フロンティア・マネジメントは事業コンサル系M&A会社?特徴や事例をご紹介

Medium
取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

東証一部上場企業のフロンティア・マネジメントは、M&Aアドバイザリーも行う経営コンサルティング会社です。フロンティア・マネジメントの概要、業務内容、特徴、過去の担当実績事例、利用する場合のポイントなどについて紹介します。

目次

  1. フロンティア・マネジメントとは
  2. フロンティア・マネジメントの業務の柱
  3. フロンティア・マネジメントの特徴
  4. フロンティア・マネジメントの事例
  5. フロンティア・マネジメントを利用する際のポイント
  6. M&A専門の仲介会社をお探しなら
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. フロンティア・マネジメントとは

フロンティア・マネジメントとは

フロンティア・マネジメントとは、M&Aアドバイザリーであると同時に経営コンサルティングであり、「経営支援・M&Aアドバイザリー・企業再生」の、どのフェーズにも対応できる経験・実績ともに豊富な会社です。

まず、M&Aアドバイザリー=M&A仲介会社とは何なのかをあらためて確認したうえで、フロンティア・マネジメントの沿革や概要について記します。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、その名のとおり企業の合併(Mergers)・買収(Acquisitions)を意味する「M&A」を仲介する会社です。M&Aを行ううえで、M&A仲介会社はとても重要な役割を果たします。

M&Aを実施する場合、それを進めていく過程においてさまざまなプロセスがあり、その全てにおいて専門的な知識・経験が欠かせません。端的にいえば、自社単独でM&Aを成功させることは非常に難しいでしょう。

つまり、計画当初の段階からM&Aの専門家であるM&A仲介会社に業務委託することで、M&Aが成約までスムーズに進められるでしょう。以下に、M&A仲介会社の行う一般的な業務内容について記します。

【M&A仲介会社の業務内容】

  • ソーシング(相手企業探し)
  • マッチング(相手企業選別)
  • M&A先との条件交渉・補佐
  • デューデリジェンス(買収側による売却側企業の精査)対応
  • 各種契約書作成・助言
  • 各種資料作成
  • M&A後の経営統合プロセス(PMI)のサポート

フロンティア・マネジメントの概要

フロンティア・マネジメントは、2007(平成19)年に「複雑化・高度化する経営課題につき、多様な専門的手法を駆使して総合的に解決すること」を理念に設立されました。

フロンティア・マネジメントは、経営コンサルタント・産業アナリスト・事業会社出身者などのビジネスの専門家、投資銀行出身者などM&A専門家、弁護士・公認会計士・税理士などの士業専門家など、多様な専門家により構成されています。

したがって、フロンティア・マネジメントは、顧客企業から求められるニーズに対し、的確なサービスを提供できることが強みです。また、本社のある東京だけではなく、地域密着でサービス提供するために、長野・名古屋・大阪に支店があります。

さらに海外には、シンガポール・アメリカに支店、ベトナムに拠点を持ち、中国では連結子会社を設立しました。そして、2018(平成30)年に東証マザーズ上場、2020(令和2)年に東証一部上場を果たしています。

【フロンティア・マネジメント 会社概要】

会社名 フロンティア・マネジメント株式会社
設立時期 2007年1月4日
資本金 1億5,800万円
代表者 大西 正一郎・松岡 真宏
従業員数 223名(グループ連結・2020年9月末日現在)
住所 〒106-6241 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー41階
電話・FAX 電話03-6862-5180(代表)・FAX03-6862-8611
事業内容 経営コンサルティング、ファイナンシャル・アドバイザリー(M&A)、
再生支援、制度関連助言、教育研修、資金支援

なお、フロンティア・マネジメントは、資金支援事業の一環として、2017(平成29)年に日本政策投資銀行との合弁で「FCDパートナーズ株式会社」を設立しています。

【関連】M&Aアドバイザリーとは?業務内容を徹底解説!

