M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴は?【評判/口コミあり】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
荻野光

当記事では、M&A仲介会社であるM&Aコーポレートアドバイザリーの概要や特徴について解説しています。そのほか、M&Aコーポレートアドバイザリーの口コミ・評判、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用にはどのような企業が向いているのかについても紹介しています。

目次

  1. M&Aコーポレートアドバイザリーとは
  2. M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴
  3. M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容
  4. M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ
  5. M&Aコーポレートアドバイザリーに向いた企業
  6. M&Aを検討する際は複数の仲介会社に相談すべき!
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. M&Aコーポレートアドバイザリーとは

M&Aコーポレートアドバイザリーとは

M&Aコーポレートアドバイザリーは、M&Aを検討している企業に仲介してアドバイスを行ったり、M&Aを成約に導く交渉役となるM&A仲介会社の一つです。

この記事では、M&Aコーポレートアドバイザリーについて解説しますが、まずは、M&Aコーポレートアドバイザリーに大きく関わるM&A仲介会社やM&Aの概要を説明します。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、M&Aを行う売り手・買い手企業を間に入り、互いの利益を考え中立的な立場からM&Aの成約をサポートする会社です。

M&A仲介会社は売り手と買い手両方の企業を対象としており、候補先企業の紹介や交渉・書類作成代行、企業価値評価などを行います。実際に交渉へ進むと、互いの企業が納得できる妥協点を探し、友好的なM&A成約を目指します。

【関連】M&Aアドバイザーって?選び方と利用するメリットを解説!

M&Aとは

M&Aとは「合併」の意味を持つMergerと「合併」の意味を持つAcquisitionの略で、日本語では「企業の合併と買収」と訳されます。

用いられる手法には株式譲渡や事業譲渡などさまざまなものがありますが、これらを総称してM&Aと呼びます。

M&Aが行われる目的は、新規事業への参入や事業シェアの拡大、経営不振による事業再生や新規事業立ち上げの資金集めなど、企業によってさまざまです。また、後継者問題の解決などを目的とした事業承継の手段として、M&Aを活用するケースも増えています。

M&Aは買い手・売り手双方にメリットがあるのが特徴であり、近年では大企業に限らず、中小規模の企業でもM&Aを利用・検討するケースが増加しています。

【関連】M&Aとは何の略?M&Aの意味をわかりやすく解説!

2. M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴

M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴

M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介サポートには、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの5つの特徴を紹介します。

【M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴】

  1. 代表者が各案件を担当
  2. 着手金無しで相談可能
  3. オーナーの意向を無視しない
  4. 企業理念を理解する
  5. 分業制担当ではない

1.代表者が各案件を担当

近年M&A仲介会社は急激に増えており、なかには経験の少ない新人が案件を担当するところもあります。M&Aの成功には仲介するアドバイザーの経験や実力が必要であり、アドバイザーの質によってM&Aが左右するといっても過言ではありません。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、全ての案件に対して経験豊富なアドバイザーが担当するので、安心してサポートを任せることができます。

少数精鋭をとり量よりも質を重視し各案件をその道のプロが担当していることも、M&Aコーポレートアドバイザリーの特徴です。

2.着手金無しで相談可能

M&Aコーポレートアドバイザリーは、着手金不要のM&A仲介会社です。M&A仲介会社の手数料には着手金・中間報酬・月額報酬などがあり、会社によって必要なものが変わります。

まだM&Aを検討を迷っている段階では、着手金がかかるとなれば相談しにくい場合もあるでしょう。

M&Aコーポレートアドバイザリーは無料で相談を受けているので、安心して利用することができます。相談してからM&Aを行うかどうかを判断することもできるのも、利用者にとってのメリットです。

3.オーナーの意向を無視しない

M&A仲介会社の収益には、M&Aの成約における報酬が直結します。そのため、少しでも多くM&Aを成約させるために、なかにはオーナーの意向を無視してM&Aを進めるような会社があるのも事実です。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、M&Aの成約を無理に急がず、依頼者の意向をしっかりと確認します。

オーナーの意向を無視せず、一つ一つの縁を大切にしてM&Aを進めるという考え方は、M&Aコーポレートアドバイザリーの特徴のひとつといえるでしょう。

3.企業理念を理解する

M&Aでは、企業としての経済的価値や将来利益など数字に目がいきがちです。実際、こうした数字だけをみてM&Aを行うことも可能です。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、依頼者の企業理念をしっかりと理解してM&A仲介業務に取り組んでいます。

