日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)とは?評判はいい?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

この日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の評判は近年、中小企業のM&Aが増えるにつれて高まっています。そこで今回は日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の評判はどのような内容か概要や資格の解説も含めて解説していきたいと思います。

目次

  1. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)とは
  2. その他日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の取り組み
  3. JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)とは
  4. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の評判
  5. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)以外の資格
  6. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)とは

M&Aアドバイザー協会について

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)とは2010年に設立した一般社団法人であり、M&Aへの理解と普及促進、M&Aの知識や資格といったスキルを会得した、M&Aアドバイザーの育成などを行なっています。

この日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)は中小企業のM&Aに特化した、M&Aアドバイザーの育成や教育、資格まであらゆるM&Aのスペシャリストの排出をしていて、手厚いサポート体制が整えられています。

では日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)への理解をするために目的や事業内容を細かく解説していきたいと思います。

【関連】個人・中小企業向けのM&A案件情報を得るには?【売却・買収一覧あり】

目的

M&Aアドバイザー協会(JMAA)の目的とは

M&Aは現代では普及の兆しを見せていますが、まだまだこのM&A(企業の買収と合併)という言葉に誤解をされている方が多くいますが、事業承継という観点ではこれからの日本の重要な社会問題の解決に有効手段とされています。

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の目的は、その事業承継したい企業の方と事業を受け継ぎ、継続・発展 させたい方の双方が友好的に成約をする環境の整備をすることを使命としていて、それを実現していくためのM&Aアドバイザーの強化を目的としています。

このM&Aアドバイザーの強化により、中小企業など後継者不足や将来性の問題をできるM&A取引を行いやすくしていき、友好的M&Aの実施を堅実にできるようにする狙いがあります。

事業内容

M&Aアドバイザー協会(JMAA)の事業内容とは

この日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)ではM&Aアドバイザーの育成や教育が主な目的とされていて評判ですが、それに対する取り組みはどのようなものなのか見ていきたいと思います。

この事業内容の部分はM&Aアドバイザーを目指しているかたやM&A事業を行なっている方がよりよいM&A取引に携わり、成果をあげられるようになるためのプランがあります。

無料で受けられるものや資格まで評判の高い事業内容となっておりますので、こちらについて解説していきたいと思います。

無料セミナーの開催

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では、M&A初心者の方に向けて、無料のセミナーを定期的に開催しております。

このセミナーでは、M&Aの市場動向や課題、M&Aの全体の流れなど概要を理解できるような内容となっており、M&Aアドバイザーとして、実務に携わる講師の方が、M&Aの現状、展望、業務の流れ、意義などといった部分を実際の成功・失敗例を交えて細かく解説してくれます。

M&Aアドバイザーの入門セミナーとしても評判のこのセミナーは、M&Aアドバイザーとして資格を取りたい方や、M&Aに携わる企業の初心者育成向けの内容となっており、「M&Aの流れを把握したい」「言葉は知っているが全体像がつかめていない」方が対象となります。

これからM&Aに関わる業務を行う方などは書籍などで学べない実例などが講義に含まれているため非常に評判で、M&Aの実務について理解しやすくなります。

M&A養成講座の実施

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)のM&A養成講座とは、中堅・中小規模企業のM&Aアドバイザーを養成する実践講義です。

少人数制で行なっており、2日間の集中講義では実例を交えたワークシップやグループワークを行う実践的なカリキュラムとなっています。

内容としては、実務的な部分が主体で実際に現場で行う内容を基礎知識ともにおさらいしていくような講義となっています。

またJMAA認定M&Aアドバイザーの資格を取るための第一ステップとなるこの講義は資格を取得しプロとしてM&Aの現場で活躍したい方などに多く受講者がいます。

対象としては、M&A実務を検討している方や企業、M&Aに携わる方や企業が対象で、M&Aアドバイザーとして資格をもったり、より実務的な部分を強化したいと考えている場合に受講した方がいいとされています。

M&A事業者の支援

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)ではM&A事業者の支援も積極的に行なっています。

M&A実務に関わる個人の方や企業のために会員制コミュニティとなっており、定例会の実施によるM&A案件の共有によって最適な成約を高めるとともに、業界や市場動向、これからの課題を共有して、集合知を高めるためのものです。