2. フロンティア・マネジメントの業務の柱

フロンティア・マネジメントの業務の柱

フロンティア・マネジメントは、3つの業務を柱としています。この章では、フロンティア・マネジメントの業務の柱である以下3つを見てみましょう。

【フロンティア・マネジメントの業務の柱】

  1. 経営コンサルティング
  2. 再生支援
  3. M&A・組織再編の支援・助言

①経営コンサルティング

フロンティア・マネジメントの1つ目の柱は、経営コンサルティングです。フロンティア・マネジメントには、多種多様な業界へ精通した人材が多く在籍しているため、ワンストップ型の企業支援を可能にしています。

ワンストップ型とは、個々の企業に対応した経営コンサルティングサービスだけではありません。M&Aアドバイザリーとの両面から柔軟な組み合わせで対応することにより、さまざまなケースに対して一貫したサポートを行えます。

②再生支援

フロンティア・マネジメントの2つ目の柱は、再生支援です。再生支援を必要とする企業に対し、経験豊富なプロフェッショナルによるサポートを行います。

社内の混乱緩和、危機に直面して顕在化する社内外の利害関係の調整、事業再生計画策定から実行支援、金融機関との利害調整、経営改革のための経営参画、各種再生手続き上の支援など、幅広いサポート内容が特徴です。

③M&A・組織再編の支援・助言

フロンティア・マネジメントの3つ目の柱はM&A・組織再編の支援・助言です。

組織再編支援を行う中で、ファイナンシャル・アドバイザリー事業に関連した弁護士・会計士・税理士などの専門家によって法務、税務、財務支援などの調査業務を行っています。

そのほか、事業再生計画、M&Aおよび組織再編の実行局面などにおいて、さまざまな幅広い内容のコンサルティングが可能です。

【関連】M&Aで事業再生するには?方法、手順、ポイントを解説

3. フロンティア・マネジメントの特徴

フロンティア・マネジメントの特徴

この章では、フロンティア・マネジメントの特徴について紹介します。フロンティア・マネジメントの特徴は、大きく分けると下記の4つです。それぞれの特徴について説明します。

【フロンティア・マネジメントの特徴】

  1. 一貫した顧客サポート
  2. 専門性
  3. プランニング力
  4. M&Aへの精通

①一貫した顧客サポート

フロンティア・マネジメントの特徴1つ目は、「一貫した顧客サポート」です。フロンティア・マネジメントは、さまざまな業界に精通した専門家によるワンストップ型企業支援が強みといえます。

経営コンサルティングとM&Aアドバイザリーの複合を行うことにより、どのような事業体のクライアントにも最初から最後まで一貫した経営サポートを実施することが可能です。

②専門性

フロンティア・マネジメントの特徴2つ目は、「高い専門性」です。

各分野の専門家が同一の集団に在籍しチームプレーを行うことによって、高品質でスピード性のある総合的な専門サポートが実施できます。

フロンティア・マネジメントには、会計士・税理士のみならず、各種コンサルタント・産業アナリスト、投資銀行や事業会社出身者などの幅広い専門家が在籍しています。

③プランニング力

フロンティア・マネジメントの特徴3つ目は、「プランニング力」です。

フロンティア・マネジメントは、企業価値向上のためのビジネス戦略の立案・ビジネスプランの策定を優先的に実施し、企業にとって最適なサポートを行います。

事業再生を行ううえで、仮にプランニング力がない仲介会社を選択した場合、事業の失敗、つまり事業の断絶に直結してしまうことになるため、高いプランニング力とコミットメント力がフロンティア・マネジメントの強みです。

④M&Aへの精通

フロンティア・マネジメントの特徴4つ目は、「M&Aへの精通」です。

フロンティア・マネジメントには実績豊富な業界のスペシャリストが多く在籍しているため、企業へ適切なM&Aのアドバイスを行うことが可能となります。

そのほか、コンサルティング経験・実務経験の豊富な担当者を各プロジェクトに配置しているため、各企業に対して最適なM&Aプランニングを実現することが可能です。

実績数においても、日本M&Aマーケットレビューのアドバイザー・ランキングにおいて、過去9年間の累計取引件数が7番目の実績であることからわかるように、実績・経験の豊富な会社といえるでしょう。

