中小企業向けのM&A仲介会社の選び方と相談先一覧!

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

昨今は、中小企業のM&A・買収が盛んに行われています。しかし、どの機関にM&Aを相談すべきなのか悩む中小企業の経営者は少なくありません。そこで本記事では、中小企業・個人に向けて、M&A仲介会社の選び方と相談先をご紹介します。

目次

  1. 中小企業のM&Aに詳しい専門家の種類
  2. 中小企業が自社に合った仲介会社を選ぶポイント
  3. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 中小企業のM&Aに詳しい専門家の種類

中小企業のM&Aに精通する専門家の種類は、以下のとおりです。
 

  1. 会計士・税理士の事務所
  2. 弁護士事務所
  3. 銀行などの金融機関
  4. ファイナンシャルプランナー
  5. M&A仲介会社

それぞれの相談先の特徴を知っておくと、自社のM&A計画に適したアドバイザーを見つけやすいです。

特に「どこにM&Aを相談すれば良いのか?」「中小企業のM&Aに詳しい専門家はどこにいるのか?」と悩む経営者はぜひチェックしましょう。

①会計士・税理士の事務所

多くの経営者が最初に思いつく専門家が、会計士・税理士の事務所です。自社の会計・税務などで日常的にコミュニケーションを取っている経営者も多く、M&Aの際にも気軽に相談できる専門家として代表的な存在だといえます。

会計士・税理士に相談すると、会社の会計・税務状況に応じたアドバイスをもらえるため、堅実なM&A計画の策定が可能です。

また、買い手候補となる企業の資産状況などを専門家目線でしっかり調査してもらえるため、経営状況の良い買い手を見極めることもできます。

しかし、会社の顧問会計士・税理士の多くはM&Aサポートを集中的に行った経験がなく、M&A実務に関しては不慣れな部分が目立つケースもあります。

M&A成立まで総合的にサポートをしてもらいたい場合は、M&Aサポートに特化した外部の会計士・税理士事務所に相談したり、以下で紹介する別の相談先を検討したりしましょう。

②弁護士事務所

M&Aでは法律面の知識も必要となるため、弁護士事務所に相談したいと考える中小企業の経営者も多いです。

弁護士事務所では、M&A成立までの契約事項・M&A後の取引先や従業員との契約事項を中心に、法律の専門家として適切なアドバイスを行っています。

そのため、「将来的に法的なペナルティを受けたくない」「M&A後の雇用契約などについてきちんと対応してもらいたい」という方におすすめです。

ただし、弁護士事務所は大企業向けのM&Aサポートを中心に手掛ける傾向があり、中小企業のM&A実務には不慣れなケースが多く見られます。

また、小規模な弁護士事務所の場合は持っているM&A案件が少なく、適切な買い手がなかなか見つからないトラブルに見舞われる可能性が高いです。

中小企業がM&Aを行う際は、法務だけでなく税務・会計などの知識を持つ専門家によるトータルサポートが必須といえます。

③銀行などの金融機関

開業費用・投資費用を融資してもらった経験から、銀行などの金融機関にM&Aを相談する経営者も少なくありません。

最近ではサポートサービスを専門的に実施する金融機関もあり、こうした機関にはM&Aに関する専門知識を持ったアドバイザーが多数在籍しています。

大規模な金融機関であれば、取引関係にある全国各地の会社とのネットワークにより買い手をスムーズに探せるでしょう。

しかし、金融機関が得意とするのは、大企業向けのM&A案件です。譲渡利益が大きくなることを前提に手数料が設定されているため、譲渡利益数百万〜数千万円程度の小規模M&A案件の場合は、金融機関に支払う費用負担が大きくなってしまいます。

また、銀行などの金融機関は組織自体が大きいことから、迅速な対応が難しい場面も多いです。すぐに買い手を見つけてスピーディーな成約を実現したい場合は、別の相談先を検討すると良いでしょう。

④ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、個人や会社の資産状況を分析したり、今後の運用方法についてアドバイスを行ったりする専門家をさします。

