ビズリーチサクシードとは?どんなビジネスモデル?【評判/手数料/料金/採用】

Medium
M&Aシニアアドバイザー
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

ビズリーチサクシードとは事業承継M&Aプラットフォームですが、これまでに多くの取引実績があり、リーズナブルな料金で利用できることで評判です。ビズリーチサクシードのビジネスモデルや手数料・料金、採用情報などについて掲示します。

目次

  1. ビズリーチサクシードとは
  2. ビズリーチサクシードのビジネスモデル
  3. ビズリーチサクシードの特徴
  4. ビズリーチサクシードの評判・口コミ
  5. ビズリーチサクシードの手数料
  6. ビズリーチサクシードの利用料金
  7. ビズリーチサクシードのマッチング実績
  8. ビズリーチサクシードの採用条件
  9. 積極的なM&Aは仲介会社への相談がオススメ
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. ビズリーチサクシードとは

ビズリーチサクシードとは

ビズリーチサクシードは事業承継M&Aプラットフォームとなっており、一般的な事業承継とは異なる方式です。ここでは、ビズリーチサクシードの概要について解説します。

どんな会社なのか?

ビズリーチサクシードは、転職サイト「ビズリーチ」を運営してきたビズリーチ社が2017(平成29)年11月から新たに運営を開始した、日本最大級の事業承継M&Aプラットフォームです。

ビズリーチ社は、2020(令和2)年2月から、グループ経営体制に移行しました。その移行に際し、グループ経営を管理するホールディングカンパニーとしてビジョナル社を設立し、また、ビズリーチサクシードの運営に関しては、これを専門に担当する会社を分社化しました。

分社化された会社は、ビジョナルの100%子会社でビジョナル・インキュベーション社です。このような経緯を経て、現在のビズリーチサクシードは、ビジョナル・インキュベーションによって運営されています。

ビズリーチサクシードは、譲渡を希望する企業が譲受企業を募る形式のプラットフォームになっており、サービス開始後わずか6ヶ月で累計譲渡案件数は1,000件を超えました。

これについては、2009(平成21)年から運営してきたビズリーチが培って築き上げた、約7,200社とのネットワーク(2018年時点)と、かれらとの信頼関係がもたらした結果といえるでしょう。

M&A仲介会社ではない?

先述のように、ビズリーチサクシードは仲介会社ではなく、事業承継M&Aプラットフォームです。

ビズリーチサクシードで提供しているサービスは、完全プラットフォーム型という形態になり、M&A成約までの交渉・手続きといった過程には、原則としてビズリーチ・サクシード側が関わることはありません

あくまでも、譲渡企業と譲受企業のマッチングの場としてのサイトであり、多くの企業に出会い・交渉の機会を提供するのが、ビズリーチサクシードのスタンスです。

【関連】M&A仲介会社を比較!手数料・サービス・実績を徹底比較!

2. ビズリーチサクシードのビジネスモデル

ビズリーチサクシードのビジネスモデル

ビズリーチサクシードのビジネスモデルは、「エントリー型のM&Aサイト」であることです。この項では、エントリー型のM&Aサイトの概要と、実際に利用する際の手順について解説します。

エントリー型のM&Aサイトとは

ビズリーチサクシードは、「エントリー型のM&Aサイト」という形態をとっています。

譲渡企業は、会社や事業の概要を匿名で登録・エントリーできる点が大きな特徴となっており、譲受企業は、エントリーされた情報を検索・閲覧し「譲り受けたい」と考える相手にメッセージを送信し、アプローチするという流れです。

また、譲渡企業は匿名でのエントリーが可能なため、事業承継M&Aを経営戦略の1つの選択肢として、早い時期から検討できます。つまり、自社の市場での大まかな価値を知ることが可能なのです。

利用する際の手順

ビズリーチサクシードを利用する際は、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。ここでは、ビズリーチサクシードの利用手順を、譲渡側・譲受側に分けてそれぞれ見ていきましょう。

譲渡側の手順

ビズリーチサクシードを利用する際は、まず会員登録を行います。その際、売り手は「譲渡案件情報」を登録しなければなりません。その後は、以下のような手順で進めていきます。

