M&A総合法律事務所はM&A専業の法律事務所!【評判/口コミあり】

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

M&A総合法律事務所は、M&A仲介に特化した法律事務所です。構成メンバーは大手法律事務所出身者が中心となっており、M&Aに欠かすことができない法務面に強みを持ちます。本記事では、M&A総合法律事務所の特徴や評判を紹介します。

目次

  1. M&A総合法律事務所とは
  2. M&A総合法律事務所の取扱業務
  3. M&A総合法律事務所の評判/口コミ
  4. M&A総合法律事務所に相談する際の費用
  5. M&A総合法律事務所への相談に向いた悩み
  6. M&A総合法律事務所にセカンドオピニオンは必要?
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. M&A総合法律事務所とは

M&A総合法律事務所とは

M&A総合法律事務所は、幅広い規模のM&A仲介を行うM&A仲介会社です。M&Aに関する高い専門性と豊富な経験を活かしたサポートを行っています。

本記事では、M&A総合法律事務所の取扱業務や評判、相談費用を紹介しますが、まずはM&A総合法律事務所が持つ特徴をみていきます。

M&A専業の法律事務所

M&A総合法律事務所は、弁護士が代表を努める法律事務所です。一般的な法律事務所と異なるのは、中核事業がM&A仲介である点です。

弁護士の強みである法務の知識をフル活用したM&A仲介サポートが魅力となっており、評判高いM&A仲介会社の一つです。

M&A総合法律事務所の特徴

M&A総合法律事務所の特徴は、豊富な実績です。2012年の設立からM&A仲介業務に携わっており、300件以上のM&A仲介実績を保有しています。

また、法律事務所でありながら、公認会計士・税理士も在籍しています。M&Aに必要となる法務・財務・税務の知識を網羅しているので、M&Aの相談先として最適といえるでしょう。

【関連】会社売却・M&A仲介会社おすすめ15選!会社譲渡・事業譲渡を検討の方へ!

2. M&A総合法律事務所の取扱業務

M&A総合法律事務所の取扱業務

M&A総合法律事務所は、M&A仲介を中核事業として法務に関連する業務を幅広く取り扱っています。この章では、M&A総合法律事務所の6つの取扱業務を紹介します。

【M&A総合法律事務所の取扱業務】

  1. M&A・企業買収・会社売却
  2. 企業法務
  3. 中国法務
  4. アジア新興国法務
  5. 訴訟・紛争解決業務
  6. 法律顧問

1.M&A・企業買収・会社売却

M&A総合法律事務所の取扱業務1つ目は、M&A・企業買収・会社売却です。企業法務を通して培った経験を活かし、300件以上のM&A成約実績を持っています。

M&Aの戦略策定・法務デューデリジェンス・各種契約書の作成など、M&A案件に必要となる法務サービスを全面的に提供しています。

また、グループ会社のM&A総合会計事務所とM&A総合社会保険労務士事務所との協働により、公認会計士・税理士・社会保険労務士との連携も可能になっており、法務面以外でも高品質のサポートを提供しています。

【関連】アドバイザリー契約とは?M&Aコンサル契約との違いや契約書の内容、報酬を解説!

2.企業法務

M&A総合法律事務所の取扱業務2つ目は、企業法務です。高い専門性を持つMBA弁護士が、企業経営に関わるさまざまな法律問題に対して的確な助言を行っています。

取引先との契約書を作成する契約・取引法務や、社内のガイドラインやマニュアルを作成するコンプラアンス法務など、日常的に関わる法務を幅広くサポートしています。

3.中国法務

M&A総合法律事務所の取扱業務3つ目は、中国法務です。中国現地の3000人規模の弁護士事務所とのネットワークを活用した中国法務のサポートを行っています。

中国企業との貿易取引の契約・交渉サポートなどの日常的なものから、中国M&A・現地法人設立など本格的に中国進出を目指す企業へのサポートも充実しています。

4.アジア新興国法務

M&A総合法律事務所の取扱業務4つ目は、アジア新興国法務です。アジア新興国各国の現地の提携事務所との連携も確立しており、法務・財務・税務サポートを提供しています。

現地法人設立や現地で事業を行う際の許認可の手続きなど、国ごとに異なる厄介な法務を現地協力員との連携によりワンストップサービスを実現しています。

5.訴訟・紛争解決業務

M&A総合法律事務所の取扱業務5つ目は、訴訟・紛争解決業務です。企業がビジネスを行う上で常に発生する可能性がある訴訟・紛争問題の解決サポートを行っています。

数多くの案件に携わることで蓄積した経験・ノウハウを活用することで、クライアントの最大の利益を念頭に置きつつ、最大限の解決を目指します。

6.法律顧問

M&A総合法律事務所の取扱業務6つ目は、法律顧問です。顧問契約することで日常的に発生する法務を全て任せることができます。

日常的なトラブルの対応・契約書の作成・契約の立ち会いなど、企業経営を行ううえで常に発生する法務シーンで大きく貢献しています。

【関連】M&Aにおける法律の手続きのポイント・注意点まとめ!

