神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の動向や事例、案件紹介あり!

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

近年では、M&Aを活用した会社売却や事業承継が増えていますが、神奈川・横浜はどのような状況なのでしょうか。この記事では、神奈川・横浜のM&A・会社売却・事業承継における近年の動向や事例、案件を紹介します。

目次

  1. 神奈川県・横浜市でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント
  2. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継とは
  3. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継動向
  4. 神奈川県・横浜市近郊のM&A案件一覧
  5. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段
  6. 神奈川県・横浜市のM&A成功事例
  7. 神奈川県・横浜市のM&Aに関するQ&A
  8. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継ならM&A総合研究所へ
  9. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 神奈川県・横浜市でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント

神奈川・横浜でM&Aをする際に最適な仲介会社を選ぶポイントは、以下のとおりです。
 

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性が良い

それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

神奈川・横浜にはさまざまな得意分野を持った仲介会社がありますが、担当する業界によって求められる知識・経験は異なります。そのため、M&Aを依頼する際には、対象の業界に関する専門知識やM&A実績を持っているか確認する必要があるのです。

②案件規模・地元M&A実績などがある

M&Aでは、さまざまな専門家と連携しながら地域性に合った対応が必要です。

神奈川・横浜でのM&A実績があれば、地元の士業専門家や金融機関などとのネットワークもできている可能性が高まります。神奈川・横浜で自社と同規模の案件を担当したことがあるかどうかの確認も重要です。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

たとえ神奈川・横浜での実績があったとしても、M&Aは案件ごとにさまざまな問題が生じるため、柔軟に対応できる知識と経験も求められます。そのため、自社の業界に関する知識や神奈川・横浜での実績だけでなく、仲介会社にはM&Aに関する幅広い知識・経験も必要です。

④手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい

神奈川・横浜では、M&A・会社売却・事業承継の課題を抱えている企業の多くは中小企業といえます。大きな資金の負担を抱えられない中小企業が仲介会社にM&Aを安心して任せるためには、報酬体系がシンプルで手数料が安価な仲介会社を選ぶことが大切です。

⑤担当スタッフの対応・相性が良い

会社の将来に関する重要なサポートを任せるには、担当者との信頼関係が欠かせません。

もともとM&Aはマニュアルどおりには進まないうえに、中小企業のオーナー経営者からするとさまざまな悩みを抱えているため、自身の考え方を理解したうえで誠実に対応してくれる仲介会社を選ばなければなりません。

【関連】名古屋のM&A仲介会社オススメ20選!

2. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継とは

神奈川・横浜エリアは、M&A・会社売却・事業承継の件数と金額は、全国的に見て上位に入っています。

レコフのレコフM&Aデータベースによると、2018年の神奈川県におけるM&A合計件数は195件でした。この数値は、同じ関東地方に属する埼玉県(75件)や千葉県(67件)と比較しても、非常に多いことがわかります。

上記のうち買い手・売り手ともに神奈川県内の企業となったM&A案件は15件であるほか、「買い手が神奈川県内で売り手が神奈川県外」のM&A案件は63件(そのうち20件が海外)、「買い手が神奈川県外で売り手が神奈川県内」のM&A案件は117件(うち5件は海外)と報告されました。

もともと神奈川・横浜には規模の大きい企業が多いことや、全国トップのM&A・会社売却・事業承継件数および金額を持つ東京との取引が多いことなどが、M&Aの実施が盛んな理由の1つとして挙げられます。

【関連】東京のM&A仲介会社オススメ30選!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

3. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継動向

2020年の日本経済は、新型コロナウイルスの感染拡大により、ほとんどの業界、企業がかつてない打撃を受けました。帝国データバンクの『神奈川県「休廃業・解散」動向調査』(2020年)によると、景気が悪化したと答えた企業の割合が、5割の結果でした。

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の件数と金額は全国的に高い水準ではあるものの、神奈川県の休廃業・解散は3,315件となりました。都道府県別では、東京都、大阪府、愛知県に続き、神奈川県は全国で4番目の高さである結果が報告されている状況です。

上記のデータは、コロナによる経営難により事業が継続できなくなった企業よりも、財務内容やキャッシュに余裕のある企業で、後継者問題など経営難以外の理由で事業が継続できなくなった企業が多い現状を浮き彫りにしています。

こうした状況を改善するため、神奈川・横浜では、金融機関・公的機関・民間企業などが協力して、事業承継の推進に力を入れている状況です。

【関連】埼玉県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社15選【事例、案件一覧】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

4. 神奈川県・横浜市近郊のM&A案件一覧

ここでは、実際に公開されている神奈川・横浜近郊の案件一覧を紹介します。
 

  1. 新しい学びを提案する学習塾
  2. 「女性活躍」「ダイバーシティマネジメント」に特化した専門出版事業の国内外展開
  3. 庭のリフォームのプランニング・工事
  4. 沖縄料理店3店舗の運営
  5. 測量機器・試験装置の組み立て事業