なお、ビズリーチサクシードでは、M&Aに関する交渉や手続きは、原則として全て譲渡側・譲受側の当事者間で直接行う規定です。

【譲渡側の利用手順】

  1. 案件登録、条件登録:譲渡案件情報を登録
  2. 検索:譲受企業を検索
  3. メッセージ(案件の提案):譲受企業に譲渡案件を提案または、メッセージを待つ
  4. NDA(秘密保持契約)締結、社名開示:譲受企業へNDAを送付し、NDAを締結して社名や詳細情報を開示
  5. 面談、交渉:譲渡に向けた個別面談や交渉
  6. 成約:成約後、成約報告フォームから報告する

譲受側

譲受側は、会員登録を行ったら「譲り受け希望条件」を登録します。その後の手順の進め方は、以下のとおりです。

【譲受側の利用手順】

  1. 案件登録、条件登録:譲受希望条件を登録
  2. 検索:譲渡案件を検索
  3. メッセージ(案件の提案):譲渡企業へメッセージを送信
  4. NDA締結、社名開示:譲渡企業から送付されるNDAを締結して社名や詳細情報を開示
  5. 面談、交渉:譲受に向けた個別面談や交渉
  6. 成約:成約後、成約報告フォームから報告する

【関連】秘密保持契約(NDA/CA)とは?
【関連】事業承継の最新ニュースまとめ!

3. ビズリーチサクシードの特徴

ビズリーチサクシードの特徴

ビズリーチサクシードの大きな特徴は、事業承継を考えている企業に対して、譲受企業が事前に条件提示したうえで譲渡を募るという「承継公募」です。

公開で事業承継M&Aの相手を募る形であり、その際に譲受企業は企業名を公開しますが、譲渡企業は匿名で交渉を行えます。

一般的な企業にとって事業承継M&Aは難しいものというイメージもありますが、承継公募を利用することにより、地域外の企業と接点を持ちやすくやり、事業承継を実施しやすい環境になるのです。

また、実際の承継公募は知名度の高い大企業が公募をかけることが多いため、譲渡企業にとっては安心して事業承継できるのもメリットといえるでしょう。

以下では、そのほかのビズリーチサクシードの特徴について、3項目をピックアップして掲示します。

①豊富な案件数

現在、日本では年々、M&A件数が増加しており、最盛期を迎えています。これは、経営戦略などのためにM&Aを活用する企業が増えていることの表れです。

ビズリーチサクシードにおいても、サービス開始からの1年間で、譲受企業の合計が2千社を超えました

そして、現在も譲受企業の合計数は増えている状況であり、業種や地域に関わらず登録され、事業承継の可能性を広げています。

②スムーズなマッチングが可能

ビズリーチサクシードを最初に立ち上げたビズリーチ社は、即戦力の人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」を長らく運営してきました。

その間、ビズリーチは非常に多くの取引経験を有してきており、現在、その数は合計1万社以上に上ります。

このような非常に多くの経験をしている企業が運営会社でしたから、そのネットワークに関してもビズリーチサクシードは引き継いでいるため、さまざまな状況に対してもスムーズに対応でき、マッチングする企業を探すことが可能なのです。

③情報漏えいに対する徹底管理

ビズリーチサクシードは、サイト内にも掲げているように、個人情報保護に対して細心の注意を行っています。

また、譲渡情報に関しても、ビズリーチサクシードの審査を通過した譲受候補企業のみが閲覧でき、匿名性が担保されているため、安心して利用できるのです。

【関連】M&A業界の動向まとめ!マップ形式で紹介!

4. ビズリーチサクシードの評判・口コミ

ビズリーチサクシードの評判・口コミ

ビズリーチサクシードの評判・口コミを調べてみると、「満足できた」、「サポートが手厚かった」など、よい意見が多く見られました。以下では、その一例を紹介します。

ある経営者は自社の事業を安心できる企業に譲渡したいと考え、行政や他社マッチングサービスなどを利用しましたが、なかなかよい譲渡先が見つかりませんでした。

しかし、ビズリーチサクシードに登録したところ、わずか3ヶ月で東証一部上場企業とのマッチングを果たしており、ビズリーチサクシードの登録企業の豊富さがわかります。

【関連】事業承継の失敗事例10選!失敗要因は?

