福岡のM&A仲介会社オススメ20選!

Medium
M&Aシニアアドバイザー
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

現在、大企業だけでなく中小企業や個人事業主でもM&Aは盛況であり、それは福岡でも変わりません。そして、M&Aを成功させる重要なポイントはM&A仲介会社選びです。福岡でM&Aを実施する場合のおすすめM&A仲介会社を掲示します。

目次

  1. M&A仲介会社とは
  2. M&A仲介会社を選ぶ基準
  3. 【参考】M&Aの規模と専門家
  4. 福岡の大型M&A・中堅企業M&AにおすすめのM&A仲介会社10選!
  5. 福岡の中小企業M&A・スモールM&AにおすすめのM&A仲介会社10選!
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは

この数年来、日本でのM&A成立件数は、史上最高数を毎年更新中です。その理由は、アベノミクス効果による経済の安定性という側面もある反面、少子高齢化という社会構造の変化に伴う後継者不足問題の影響という一面もあります。

中小企業では、経営者が高齢となって引退したくとも後継者がいないため、廃業という選択肢を取らざるを得ないという問題が起こってきたのです。その有力な解決方法として、M&Aで会社や事業を売却し、その買収者に事業承継してもらうことが行われるようになってきました。

また、買収者の側から見ても、事業規模拡大や新規事業参入が手っ取り早く実現できるM&Aは、有効な経営戦略として広く認知されています。

ただし、M&Aの実施には専門的な知識や段取りが欠かせず、当事者だけでこれを円滑に成立させるのは少々、無理があるといわざるを得ません。

そのとき、重要な役割を担うのが、M&A仲介会社です。本記事では、福岡県でのM&A実施に焦点を当て仲介会社を特集しますが、その前に、M&A仲介会社の概要を確認しておきましょう。

M&A仲介会社の業務内容

M&A仲介会社とは、文字どおり、M&Aの仲介業務を行うM&A専門会社になります。

つまり、M&A案件の買い手と売り手の間に介入して、スムーズ・安全にM&Aが執り行われるようにする役割を果たしているのです。

M&A仲介会社の具体的な業務内容としては以下のようなものがあります。
 

  1. M&Aに関する相談
  2. M&Aの売買相手探し
  3. M&Aの交渉の仲介
  4. 各種契約書の作成
  5. デューデリジェンス(略称DD=企業の監査)

これらの業務は専門性が高く、M&Aに関する知識があまり多くない人が行うのはとても難しいでしょう。

したがって、M&A仲介会社に依頼することで、その専門的で難しい作業を委任しつつ、自分たちはM&Aの成り行きそのものに集中できるというわけです。

【関連】M&AにおけるDD(デューデリジェンス)項目別の目的・業務フローを徹底解説!

M&A仲介会社にもさまざまな種類がある

M&A仲介会社は、それぞれ得意とするM&A業務や対応が得意である業種・業界・企業規模などが異なっています

たとえば、大企業のM&A実績が豊富なM&A仲介会社もあれば、中堅・中小企業のM&Aをメインに取り扱っているM&A仲介会社もあるのです。そのほか、マッチングプラットフォーム(買い手と売り手のマッチングサイト)の提供のみをしている会社もあります。

さらに、M&A仲介会社を利用した際にかかる相談料・着手金・成功報酬といった仲介手数料も、各社に差があります。

このような差があることから、M&A仲介会社を選ぶ場合には、以下のような点に関して注意深く確認しながら選ぶ必要があるでしょう。
 

  • 自分たちの企業規模はどのくらいか
  • その仲介会社はどこまでサポートしてくれるのか
  • 実績は豊富か
  • 仲介手数料は他社と比べてどうか

M&A仲介会社を選ぶポイントについては、次項で詳細を説明します。

【関連】M&Aアドバイザーって?選び方と利用するメリットを解説!