単に必要な事務を淡々とこなす機械的なものではなく、企業がこれまで歩んできた歴史や創業者の考え方を尊重するということもM&Aコーポレートアドバイザリーの特徴です。

4.分業制担当ではない

M&A仲介会社のなかには、買い手企業と売り手企業を別々のアドバイザーが担当する分業制が取られているところもあります。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、売り手・買い手両方と実際に話すことでしかわからない、オーナーの意向や希望を大切にしています。

分業制を取らず双方の意見を汲み取ることで、適切な情報を伝え円滑にM&Aを進めることができます。

【関連】M&Aの手法と特徴をどこよりも詳しく解説!

3. M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容

M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容

この章では、M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容について紹介します。M&Aコーポレートアドバイザリーでは、主に以下5つの業務を行っています。

  1. 会社譲渡の仲介
  2. 企業価値評価
  3. 企業・事業買収支援
  4. マーティング・ソーシング支援
  5. 各種アドバイザリー

1.会社譲渡の仲介

企業の売却を検討している方に対して行っているサービスです。M&Aを成約するためにサポートを行います。

具体的な業務には、会社譲渡を検討している企業の相談・対象企業の分析・買収見込みのある企業のリストアップ・交渉サポートなどがあります。

会社譲渡を行う際は、まず買い手先企業をを探さなければなりませんが、M&Aコーポレートアドバイザリーに依頼することにで、より幅広い企業と交渉が行える可能性があります。

2.企業価値評価

企業譲渡を検討している経営者にとって、自分の会社がどれくらいの金額で取引されるのか気になるのは当然のことでしょう。しかし、企業価値評価の算出には専門知識が必要になるため、自身で行うのは困難です。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、売却を希望している企業に向けて経験豊富なアドバイザーが試算を行い、M&Aの検討の材料を提供します。

3.企業・事業買収支援

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、企業や事業を買収支援も行っています。具体的には、候補となる買収先企業の提案や個別のコンサルティングなどがあります。

買収希望の企業がみつかったら、条件に沿った交渉を進めM&Aの成立までアドバイスを行います。

4.マーティング・ソーシング支援

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、積極的に企業を買収したいと考えている企業に対して、マーケティング・ソージング支援を行っています。

例えば、すでに買収を検討している業界や企業があり、個別にアプローチをしたいという場合は、買収先の候補の提案やスクリーニングを行っています。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、M&Aのきっかけとなり、今後もスムーズに取引できるようなマーケティング・ソージング支援に力を入れています。

5.各種アドバイザリー

第三者割当増資などの資本提携を考えている企業をサポートするのも、M&Aコーポレートアドバイザリーの重要な業務です。

具体的には、資本提携を考えている企業に対して候補先の提案、スクーリングや条件の交渉などM&Aが終了するまでのサポート・アドバイスなどがあります。

また、すでにM&A先が決まっている企業であっても、M&Aコーポレートアドバイザリーが仲介することによってより円滑に交渉を進めることができます。

【関連】株式譲渡のコンサルの内容やメリット・デメリットを解説

4. M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ

M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ

ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの評判や口コミを紹介します。インターネット上の評判や口コミをみると、M&Aコーポレートアドバイザリーが高く評価されていることが窺えます。

  1. 単なる事業譲渡を超えたサポート
  2. 新業界の参入に心強い

単なる事業譲渡を超えたサポート

M&A仲介会社のなかには、単にM&Aの成約の可能性だけを考えて、形式的に業務を行うところもあります。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、相談会社の状況を細かくみながら会社がこれから成功するためにはどの部門を強くすればよいのかを考えて提案しています。

会社の弱みや強みを理解し、M&Aが成約した後も成功できるような取り組みを行っていることが評価されています。

新業界の参入に心強い

新たな業界に参入する企業にとって、その業界の情報や特徴などを集めることは成功への重要な要素です。

M&AコーポレートアドバイザリーはM&Aの仲介だけでなく、新しい業界へ参入したいと考えている企業に対しては、情報調査や譲渡案件の提供を行っています。高いマーケティング調査力は、利用者のみならず社外からも評価をされています。

5. M&Aコーポレートアドバイザリーに向いた企業

M&Aコーポレートアドバイザリーに向いた企業

M&Aコーポレートアドバイザリーを利用するのは、どのような企業が向いているのでしょうか。以下のような希望のある企業は、M&Aコーポレートアドバイザリーに向いていると考えられます。