3. M&A総合法律事務所の評判/口コミ

M&A総合法律事務所の評判/口コミ

M&A総合法律事務所の評判・口コミですが、利用者による声はインターネット上にはほとんどありません。

しかし、悪い評判も見受けられないので、依頼された案件は責任を持って果たす法律事務所であると判断することもできます。

経験豊かな弁護士に加え、グループ会社の会計事務所や社会保険労務士事務所との連携による高い専門性をもった総合サポートは、法律事務所としてもM&A仲介会社としても信頼できるといえるでしょう。

4. M&A総合法律事務所に相談する際の費用

M&A総合法律事務所に相談する際の費用

M&A総合法律事務所の相談・見積もり料は無料です。正式に依頼した段階で各費用が発生する仕組みになっています。

【M&A総合法律事務所に相談する際の費用】

  1. M&A法務費用
  2. M&A顧問費用
  3. M&A仲介費用

1.M&A法務費用

M&A法務は、M&Aの各種契約書の作成と法務デューデリジェンスが該当します。M&Aの規模によって作業量が異なるため、M&A総合法律事務所では時給制が採用されています。

法律事務所におけるパートナー弁護士は、新人弁護士の採用・育成なども行うベテラン弁護士です。高い専門性を持ったサポートを受けたい場合は10万円/時給がかかります。
 

パートナー弁護士 100,000円/時間
その他の弁護士 15,000~50,000円/時間

2.M&A顧問費用

M&A顧問は、M&Aの進行中に発生した法務トラブルの対応サービスです。事前にM&A顧問契約しておくことで、安心してM&Aを進行することができます。

また、依頼するタイミングによって、月額料金が変化する仕組みになっています。早期に依頼するほうが得なので、仲介指名を行う前にM&A顧問を契約するか検討するとよいでしょう。
 

仲介指名前 80,000円/月+成功報酬1.0%
マッチング前 150,000円/月+成功報酬1.0%
マッチング後 300,000円/月+成功報酬1.0%

3.M&A仲介費用

M&A仲介は、M&Aの全体的な進行のサポートです。M&A先の選定・交渉などの契約締結に向けたサポートが該当します。

M&A総合法律事務所は完全成功報酬制を採用しており、着手金・中間金が発生しません。成功報酬は、売買金額が高くなるほど料率が低減されていくレーマン方式が採用されています。
 

売買金額 成功報酬
5億円以下の部分 5.0%
5億円超~10億円以下の部分 4.0%
10億円超の部分 3.0%
  最低成功報酬500万円

【関連】M&Aの手数料・報酬体系の相場は?M&A仲介会社別を徹底比較!

5. M&A総合法律事務所への相談に向いた悩み

M&A総合法律事務所への相談に向いた悩み

ここまで見てきたM&A総合法律事務所の特徴を踏まえると、相談に向いた悩みには以下のものが挙げられます。

【M&A総合法律事務所への相談に向いた悩み】

  1. 法律に精通した人にM&Aの相談をしたい
  2. M&Aに関する法律などを相談したい
  3. アジア関連のM&Aを考えている

1.法律に精通した人にM&Aの相談をしたい

M&A総合法律事務所は、弁護士を中心に構成されているM&A仲介会社です。法務のプロフェッショナルが多数在籍しているので、法律に精通した人に相談した場合に最適です。

M&A仲介以外にM&A法務やM&A顧問サービスを提供しているので、法務トラブルが発生した時も安心して対応を任せることができます。

2.M&Aに関する法律などを相談したい

M&A総合法律事務所では、M&Aの知識を携えた弁護士が対応してくれるので、M&Aに関する法律の相談先としても最適です。

M&Aに関連する法律は多岐に渡るので、自力で把握するのは大変です。法律の専門家によるアドバイスは心強いものとなるでしょう。

3.アジア関連のM&Aを考えている

M&A総合法律事務所は、アジア新興国法務も取り扱っています。現地法人の設立・投資スキームに関する助言・M&Aなどの幅広いサポートを行っているので、アジア諸国への進出を検討されている場合もおすすめです。

M&Aに関する法律も国によって全く異なるので、現地の法律に詳しい専門家のサポートはM&Aを進めるうえで頼りになります。

6. M&A総合法律事務所にセカンドオピニオンは必要?

M&A総合法律事務所にセカンドオピニオンは必要?

M&A総合法律事務所は、法務面に強みを持つM&A仲介会社です。M&Aを進行するうえで発生しうる法務トラブルに対して、安心してサポートを任せることができます。

しかし、M&Aの依頼先を決める時は複数社に相談してセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

複数社の見解を合わせて検討したうえで最終的な依頼先を決定すると、M&Aが成功する確率もより高くなります。

セカンドオピニオンをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。中堅・中小規模のM&A仲介を請け負っており、幅広い業種における豊富な仲介実績を保有しています。

専属アドバイザーを付き、相談から成約まで責任を持って対応させていただきます。また、弁護士が在籍しておりますので、法律面でも安心かつ確実なM&Aを実現することができます。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。成功報酬を算出する際は譲渡価格ベースを基準としているので業界最安値水準の費用です。

無料相談は24時間お受けしています。M&Aのセカンドオピニオンをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

当記事では、M&A総合法律事務所の取扱業務や評判、相談費用を紹介しました。M&A総合法律事務所は、M&A仲介を中心として法務面における手厚いサポートを行っており、安心して相談できるM&A仲介会社であることが分かります。

費用は仲介手数料以外に法務・顧問も別途かかる形式となっており、M&A仲介と合わせて契約を検討すると充実な法務サポートを受けることができます。

【M&A総合法律事務所の取扱業務】

  1. M&A・企業買収・会社売却
  2. 企業法務
  3. 中国法務
  4. アジア新興国法務
  5. 訴訟・紛争解決業務
  6. 法律顧問

【M&A総合法律事務所への相談に向いた悩み】
  1. 法律に精通した人にM&Aの相談をしたい
  2. M&Aに関する法律などを相談したい
  3. アジア関連のM&Aを考えている

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事