このM&A事業者支援では定例会の他にも、弁護士をはじめとした講習会や成約サポートなど実務をバックアップしています。

また企業や個人に、認定アドバイザー資格の付与をして、ホームページや名刺に記載が可能になりますので信頼度のアップに繋がります。

対象としてはM&Aアドバイザー養成講座を修了した方や既にM&Aに関わる事業をや関連実務に携わっている方となっております。

2. その他日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の取り組み

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の取り組み

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では買収や売却を検討している企業向けのコンテンツの提供も行なっています。

どのようなコンテンツを提供しているか細かく見ていきたいと思います。

買収を検討している企業向け

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では買収や売却を検討している企業向けに、M&Aの案件情報やM&Aアドバイザーの検索、M&Aアドバイザーを利用するメリットやM&Aのメリット、M&Aの流れなど様々なコンテンツを提供しています。

M&Aアドバイザーの検索

これは日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)に所属しているM&Aアドバイザーの検索が行えます。

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)に所属している会員はM&Aアドバイザーとして一定条件を満たすことが義務付けられていて、知識とモラルのあるM&Aアドバイザーが所属しています。

また一定基準の知識とM&Aアドバイザーを養成していて試験に合格したものに対して資格を与えられたM&Aアドバイザーが多いです。

M&Aアドバイザーを利用する理由

M&Aアドバイザーを利用する理由についても、日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では紹介しています。

M&Aに関しての知識とモラルを兼ね揃えている日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の会員を紹介するとともに、そのようなM&Aアドバイザーの養成にも勤めているので、M&Aアドバイザーを利用するメリットも詳しく解説しています。

売却価格の算出方法

M&Aのプロが集まる日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では、多くのM&Aアドバイザーや仲介が使っているDCF法の計算方式なども詳しく解説しています。

M&Aの売り手側企業はどのような判定で自社が評価されているのか知れるのでM&Aの検討や手法を決めるのに見ておいた方がいいコンテンツです。

買い手が知っておきたいM&Aの心構え

これはM&Aを検討する上で一番重要な機密情報の管理や買ってはいけない会社の見極め方、アフターM&Aの実行計画を練ることなど基本的なM&Aにたいしての買い手側企業の心構えが解説されています。

M&Aにて企業の買収を考えている場合はこのような基礎知識を知るというのは非常に大事なことなのでしっかりと見ておくと実際にM&Aを実施するときに役立つでしょう。

売り手が知っておきたいM&Aの心構え

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では買い手側とは別に売り手側のM&Aについての基礎知識もコンテンツにて紹介しています。

今すぐにM&Aを検討していなくても、将来その可能性はあると考えている企業の経営者の方向けに、事業を売却するときのM&Aについての基礎知識を日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では解説してくれています。

事業を行なっている方は全く関係の無いことでは無いので理解しておくといざというときに役立つかもしれません。

会員の種類

M&Aアドバイザー協会の会員とは

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)では、M&Aアドバイザーが誠実かつ堅実に業務を遂行することを支援しており、多くのM&Aアドバイザーの方が、ナレッジの共有から開業支援、情報のオープン化など、M&Aアドバイザーとしての地位と信頼性の向上のため会員を組織化しています。

この日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の会員制度は2種類あり、それぞれに称号が授けられています。

またこの日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の会員になるためには入会の条件などもあるため、そこについての解説もしていきます。

正会員

この日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の正会員とは「JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)認定書」が付与された方のことをいいます。

正会員には、M&Aアドバイザーの実践的な知識のフラッシュアップと同業者や専門家とのネットワーク、案件のデータベース共有や開業サポートメニューなどの恩恵をうけることができます。

M&Aに関係する資格の一つとも言われる、日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の正会員はM&Aアドバイザーとしてのより信頼度をあげるものとなります。

入会金は32,400円、月額会費は10,800円となっており、入会時に1年分を一括でお支払いする形になります。

賛助会員

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の賛助会員は、弁護士や税理士、経営コンサルタントなどデューデリジェンスなどに関わる専門家やその実務に関する実績がある法人企業が対象の会員組織です。

これはM&Aの理解と普及促進やM&Aアドバイザーの組織化に伴い、不可欠である専門家を会員組織にすることでM&Aアドバイザーとシームレスな関係をつくり日本経済の発展を目的としたものです。

入会条件としては、M&A関連のデューデリジェンスの実績を持っている方や企業、または株式価値算定などM&A関連の専門サービスを行なっている方や企業が対象となり、入会金や月額費は正会員と同料金となっています。

