M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴は?【評判/口コミあり】

Medium
M&Aシニアアドバイザー
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

本記事では、M&A仲介会社「M&Aコーポレートアドバイザリー」の概要・特徴について解説しています。また、M&Aコーポレートアドバイザリーの口コミ・評判のほか、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用が向いている企業についてもまとめました。

目次

  1. M&Aコーポレートアドバイザリーとは
  2. M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴
  3. M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容
  4. M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ
  5. M&Aコーポレートアドバイザリーに向いた企業
  6. M&Aを検討する際は複数の仲介会社に相談すべき!
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. M&Aコーポレートアドバイザリーとは

M&Aコーポレートアドバイザリーとは

M&Aコーポレートアドバイザリーとは、M&Aを検討している企業に対してアドバイスを行ったり、M&Aを成約に導くために交渉役を担ったりしているM&A仲介会社の1つです。

この記事ではM&Aコーポレートアドバイザリーについて幅広く解説しますが、まずはM&Aコーポレートアドバイザリーの属するM&A仲介会社およびM&Aの概要を説明します。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、M&Aを行う売り手・買い手企業の間に入り、当事会社の利益を考えながら中立的な立場のもとでM&Aの成約をサポートする会社です。

M&A仲介会社は、売り手と買い手双方の企業を対象に、候補先企業の紹介・交渉・書類作成代行・企業価値評価などを実施します。また、実際にM&A交渉へ進んだ場合、お互いの企業が納得できる妥協点を探しながら、友好的なM&A成約を目指す会社です。

【関連】M&Aアドバイザーって?選び方と利用するメリットを解説!

M&Aとは

M&Aとは、合併」の意味を持つMergersと「買収」の意味を持つAcquisitionsの略称であり、日本語では一般的に「企業の合併と買収」と訳される言葉です。

M&Aで用いられる手法には株式譲渡事業譲渡などさまざまありますが、これらの手法を総称してM&Aスキームとも呼びます。

M&Aが行われる目的は、新規事業への参入・事業シェアの拡大・経営不振による事業再生・新規事業立ち上げの資金集めなど企業により多種多様です。最近では、後継者問題の解決を目的に事業承継の手段としてM&Aを活用するケースも増えています。

M&Aは基本的に買い手・売り手双方にメリットをもたらすため、近年では大企業に限らず中小規模の企業でも実施が検討されている経営戦略です。

【関連】M&Aとは何の略?M&Aの意味をわかりやすく解説!

2. M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴

M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴

M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介サポートには、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの持つ5つの特徴を紹介します。

【M&AコーポレートアドバイザリーのM&A仲介の特徴】

  1. 代表者が各案件を担当
  2. 着手金なしで相談可能
  3. オーナーの意向を無視しない
  4. 企業理念を理解する
  5. 分業制担当ではない

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

①代表者が各案件を担当

近年の日本ではM&A仲介会社の数が急激に増加しており、中には経験の少ない新人に案件を担当させている会社も存在します。

M&Aの成功にはアドバイザーの経験・実力が必要不可欠であり、担当スタッフの質によってM&Aの成否は大きく左右されるといっても過言ではありません。

こうした中で、M&Aコーポレートアドバイザリーでは、全ての案件を経験豊富な代表者自らがアドバイザーとなって担当しているため、安心してサポートを任せられます。

少数精鋭という理念のもと、量よりも質を重視しながら各案件をその道のプロが担当している点は、M&Aコーポレートアドバイザリーの大きな強みです。

②着手金なしで相談可能

M&Aコーポレートアドバイザリーは、着手金不要のM&A仲介会社です。もともとM&A仲介会社の手数料には着手金・中間報酬・月額報酬などがありますが、会社によって支払いが必要な費用は異なります。

まだM&Aの実施を迷っている段階では、着手金が発生する会社には相談しにくいというケースも十分に想定されるのです。

その一方、M&Aコーポレートアドバイザリーでは実際に売却できるのかどうか・売却すべきなのかどうか・売却タイミングはいつが良いのかといった段階から無料で相談を受けられます。

相談後にM&Aを行うかどうかを判断できる点も、利用者にとって大きなメリットです。

③オーナーの意向を無視しない

M&A仲介会社の収益源には、M&Aの成約報酬が深く関係します。そのため、M&A仲介会社の中には、少しでも多くM&Aを成約させるために、オーナーの意向を無視してM&Aを進めるような会社も存在するのです。

その一方で、M&Aコーポレートアドバイザリーでは、M&Aの成約を無理に急がずに依頼者の意向をしっかりと確認しています。

オーナーの意向を無視せず、1つ1つの縁を大切にしながらM&Aを進めていくという考え方も、M&Aコーポレートアドバイザリーの大きな特徴です。

④企業理念を理解する

M&Aを実施すると、企業としての経済的価値・将来利益などの数字(データ)に注目してしまいがちです。実際に、こうした数字のみを見てM&Aを行う会社も少なくありません。