2. M&A仲介会社を選ぶ基準

M&A仲介会社を選ぶ基準

そもそもM&A仲介会社は、不動産仲介会社などのような、国家資格を持っていないと運営できないものではありません。そのため、基本的には誰でもM&A仲介会社を運営できてしまいます。

特に基準を設けずに成り行きでM&A仲介会社を決めてしまうと、希望していたM&Aにならなかったり、M&Aの成約自体ができなかったりなどという事態になりかねません。

では、どのようにして自社に合った場所を選べばよいでしょうか。目安となる以下の基準について説明します。

  • 実績が豊富である
  • 専門知識が豊富である
  • 他の専門家と連携している
  • 料金がわかりやすくて安い
  • 会社の取扱い案件規模が目的に合っている

実績が豊富である

まずは、利用を検討しているM&A仲介会社は豊富な実績を持っているかを確認するようにしましょう。

M&A仲介会社は、公的な資格を持たずとも運営が可能です。そのため、特にM&Aやその周辺知識がないにもかかわらず、M&A仲介会社を運営している可能性もあります。

M&A仲介会社のホームページなどをしっかりチェックして、これまでどのようなM&A案件をこなしてきたのかを確認してみましょう。

実績が豊富な仲介会社であれば、安心してM&A仲介業務を任せられます。

専門知識が豊富である

これまでのM&A実績の豊富さに加えて、そのM&A仲介会社に在籍している人たちの専門的な知識の豊富さも、重要な基準です。

M&Aの手続きを進めていく際には、M&Aそのもの以外にも、会計・税務・法務といったさまざまな専門知識が必要となります。

その理由は、M&Aで実行されるスキーム(株式譲渡事業譲渡・吸収合併など)によって、求められる手続きや、税務上の問題などが違ってくるため、専門的な知識が豊富でないと、正しく適法なM&Aを実行できないからです。

このことから、M&A仲介会社を選ぶ際には、在籍スタッフ・アドバイザーがどのくらい専門知識を持っているかを確認することは重要になります。

他の専門家と連携している

利用するM&A仲介会社を選ぶ際には、そのM&A仲介会社が他の専門家と連携しているかを確認することも大切です。

M&A仲介会社はM&A仲介業務をメインに行っている専門会社ですが、必ず公的な資格を有している必要があるわけではありません。

そのため、M&A手続きを進めていくなかで、税務上・法務上のトラブルや問題が発生した際に、M&A仲介会社だけでは対応できなくなってしまうかもしれません。

そこで、M&A仲介会社を選ぶ場面では、公認会計士や弁護士、税理士といった士業者やその事務所とのネットワークを持っているかチェックする必要があります。

他の専門家とのつながりがある仲介会社を利用すれば、複雑なトラブルが発生したときでも安心です。もちろん、そのM&A仲介会社の中に士業者が在籍しているのであれば、より有効といえます。

料金がわかりやすくて安い

M&A仲介会社の料金体系がわかりやすく、安く設定されていることも選ぶ基準といえます。

M&A仲介会社への依頼にあたっては、相談料や着手金、成功報酬といった手数料の発生が必須です。

そして、M&A仲介会社によって、発生する料金には違いがあります。M&A仲介会社の中には、料金体系が複雑で、最終的にどのくらいの費用を支払う必要が出てくるのか、判断が難しいケースがあるのです。

したがって、「想定していたよりも手数料が高かった」ということもあり得ます。そうならないためにも、利用を検討しているM&A仲介会社の料金体系は、シンプルでわかりやすいかを選ぶ基準としてください。

また、相談料や着手金を無料としている仲介会社も存在しています。M&Aにかかるコストを少しでも減らすために、他社よりも安い手数料の仲介会社を選ぶのもよいでしょう。

着手金・中間報酬が無料の完全成功報酬型M&A仲介会社として挙げられるのが、M&A総合研究所です。M&Aが成約するまでは、一銭の費用も発生しません。仮にM&Aが成約しなければ、手数料の請求はないシステムです。

また、M&A総合研究所の成功報酬額は国内最安値水準であり、相談料も無料となっていますので、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

会社の取扱い案件規模が目的に合っている

M&A仲介会社は、それぞれ取り扱っている案件規模に違いがあります。

大手企業のM&Aを専門に取り扱っている仲介会社もあれば、中堅・中小企業のM&Aを専門としている仲介会社もあるのです。そのため、その仲介会社が、どのくらいの規模の案件を取り扱ってきたのかをしっかりと確認しておく必要があります。

