M&A BANKは動画でM&Aに関する情報を配信!島袋社長や動画の内容をご紹介

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

M&A BANKは、M&Aに関するサービスを提供するにあたり、動画を用いて情報発信しているサイトです。このM&A BANKについて、成り立ち、運営会社やその経営者、配信している動画の概要やおすすめの内容などについて掲示します。

目次

  1. M&A BANKとは
  2. M&A BANKで事業や会社の売買はできる?
  3. M&A BANKの動画による情報配信とは?
  4. M&A BANKを発案したIdeaLinkの島袋CEOとは
  5. M&A BANKが配信する動画の内容とおすすめ動画
  6. M&Aによる事業・会社売買の相談は仲介会社まで
  7. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. M&A BANKとは

M&A BANKとは

M&Aについて学んだり、M&Aに関連した情報を集めたりするために動画を探していて、M&A BANKが配信している動画を見かけたことがあるという方もいるかもしれません。

この記事では、M&A BANKとはどのようなメディアなのか、運営会社や配信している動画についてなどを紹介します。

どんなサイト?

M&A BANKは、M&Aに関する情報などを発信しているWEBメディアです。M&A BANKが発信している情報はM&Aだけでなく、近年、経営者の高齢化により中小企業の課題として注目を集めている、事業承継に関する情報も発信しています。

また、M&A BANKの配信する動画では、経営に関する情報も幅広く解説しており、現状ではM&Aを検討していない経営者や将来的に起業を目指している人が見ても役立つ内容のものです。

運営会社は?

M&A BANKの運営は、2018(平成30)年3月、IdeaLinkが開始しました。そして、2019(令和元)年6月、IdeaLinkはM&A BANK事業について分社化を実施したのです。こうして、サイト名と同名の社名であるM&A BANK(会社)が誕生し、M&A BANK(サイト)の運営が継続されています。

なお、IdeaLinkは東京都で2016(平成28)年に創業、2017(平成29)年に設立された会社であり、インターネットメディアの運営とストレッチ専門店の運営、およびそれらの関連事業を行っている会社です。

以前には、不動産投資に関するメディア運営とコンサルティング業も行っていましたが、それら5媒体あった自社メディアは、2017年12月、上場企業に事業譲渡(正確には、譲渡事業以外を会社分割して現IdeaLinkを新設し、旧IdeaLinkを事業と共に譲渡)しました。

また、会社としてのM&A BANKは、サイト運営だけでなく、M&A仲介とコンサルティング業務、WEBメディアの企画・運営、インターネットを活用した情報システムやサービスの企画開発・販売などを行っています。

【関連】【2020年最新】WEBメディアのM&A動向や売却・買収の事例、ポイントを解説!
【関連】M&A PARKは世界最大級のマッチングサービス!【評判/口コミ/料金/採用】

2. M&A BANKで事業や会社の売買はできる?

M&A BANKで事業や会社の売買はできる?

M&A BANKは、M&Aに関する情報発信のほか、M&Aの案件情報紹介もしています。サイト上では案件情報を公開していないので、案件情報を知りたい場合は問い合わせが必要です。

M&A BANKを運営するM&A BANK社では、M&A仲介業務も行っています。また、M&A BANKではセカンドオピニオンサービスである「M&Aコンシェルジュ」サービスも展開中です。

M&Aコンシェルジュサービスとは、成約報酬が高かった、成約後にトラブルが発生した、条件に不満があるなど、M&Aに後悔が残らないよう、セカンドオピニオンを提供するサービスになります。

M&AコンシェルジュはM&Aの専門家が第三者の立場で客観的にアドバイスを行うので、納得のいく判断が得られやすいはずです。

【関連】【M&Aマッチングサイト一覧】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

3. M&A BANKの動画による情報配信とは?

M&A BANKの動画による情報配信とは?

M&A BANKの特徴であり強みは動画配信です。M&A BANKが動画配信を行う配信場所や目的、更新日時は以下のようになっています。

配信場所

M&A BANKでは自社スタジオにさまざまなゲストを招き、インタビュー形式でM&Aに関する情報を発信しています。

目的

M&Aによるイグジット戦略を持つことで会社の大きな発展が果たせる一方で、M&Aに関する知識が少ないままM&A戦略の選択を誤ると大きな損失を被ることもあります。

M&A BANKとしては、M&Aの基礎や成功・失敗事例、M&Aの最新情報などを動画配信によって伝えることで、満足のいくM&Aを行ってもらうことが目的です。

更新日時

M&A BANKの動画更新日時は、毎週火曜・木曜・土曜となっています。更新された動画の内容は、M&A BANKのサイト内記事でも書き起こしで掲載される仕組みです。

【関連】TRANBI(トランビ)事業承継・M&Aプラットフォームの実績・手数料・口コミまとめ

4. M&A BANKを発案したIdeaLinkの島袋CEOとは

M&A BANKを発案したIdeaLinkの島袋CEOとは

IdeaLinkの代表取締役/CEOでありM&A BANKの取締役会長でもある島袋直樹氏とはどのような人物なのでしょうか。島袋氏の経歴や、島袋氏がM&Aに興味を持ったきっかけについて掲示します。