それぞれの案件を順番に見ていきましょう。

①新しい学びを提案する学習塾

神奈川・横浜近郊の案件一覧1件目は、新しい学びを提案する学習塾です。
 

業種 教育
都道府県 神奈川県
法人形態 合同会社・合資会社
譲渡価格 5,000万円〜1億円

②「女性活躍」「ダイバーシティマネジメント」に特化した専門出版事業の国内外展開

神奈川・横浜近郊の案件一覧2件目は、女性活躍・ダイバーシティマネジメントに特化した専門出版事業の国内外展開です。
 

業種 出版
都道府県 神奈川県
法人形態 個人事業
譲渡価格 応相談

③庭のリフォームのプランニング・工事

神奈川・横浜近郊の案件一覧3件目は、庭のリフォームのプランニング・工事です。
 

業種 建設・工事
都道府県 神奈川県
法人形態 株式会社
譲渡価格 応相談

④沖縄料理店3店舗の運営

神奈川・横浜近郊の案件一覧4件目は、沖縄料理店3店舗の運営です。
 

業種 飲食
都道府県 神奈川県
法人形態 株式会社
譲渡価格 5,000万円

⑤測量機器・試験装置の組み立て事業

神奈川・横浜近郊の案件一覧5件目は、測量機器・試験装置の組み立て事業です。
 

業種 機械・部品メーカー
都道府県 神奈川県
法人形態 株式会社
譲渡価格 2,500万円

【関連】大阪の会社売却・事業譲渡案件一覧30選!M&A仲介会社30選!

5. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段

神奈川・横浜のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段には、以下の方法があります。
 

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 公的機関・地元の金融機関などに相談する 
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

それぞれの方法を順番に見ていきましょう。

①M&A仲介会社・専門家に相談する

M&A・会社売却・事業承継案件を探す手段としては、まずM&A仲介会社などの専門家に相談する方法が挙げられます。

M&Aを専門的に扱っているため、独自ネットワークや経験・実績によるサポートや案件紹介が受けられる点が大きなメリットです。

②公的機関・地元の金融機関などに相談する

神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターや神奈川県・横浜市の地元金融機関に相談する方法も効果的です。どちらの機関も、地元の企業を十分に知っているといった強みがあります。

神奈川県事業承継・引継ぎ支援センター

神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターは、神奈川産業振興センターによって運営がされています。

神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターは、神奈川県内の中小企業や小規模事業者に対して、事業承継の相談や専門家の紹介などのサービスを提供する公的機関です。

後継者不在の経営者と起業家を引き合わせるため、神奈川県後継者バンクなども設置しています。したがって中小企業の状況を整理し、丁寧なサポートとフォローを行っているのです。

③M&Aマッチングサイトなどを活用する

M&Aマッチングサイトなどを利用すれば、神奈川県・横浜市に限らず全国からM&A・会社売却・事業承継案件を探せます。現在ではさまざまなマッチングサイトが生まれていますが、おすすめのマッチングサイトは以下のサイトです。
 

  • M&A総合研究所
  • Batonz(バトンズ)
  • Tranbi(トランビ)

それぞれのサイトにある特徴を順番に見ていきましょう。

M&A総合研究所

M&A総合研究所が運営するマッチングプラットフォームでは、独自のAIシステム採用により精度の高いマッチングを実現しております。

譲渡をご希望の場合はプラットフォームを無料で利用可能です。そのほか、専門家による仲介が必要な場合には、実務経験豊富なアドバイザーによる専任サポートも受けられます。

Batonz(バトンズ)

Batonz(バトンズ)は、バトンズが運営するマッチングサイトです。

大手仲介会社が主に中規模から大規模案件をサポートするのに対して、Batonz(バトンズ)では小規模の案件を取り扱っています。

小規模案件が中心とはいえ、事業の承継先を探したい人から後を継ぎたい人への経営交代手続きに関して、全国約900の士業事務所および約90の金融機関などと協力しながら丁寧なサポートを実施しているマッチングサイトです。し

Tranbi(トランビ)

トランビ(Tranbi)は、2011年に生まれてから急激に成長を続けており、現在では国内トップクラスの豊富な案件数を保有しています。小規模事業者であっても手軽に利用できるシステム・手数料体系が特徴です。

【関連】M&A仲介会社を比較!手数料・サービス・実績を徹底比較!

