事業承継総合センターはリクルートのM&A・事業承継仲介サービス!成功事例/評判/口コミあり

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
荻野光

当記事では、リクルートが運営する事業承継総合センターについて、サイトの概要・提供するサービス・成功事例を紹介しています。そのほか、事業承継総合センターを利用するメリット・デメリットや、利用者の口コミ・他のM&A仲介会社との併用についても触れています。

目次

  1. 事業承継総合センターとは
  2. 事業承継総合センターの特徴
  3. 事業承継総合センターの成功事例
  4. 事業承継総合センターの評判
  5. M&Aマッチングサイトの口コミ
  6. 事業承継総合センターと提携外のM&A仲介会社は併用が可能?
  7. M&Aマッチングサイトに不安がある際は仲介会社への相談がオススメ
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 事業承継総合センターとは

事業承継総合センターとは

出典:https://rbsp.jp/

事業承継総合センターとは、株式会社リクルートの運営するM&Aマッチングサイトです。この記事では、事業承継総合センターの概要・提供しているサービス、成功事例などを紹介します。

株式会社リクルートが運営するM&Aマッチングサイト

事業承継総合センターは、株式会社リクルートが運営する、中小企業を対象とした事業承継型M&A支援サイトです。

M&Aを行ううえでは、さまざまなトラブルが起こる可能性がありますが、事業承継総合センターでは、トラブル・リスクを避けられるよう、質の高いM&Aの仲介支援サービスを提供しています。

第三者への事業承継をサポート

事業承継総合センターでは、第三者への事業承継を支援対象としています。昨今では、親族や従業員への親族内(外)承継は減っており、事業承継ができないために廃業を選択する企業も少なくありません。

そこで、事業承継総合センターは、第三者へのM&A仲介サービスを提供し、事業の存続や取引・雇用契約の継続といった、中小企業のオーナーが希望する条件での仲介に努めています。

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. 事業承継総合センターの特徴

事業承継総合センターの特徴

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2655538?title=%E7%89%B9%E5%BE%B4

事業承継総合センターには、どのような特徴が見られるのでしょうか。ここでは、3つの主な特徴について解説します。

【事業承継総合センターの特徴】

  1. 豊富なリストから買い手の比較が可能
  2. 提携するM&A仲介会社の比較可能
  3. 着手金なし

①豊富なリストから買い手の比較が可能

1つ目の特徴は、豊富なリストによる買い手の比較が可能なことです。事業承継総合センターでは、提携するM&A仲介会社を介して買い手候補を紹介しています。

提携先のM&A仲介会社が抱えている買い手企業は約6,000社あり、自社の希望条件に合った相手先を探して事業承継を行うことが可能です。

②提携するM&A仲介会社の比較も可能

2つ目の特徴は、提携するM&A仲介会社の比較が可能なことです。事業承継総合センターでは、買い手企業の比較はもちろん、提携先のM&A仲介会社を比較して選ぶことも可能です。

事業承継総合センターが提携しているM&A仲介会社は約30社あり、それぞれ取り扱う業種・事業規模が異なります。それらの仲介会社のなかから、自社に見合ったM&A仲介会社を選定することができます。

③着手金なし

3つ目の特徴は、着手金が無料であることです。事業承継総合センターを利用する場合、手数料は提携するM&A仲介会社へ支払います。

提携先のM&A仲介会社では、基本的にM&Aの成約までに料金を徴収していないため、事業承継総合センターへ相談した時点での着手金も無料になっています。

提携しているM&A仲介会社の料金体系は、成功報酬型(レーマン方式)となっており、最低報酬額は500万円に設定されています

また、料率を掛ける対象はM&Aの取引価格となっているため、提携しているM&A仲介会社の手数料を抑えることができます。

【関連】M&A仲介会社を比較!手数料・サービス・実績を徹底比較!

