M&Aに関する講座10選!基礎〜実務まで

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&Aを検討している、M&Aの実務スキルを上げたい、M&Aに関する資格を取ってスペシャリストを目指したいなど、M&Aについて学ぶ必要が出てきた時に活用したいのがM&A講座です。本記事ではM&Aに関する講座を、基礎編と実務編に分けてご紹介します。


目次

  1. M&A講座を受講する目的
  2. M&Aの講座を受講するメリット
  3. M&Aを本で学ぶメリット・デメリット
  4. M&Aに関する講座10選
  5. M&Aの講座と共に公認会計士に無料相談!
  6. M&Aに関する講座まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. M&A講座を受講する目的

M&A講座を受講する目的

M&Aは、日本では長らく大企業の専売特許でした。しかし近年は中小企業やベンチャー企業、個人起業家の間でもM&Aの需要が高まっています。それと共に、M&A講座を受講する企業担当者や経営者は増加傾向にあります。

どのような目的でM&Aに関する講座を受講する方が多いのでしょうか。M&Aに関する講座をご紹介する前に、M&Aの講座を受講する目的を解説します。

M&Aを検討・実行するため

M&A講座を受講する目的①

近年は、事業承継問題を解決するためにM&Aを検討する中小企業や、会社を売却して利益を得るExit狙いのベンチャー企業が増えています。しかし、中小企業や個人起業家がM&Aを検討し始めたとしても、M&Aに関する知識を持った人が身近にいることはほとんどありません。

そこで、中小企業であれば社内の誰かに学ばせ、個人起業家であればまず自分で学ぼうとします。その場合に最も多いのが、まず本やインターネットで基礎的な知識を身に付けようとします。そして次の段階として、より体系的で実務的な知識を得るために、講座の受講を選択します。

講座を受講することで、分からないことを直接質問できたり、専門家や同じような境遇の人との人脈ができます。

M&Aの実務スキルを高めるため

M&A講座を受講する目的②

税理士や公認会計士、弁護士のような士業の人たちがM&Aに携わる場合、当然のようにスペシャリストとしての働きを求められます。しかしM&Aの業務は、知識以上に実務経験がものを言う世界です。ただ決まった手続きを踏んでいれば良いわけではなく、臨機応変な対応力や、高いコミュニケーション能力が求められます。

スペシャリストとしてM&Aに関わるためにも、実務スキルを常に磨き続ける必要があります。M&Aの講座は、士業限定のセミナーも定期的に開催されています。そこでベテランスペシャリストのスキルを吸収することで、実務のレベルアップを図ります。

資格取得のため

M&A講座を受講する目的③

現在中小企業の約6割が事業承継の悩みを抱えています。中小企業の事業承継問題は地方の衰退にもつながるため、地方銀行では事業承継のアドバイスができる行員が求められるようになりました。しかしM&Aアドバイザーは国家資格ではありません。現状誰でもM&Aアドバイザーを名乗って仕事ができる状態です。

そんなM&Aアドバイザーの、一定の基礎知識や実務レベルを保証するため、いくつかの認定資格が存在しています。資格を取得する人のほとんどは金融機関の社員か士業の人たちですが、中には学生や定年退職された方もいます。

ここで、M&Aアドバイザーの認定資格について、簡単にご紹介します。

M&Aエキスパート認定制度

M&Aエキスパート認定制度

M&Aエキスパート認定制度は、東証1部上場企業の、株式会社日本M&Aセンターと、歴史ある一般社団法人の金融財政事情研究会が共同で運営している、信頼性の高い認定資格です。資格は3段階に分かれていて、基礎知識を確認するスタンダード資格を取得すると、1段階上のアドバンスで実務養成講座を受けることができます。

アドバンス資格を取得すると、さらにプロフェッショナル資格に挑むことができます。プロフェッショナルはかなりの難関ですが、取得すると高い実務能力を持つスペシャリストとして、高い信用を得ることができます。

スタンダードは、仕事でM&Aに関わる人以外にも、基礎知識を身につけたい経営者や学生も多く受験しています。アドバンスやプロフェッショナルになると、大半が実務としてM&Aを行なっている人たちです。

M&Aスペシャリスト資格

M&Aスペシャリスト資格

M&Aスペシャリスト資格は、経営コンサルタントの育成で高い実績を持つ、一般社団法人日本経営管理協会(JIMA)が認定している資格です。主に士業やコンサルタント業務を行う人たちが、さらなる実務スキル向上のために取得することが多い資格ですが、誰にでも受験資格はあります。

資格取得後もサポートを受けたりイベントに参加したりすることができるので、継続して知識と人脈を広げていくことができます。

JMAA認定M&Aアドバイザー

JMAA認定M&Aアドバイザー

JMAA認定M&Aアドバイザーは、主にM&Aの教育と普及を行う、一般社団法人日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)が運営しています。M&Aアドバイザー養成講座を受講し、JMAAの会員になると資格を取得することができます。

M&Aの普及を目指しているということで、今後M&Aも視野に入れているという入門レベルの企業担当者や経営者も多く受講しているのが特徴です。比較的まだ新しい資格で、今後定番のM&A資格として普及していく可能性の高い資格です。

【関連】M&Aの資格・種類まとめ!仲介とアドバイザーの資格って?

