中小企業M&Aサポートとは?特徴、実績や評判について

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

中小企業M&Aサポートは、その社名のとおり中小企業に特化したM&A仲介会社です。中小企業M&Aサポーについて、その業務内容・特徴・実績・評判・料金体系などの紹介とともに、中小企業M&Aサポートの利用に適するケースも掲示します。

目次

  1. 中小企業M&Aサポートとは
  2. 中小企業M&Aサポートの特徴とは
  3. 中小企業M&Aサポートの実績
  4. 中小企業M&Aサポートの評判
  5. 中小企業M&Aサポートの料金体系
  6. 中小企業M&Aサポートに向いた企業
  7. M&A仲介会社選びにお困りの際は比較検討がおすすめ
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 中小企業M&Aサポートとは

中小企業M&Aサポートとは

この記事では、中小企業M&Aサポートについて分析します。まずは、中小企業サポートの事業内容や、M&A仲介会社とはどのような役割をする会社なのかについて見てみましょう。

中小企業M&Aサポートの事業内容

1999(平成11)年12月に設立された中小企業M&Aサポートは、主に4つの事業を行っています。

まず1つ目はM&A仲介業務であり、社名のとおり中小企業のM&Aに特化したものです。買い手企業と売り手企業の間に立ち、M&Aの成約までアドバイス・サポートをします。

2つ目はM&Aコンサルティング事業です。M&Aを検討している企業に向けて、専門家として企業分析や最適なプランの提案などを行います。

3つ目は事業再生コンサルティング事業です。景気の悪化や業績不振により、事業の継続を希望しているにもかかわらず経営が困難な状態にある企業に対して、再生のためのアドバイス・サポート・プラン提案などを行っています。

4つ目は経営コンサルティング事業です。実績豊富な専門家が、企業経営に対するコンサルティング業務を行っています。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、事業や会社の売買取引に際して売り手と買い手の間に入り、M&Aの成約をサポートする会社です。

M&A仲介会社は、売却候補企業の規模や収益を専門家が分析し、企業価値評価を行ったり、交渉先となる企業を提案したりします。

M&Aでは、双方の希望を調整しながら合意形成を行う必要がありますが、M&A仲介会社は両者の間に立つ交渉役です。また、M&Aに関する手続きの代行や書類作成も行います。

M&Aは企業の合併買収をすることであり、近年、日本でも中小企業を含め盛んに行われるようになってきました。しかし、M&Aをするには高度な専門性が必要であり、多くの時間を割かなくてはなりませんが、M&A仲介会社にサポートを依頼することでスムーズな取引が可能になります。

【関連】M&Aアドバイザーって?選び方と利用するメリットを解説!

2. 中小企業M&Aサポートの特徴とは

中小企業M&Aサポートの特徴とは

この項では、中小企業M&Aサポートの特徴を確認します。中小企業サポートの主な特徴は、以下の5つです。

  • 経験豊富なアドバイザーによる対応
  • 豊富なネットワーク
  • M&A成約率向上のデータベース
  • 直接仲介のみ
  • 成約に結びつける信念

経験豊富なアドバイザーによる対応

中小企業M&Aサポートの特徴として、アドバイザーの経験が豊富なことがあげられます。M&Aを成功させるためには、売り手・買い手双方の意見をまとめ、妥協点を模索していかなければなりません。

スムーズにM&Aを進め成約へと導くためには、アドバイザーの経験や交渉力が求められます。その能力によって可否が決まるといっても過言ではありません。

豊富なネットワーク

M&Aを成功させるためには、まず自社に最適な相手先を探さなくてはなりませんが、その際に不可欠となるのがM&A仲介業者が持っている候補企業の情報です。

中小企業M&Aサポートでは、多くの売り手企業情報に加え、独自のデータベースを持っています。さらに、そのデータのなかから分析を行い、M&Aの可能性が高い優良な企業だけを選定して紹介するのです。