自分たちが中小企業であるのに、大型のM&A案件ばかりを取り扱っている仲介会社を選んでしまうと、門前払いされてしまうケースもあるかもしれません。したがって、自分たちがどの程度の規模のM&Aを行うのかをしっかり把握しておくことも大切です。

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

3. 【参考】M&Aの規模と専門家

【参考】M&Aの規模と専門家

自社に合ったM&A仲介会社を選ぶためには、規模に合った専門家を把握しておかなくてはなりません。

現実的には、大抵の場合、どの規模でもM&A仲介会社は対応しようとするでしょう。しかし、そこに得意不得意、あるいは慣れ不慣れは存在します。

それを見極めるために、M&Aの案件規模について知っておくことは、M&A仲介会社選びで役立つでしょう。以下に、M&Aの規模を5種類に大別し、概要を記します。

  • 大型M&A
  • 中小企業M&A
  • ベンチャー企業M&A
  • スモールM&A
  • 個人M&A

大型M&A

大企業同士・上場企業同士の大型M&A、あるいは中小企業よりも規模が大きい中堅企業のM&Aは、大手銀行や証券会社、外資系投資銀行、FA(ファイナンシャル・アドバイザー)などのM&Aアドバイザーが起用されるケースが多いです。

もちろん、大手のM&A仲介会社も大型M&A案件に対応しています。

銀行や金融機関が提供するM&Aアドバイザーサービスでは、中堅・中小企業のM&A案件には対応していないケースも多く、依頼を受けてくれない可能性があるので覚えておきましょう。

一方、大型M&Aを取り扱うM&A仲介会社であれば、中小企業M&Aにも対応しているケースが多いです。

中小企業M&A

中小企業のM&Aは、M&A仲介会社が得意としている分野です。

中小企業のM&A案件を得意とするM&A仲介会社は、基本的に交渉相手とのマッチングからクロージングまで一連のM&A手続きをサポートしてもらえます。

法務や税務などの不安もなく進められるので、依頼してみるとよいでしょう。

ベンチャー企業M&A

ベンチャー企業のM&Aに関しても、M&A仲介会社が得意としている規模です。

M&A仲介会社では、中小企業やベンチャー企業などの「規模が小さい企業・会社」にターゲットを絞っているところが多くあります。取り扱いの実績があるのかを確認してから依頼しましょう。

スモールM&A

スモールM&Aとは、小規模事業におけるM&Aのことです。小規模事業・スモールビジネスはさまざまな定義が存在しますが、年間売上高1億円未満の企業・個人事業のM&Aが、このスモールM&Aに当たります。

スモールM&Aも、M&A仲介会社が得意としている分野です。

主に、後継者不足の解消や従業員の雇用確保などを目的に行われることが多いですから、もし課題として挙がっているなら検討してみるとよいでしょう。

個人M&A

近年では、個人が会社や事業などをM&Aによって買い取るケースが増えています。

一例としては、サイトM&Aが最も多い事例でしょう。サイト運営の初期段階におけるコンテンツ不足や顧客の少なさといったリスクを回避する目的で、アフィリエイトサイトやECサイトなどを個人が買取るという案件があります。

個人M&Aにおいても、M&A仲介会社の取り扱い範囲といえます。また、個人M&Aの場合は、マッチングプラットフォームなどが利用されるケースも多いです。

【関連】【M&Aマッチングサイト一覧】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

4. 福岡の大型M&A・中堅企業M&AにおすすめのM&A仲介会社10選!

福岡の大型M&A・中堅企業M&AにおすすめのM&A仲介会社10選!