6. 神奈川県・横浜市のM&A成功事例

神奈川県・横浜市は、今後も新規参入も含め、さまざまな規模のM&Aが活発化していくことでしょう。ここでは、神奈川県・横浜市のM&A成功事例を紹介します。

グランディハウスによるプラザハウスとウェルカムハウスのM&A

グランディハウス

グランディハウス

出典:https://www.grandy.co.jp/

グランディハウスは2019年7月、プラザハウスとウェルカムハウスの全ての株式を取得し、子会社化しました。

グランディハウスは分譲住宅事業・販売事業、住宅リフォーム事業、中古住宅再生事業、不動産賃貸事業など幅広く手掛けている大手不動産会社です。

対象会社となったプラザハウスとウェルカムハウスは、神奈川県川崎市をメインに田園都市線沿線を営業エリアとして、不動産売買事業を行っている兄弟会社です。

今回のM&Aにより、グランディハウスは神奈川県に進出できるため、グループの事業拡大を加速できるとしています。

加賀電子による富士通エレクトロニクスのM&A

加賀電子

加賀電子

出典:https://www.taxan.co.jp/jp/

加賀電子は2018年9月、富士通エレクトロニクスの7割の株式を取得しました。

加賀電子は、エレクトロニクス総合商社であり、M&Aを積極的に行う企業です。対象会社の富士通エレクトロニクスは、神奈川県横浜市に拠点があり、車載、通信、IoT(モノのインターネット)関連の事業に強みを持っています。

今回のM&Aにより、富士通エレクトロニクスの電子部品製造技事業との融合により、事業拡大とグローバル市場での半導体・エレクトロニクス商社としての成長を目指すとしています。

UMCによる三重富士通セミコンダクターのM&A

UMC

UMC

出典:https://www.umc.co.jp/

UMCは2018年6月、三重富士通セミコンダクターの株式を全て取得し、子会社化しました。

UMCは、台湾の半導体メーカーです。対象会社である三重富士通セミコンダクターは、神奈川県横浜市に拠点を持ち、半導体事業をメインとして行っていました。今回のM&Aにより、半導体事業の強化を目指すとしています。

医療法人社団東京巨樹の会による東芝病院のM&A

医療法人社団東京巨樹の会

医療法人社団東京巨樹の会

出典:https://tokyo-kyojunokai.jp/

医療法人社団東京巨樹の会(旧:医療法人社団緑野会)は2017年10月、東芝が運営する東芝病院の事業を譲受しました。

神奈川県大和市にある医療法人社団東京巨樹の会は、医療事業を幅広く展開するカマチグループに所属しています。一方対象となった東芝病院は、グループ社員の福利厚生の一環として運営している病院です。

東芝は経営のスリム化を目的に、東芝病院を同業他社に事業を引き継いでもらうおうと、買い手を検討していました。そして、医療法人社団東京巨樹の会は事業拡大を目指しているなか、今回のM&Aが成立したのです。

今回のM&Aにより、東芝病院の医療サービスを地域ニーズに合う形で充実させ、地域医療への貢献を図ります

7. 神奈川県・横浜市のM&Aに関するQ&A

神奈川県・横浜市のM&Aに関するQ&Aとして、M&A仲介会社を利用する際の譲渡価額の決め方や・M&A仲介会社のサポート範囲に関して解説します。

譲渡価額の決め方は?

譲渡価額の決め方は、特に指定された方法や決まりはありません。しかし、一般的に法外な譲渡価額や異常に安い価額を設定しても買い手はつかないでしょう。したがって、できるだけ説得力のある企業評価で価格算定を行う必要があります。

M&A仲介会社のサポート範囲は?

M&A仲介会社のサポート範囲は、M&Aの事前相談からクロージングまで行うのが一般的です。売り手側・買い手側ともにM&Aは、未経験であるのが多いるため、M&A仲介会社のアドバイザーの助言・交渉により、M&Aを進めていきます。

M&Aの交渉過程で取り交わす契約書は非常に多く、プロセスに従って「秘密保持契約」「基本合意書」「最終契約書」などを契約するため、専門的な知識や経験が必要になります。

拘束力が発生する書面もあるため、トラブルが未然に防げるよう契約書を作成する必要があるでしょう。全ての仲介会社で行っているわけではありませんが、事業や会社の統合が終了するまでサポートを行うM&A仲介会社もあります。

M&A仲介会社に依頼する際には、事前にサポート範囲などを確認しつつ自社と相性の良いM&A仲介会社を選択するのがベストです。

8. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継ならM&A総合研究所へ

神奈川県・横浜市でM&A・会社売却・事業承継をお考えの経営者様はぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所は、経験豊富なM&Aアドバイザーによる専任フルサポートを行っており、神奈川・横浜のM&A・会社売却・事業承継にも対応しております。

成約まで最短3カ月の実績を有するなど機動力が強みです。完全成功報酬制(※譲渡企業のみ)となっており、着手金は完全無料です。

無料相談はお電話・Webより随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

9. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社や、神奈川県・横浜市の案件一覧、M&A・会社売却・事業承継を成功させるポイントなどに関して紹介してきました。

神奈川県・横浜市は製造業に大きな強みを持っていますが、その傾向はM&A事例にも顕著に表れているのがわかるでしょう。将来的には海外からのM&Aなども含め、事例の多様化すると考えられます。

高度に専門的な知識が求められるM&Aでは、M&A仲介会社などの専門家のサポートを受けるのがおすすめです。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事