豊富なネットワークのなかから質の高い企業を紹介できるという点は、中小企業M&Aサポートの大きな強みといえるでしょう。

M&A成約率向上のデータベース

M&Aの成功率を上げるためには、科学的な根拠に基づいた統計を基に企業を分析する必要があります。そのためには、過去の取引履歴から検証し、適切な交渉のタイミングを推計しなければなりません。

M&Aの形式は多種多様であり、有意な統計を得るためには膨大なデータが必要です。中小企業M&Aサポートでは、豊富な実績を基に高い成約率を出すことを強みとしています。

また、このデータベースは単に表面上の数字だけを基にした結果ではありません。中小企業M&Aサポートでは、企業を科学的に独自分析したデータベース「M&A成約率向上システム」を採用し、高い成約率を実現しています。

直接仲介のみ

M&Aの仲介業者は、企業の機密事項や業務に直接関わる情報を取り扱います。どの仲介会社でも秘密保持契約を締結するのが一般的ですが、同業者やブローカーなどとのM&A情報の共有や提供などにより、情報漏えいする可能性も捨てきれません。

企業にとって重要な情報が第三者に漏れてしまうと、M&Aの成功が難しくなるだけでなく、企業価値が低下する恐れもあります。

中小企業M&Aサポートでは、売り手と買い手の直接仲介のみにすることにより、情報漏えいのリスクを防いでいるのです。

また、中小企業M&Aサポートは、M&A業務を全て自社で行うので、余計な仲介手数料はかからずコストも削減できます。

成約に結びつける信念

中小企業M&Aサポートでは、それぞれの経営者の意向を大切にし、その企業に対する思い入れを理解しながら交渉を進めるのがモットーです。

数ある仲介業者のなかには、単に数値だけに注目して企業を振り分け、機械的に調整を行うところも少なからず存在します。

中小企業M&Aサポートは、M&Aを単に企業が合わさるということではなく、今後、企業が成功するための大切なスタートであると考えており、このような強い信念を持ってアドバイスを行っているのも特徴です。

【関連】M&Aアドバイザリーとは?業務内容を徹底解説!

3. 中小企業M&Aサポートの実績

中小企業M&Aサポートの実績

中小企業M&Aサポートが行ったM&Aのケースには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、中小企業M&Aサポートが担当して実際にM&Aに成功した事例を3件、掲示します。

  • データ入力会社の場合
  • デザイン会社の場合
  • 建設工事会社の場合

データ入力会社の場合

売り手は、東京でデータ入力事業を行う年商1.5億円の企業であり、社長は事業の将来性への不安などにより譲渡を希望していました。

買い手は、金属の輸出や国内販売を長年行っている安定した顧客をもつ企業です。今後変わりゆく社会を見据え、現代に沿ったビジネスを始めたいと考えており、中小企業M&Aサポートに相談していたのです。

売り手の条件が買い手の希望とマッチしていたのはもちろんのこと、売り手側社長の気質が魅力的であったこともあり、顔合わせ初日にM&Aを行うことに双方が合意しています。

売り手企業が相談してから成約まで約3カ月の短期間で、買い手に株式譲渡することが決定しました。

デザイン会社の場合

売り手は、大阪に本社を持ち東京にも支店を持つ年商2億円の広告デザイン系の企業です。電話による高い営業力が強みで、アパレル系のカタログを作成していました。

売り手の社長は新たに農業系のビジネスに進出したいと考えていたことや、その後にセカンドリタイアをして世界旅行に出かけたいと考えていたため、事業を売却することにしたそうです。

買い手の企業は、東京と大阪を中心に業務を行うデザイン系の企業です。企業実績は安定していましたが、営業部がなく、今後の事業展開も考えて高い営業力をつける必要があると考えていました。