ファイナンシャルプランナーは、法人ではなく個人に向けて、お金の使い方・管理の方法に関する相談対応を実施するのが一般的です。

企業M&Aに関する専門家ではないため、中小企業M&Aの買い手探し・実務などについては、別の専門家に相談しましょう。

ただし、「M&Aによりリタイア後の生活費を得たい」「まとまった売却利益を上手く管理したい」という場合は、ファイナンシャルプランナーへの相談がおすすめです。

M&A成立の見とおしが立ちそうな場合は、今後の生活についてファイナンシャルプランナーにアドバイスをもらうのも良いでしょう。

⑤M&A仲介会社

中小企業のM&Aに関する相談先として最適なのが、M&A仲介会社です。M&A仲介会社はM&A実務のサポートを専門的に手掛けており、M&A実務に関する豊富な知識を有します。

仲介会社によっては中小・中堅企業専門でM&A支援を実施する機関もあるため、中小企業向けのM&A相談役として最も適しているのです。

さらに、M&A仲介会社はさまざまな売り・買い案件の情報を抱えているため、相手先探しもスムーズに進みます。自社に合った相手先を少しでも早く見つけたい方は、相談料無料のM&A仲介会社を利用しましょう。

ただし仲介会社によっては、M&Aの成立のみを目指しサポートを疎かにしたり、着手金目的で丁寧な対応を実施しなかったりするところも見られます。

もしM&A仲介会社をお探しの場合は、ぜひM&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には、中小企業のM&Aに精通したM&Aアドバイザーが在籍しており、親身になって案件をフルサポートいたします。

無料相談を行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

2. 中小企業が自社に合った仲介会社を選ぶポイント

中小企業のM&Aサポートに最も適した相談先は、M&A仲介会社です。しかし、仲介会社選びで失敗してしまうと、「手数料を支払ったのに納得いくM&Aができなかった」というトラブルにつながりかねません。

リタイア後にさらに会社を成長させるためにも、以下のポイントを頭に入れてM&A仲介会社選びは慎重に行いましょう。
 

  1. 中小企業のM&Aに強みを持っているか
  2. 会計士などの専門家が多数揃っているか
  3. たくさんの案件を持っているか
  4. 中小企業でも払える料金設定か
  5. 担当者との相性が合うか

M&A仲介会社選びについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてください。

【関連】M&A仲介会社12社を徹底比較!7つの比較ポイントを確認しよう

①中小企業のM&Aに強みを持っているか

M&A仲介会社は、中小企業のM&Aサポートに関する実績を持つ機関を選びましょう。M&A仲介会社はそれぞれ得意分野が異なり、中小・中堅企業のM&A実務に慣れていない機関もあります。

大企業のM&A支援を中心に行う仲介会社に相談しても、会社の規模が小さいからとサポートを断られるケースも少なくありません

自社に適した仲介会社にスピーディーに出会うためには、気になる仲介会社のWebサイトをチェックし、自社と同じくらいの規模を持つ会社のM&Aを支援してきた実績があるか確認しましょう。

また、M&A仲介会社の料金体系のうち「最低成功報酬」の金額をチェックすることも効果的です。例えば、最低成功報酬額として「1,000万円〜」など非常に高い金額が定められている場合、大企業向けのM&Aサポートを中心に手がけている仲介会社と考えられます。

相談する際は、最低成功報酬額が数百万円規模に設定されているか、そもそも最低金額が決められていない仲介会社を選びましょう。

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

②会計士などの専門家が多数揃っているか

会計士などの専門家が多数揃っている仲介会社を選ぶと、よりハイレベルなサポートを期待できます。

M&Aの買い手探しから実務・契約をスムーズに終わらせるには、経営に関する数多くの専門家が必要です。

会計士・税理士・弁護士など各分野のプロフェッショナルとネットワークを持つ仲介会社を選ぶと、適切なアドバイスを受けながら納得いくM&Aを実現できるでしょう。

M&A仲介会社によっては、こうした専門家が仲介会社に在籍するケースもあります。また、専門家が自社内にいない場合でも、税理士事務所や弁護士事務所などと協力し、スピーディーにM&Aの相談対応を行える体制を整えている機関も多いです。

