザインでの年間の成約数の50%以上は、積極的にpush型案件サーチやアプローチを取り入れています。

【関連】九州のM&A・事業承継のおすすめ仲介会社20選【売却案件一覧】

7. M&A仲介会社選びに迷ったときは

M&A仲介会社選びに迷ったときは

M&A仲介会社を選択する際は、M&A実績・案件規模・担当アドバイザーの知識や相性などをしっかり確認することが大切です。また、仲介会社によって得意とする分野や地域も異なるので、総合的に懸案して決めるようにしましょう。

M&A総合研究所は、主に中小規模のM&A案件を取り扱う仲介会社です。幅広い分野の実績を有しており、全国の案件に対応しています。

また、M&A総合研究所では各案件に経験や実績のあるM&Aアドバイザーが就き、クロージングまで親身になってフルサポートいたします。

料金体系は完全成功報酬制を採用しており、着手金や中間金が不要ですので、初期費用を抑えたい場合も安心してご利用いただけます。

無料相談をお受けしていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

今回の記事ではビザインのM&Aサービスの特徴を紹介しました。

着手金や安価な成功報酬、過去10年間の経験・実績など小規模事業者のM&A案件も積極的に取り扱っているので、後継者不足や外部環境の変化による経営実績の低迷などの課題を抱えており、M&Aの検討をしている小規模事業者の方は、ビザインへ相談することも1つの選択肢といえます。

【ビザインの特徴】

  1. 中小企業向けM&Aに対応
  2. 完全成功報酬
  3. アドバイザリー契約に対応
  4. セカンドオピニオンとして利用可能
  5. プレM&Aコンサルティングサービスを提供
  6. ファンドアレンジも可能

【おすすめの方】
  1. 大手に断られた方
  2. 着手金を低く抑えたい方
  3. M&Aにまだ迷いのある方
  4. 自社の実績や経営規模でM&Aが可能か不安に思われている方
  5. 事業承継を検討している方
  6. 将来のM&Aを検討している方 
  7. セカンドオピニオンを探している方
  8. push型のM&Aを検討している

M&A総合研究所は完全成功報酬制で、着手金や中間金も不要です。また、経験と実績が豊富なM&Aアドバイザーが、案件をフルサポートいたしますので、安心してご相談していただけます。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事