しかし、M&Aコーポレートアドバイザリーでは、依頼者の企業理念をしっかりと理解したうえでM&A仲介業務に取り組んでいます。

単純に必要な事務を淡々とこなす機械的なサービスではなく、クライアントの企業がこれまで歩んできた歴史・創業者の考え方を尊重するという点も、M&Aコーポレートアドバイザリーの特徴です。

⑤分業制担当ではない

M&A仲介会社の中には、買い手企業と売り手企業を別々のアドバイザーが担当する分業制が採用されている機関も見られます。

これに対して、M&Aコーポレートアドバイザリーでは分業制を採用せず、売り手・買い手の両方と実際に話して初めてわかるオーナーの意向や要望を大切にしています。

分業制を取らずに双方の意見をくみ取るため、クライアントとしては適切な情報を伝えたうえで円滑にM&Aを進めることが可能です。

【関連】M&Aの手法と特徴をどこよりも詳しく解説!

3. M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容

M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容

ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容について紹介します。M&Aコーポレートアドバイザリーの主な業務内容は、以下の5つです。

【M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容】

  1. 会社譲渡の仲介
  2. 企業価値評価
  3. 企業・事業買収支援
  4. マーティング・ソーシング支援
  5. 各種アドバイザリー

それぞれの業務内容を順番に見ていきましょう。

①会社譲渡の仲介

これは、企業の売却を検討している方に対して実施するサービスです。M&Aの成約に向けて、手厚くサポートを行っています。

代表的な業務内容としては、会社譲渡を検討している企業の相談対応・対象企業の分析・買収見込みのある企業のリストアップ・交渉サポートなどです。

会社譲渡を行う際はまず買い手先の企業を探さなければなりませんが、M&Aコーポレートアドバイザリーに依頼すると幅広い企業と交渉を行える可能性があります。

②企業価値評価

企業譲渡を検討する経営者からすると、自分の会社がどれくらいの金額で取引されるのか気になるのは当然のことです。しかし、企業価値評価の算出には専門知識が必要になるため、自身で行うのは現実的ではありません。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、売却を希望している企業に向けて経験豊富なアドバイザーが試算を行ったうえで、M&Aの検討材料を提供しています。

③企業・事業買収支援

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、企業や事業の買収支援も実施しています。代表的な業務内容は、候補となる買収先企業の提案・個別のコンサルティングなどです。

また、買収希望の企業が見つかった場合、条件に沿った交渉を進めながらM&A成立までのサポートも実施します。

④マーティング・ソーシング支援

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、積極的に企業を買収したいと考えている企業に対して、マーケティング・ソージング支援を行っています。

例えば、すでに買収を検討している業界・企業があって個別にアプローチしたいという場合、買収先候補の提案・スクリーニングなどのサービスが受けられるのです。

特にM&Aコーポレートアドバイザリーでは、M&A実施のきっかけを作りながら、今後もスムーズに取引できるようなマーケティング・ソージング支援に力を入れています。

⑤各種アドバイザリー

第三者割当増資などによる資本提携を考えている企業をサポートするのも、M&Aコーポレートアドバイザリーの重要な業務です。

代表的な業務内容としては、資本提携を考えている企業に対する候補先の提案・スクリー二ングや条件交渉などM&A終了までのサポートおよびアドバイスなどが挙げられます。

また、すでにM&A先が決まっている企業でも、M&Aコーポレートアドバイザリーの仲介を利用すると、より円滑に交渉を進めることが可能です。

【関連】株式譲渡のコンサルの内容やメリット・デメリットを解説

4. M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ

M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ

ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミをまとめました。インターネット上の評判や口コミを見ると、M&Aコーポレートアドバイザリーが高く評価されている事実が窺えます。

  1. 単なる事業譲渡を越えたサポート
  2. 新業界の参入に心強い

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

①単なる事業譲渡を越えたサポート

M&A仲介会社の中には、単にM&Aの成約の可能性だけを考えて形式的に業務を行う機関も存在します。

しかし、M&Aコーポレートアドバイザリーは、相談会社の状況を細かく見ながら、クライアントが今後成功するにはどの部門を強くすれば良いのかを考えたうえで提案する仲介会社です。

このように、会社の弱み・強みを理解したうえで、M&Aの成約後も手厚いサポートを行っている点が高く評価されています。

②新業界の参入に心強い

新たな業界に参入する企業にとって、対象業界の情報・特徴などの収集は成功につながる大きな要素です。

そこでM&Aコーポレートアドバイザリーでは、新しい業界へ参入したいと考えている企業に対して情報調査・譲渡案件の提供なども実施しています。M&Aコーポレートアドバイザリーの持つ高いマーケティング力は、利用者のみならず社外からも高く評価されているのです。

【関連】インターリンク(M&A仲介会社)の評判・口コミは?