  1. 担当者との相性で選ぶ
  2. 条件次第でM&Aを検討したい
  3. 親身に相談に乗って欲しい
  4. 事業・理念への理解をして欲しい
  5. 業界に精通した担当者がいる

1.担当者との相性で選ぶ

M&A仲介会社を利用したM&Aではアドバイザーとの相性も重要であり、担当者との信頼関係をいち早く築き上げることが成功への近道であるともいえます。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、単なる形式的なM&Aの成約を目指すのではなく、今後の事業の発展を考えて業務を行っています。

M&Aに対する考え方や担当者との相性が合うのであれば、M&Aコーポレートアドバイザリーにサポートを依頼しても安心して進めることができるでしょう。

2.条件次第でM&Aを検討したい

まずは相談して条件等を調整してからM&Aを検討したいと考えている企業も、M&Aコーポレートアドバイザリーに向いているでしょう。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、事業を売却した場合の評価を無料で相談することができるので、自社の希望に合ったM&Aが行えるのかを把握したい場合も、費用負担なしで検討材料を得られるのは大きなメリットです。

3.親身に相談に乗って欲しい

M&Aを円満に行うためには、不明点や不安点はなくしておくことが大切です。アドバイザーに親身になって相談に乗ってほしいという企業は、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用に向いているでしょう。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、相談先の企業の話をよく聞いたうえでM&A仲介業務を行っており、分業制ではないため同じ担当者に全て相談することができます。

4.事業・理念への理解をして欲しい

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、事業理念を大切にしているものの、後継者不在などで事業を売却したいと考えている企業に向けて、オーナーの考え方や意向にあった取引先を紹介しています。

企業の経営理念を理解してもらえる企業に譲渡したいと考えている企業は、M&Aコーポレートアドバイザリーに向いています。

5.業界に精通した担当者がいる

信頼関係を作るには、アドバイザーの豊富な経験と対応力が必要です。M&Aコーポレートアドバイザリーでは熟練のアドバイザーから、迅速で適切なアドバイス・サポートを受けることができます。

M&Aの際、業界に精通した担当者が欲しいと考えている企業は、M&Aコーポレートアドバイザリーに向いているでしょう。

6. M&Aを検討する際は複数の仲介会社に相談すべき!

M&Aを検討する際は複数の仲介会社に相談すべき!

M&A仲介会社は、それぞれ異なる得意分野や強みをもっているので、M&Aを検討する際は複数の仲介会社に相談してから依頼先を決めることをおすすめします。

複数の仲介会社に相談すれば、自社のM&Aに最適なところに依頼できるだけでなく、コスト面でも比較をすることができます。

M&A総合研究所は、中小規模のM&Aを主に取り扱う仲介会社です。実績・知識豊富なアドバイザーや各専門家が在籍しているので、希望にあったM&Aの実現が可能です。

M&A総合研究所では、案件ごとにアドバイザー・会計士・弁護士が就き、チーム体制でクロージングまでフルサポートをいたします。

料金体系は、レーマン方式による完全成功報酬制となっていますので、M&Aが成約するまで費用はかかりません。

電話やメールによる無料相談は24時間年中無休でお受けしています。M&Aをご検討の際には、ぜひお気軽にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

M&Aまとめ

M&AコーポレートアドバイザリーはM&Aを検討している企業に向けてアドバイスやサポートを行うM&A仲介会社です。一つ一つの企業の考え方を尊重し、満足のいく契約を重視するのが特徴の企業です。

【M&Aコーポレートアドバイザリーの特徴】

  1. 会社譲渡の仲介
  2. 企業価値評価
  3. 企業・事業買収支援
  4. マーティング・ソーシング支援
  5. 各種アドバイザリー

【M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ】

  1. 単なる事業譲渡を超えたサポート
  2. メインでない事業部門だけを売却できる
  3. 新業界の参入に心強い

M&Aを成功させるためには、いち早くアドバイザーとの信頼関係を構築することが大切になります。そのためには経験豊富なアドバイザーが多数在籍する仲介業者に相談することが必要です。

M&A研究所には、アドバイザーや弁護士・会計士やなどM&Aの知識と経験を持つスタッフが多数在籍しており、チーム体制でクロージングまでしっかりサポートいたします。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