福岡県でのM&AにおすすめするM&A仲介会社の掲示にあたり、大型M&A・中堅企業M&Aにおすすめの10社と、中小企業M&A・スモールM&Aにおすすめの10社に分けました。

まずは、大型M&A・中堅企業M&Aにおすすめの10社です。大型M&A・中堅企業M&A向けの仲介会社の場合、本社を東京に構え、全国対応しているケースが多いという傾向があります。

  1. M&A総合研究所
  2. レコフ
  3. AGSコンサルティング
  4. GCA
  5. インテグループ
  6. リソア
  7. Tryfunds
  8. ロシェル
  9. インターリンク
  10. 山田コンサルティンググループ

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

福岡で大型M&A・中堅企業M&Aを実施する際におすすめのM&A仲介会社が、M&A総合研究所です。

東京に本社を置くM&A仲介会社ですが、これまでも全国各地の企業のM&Aに数多く携わっており、九州地区の案件も得意としています。

全国的にM&Aサポートを担当してきた実績が、そのままM&A総合研究所独自のネットワーク構築に繋がっており、福岡県の企業のM&Aでも、その特性が遺憾なく発揮されるでしょう。

豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーが専任となってM&Aをフルサポートし、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3ヶ月でスピード成約する機動力もM&A総合研究所の大きな特徴です。

料金システムは国内最安値水準の完全成功報酬制ですから、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。随時、受けつけている無料相談で気軽に問い合わせが可能です。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②レコフ

レコフは、記録上、日本で一番古いM&A仲介会社といわれています。その創業は1987(昭和62)年に遡り、まだ、M&Aという言葉が日本で全く浸透していない時期から、多くの企業のM&Aに関わってきました。

それら多くの実績が示すとおり、大型M&Aは国内にとどまらず、海外企業とのM&A(クロスボーダーM&A)も数多く担当しています。そして、成約確度を高めるために、ベトナムに現地法人も構えました。

また、2016(平成以28)年には、東証一部上場のM&A仲介会社であるM&Aキャピタルパートナーズと経営統合(グループ入り)し、ますますその規模感をアップさせています。

③AGSコンサルティング

AGSコンサルティングも、1988(昭和63)年設立と、レコフに劣らず、歴史があるコンサルティング会社です。

母体が会計事務所だけあって、2020(令和2)年5月現在において、全従業員421名中、公認会計士が61名、税理士が87名を占めています。本社の東京以外に、福岡を始めとして大阪・名古屋・香港・シンガポール・マレーシアと、国内外に事務所があり、クロスボーダーM&Aにも対応可能です。

また、2008(平成20)年には、グループ会社としてAGS税理士法人も設立しています。

④GCA

東証一部上場のGCAも、福岡県での大型M&A・中堅企業M&AにおすすめのM&Aアドバイザリー会社です。東京本社以外に、国内オフィスが福岡、大阪、京都、名古屋があり、さらに海外各地に20のオフィスがあります。

国内に税理士法人やコンサルタント会社などのグループ企業7社、海外にはアメリカ支社もあり、まさにグローバルな大型M&Aに万全の対応が可能です。

⑤インテグループ

インテグループは、中堅・中小企業のM&Aを中心に、数多くのM&A実績を誇るM&A仲介会社です。地域・業種を問わずM&Aの相談が可能で、福岡のM&A案件も取りあつかっています。

インテグループでは、経験豊富な専任スタッフが、M&Aの相談からクロージングまで一貫して対応しています。

譲渡価格が数百億円を超えるM&A案件も取りあつかっており、実績は十分です。料金体系はとてもシンプルで、完全成功報酬制を採用しており、着手金や仲介金の支払いは必要ありません。

⑥リソア

リソアは、東京に本社を置くM&A仲介会社ですが、全国対応が可能となっているため、福岡でも利用可能です。また、建設会社を経営していた経験があり、建設業に特化したM&A仲介業務を行っています。

このことから、M&A仲介業務のほかにも、建設業の会社再生・事業再生サポートなども期待できるでしょう。

料金体系は完全成功報酬制となっており、初めてM&A仲介会社を利用する場合でもわかりやすい料金体系となっています。

⑦Tryfunds

Tryfundsは、M&Aアドバイザリー業務・企業間パートナーシップに関するアドバイザリー業務を始め、海外進出・地方創生・市場調査など数多くのコンサルティング業務を提供する会社です。

また、業種・業態・事業規模にとらわれることのない支援実績があります。58ヶ国におよぶ豊富な海外ネットワークも持っているため、海外進出を目的にM&Aを実施したいケースにも向いているでしょう。