中小企業M&Aサポートに相談をしたところ、お互いの条件にマッチすることもありM&Aが成約しています。

建設工事会社の場合

売り手は、千葉県にある創業40年の建築工事会社で、都市再生機構の建設依頼を請け負い、外装工事から内装工事、解体工事まで幅広く行っていました。

創業者が68歳と高齢になったこともあり引退を考えましたが、息子は海外の大学で建築とは全く異なる分野に進んだため後継者がいなくなり、M&Aを希望したものです。

買い手は、ビルのメンテナンスや土木関係の工事を受け持つ会社で、現在、外注化している細かい作業を自社に取り入れることで、事業と利益の拡大を考えていました。

経営理念に対してお互いの理解ができたこともあって、顔合わせ初日に大幅に話が進み、約1カ月で経営権の移転をし、業務の引き継ぎを含めると半年ほどで全ての引き継ぎを完了させています。

【関連】M&A成功事例25選!【2020年最新版】

4. 中小企業M&Aサポートの評判

中小企業M&Aサポートの評判

中小企業M&Aサポートの利用を検討している方のなかには、利用者の評判や口コミが気になるという方もいるでしょう。ここでは、中小企業M&Aサポートの評判や口コミのうち、代表的な3例を紹介します。

  • 多くの経験を持つアドバイザーが対応してくれる
  • 豊富なネットワークが魅力的である
  • 安価で効率よくM&Aを行える

多くの経験を持つアドバイザーが対応してくれる

中小企業M&AサポートのアドバイザーはM&Aについて十分な実績と経験を持っており、意見調整を迅速かつスムーズに行えたとの評判が見られます。

また、M&Aを進めるうえでは、企業とアドバイザーの信頼関係構築が必要ですが、熟練アドバイザーだからこそ作ることのできる固い信頼も評価の理由です。

豊富なネットワークが魅力的である

中小企業M&Aサポートに譲渡依頼したところ、すぐに買い手がつき会社を引き渡せたという声もありました。

中小企業M&Aサポートは、全国何千もの企業情報や弁護士・会計士などと独自のコネクションによる豊富なネットワークがあり、2016(平成28)年度・2017(平成29)年度8月末のM&A成約実績82.4%という高水準を達成しています。

安価で効率よくM&Aを行える

中小企業M&Aサポートは、各手数料や報酬が安価で、効率よくM&Aが行えたという声もあります。先述したように、中小企業M&Aサポートは直接仲介のみを扱っており、外部の同業者と情報を交換や提供は行っていません。

直接仲介のみを扱うことにより、効率よくM&Aを進められるだけでなく、余計な中間マージンをなくすことでコストが抑えられることも強みといえるでしょう。

【関連】アドバイザリー契約とは?M&Aコンサル契約との違いや契約書の内容、報酬を解説!

5. 中小企業M&Aサポートの料金体系

中小企業M&Aサポートの料金体系

M&Aを検討される際、仲介会社の料金体系は経営者にとって非常に気になるところです。この項では、売り手と買い手に分けて、中小企業M&Aサポートの料金体系を掲示します。

売却側

中小企業M&Aサポートでは、月額報酬・着手金・企業価値算定が無料となっています。買い手候補が見つかるまで、料金は発生しません。

基本合意が成約すると、中間費用として100万円がかかります。中間費用は買い手にも求めており、これは、その後の契約破綻を少なくするためです。

成功報酬は、最低150万円からと業界最低水準です。そのほか、弁護士費用や書類作成費用などが別途かかります

成功報酬 譲渡金額+補償金 手数料
1,000万円以下 150万円
3,000万円以下 250万円
6,000万円以下 350万円
1億円以下 500万円
1億円超5億円以下の部分 5%
5億円超10億円以下の部分 4%

買収側

料金体系については、正確には事業譲渡とそのほかの手法とで異なりますが、概要はほとんど同じです。

業務着手金は50万円で、基本合意がされた場合、中間金として50万円発生します。成功報酬は、以下のようになりますが、そのほか、弁護士費用や書類作成費用などが別途、必要です。

成功報酬 譲渡金額+補償金 手数料
1,000万円以下 150万円
3,000万円以下 250万円
6,000万円以下 350万円
1億円以下 500万円
1億円超5億円以下の部分 5%
5億円超10億円以下の部分 4%

【関連】M&Aの費用の目安は?安くするポイントを解説!