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の会員のメリット

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の会員のメリットは多数あり、以下の通りとなります。

  • 教育としてセミナーや講義への優先的招待や割引
  • 会員間での別途業務委託契約締結によりM&A成約に向けた指導や助言
  • 様々なネットワーキングが活用できる
  • 年2回ほどの会員イベントでコネクション作り
  • 会員同士の案件情報の共有
  • 自社紹介サイトの利用で集客力が上がる
  • M&A・経営をテーマにしたコンテンツの提供
  • 契約に関係する実践的な書式のダウンロード
  • 最新案件やM&A情報のメールマガジン配信
  • アンケート分析や市場分析・動向の配信
  • デューデリジェンスやリーガルチェック等の信頼できる専門家の紹介

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の会員のメリット

以上のようなことが日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の会員になることのメリットとして挙げられます。

手厚いサポートや、講義プログラムなど日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)ならではの教育システムも受けられることから、会員制度も評判の高いものとなっています。

3. JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)とは

M&AのJMAA認定アドバイザーとは

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)には「JMAA認定M&Aアドバイザー」という資格があります。

この資格はM&Aに関係するM&AアドバイザーやM&A仲介の方は知っておいた方がいい資格の一つでもあります。

ここではその「JMAA認定M&Aアドバイザー」について解説していきます。

概要

JMAA認定M&Aアドバイザーの概要とは

JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)とは正会員として入会することで発行される資格のことで、入会資格のいずれかを満たしていて、理事会の審査後に入会が認められれば発行されます。

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)から「JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)」の資格が発行されれば、名刺に記載するなどをして、この資格を利用し、M&Aに関する業務を行うことができるものです。

M&Aアドバイザーとしての信頼度を高めたい方や、プロの証として所有することでM&A業務に堅実であり誠実であることの証明となるものです。

詳細

JMAA認定M&Aアドバイザーになるためには

JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)はJMAAが主催する「M&Aアドバイザー養成講座」を受講し、修了試験に合格者やその者が在籍する法人・団体であり、M&Aアドバイザーとして業務を行うことが決まっている者が入会できる日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の正会員に付与される資格です。

もしくは、すでにM&Aアドバイザーとして実務を経験していて、日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)が特別に認定した者が対象です。

要するに、日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)として正会員になっている場合はこの資格が付与されます。

この日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の正会員になるには入会金と月額費用がかかり、入会金として32,400円、月額費用として10,800円がかかりますが、入会金はM&Aアドバイザー養成講座を修了して1ヶ月間は無料となります。

資格取得までの流れ

JMAA認定M&Aアドバイザーの資格取得までの流れ

JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)の資格を取得するには、まず最初に日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)が主催する「M&Aアドバイザー養成講座」を受講する必要があります。

ここでM&Aアドバイザーとして知識を学び、最後に修了試験に合格した者が日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の正会員としての権利が与えられます。

その後に日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)に資格の付与の申し出をして、理事会にて承認後発行される流れとなっております。

簡単に解説すると、養成講座の申し込み・受講→正会員として入会→資格の申請→資格取得という流れになります。

M&Aアドバイザー養成講座の修了試験は、難しい内容も含まれていますが、講義をしっかりと受けていれば受かるものなので、M&Aの実務に携わる業務を行なっている方なら大丈夫だと思います。

4. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の評判

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の評判は?

ここまで解説した「日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)」の評判を見ていきたいと思います。

JMAAの総会が行われた場で会員の方の評判では「会員同士互いの顧客である、売り手側・買い手側に就き利益相反の問題を完全に解決しつつ互いに基本スタンスが同じ中での対応は他の会員からしても非常にやりやすい」などの評判がありました。

また無料セミナーに参加した方の評判では「M&Aの全体的な流れや売り手と買い手それぞれのメリットやM&Aに対する心構えなど役立つセミナーだった」と初心者でもわかりやすいところや無料なところが参加しやすいと称賛されています。

法人・団体では「JMAAの広大なネットワークを使用してより最適なマッチングができるようになり、顧客に高いサービスを提供することができるようになった」との評判も上がっております。

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)の評判の理由

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)はM&AアドバイザーやM&Aに携わる企業の方から多くの支持を受けています。