5. ビズリーチサクシードの手数料

ビズリーチサクシードの手数料

ビズリーチサクシードの手数料は、M&A成約までにかかる費用・プラットフォームへの登録料・月額使用料などの費用は、全て無料になっています。

しかし、専門家へ依頼する際の手数料など必要に応じてかかる費用に関しては、詳細をビズリーチサクシードに問い合わせて確認することが必要です。

【関連】事業承継の費用まとめ【コンサル/弁護士/税理士】

6. ビズリーチサクシードの利用料金

ビズリーチサクシードの利用料金

ビズリーチサクシードの利用料金は基本的には無料ですが、仲介手数料にあたる「案件紹介料」が唯一発生します。

案件紹介料は、譲受側企業のみ必要になり、M&Aが成約した際は、取引金額の1.5%(最低金額100万円)です。

ビズリーチサクシードの手数料や利用料金については、サイト上でくわしく説明されているので、利用する前によく確認しておくとよいでしょう。

【関連】M&Aの手数料・報酬体系の相場は?M&A仲介会社別を徹底比較!

7. ビズリーチサクシードのマッチング実績

ビズリーチサクシードのマッチング実績

ビズリーチサクシードのマッチング実績は、2018年の段階で2千社以上です。ビズリーチサクシードが設立されたのは2017年なので、短期間で非常に多くの実績をあげていることがわかります。

マッチングを果たした業種は、飲食業・加工販売業など多岐に渡り、成約事例はサイト上でも紹介されているので参考にすることが可能です。

【関連】【M&Aマッチングサイト一覧】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

8. ビズリーチサクシードの採用条件

ビズリーチサクシードの採用条件

ビズリーチは「インターネットの力で世の中の選択肢と可能性を広げていく」とし、⼈⼿不⾜・企業の⽣産性向上・事業承継などの課題を、データとテクノロジーの活⽤によって解決を図ることを目標にしています。

ビズリーチサクシードの採用条件は、マーケティング全体の戦略策定の経験をもっていることが必須となっており、新規事業の立ち上げやグロースの経験がある人材も歓迎するのことです。

【関連】M&A業界へ転職するには?未経験と経験者別に解説

9. 積極的なM&Aは仲介会社への相談がオススメ

積極的なM&Aは仲介会社への相談がオススメ

ビズリーチサクシードは事業承継M&Aプラットフォームとしての強みがありますが、M&A仲介会社にもまた違う強みがあります。積極的なM&Aを成功させたい場合は、M&A仲介会社に相談することがおすすめです。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所では、豊富な実務経験を持つM&Aアドバイザーがクロージングまでをフルサポートし、高いレベルのM&Aを実現します。

また、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、平均3ヶ月でスピード成約する機動力もM&A総合研究所の大きな特徴です。

そして、着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬制(譲渡対価によるレーマン方式)を採用しており、成約に至らなければ費用は一切かかりません。

無料相談は随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際は、M&A総合研究所へお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

10. まとめ

まとめ

ビズリーチサクシードは、新しい形のマッチングプラットフォームとして、今後も利用者数は増加すると考えられます。

本記事の概要は、以下のとおりです。

【ビズリーチサクシードの会社概要】

  • 事業承継専門プラットフォームの中ではトップクラスの規模
  • 会社や事業の概要を匿名で登録でき、譲受企業は、その情報を検索して閲覧後、メッセージを送信する
  • エントリー型のM&Aサイト

【利用する際の手順】

  1. ビズリーチ・サクシードへの会員登録を行う
  2. 条件の合う相手を検索した結果、相手が見つかればメッセージを送信して交渉する
  3. 交渉がまとまり、M&Aが成約した場合は成約報告フォームで成約を報告する

【ビズリーチサクシードの特徴】

  1. 豊富な案件数
  2. スムーズなマッチングが可能
  3. 情報漏えいに対する徹底管理

【ビズリーチサクシードの手数料】

  • 譲渡企業:全ての機能を基本的に無料で使用可能
  • 譲受企業:ビズリーチ サクシードを介して株式や事業の譲渡が成約した場合のみ、譲受金額の1.5%を案件紹介料 (最低支払金額100万円)が手数料となる

【ビズリーチサクシードのマッチング実績】

  • 合計1万社以上との取り引き経験がある
  • M&Aにてビズリーチ・サクシードが譲渡を成立させた企業は、2018年までの段階で2千社以上で多くの企業をマッチングさせている

ビズリーチサクシードのような事業承継専門プラットフォームを使用するとともに、M&A仲介会社を併用することにより、専門的な立ち場から的確な助言を聞くことが可能です。

M&A総合研究所では、1つの案件に対してM&Aの経験と実績が豊富なM&Aアドバイザーが、クロージングまでサポートいたします。

M&Aの実施をご検討の際は、どうぞお気軽にM&A総合研究所の無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事