3. 事業承継総合センターの成功事例

事業承継総合センターの成功事例

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%A6%AA%E6%8C%87-%E5%A4%A7%E4%B8%88%E5%A4%AB-%E8%89%AF%E3%81%84-2056022/

この章では、実際に事業承継総合センターを利用して事業承継を成功させた事例を5つご紹介します。

  1. 人材総合サービス・広告代理店業のM&A
  2. システム開発会社のM&A
  3. 建設設計業のM&A
  4. 官公庁からの指名を受ける建設業のM&A
  5. 不動産管理業のM&A

①人材総合サービス・広告代理店業のM&A

1つ目の成功事例は、人材総合サービス・広告代理店業のM&Aです。売り手側の経営者は、50歳を機に執筆活動に専念するため、事業承継を希望していました。

子供は大手企業の子会社に勤務しており、会社の引き継ぎについてはよい返事をもらえずにいましたが、事業承継総合センターを利用して、顔見知りの同業者と話が進み事業承継を実現しています。

成約までは、自社・取引先・買い手の3社で話し合いの場を設け、合併までの3年間は、売り手側の経営者が会長職に退き、取引先の幹部が社長に就任することで話をまとめています。

取引先の理解を得たことのほか、事業承継を進めるにあたり従業員との話し合いの場を設け、3年間は会長として会社に関わること・同業への譲渡によりスケールメリットが得られることを伝えて、従業員の理解を得たことも成功の要因といえるでしょう。

②システム開発会社のM&A

2つ目の成功事例は、システム開発会社のM&Aです。売り手はITソフトウエア事業を営んでいる企業で、経営者は70歳を超えていましたが、後継者が見つからない状態でした。

従業員の今後を考えた結果、第三者への事業承継を決意し、事業承継総合センターへ相談したところ、事業の拡大を図る同業者が見つかり、譲渡を完了させています。

③建設設計業のM&A

3つ目の成功事例は、建設設計業のM&Aです。金融機関からの借り入れをせず、自己資金のみで建設設計業を営んでいましたが、経営者が70歳に達したことから、従業員の将来を考えて、事業承継を決意しました。

譲渡のスキームには株式譲渡を選択し、建設設計業と関わりのあるリフォーム事業の会社へ、譲渡を完了させています。

④官公庁からの指名を受ける建設業のM&A

4つ目の成功事例は、官公庁からの指名を受ける建設業のM&Aです。経営者の年齢は45歳と若いものの、将来への不安・従業員の将来を考えて、事業拡大を望む同業者へ、事業譲渡を行っています。

⑤不動産管理業のM&A

5つ目の成功事例は、不動産管理業のM&Aです。経営者は72歳で引退を考えていたものの、後継者が見つからないため、第三者への事業承継を選択しました。

買い手には経営の経験とノウハウを有する同業者を選び、後継者問題の解決と事業の存続が果たせています。

4. 事業承継総合センターの評判

事業承継総合センターの評判

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2705129?title=%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%83%BB%E6%9F%BB%E5%AE%9A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

ここまでは事業承継総合センターの業務内容について述べましたが、評判が気になるという方もいることでしょう。。ここでは、事業承継総合センターを利用よるメリットとデメリットを紹介します。

利用するメリット

事業承継総合センターを利用するメリットには、主に以下の5つがあげられます。

  1. 複数のM&A仲介会社から買い手を選べる
  2. 着手金要らずの料金体系
  3. 経験と実績を備えたM&Aコンサルタントによる支援
  4. 企業情報の秘匿
  5. 企業価値評価の簡易診断

①複数のM&A仲介会社から買い手を選べる

1つ目のメリットは、複数のM&A仲介会社から買い手を選べることです。事業承継総合センターは約30社のM&A仲介会社と提携しており、M&A仲介会社が抱える買い手候補は約6,000社あります。

事業承継総合センターに相談すれば、得意とする業種・事業規模などの条件に合った買い手候補を複数のM&A仲介会社を介してリストアップしてくれます。

何社ものM&A仲介会社に依頼しなくても、複数の買い手リストから交渉先を効率よく探せることは、売り手にとって大きなメリットといえるでしょう。

②着手金要らずの料金体系

2つ目のメリットは、着手金が不要なことです。事業承継総合センターを利用する際は、提携するM&A仲介会社に仲介料を支払います。

事業承継総合センターでは、売り手企業に買い手企業を紹介する段階を経て、はじめて仲介サービスの提供が開始されると考えており、買い手企業を紹介する前にかかる着手金を無料に設定しています。