6. 中小企業M&Aサポートに向いた企業

中小企業M&Aサポートに向いた企業

ここでは、中小企業M&Aサポートの利用には、どのような企業が向いているのかについて掲示します。

明確な料金体系を希望する企業

中小企業M&Aサポートは、明確でわかりやすい料金体系になっています。仲介会社によっては料金体系がわかりにくいところもあるので、M&Aのように大きな金額が動く取引では手数料がいくらになるのか不安に思うこともあるでしょう。

中小企業M&Aサポートでは、ホームページをはじめとして徹底した料金開示を行っているので、M&Aにかかる費用のおおよそが見当つき、その後の予定も立てやすくなります。

M&Aの料金体系をはっきり示してほしいと考える企業には、中小企業M&Aサポートが向いているといえるでしょう。

M&A成約後も支援してほしい企業

M&Aの成約後、今後の業務や引き継ぎに不安を感じる企業は少なくありません。中小企業M&Aサポートのアドバイザーは、単にM&Aを成約させるだけでなく、その会社の成功を信念に業務を行っています。

M&Aだけでなく、その後の支援も受けたいと考える企業は、中小企業M&Aサポートに向いているといえるでしょう。

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

7. M&A仲介会社選びにお困りの際は比較検討がおすすめ

M&A仲介会社比較検討

M&Aについて興味があるけれど、仲介会社選びに迷っているという方は比較検討をおすすめします。単に1社だけで見積もりを行うより、より安価で良質な会社を選べるはずです。

また複数のM&A仲介会社を比較することによって、実績や評判を比べることもでき、より信頼関係を作りやすくできるでしょう。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所では、豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーによる手厚いサポートがあり、安心してM&Aを進められます。

通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、平均3カ月でスピード成約する機動力も他社にはないM&A総合研究所の特徴です。

また、料金体系はレーマン方式の完全成功報酬制となっており、M&Aが成約するまで費用は完全無料、仮にM&Aが成約しなければ、手数料の請求はありません。国内最安値水準の手数料とともに、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

M&A総合研究所では、電話・メールによる相談を随時無料で受け付けておりますので、中小企業に関するM&Aをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

中小企業M&Aサポートまとめ

中小企業M&Aサポートは、中小企業を対象としたM&Aの仲介を得意とする企業で、経験豊富なアドバイザーと直接仲介による安価で迅速な取引が特徴になります。

M&Aに関して多くの実績があり、成約まで迅速で評判も高いようです。経験のあるアドバイザーに対応してほしい、M&A成約後も支援してほしいと考える企業に向いているでしょう。

【中小企業M&Aサポートの特徴】

  • 経験豊富なアドバイザーによる対応
  • 豊富なネットワーク
  • M&A成約率向上のデータベース
  • 直接仲介のみ
  • 成約に結びつける信念

【中小企業M&Aサポートの評判】

  • 多くの経験を持つアドバイザーが対応してくれる
  • 豊富なネットワークが魅力的である
  • 直接仲介でより安価で効率よくM&Aを行える

中小企業のM&Aでは、信頼力とアドバイザーの経験力が重要になってきます。アドバイザーとの信頼関係を作り、迅速かつ的確なアドバイスを受けられるかどうかが成約を左右するのです。

M&A総合研究所には、専門知識を持ち経験豊富なM&Aアドバイザーが多数在籍しており、案件ごとにM&Aアドバイザーが専任となり、クロージングまでしっかりサポートいたします。

24時間年中無休で無料相談をお受けしていますので、中小企業のM&Aをご検討の際は、まずはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事