どんな経歴を持っているか

島袋直樹氏は、1981(昭和56)年11月の鹿児島県生まれで、2020(令和2)年9月現在で38歳です。26歳のときにインターネット広告代理店を創業し、年商20億円企業まで成長させています。

2016年3月にインターネット広告代理店を会社分割し、代表取締役/CEOとしてIdeaLinkを創業​​​​​​しました。

2017年12月には、IdeaLinkが運営していたWEBメディア5媒体を、ライフサービスマッチング事業を展開する上場企業のシェアリングテクノロジーへ、新設分割手法により事業譲渡しています。その後、2018年3月にM&A BANKのサービスを立ち上げました。

さらに、M&A BANKサービスを専業で行う会社を分社化で誕生させ、そのM&A BANK社では取締役会長を務めています。代表取締役ではありませんが、M&A BANKへの関わりは、表面上では従来と変わっていません。

なぜM&Aに興味を持ったか

島袋氏は、これまで複数の事業立ち上げ経験を持つシリアルアントレプレナーです。複数の事業経営を経験する中で、自身もM&Aを経験してきました。

島袋氏は自身の著書『会社は伸びてるときに売りなさい。』の中で、「経営はマラソンではなく、駅伝方式のほうがいい」と一貫して伝えています。

島袋氏は豊富な事業経験のなかで、事業を成長させていくには1人の経営者が走り続けるのではなく、経営者の資質や事業のステージに応じて、M&Aによって事業をつないでいく必要があると悟ったそうです。

島袋氏は自身の事業経験やM&A経験から、事業をM&Aで飛躍させることの大切さと魅力を感じ、M&A関連事業に本格的に取り組んでいます。

【関連】M&A仲介会社を比較!手数料・サービス・実績を徹底比較!

5. M&A BANKが配信する動画の内容とおすすめ動画

M&A BANKが配信する動画の内容とおすすめ動画

2018年3月から始まったM&A BANKの動画配信も、現在では200を超える本数です。ここでは、M&A BANKの動画の概要を掲示します。

動画が伝えていること

M&A BANKが配信している動画では、M&Aを主軸に「イグジット戦略」を持ち、それを具体的なアクションにつなげていくことが会社と経営者にとって大きなメリットを生み出すということを、さまざまな角度から伝えています。

それを伝えるため、M&A BANKの動画にはさまざまな経験と知見を積み重ねてきた経営者や専門家がゲスト出演し、自身の経験と知見をインタビューで語る内容が公開中です。

おすすめ動画

M&A BANKが配信している動画は、ひととおり視聴することで経営に関する体系的な知識を得られますが、M&Aの基礎知識を身につけるのであれば、初期に配信された動画で学ぶことが可能です。

特に、Vol.005の「価格だけじゃない。売り手を落とす時はこれが大事」、Vol.007の「良好な関係でM&Aを成立させる、最重要ポイント」、Vol.008の「売却発表後の社内の混乱」などは、実際のM&A経験から語られる貴重な情報を得られます。

【関連】M&Aクラウドは買い手のマッチングが強い?料金/評判/口コミあり

6. M&Aによる事業・会社売買の相談は仲介会社まで

M&Aによる事業・会社売買の相談は仲介会社まで

M&A BANKが発信しているように、M&Aによって会社は大きな成長ができる可能性がある一方、M&Aの戦略を間違うと大きな損失を被ることもあります。

適切なM&Aを実行し成功させるためには、信頼できるM&A仲介会社への相談が不可欠です。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所では、豊富な実務経験を持つM&Aアドバイザーが最適なM&A戦略の構築をサポートします。

また、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、平均3ヶ月でスピード成約する機動力もM&A総合研究所の特徴です。

そして、M&Aが完了するまで手数料が発生しない完全成功報酬制と国内最安値水準の成功報酬額により、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

無料相談も随時、受けつけておりますので、M&Aをご検討の際はM&A総合研究所へお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ 

まとめ

本記事では、M&A BANKのサイトや動画、運営会社などについて紹介しました。

M&A BANKは、M&Aの基礎や成功・失敗事例、M&Aに関する最新情報などをサイトや動画で伝えることで、満足のいくM&Aを行ってもらうことを目的としています。

M&A BANKとは、以下のようなサイトです。

  1. M&Aに関する情報発信・M&Aのコンサルティング
  2. M&A BANK社が運営(当初はIdeaLink)
  3. 発案者はシリアルアントレプレナーの島袋直樹氏(M&A BANK取締役会長兼IdeaLink代表取締役/CEO)
  4. M&Aによるイグジット戦略が会社の飛躍につながるという信念から運営

最適な戦略を構築しM&Aを実行するためには、信頼できるM&A仲介会社への相談が必要です。

M&A総合研究所では、豊富な実務経験を持つM&Aアドバイザーが最適なM&A戦略の構築をサポートします

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事