【関連】M&Aがクロージングするまでの手続き・流れ、クロージング条件について解説

4. フロンティア・マネジメントの事例

フロンティア・マネジメントの事例

この章では、フロンティア・マネジメントが担当した業務の成功実績の一部を確認します。事例3件をピックアップしました。

①フロンティア・マネジメントによる世界シェア上位工作機械メーカーの経営コンサルティングの事例

世界シェア上位工作機械メーカーの経営コンサルティングの事例です。

リーマン・ショック後の不況で業績が低迷していた企業でしたが、業績の見える化・海外市場の拡大・増収システムの構築により最適な営業体制の構築を行いました。
 

業種 製造業(工作機械メーカー)
従業員数 約1,800名
状況 ・海外進出から数十年経過していたが、十分な利益成長を実現できていない
課題点 1.海外市場のポテンシャルの不正確な把握
2.不況期のリストラによる人材流出の影響
3.成長に向けた施策の未実施
指摘点 ・海外市場の見える化・組織能力上の課題指摘と克服策の提示
・需要国の絞り込み・増収施策の策定など
成果 ・精度の高い海外市場の把握
・拠点の新設など具体的な増収施策の実行
・経営幹部候補となる人材候補の発掘

②フロンティア・マネジメントによる食品総合卸売業の組織再編の事例

食品総合卸売企業の組織再編の事例です。

過去に行ってきた事業投資の影響により慢性的な赤字、資金繰りの困窮に陥っていた会社を、組織再編により、売上増益への反転、従業員の確保など現在進行形での組織再編を行いました。
 

業種 卸売業(食品専門卸)
従業員数 約800名
状況 ・過去に行ってきた事業投資に見合う利益が得られない
・経営環境の変化への対応ができない状況が続き、慢性的な営業赤字に陥り、資金繰りにも困窮
課題点 1.過大投資による過剰債務と困窮した資金繰り
2.卸売事業の慢性的な営業赤字
3.経営戦略が不確かで経営管理体制が脆弱な状態
指摘点 ・内部・外部環境の分析により重点的な改善点の提示
・返済計画を含めた金融機関と主要株主との合意の形成
・中期経営計画の策定
成果 ・20年振りの売上増収への反転
・営業利益率は過去最高かつ業界トップクラス水準の実現
・従業員数20%増加、従業員平均給与も毎期増額を継続中

③フロンティア・マネジメントによる鉄道コングロマリット企業のM&A・組織再編の支援

鉄道コングロマリット企業の組織再編の支援・M&A支援の事例です。

主力事業の収益低下やバブル期の過大投資による税務状況の悪化により、慢性的な赤字となっている企業を改善するため、事業再生計画の実施、財務リストラクチャリングの実施、持ち株会社化による複雑な資本構成の改善などによる組織再編を行いました。
 

業種 鉄道コングロマリット企業
従業員 5,700名(内正社員2,400名)
状況 ・交通・流通・観光事業を含む一体のコングロマリット(複合企業)として事業が成り立っており、交通事業のみへの選択と集中は適さず、一体再生が必要
課題点 1.主力事業の収益低下
2.バブル期の過大投資による負債の増加、財務体質の悪化
3.事業の重複や複雑な資本構成に起因するグループ経営戦略の不在
指摘点 ・事業再生計画の策定
・メインバンクへの支援依頼
・経営陣・役員の派遣による事業再生計画の実行
成果 ・債権放棄要請を含む財務リストラクチャリングを実施(キャッシュフロー改善)
・コングロマリットとしてのビジネスモデルの改善
・持ち株会社へ移行、グループガバナンスの強固な構築