そのため、初期費用を抑えて事業承継を行いたいと考える場合も、安心して利用できるといえるでしょう。

③経験と実績を備えたM&Aコンサルタントによる支援

3つ目のメリットは、経験と実績を備えたM&Aコンサルタントによる支援が受けられることです。

M&Aコンサルタントには、コンサルティング経験者・金融機関での業務経験者などを揃えており、M&Aの仲介経験を積んだ人物が対応にあたります。

また、提携するM&A仲介会社には、M&A仲介を進める中で生じた疑問に応えるため、状況開示の要求を徹底しています。

さらに、M&A仲介で必要となる重要事項の説明や、スムーズにM&Aを進めるための利益相反の回避といった条件も課しているため、質の高いM&A仲介に期待できるといえるでしょう。

④企業情報の秘匿

4つ目のメリットは、企業情報の秘匿していることです。事業承継総合センターは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会から、プライバシーマークが付与されています。

プライバシーマークは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会によって、事業者の情報についての取り扱いと扱う際の仕組みが適切だと認められた場合に付与されます。

事業承継総合センターを利用すれば、事業承継の相談によって自社の情報が外へ漏れるリスクを極力抑えられるといえるでしょう。

⑤企業価値評価の簡易診断

5つ目のメリットは、企業価値評価の簡易診断です。事業承継総合センターはサイト上に、簡易的に行える企業価値評価のツールを掲載しています。

損益計算書や貸借対照表などから必要な数値を入力するだけで診断することができるため、まず大まかな自社の価値を把握したい場合に利用するとよいでしょう。

利用するデメリット

事業承継総合センターを利用するデメリットには、主に以下の4つがあげられます。

  1. クロージングまでに時間がかかる
  2. 事業承継の対象は第三者
  3. クロスボーダー案件の取り扱いは少ない
  4. 売り手のみにサービスを提供する

①クロージングまでに時間がかかる

1つ目のデメリットは、クロージングまでに時間がかかる点です。事業承継総合センターでは、提携先のM&A仲介会社を介して買い手企業を選定するため、成約の完了までに時間を要してしまいます。

早いものは2~3カ月ほどで完了していますが、ほとんどのケースでは半年~1年ほどで成約しているため、案件によっては早期の成約が難しいといえるでしょう。

②事業承継の対象は第三者

2つ目のデメリットは、事業承継の対象を第三者としていることです。事業承継総合センターでは、仲介支援の対象を、親族や従業員への事業承継が行えない経営者としています。

基本的に、子どもや役員・従業員といった親族内(外)承継は支援対象外になります。ただし、グループ内では後継者の斡旋といったサービスも提供しているので、親族・社内承継への相談には応じくれるでしょう。

③クロスボーダー案件の取り扱いは少ない

3つ目のデメリットは、クロスボーダー案件の扱り扱いが少ない点です。海外の会社も取り扱っているものの案件の数が少なく、希望する交渉先を見つけられない可能性も考えられます。

事業承継総合センターは、主に国内の案件を扱っており、クロスボーダー案件は専門的に取り扱っていないともいえるでしょう。

④売り手のみにサービスを提供する

4つ目のデメリットは、売り手のみにサービスを提供する点です。事業承継総合センターでは、売り手のみを対象としてM&A仲介会社を介したサービスを行っています。

買い手側はサービスを受けることができないため、他社の買収を検討している場合は、売り手・買い手ともにサービスを提供できるM&A仲介会社などに相談するようにしましょう。

5. M&Aマッチングサイトの口コミ

M&Aマッチングサイトの口コミ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2905364?title=%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E5%8A%9B%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC

ここでは、事業承継総合センターのM&Aマッチングサイト利用者の口コミを紹介します。

口コミ① 質の高いM&A仲介会社を紹介してもらえる

事業承継総合センターは、自社で仲介を依頼するM&A仲介会社を絞り込み、条件を遵守した会社のみを介して、買い手先を紹介しています。

そのため、質の低いサービスを提供するM&A仲介会社への相談を避けることができ、丁寧な対応を心がける会社から、買い手を探すことができるという口コミがみられました。

口コミ② 着手金を徴収しない

M&A仲介会社に依頼する場合、着手金を徴収するところもありますが、事業承継総合センターが提携するM&A仲介会社は着手金を徴収していません。

初期費用を抑えて事業承継を進めることができる
という口コミもみられ、着手金を徴収されたものの買い手先の紹介がないなどといった事態を避けられる点がメリットといえるでしょう。

6. 事業承継総合センターと提携外のM&A仲介会社は併用が可能?

事業承継総合センターと提携外のM&A仲介会社は併用が可能

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA-%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E7%96%91%E5%95%8F-%E5%9B%B0%E3%82%8B-1184896/

事業承継総合センターへの相談では、提携するM&A仲介会社のみを紹介先としています。そのため、提携外のM&A仲介会社と併せて利用することはできません。

事業承継総合センターでは、複数のM&A仲介会社と提携しているので、その中から比較して自社に見合った会社を選ぶようにしましょう。

【関連】中小企業向けのM&A仲介会社オススメ20選!【案件事例あり】

7. M&Aマッチングサイトに不安がある際は仲介会社への相談がオススメ

M&Aマッチングサイトに不安がある際は仲介会社への相談がオススメ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-3560929/

M&Aマッチングサイトではサポートが不安だと感じる方は、M&A仲介会社へ直接依頼することをおすすめします。

M&A総合研究所は、中堅・中小企業向けの案件を取り扱う仲介会社で、ほかのM&A仲介会社との併用や、セカンドオピニオンとしての利用も可能です。

案件ごとにM&Aアドバイザー・会計士・弁護士を就けたクロージングまでのフルサポートを行っているため、安心・スムーズな事業承継・M&Aが可能です。

料金体系は完全成功報酬型の料金体系(レーマン方式)を採用しており、着手金や中間報酬は無料になっています。

そのほか、平均3カ月でのクロージングや、希望額を上回る譲渡額の提示(希望額より平均124%のアップ)を実現しており、M&Aの成約率は70%を誇ります。

事業承継・M&Aの一貫したサポートをご希望の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。無料相談は24時間年中無休でお受けしております。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

出典:https://rbsp.jp/

リクルートが運営する事業承継総合センターのサービスについて、紹介しました。事業承継総合センターを利用すると、M&A仲介会社・買い手候補の比較が可能で、着手金なしで仲介支援が受けられます。

【事業承継総合センターの特徴】

  • 豊富なリストから買い手の比較が可能
  • 提携するM&A仲介会社の比較可能
  • 着手金なし

とはいえ、事業承継総合センターの評判でも取り上げたように、いくつかのデメリットも存在します。成功事例・口コミ・メリットに加えて、デメリットもしっかりと把握してから、利用を決めましょう。

【事業承継総合センターの成功事例】
  • 人材総合サービス・広告代理店業のM&A
  • システム開発会社のM&A
  • 建設設計業のM&A
  • 官公庁からの指名を受ける建設業のM&A
  • 不動産管理業のM&A

【M&Aマッチングサイトの口コミ】
  • 質の高いM&A仲介会社を紹介してもらえる
    着手金を徴収しない

【事業承継総合センターの評判】
  • 利用するメリット
  • 利用するデメリット

事業承継総合センターは、提携先会社のM&A仲介会社への相談を認めていないため、一度相談を持ち掛けてしまうと、提携先のなかからM&A仲介会社をみつけなければなりません。

より多くのM&A仲介会社を比較したい場合や、他社の買収をご検討の方は、ぜにM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、セカンドオピニオンにも対応しておりますので、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