5. M&Aコーポレートアドバイザリーに向いた企業

M&Aコーポレートアドバイザリーに向いた企業

M&Aコーポレートアドバイザリーの利用には、どのような企業が向いているのでしょうか。以下のような希望のある企業は、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用が向いていると考えられます。

  1. 担当者との相性で選びたい
  2. 条件次第でM&Aを検討したい
  3. 親身に相談に乗ってほしい
  4. 事業・理念を理解してほしい
  5. 業界に精通した担当者が欲しい

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

①担当者との相性で選びたい

M&A仲介会社を利用したM&Aではアドバイザーとの相性が重要となり、担当者との信頼関係をいち早く築き上げることが成功への近道です。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、単なる形式的なM&Aの成約を目指すのではなく、今後の事業発展を考えて業務を行っています。

このようなM&Aに対する考え方・担当者との相性が合うのであれば、M&Aコーポレートアドバイザリーにサポートを依頼すると安心してM&Aを任せられる可能性が高いです。

②条件次第でM&Aを検討したい

まずは相談により条件などを調整してからM&Aを検討したいと考えている企業も、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用が向いています。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは事業売却時の評価を無料で算定してもらえます。自社の希望に合ったM&Aが行えるのかどうかを把握したい場合も、費用負担なしで検討材料を得られるのは大きなメリットです。

③親身に相談に乗ってほしい

M&Aを円満に行うためには、不明点・不安点を極力なくすことが大切です。このときアドバイザーに親身になって相談に乗ってほしいという企業は、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用が向いています。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、相談先企業の話を十分に聞いたうえでM&A仲介業務を行っているほか、分業制ではないため同じ担当者にすべて相談可能です。

④事業・理念を理解してほしい

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、事業理念を大切にしているものの後継者不在などで事業を売却したいと考えている企業に向けて、オーナーの考え方・意向にあった取引先を紹介しています。

そのため、自社の経営理念を理解してもらえる企業に譲渡したいと考えている場合、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用が向いているのです。

⑤業界に精通した担当者が欲しい

信頼関係を構築するにはアドバイザーの豊富な経験と対応力が必要不可欠ですが、M&Aコーポレートアドバイザリーでは、熟練のアドバイザーから迅速かつ適切なアドバイス・サポートを受けられます。

そのため、業界に精通したM&A担当者が欲しいと考えている企業は、M&Aコーポレートアドバイザリーの利用が向いているのです。

【関連】ビザインは中小企業・スモールM&Aが得意?実績・評判まとめ

6. M&Aを検討する際は複数の仲介会社に相談すべき!

M&Aを検討する際は複数の仲介会社に相談すべき!

M&A仲介会社はそれぞれ異なる得意分野や強みを持っているため、M&Aを検討する際は、複数の仲介会社に相談してから依頼先を決めると良いでしょう。

複数の仲介会社に相談すれば、自社のM&Aに最適な機関に依頼できるだけでなく、コスト面の比較も可能です。

もしも、実績面・手数料面で相談しやすい仲介会社をお探しでしたら、M&A総合研究所にご連絡ください。

M&A総合研究所は、中小規模のM&Aを主に取り扱っている仲介会社です。実績・知識豊富なアドバイザーによるフルサポートを提供しておりますので、希望に沿ったM&Aの実現を図れます。

また、国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。電話やメールによる無料相談を24時間年中無休でお受けしておりますので、M&Aをご検討の際にはぜひお気軽にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

M&Aコーポレートアドバイザリーは、M&Aを検討している企業に向けて手厚いアドバイス・サポートを行うM&A仲介会社です。クライアントとなる企業の考え方を尊重しながら、満足いく成約を目指しています。

【M&Aコーポレートアドバイザリーの特徴】

  1. 代表者が各案件を担当
  2. 着手金なしで相談可能
  3. オーナーの意向を無視しない
  4. 企業理念を理解する
  5. 分業制担当ではない

【M&Aコーポレートアドバイザリーの評判・口コミ】

  1. 単なる事業譲渡を越えたサポート
  2. 新業界の参入に心強い

M&Aを成功させるには、アドバイザーとの信頼関係を素早く構築することが大切です。そのためには、経験豊富なアドバイザーが在籍する仲介会社への相談が必要となります。

M&A総合研究所は、経験豊富なアドバイザーが在籍しており、クロージングに至るまでフルサポートを提供している仲介会社です。相談料は無料となっておりますので、M&Aの実施を検討している場合にはお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事