【関連】会社を企業価値10億で売却・M&Aする方法!バイアウト成功事例5選

5. フロンティア・マネジメントを利用する際のポイント

フロンティア・マネジメントを利用する際のポイント

ここでは、フロンティア・マネジメントを利用する際のポイントについて、3つにまとめ解説します。

【フロンティア・マネジメントを利用する際の3つのポイント】

  1. 事業コンサルを含めたM&A戦略を立てる場合
  2. 事業再編を検討する場合
  3. クロスボーダーM&Aを検討する場合

①事業コンサルを含めたM&A戦略を立てる場合

フロンティア・マネジメントを利用する際の1つ目のポイントは、「事業コンサルを含めたM&A戦略を立てる場合」です。

フロンティア・マネジメントでは、経験豊富なアドバイザー・担当者が多数在籍しているため、各業種に応じた経営戦略の策定、アドバイス、M&A支援ができます。

それに加え、独自のリサーチ力により産業・技術知見に基づく長期ビジョンの提示など、M&A成約後も見据えた長期的なアドバイスを行うことが可能です。

②事業再編を検討する場合

フロンティア・マネジメントを利用する際の2つ目のポイントは、「事業再編を検討する場合」です。フロンティア・マネジメントでは、再生支援を必要とする企業に対して、事業再生計画策定とその実行支援を行うだけではありません。

資本政策や提携戦略の立案も行いますし、それを実行する際に役立つ金融機関との太いパイプや、ほかの投資家候補や各企業などとの独自ネットワークを有しています。その結果として、高いコミットメント力で事業再編を行えるでしょう。

③クロスボーダーM&Aを検討する場合

フロンティア・マネジメントを利用する際の3つ目のポイントは、「クロスボーダーM&Aを検討する場合」です。フロンティア・マネジメントには、クロスボーダーM&Aの経験者、米国公認会計士などが多数在籍しています。

グローバルな独自のネットワークを生かすことにより、クロスボーダーM&A初期検討段階でのコンサルティングアドバイス、成約後の経営サポートまで、ワンストップでのサービスを行うことが可能です。

そして、フロンティア・マネジメントでは、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、北米、欧州など幅広い地域をカバーしています。

クロスボーダーM&Aとは

クロスボーダーM&Aとは、「国境を越えて行うM&A」のことです。国際間での企業の買収・合併を行う取引のことであり、当該企業のどちらか一方が外国企業である場合のことを指します。

【関連】クロスボーダーM&Aの成功要因・メリットを解説!件数も紹介!

6. M&A専門の仲介会社をお探しなら

M&A専門の仲介会社をお探しなら

M&A専門の仲介会社を探す際には、M&Aに精通している会社を選ぶことや実績や経験を考慮しながら探す必要があります。M&A専門の仲介会社を探す際におすすめの相談先は、M&A総合研究所です。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所では、M&Aに精通した経験豊富なM&Aアドバイザーが専任となり、クロージングまでサポートいたします。

通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3カ月でスピード成約する機動力も強みです。料金体系は、着手金・中間金完全無料の完全成功報酬制(※譲渡企業様のみ)です。

随時、無料相談を受け付けておりますので、M&Aを検討される際には、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

本記事では、フロンティア・マネジメントの特徴や事例を紹介しました。フロンティア・マネジメントは、業界内でも実績・経験豊富なM&Aアドバイザリーであり、国内・国外に複数の拠点を有し、幅広く業務を行っています。

【フロンティア・マネジメントの業務の柱】

  1. 経営コンサルティング
  2. 再生支援
  3. M&A・組織再編の支援・助言

【フロンティア・マネジメントの特徴・強み】
  1. 一貫した顧客サポート
  2. 専門性
  3. プランニング力
  4. M&Aへの精通

【フロンティア・マネジメントを利用する場合のポイント】
  1. 事業コンサルを含めたM&A戦略を立てる場合
  2. 事業再編を検討する場合
  3. クロスボーダーM&Aを検討する場合

M&Aを検討・実施する際には、実績の豊富なM&Aの専門家に依頼するのがおすすめです。どのM&A仲介会社にするかお悩みの場合には、一度、M&A総合研究所の無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事