2. M&Aの講座を受講するメリット

M&Aの講座を受講するメリット

さまざまな勉強法がある中で、M&A講座を受講するメリットとは何なのでしょうか。1番のメリットは、直接専門家や同じ境遇の人に会えることです。M&Aを考えている経営者の場合、譲渡するにしろ譲受するにしろ、大きな不安を感じます。身近な人に相談することもできず、孤独を感じる経営者は多いです。

そんな時に専門家に質問したり似たような状況の人と人脈ができることは、大きなメリットです。また、M&Aアドバイザーとしてのスキルアップを目指している人の場合は、基礎的な知識だけでなく、講師の生の実務経験を聞くことで、他では得られない実務スキルのレベルアップができます。

3. M&Aを本で学ぶメリット・デメリット

M&Aを本で学ぶメリット・デメリット

M&Aを学ぶ時に最も多いのが、本で学ぶ方法です。しかし本での学習にもメリットとデメリットがあります。 

M&Aを本で学ぶメリット

M&Aを本で学ぶメリット

本で学ぶ場合は、いつでも自分のペースで学ぶことができます。すでに理解している所は読み飛ばし、よくわからない所はじっくり学ぶなど、ペースの調整が効くことがメリットです。

自分がその時に求めている知識が書いてある本を選ぶなど、状況に合わせて自由に調節できることが強みになります。

M&Aを本で学ぶデメリット

M&Aを本で学ぶデメリット

本で学ぶ場合は、情報が古くなりがちです。しかも、数冊の本を読みこまないと、広く浅い知識になってしまいます。特に実務経験が重視されるM&Aの場合は、本だけでは限界があります。

また、自由に学べる分、モチベーションの維持も課題になります。本で学ぶ場合は、工夫が必要です。

4. M&Aに関する講座10選

M&Aに関する講座10選

ここからは、実際にM&Aを学べる講座をご紹介します。主に基礎を学べる講座と、実務レベルを学べる講座に分けています。また、現地に行けない方やWEBで受講したいという方向けのWEB講座もご紹介します。

M&Aに関する講座(基礎編)

M&Aに関する講座(基礎編)

まずはM&Aの基礎を中心に学べる講座をご紹介します。通信講座やWEB講座など、特色ある講座が開催されています。

M&Aに関する講座1.日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)

M&Aに関する講座1.日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA) は、前述したように、M&Aの講座を受けることで、JMAA認定M&Aアドバイザーという資格を取ることができます。講座は少人数制でディスカッションを行いながら進めていくので、気軽に質問したり、講師や受講生と接点を作りやすいことが利点です。

参加者も、これからM&Aの部署を作ろうとしている企業の社員や、M&Aに取り組もうとしている個人など、ほとんど基礎知識のない人がほとんどなので、気兼ねなく参加できます。

また、いきなりお金を払って講座に参加するのは気が引けるという人のために、無料の入門編セミナーも開催されています。

M&Aに関する講座2.デロイトトーマツグループ

M&Aに関する講座2.デロイトトーマツグループ

デロイトトーマツグループでは、 会計監査や法務、税務などの講座と共に、M&Aに関する講座も開催しています。M&Aプロフェッショナル養成講座では、実際のM&A案件を設定して疑似体験することで、実務未経験者や経験の浅い人でも理解しやすいように工夫されています。

他にも海外M&Aの方法や最新情報など、他では知ることのできない講座も開講されていることが特色です。 

M&Aに関する講座3.プロフェッションネットワーク(PROnet)

M&Aに関する講座3.プロフェッションネットワーク(PROnet)

PROnetでは、実際に行われた公開講座「M&Aスペシャリスト実務講座【基礎編】」を、WEB講座用に編集して提供しています。この講座は、まだM&Aの実務経験がない、または浅い人向けになっています。

また、事業承継について詳しく学ぶ「木下塾 事業承継対策の具体的検証」というWEB講座もあります。こちらは税理士向けのWEB講座です。3ヶ月の期限内であれば、インターネットで自分の好きな時に何度でも学習できます。

運営は、資格取得予備校の大手会社「TAC」が運営している、信頼できる内容となっています。

M&Aに関する講座4.M&Aフォーラム

M&Aに関する講座4.M&Aフォーラム

M&Aフォーラムは、M&Aのスペシャリストを育成することに力を入れています。M&A人材育成塾では、M&Aアドバイザーだけでなく、さまざまな実務者や研究者が講師を担当することで、多角的な視点を持った実務スキルを積むことができます。