その理由としては

  • 「初心者は無料のセミナーから受けられるので入りやすい」
  • 「より高いレベルでのM&Aに関わる業務の遂行ができるようになる」
  • 「会員になると同業他社の方たちとの情報交換により成約率が上がる」
  • 「会員たちの定例会では情報共有より顧客の増加や専門家とのコネクション作りが可能になる」

このような声が多くあります。

この背景には、協会の充実したサポートと、M&Aに対する思いが関係していると思われます。

現代の日本の社会問題を解決するとともに、M&A市場の向上をするための資格やサポート体制が日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)にはあります。

5. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)以外の資格

M&A資格の種類

日本にはM&Aに関わる資格が多く存在しています。

これは日本のM&A市場が活性化しているなかで、不当な取引や、M&Aの遂行を抑えられる効果もあり、様々なM&Aに関係したアドバイザーの排出にも効果があります。

ここではそんな日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)以外の資格を紹介していきたいと思います。

【関連】M&Aの資格・種類まとめ!仲介とアドバイザーの資格って?

事業承継・M&Aエキスパート

この「事業承継・M&Aエキスパート」は中小企業や零細企業のマッチングや事業承継を支援する、M&Aアドバイザーや仲介業者、事業承継対策であるM&Aに精通する人材の育成促進していき、日本の経済の持続的発展、成長を目的とした認定制度です。

このM&Aエキスパート認定制度は3種類あり、その中でも入門的なものでM&Aのアドバイザーとして活躍を考えている方はこの資格を所持することをおすすめします。

事業承継シニアエキスパート

一般社団法人金融財政事情研究会が認定している「事業承継・M&Aエキスパート」よりもっと事業承継に特化した資格であります。

健全な中小企業の事業承継の市場の育成を目的としていて、豊富な事業承継の実績を持つ「青山財産ネットワーク」のM&A事例をもとに、ナレッジからスキルへと展開する実践的な講義が行われます。

成功事例だけではなく、失敗事例も盛り込んでいることからトラブル対策も学べ、本では学べないことが学べるので非常にスキルアップに繋がります。

M&Aシニアエキスパート

M&Aエキスパート認定制度の3種類の中で最難関の資格になります。

M&Aアドバイザーや仲介としてプロフェッショナルを証明する資格でありますのでM&Aの専門家として、必要なスキルと知識を得ることができ、高いレベルのM&Aを遂行することができるようになります。

事業承継・M&Aエキスパートの上位資格のM&Aシニアエキスパートでは、成約実績に基づいたノウハウが実務講座にて得られるため、企業における後継者問題の解決や事業承継手続きをM&Aアドバイザーとして高いレベルで行うことができます。

このM&Aシニアエキスパートの養成講座は3日間のカリキュラムで組まれており、受講資格もあるため、資格を取得したい方は、一度公式のホームページで確かめてみるとよいでしょう。

M&Aスペシャリスト資格

このM&Aスペシャリスト資格は経済産業省の認可であり、全日本能率連盟が視覚として認定しています。

時代の要請に応え先駆けてできたこの資格は、M&A実務の専門家を証明する資格で、M&Aに関するコンサルタント経営の資格称号です。

特に実務に特化した資格で、講義も行われているためM&Aの種類に関わらず実践的な講習が受けられます。

この資格取得後には年に1〜2回行われるM&Aスペシャリスト大会が実施されるのでそこでのコネクション綴りも可能になります。

将来の仕事にも繋がることなので、この研修やコンテストに参加するのも良いでしょう。

6. 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)まとめ

M&Aのアドバイザー協会まとめ

現在では日本のM&A市場は上り調子でありますが、それに伴い取引に関する注意が散漫になっていたり、少し怪しいようなM&A企業も見かけます。

そんな中で健全かつ誠実なM&Aの実施ができるように人材の育成や強化を行っている日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)は非常に評判高い組織であり、これからも講義やセミナーにて日本のM&Aに精通する人材の育成や排出を行なっていくことでしょう。

また、そのほかにも簡単に取得のできる資格や講義が日本のM&A業界にはあり、注目を集めています。

そんな中、M&A総合研究会でもM&Aの実務に特化した会計士資格を所持しているコンサルタントがいて、M&Aの実施を堅実にサポートできる取り組みを行なっています。

M&Aアドバイザーなどよくわからず、どこに相談していいかわからないなどという方の相談も承っていますので、ぜひ気軽にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