⑧ロシェル

ロシェルは、東京都に本社を置くM&A仲介会社ですが、福岡はじめ全国対応しており、大型案件に限らず、中小企業の事業承継にも力を入れています。

また、ベンチャー企業のM&A案件も取りあつかっているのも特徴です。

料金体系は完全成功報酬となっており、着手金や月額報酬、中間金などは発生しません。したがって、余計な出費を抑えることが可能です。

⑨インターリンク

インターリンクは、東京都に本社を置くM&A仲介会社です。本社は東京ですが、福岡のM&A案件も取りあつかっています。

大企業による経営権の獲得や事業譲渡といった実績があるため、大型M&A案件でも安心して依頼できるでしょう。

インターリンクでは、M&Aの企画立案から条件の調整、交渉、クロージングといった流れをしっかりサポートしてくれます。

また、インターリンクには、M&Aの買い手と売り手のマッチング業務以外に、M&Aの依頼会社の特徴を積極的に売り込む「提案型M&A」というサービスがありますので、こちらの利用も検討してみるとよいでしょう。

なお、同名の他業種会社がありますので、問い合わせなどでは注意してください。

⑩山田コンサルティンググループ

福岡で大型M&A・中堅企業M&Aを実施する際におすすめできるM&A仲介会社に、山田コンサルティンググループがあります。本社は東京ですが、全国各地に支店を設けていて、九州支店が福岡です。

全国各地の専門家や公的機関とも連携しており、専門家とのネットワークが充実している点も魅力的といえます。また、東南アジア地域に支店とグループ会社があるので、クロスボーダーM&Aにも対応可能です。

【関連】M&A仲介会社・企業ランキングTOP25!大手上場企業あり!

5. 福岡の中小企業M&A・スモールM&AにおすすめのM&A仲介会社10選!

福岡の中小企業M&A・スモールM&AにおすすめのM&A仲介会社10選!

ここでは、福岡県で中小企業M&AやスモールM&Aを実施する際に助けとなる、おすすめのM&A仲介会社10社を掲示します。地元にオフィスを構える密着型と、事務所は別地域ながら広く全国対応している仲介会社に大別されるのが特徴です。

なお、大型M&A・中堅企業M&Aと両方を得意としている仲介会社もあるため、一部、会社名は重複掲示しています。

  1. M&A総合研究所
  2. クラリスキャピタル
  3. さかい経営センター
  4. フォーバル
  5. リソア
  6. パートナーズ
  7. まごころM&Aパートナーズ
  8. Batonz
  9. ビザイン
  10. MAfolova

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

大型M&A・中堅企業M&Aでも紹介したM&A総合研究所は、中小企業M&A・スモールM&Aの仲介業務も得意としています。全国各地のM&Aに対応し携わっていますから、福岡県でのM&Aも実績豊富です。

案件の規模に関わりなく、豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーが専任となってM&Aをフルサポートしますから、中小企業M&A・スモールM&Aでも安心してM&Aを任せられます。

中小企業M&A・スモールM&Aでは、M&A仲介会社に発生するコストも気になるところですが、国内最安値水準の完全成功報酬制です。M&Aが成約するまで一切の費用は発生せず、また、仮にM&Aが成約しなければ、手数料の請求はありません

無料相談は24時間年中無休で受けつけていますので、いつでも気軽に問い合わせができます。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは、中小企業を中心にM&A仲介業務を行っている会社で、売買価格が1億円未満の小規模な案件も取りあつかっています。

本社は東京ですが、全国各地のM&A案件に対応可能です。クラリスキャピタルは、着手金が無料で「成功報酬のみ・最低報酬金額が200万円」と、非常にわかりやすい料金体系となっています。

③さかい経営センター

福岡県北九州市に事務所がある、さかい経営センターは、SKC北九州M&Aセンターを運営している会社です。SKC北九州M&Aセンターでは、特に中小企業の後継者不足問題解決手段としてのM&Aサポートに力点を置いたサービスを提供しています。