講座の種類も、M&Aの基礎知識習得を目的とした「M&A実践実務講座」を中心に、5種類の講座が開講されています。段階を踏んで学ぶことで、体型的に高い実務能力が身に付くようになっています。

M&Aに関する講座5.株式会社きんざい

M&Aに関する講座5.株式会社きんざい

株式会社きんざいでは、事業承継入門の通信講座を実施しています。 受講対象者は、事業承継に悩んでいる経営者へのアドバイスを行う銀行員です。具体的な事例も多数学ぶことができる、実務的な内容も含まれています。

この通信講座を修了することで、「金融業務2級事業承継・M&Aコース」 の試験を受けることができます。主に銀行員が受ける資格ですが、受験資格は誰にでもあります。

M&Aに関する講座(実務編)

M&Aに関する講座(実務編)

続いて、実務を中心に学べる講座をご紹介します。

M&Aに関する講座6.事業承継・M&Aエキスパート協会(JME)

M&Aに関する講座6.事業承継・M&Aエキスパート協会(JME)

事業承継・M&Aエキスパート協会(JME) は、前述したように、M&Aエキスパート認定制度を企画・運営しています。基礎知識を確認する、事業承継・M&Aエキスパート試験に合格することで、M&Aシニアエキスパート養成スクールを受講することができます。

この講座は、M&Aアドバイザーとして働いている人たちが、さらに実務的なスペシャリストを目指して受講することを目的としています。そのため、内容もハイレベルなものとなっています。  

M&Aに関する講座7.日本M&Aセンター

M&Aに関する講座7.日本M&Aセンター

日本M&Aセンターの講座は、中堅中小企業のM&Aコンサルティングで高い実績を誇っているM&Aコンサルタントが講師を務めています。

日本M&Aセンターで開催されている講座は、M&Aアドバイザーになるための講座ではなく、経営者や企業担当向けに、M&Aを実行する際に何をしなければいけないかアドバイスをする講座が中心です。そのため、実践的でありながらわかりやすい内容となっています。

しかし誰でも受講できるわけではなく、講座の種類によって参加できる業種などが違います。

M&Aに関する講座8.株式会社ストライク

M&Aに関する講座8.株式会社ストライク

株式会社ストライク で行われている講座は、M&Aの実務者が講師ではなく、M&Aを積極的に行っている企業の経営者たちが講師です。生の体験事例を経営者目線で追体験することができるので、他の講座では得られない実践的な知識が得られます。

講座は全国の主要都市で定期的に開催されているので、地方でも参加しやすいことがメリットです。

M&Aに関する講座9.LexisNexis Japan

M&Aに関する講座9.LexisNexis Japan

LexisNexisでは、企業の法務担当者や法律事務所の人向けに、M&A実務担当者養成講座を実施しています。M&Aの一般的な知識だけではなく、社内での立ち回り方やノウハウを蓄積する方法など、現場の実務に直結する実践的な内容となっています。

他にも、法務の視点から海外M&Aの方法を学んだり、経営の仕方を学ぶ講座が開講されているなど、法務に関わる人にとって貴重な知識を学べる講座です。

M&Aに関する講座10.JIMA日本経営管理協会

M&Aに関する講座10.JIMA日本経営管理協会

JIMA日本経営管理協会は、前述したように、「M&Aスペシャリスト資格」を企画運営しています。すでにM&Aの実務に携わっている人たちが、M&Aスペシャリスト資格を取得することで、M&Aスペシャリストや事業再生スペシャリストとしてスキルアップするための講座が開かれています。

この講座ではM&Aの具体的事例を学んだり、クロージングからPMIまで学ぶなど、実務経験者にとって知りたい内容がしっかりと盛り込まれていることが特徴です。

5. M&Aの講座と共に公認会計士に無料相談!

ここまでM&Aに関する講座をご紹介してきましたが、講座で学んだからといってすぐに実務を全般的にできるわけではないし、M&A仲介業務を自分でこなすことはほぼ不可能です。M&Aのスペシャリストに相談する必要が出てきますが、普通の仲介会社は会計知識がない営業マンが業務をしているので、不安があります。

M&A総合研究所に在籍するM&Aエキスパートの会計士はM&Aの相談先として一番安心でき、経験豊富な会計士が丁寧に対応します。相談は無料なので、まずはお気軽に相談してみてください。

6. M&Aに関する講座まとめ

M&Aに関する講座まとめ

M&Aに関する講座はそれぞれに特色があり、講師のアドバイスも、実務経験によって人それぞれ違います。講座を選ぶ時は、受講対象者や講師の経歴をよく確認するようにしてください。

また、講座で学んだだけでは実践力に限界があるので、その時はM&Aのスペシャリストに相談することも視野に入れておきましょう。 

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