M&A仲介会社を選ぶときは、資格と経験を持ったアドバイザーとスムーズにやり取りできるのか、公式サイトの情報などをもとにチェックしましょう。

③たくさんの案件を持っているか

多数のM&A案件を持つ仲介会社に相談すると、中小企業を買収したいと考える買い手に手早く出会えます。

M&A仲介会社によっては買い手側の案件をそれほど多く持っておらず、適切な買い手を紹介できないケースも少なくありません。

しかし、M&A仲介会社として数多くの実績を持っていれば、買い希望の案件も多数あるため、豊富な候補の中から売り手に合う案件をセレクト・紹介してもらえます。

少しでも多くの買い手と出会うことで、売却のチャンスが高まります。また、少しでも高く中小企業を売りたい場合、複数の買い手から高値を付けてくれる会社を選んで交渉を進めることが重要です。

仲介会社によっては公式サイトでどのような買い希望が出ているか紹介している会社もあります。自社事業を求める買い手と出会うためにも、まずは案件の例をチェックしましょう。

④中小企業でも払える料金設定か

M&A仲介会社を選ぶ際は、中小企業の資金力でも十分に支払える料金設定かどうか確認する必要があります。

M&Aの料金体系にはさまざまな種類があり、それぞれ支払う額・タイミングは仲介会社ごとに異なるのです。

一般的にM&A専門会社に支払う手数料は、業務委託契約締結時に支払う「着手金」・基本合意時に支払う「中間金」・契約成立時に支払う「成功報酬」などがあります。

最近はこうした細かい費用項目をなくして、M&Aの成立時にのみ料金を支払う完全成功報酬型の料金体系が増加しています。

着手金・中間金はM&Aが成立しなくても返金されないため、「M&Aの成功時以外、費用を支払いたくない」「M&Aで譲渡利益が出ないと支払いが厳しい」という方は、完全成功報酬型の会社を選ぶと良いでしょう。

ただし、完全成功報酬型の料金体系であっても、特別な手数料としてM&A成約前に料金を請求してくる仲介会社もあります。想定外の手数料が発生する事態を防ぐためにも、仲介会社に依頼する前に必ず見積りを確認しましょう。

M&A仲介会社の手数料・報酬体系については、以下の記事でも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

【関連】M&Aの手数料・報酬体系の相場は?M&A仲介会社別を徹底比較!

⑤担当者との相性が合うか

M&Aの準備から成立まで一貫してサポートしてもらうアドバイザーとの相性は、仲介会社選びにおいて非常に重要です。

最近ではサポート力の高さをアピールしている仲介会社が目立ちますが、良いアドバイザーであっても会社の担当者と馬が合わなければ、相談が上手く進まないケースも少なくありません。

実際に担当者との相性が悪く、コミュニケーション不足により細かな話し合いができなかったことが原因で、M&Aが破談になった事例も報告されています。

サービス・料金面で都合の良い仲介会社であっても、担当者との相性が合わない可能性は十分にあり得るでしょう。

正式にサポートを依頼する前に担当者と十分にコミュニケーションを取りながら、信頼できる人物かどうか確かめることをおすすめします。

ここまで、中小企業が自社に合う仲介会社を見つけるポイントを解説しました。適切な仲介会社に相談することで、適切な買い手を見つけながらスムーズに手続きを進められます。

ここからは中小企業のM&Aに強い仲介会社を具体的に紹介します。相談先選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

3. まとめ

最近では後継者不在や人材不足などの経営課題を解決するため、M&Aで会社を残す中小企業が増えています。

しかし適切な相談先に出会えなければ、希望に見合った買い手が見つからなかったり、低い金額でM&Aが成立したりするおそれがあるため注意が必要です。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事