さかい経営センターは、税理士法人SKCを核とするSKC会計グループの一員であり、グループ全体としては、会計・経理業務、経営コンサルティング、相続問題コンサルティングなどを行っており、中小企業の事業承継・M&Aについても、包括的な対応が可能です。

④フォーバル

フォーバルは、中小零細企業のM&A・事業承継に特化したM&A仲介会社です。地域・業種を問わず、スモールM&Aの依頼が可能となっています。

これまでの実績を通じて、約2万件の相談顧客を有しており、独自の経営支援サービス「アイコンサービス」を提供することで、ニーズに適合した売買相手のマッチングが可能です。

相談料は無料で、成果報酬額はレーマン法式に応じて決定されます。

⑤リソア

大型M&Aでも紹介したリソアは、スモールM&Aにも対応しています。

先述したとおり、リソアは建設業に特化したM&A仲介業務を提供していることから、建設業の方におすすめです。全国対応しているため、福岡でのM&Aにも問題なく対応できるでしょう。

⑥パートナーズ

パートナーズは、埼玉県に本社を置いているM&A仲介会社です。

パートナーズでは、IT業界・ソフトウェア業界・インターネット業界のM&Aを得意としている仲介会社になります。スモール案件にも対応し、福岡県でのM&Aでも丁寧な応対で気持ちよく依頼できるでしょう。

また、パートナーズは「P2 Online」というM&Aマッチングプラットフォームを提供しています。P2 Onlineでは、オンラインチャットや自動オンライン査定、M&A相談掲示板などを利用可能です。

⑦まごころM&Aパートナーズ

福岡市内にオフィスを構える、まごころM&Aパートナーズは、地元密着型のM&A仲介会社です。スモールM&Aに特化しており、その条件を年商10億円以下、従業員数30名以下と明示してサポートを行っています。

相談料は無料ですが、M&Aを依頼する場合、3万円+月額9,000円の登録料(着手金)が必要です。企業の簿価総資産額に応じた中間報酬も、最低30万円~発生します。

成功報酬は最低報酬額150万円で、最終的には成約額に応じてレーマン方式で算定される料金システムです。

⑧Batonz

BatonzはM&A仲介会社ではなく、M&Aマッチングプラットフォーム「Batonz」の運営会社です。

マッチングプラットフォームは、インターネット上でM&Aの売買相手を見つけられるサービスであるため、福岡に限らず、全国に対応しています。なお、Batonzは、国内最大規模のM&A仲介会社である日本M&Aセンターの関係会社です。

マッチングプラットフォームBatonzの利用者数は1万人を超えていて、本人確認が完了している相手とだけ案件交渉を進められます。交渉の仲介や契約書のチェックなどを、アドバイザーに委託することも可能です。

⑨ビザイン

ビザインは、福岡と東京にオフィスがある、スモールM&A向けの仲介会社です。

仲介サービス以外に、M&Aコンサルティングや手続きのアドバイザリーなどのサービスもあります。どのようなスモール案件でも対応することがモットーです。

⑩MAfolova

MAfolovaも、M&Aマッチングプラットフォームです。東証一部上場のエン・ジャパンによって運営されています。

MAfolovaの特徴は、全ての案件が非公開になっており、M&Aを希望する企業や個人は、優良・安全な案件と出会える可能性が高いことです。目的に合わせて依頼してみるのもよいでしょう。

【関連】中小企業でもM&Aは可能!おすすめの仲介会社20選を紹介

6. まとめ

まとめ

福岡でM&Aを実施するときには、自社のM&A規模に対応している仲介会社に依頼するのがポイントです。

M&A仲介会社は資格を必要としないことから、技術や対応力に違いがあります。自身の意見を最大限に反映してもらえる場合もあれば、いつの間にか条件が変わっているということも少なくないのです。

したがって、後悔しないためにも慎重に仲介会社選びをする必要があるでしょう。

M&A仲介会社にお悩みの場合には、M&A総合研究所にご相談ください。仲介会社選びは複数の企業に声を掛けて、自身に合う場所を見つけるのも効果的です。気になる質問だけでも問題ありませんので、まずはお気軽な問い合わせをお待ちしております。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事