MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aが得意?

Medium
企業情報第四部 部長
長嶺 勇希

税理士法人系M&Aブティックにて調剤薬局・食品製造業・保険代理店業等のM&Aを成約に導く。会社法、会計、税務等の幅広い知識、M&A成約の経験を活かし、調剤薬局・食品製造・保険代理店業界を中心に担当。

MAC(マック)アドバイザリーは、調剤薬局のM&Aを専門に請け負う仲介会社です。多くの仲介会社がある中、調剤薬局のM&Aに特化している仲介会社は少なく、業界に精通した独自のサポートが期待できます。本記事では、MAC(マック)アドバイザリーの特徴を紹介します。

目次

  1. MAC(マック)アドバイザリーとは
  2. MAC(マック)アドバイザリーの特徴
  3. MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aが得意
  4. MAC(マック)アドバイザリーの手数料
  5. MAC(マック)アドバイザリーの実績
  6. 調剤薬局のM&Aを行う仲介会社
  7. まとめ
  • 資料ダウンロード
  • 調剤薬局のM&A・事業承継

1. MAC(マック)アドバイザリーとは

MAC(マック)アドバイザリーとは

MAC(マック)アドバイザリーは、調剤薬局のM&Aを専門的に扱っているM&A仲介会社です。2009年に創業した会社で、社是を「至誠天に通ず」とし、M&A仲介事業に取り組んでいます。

近年は、調剤薬局のM&Aが活性化しており、調剤薬局のM&Aに特化しているMAC(マック)アドバイザリーのような仲介会社のサポートが注目されています。

以降では、MAC(マック)アドバイザリーのM&A仲介の特徴や手数料、実績について紹介します。

2. MAC(マック)アドバイザリーの特徴

MAC(マック)アドバイザリーの特徴

MAC(マック)アドバイザリーのM&A仲介事業にはいくつかの特徴がみられます。この章では、主な特徴を5つ紹介します。

【MAC(マック)アドバイザリーの特徴】

  1. 調剤薬局のM&Aを専門に行う
  2. 調剤薬局専門だからできるワンストップサービス
  3. 明確でわかりやすい料金体系
  4. 専門的な視点からの企業評価
  5. 全国各地から相談を受付中

①調剤薬局のM&Aを専門に行う

MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aに特化しており、仲介・相談を通して積極的なサポートを行っています。

全国店舗数は6万件前後で推移している調剤薬局ですが、専門的に請け負っている仲介会社はあまり多くはありません。

MAC(マック)アドバイザリーは、医薬業界では頼れるM&Aの専門家として知られており、頼れる相談先としても広く浸透しています。

②調剤薬局専門だからできるワンストップサービス

MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局に特化したサービスを提供しているからこそ、医薬に精通している税理士・会計・弁護士事務所とのネットワークを構築しています。

M&A以外にも、調剤薬局への支援サポートを積極的に行っています。調剤薬局のM&Aに必要な知識やノウハウを総動員したサポートにより、ワンストップサービスの提供を実現させています。

③明確でわかりやすい料金体系

MAC(マック)アドバイザリーの料金体系は、完全成功報酬制です。M&Aの成約時に成功報酬を支払う明確な料金体系となっており、不明瞭な手数料が発生しません。

M&Aが成約しなかった場合も手数料だけを支払うことはないので、相談する側としては安心して依頼できる点がメリットといえるでしょう。

④専門的な視点からの企業評価

MAC(マック)アドバイザリーのM&A仲介は、調剤薬局や医薬業界に精通した専門的な視点からの企業評価も魅力の1つです。

調剤薬局のM&A仲介実績を保有しているため、常に正確な企業価値を算出できます。

M&A戦略策定を行ううえでも、適正な企業価値を把握しておくのが重要なので、心強いサポートとなるでしょう。

⑤全国各地から相談を受付中

M&A仲介会社は一定のネットワークが求められるため、サポート範囲を特定の地域に限定する場合も多いですが、MAC(マック)アドバイザリーは日本全国の相談に対応しています。また日本全国100社超の候補企業があり、大手幹部との深い信頼関係があります。

MAC(マック)アドバイザリーは、東京本社と関西支社の2つの事務所を構えており、地方からの問い合わせには専門家が直接足を運んでM&Aに関する相談を受けています。

【関連】小さな調剤薬局でも会社譲渡(株式譲渡)は可能!店舗を残す方法を紹介

3. MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aが得意

MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aが得意

MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aに特化しているとのことですが、具体的な内容はどのようなものなのでしょうか。この章では、詳細な内容を見ましょう。

【MAC(マック)アドバイザリーのM&A仲介】

  1. 調剤薬局M&A専門ならではの的確なアドバイス・提案が可能
  2. ドラッグストアのM&Aにも実績がある
  3. 薬局運営も行っていることで業界知識も豊富
  4. 薬剤師の独立支援も行う

①調剤薬局M&A専門ならではの的確なアドバイス・提案が可能

幅広い業種に対応する仲介会社は調剤薬局のM&Aに関して、年間に数件程度の相談・仲介を行っていませんが、MAC(マック)アドバイザリーは日常的に調剤薬局のM&Aを扱っています。

日々蓄積される経験・ノウハウは高度なサポート体制を構築し、的確なアドバイス・提案を可能なものにしています。

②ドラッグストアのM&Aにも実績がある

MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aを全面に押し出していますが、実はドラッグストアのM&Aも手掛けています。

毎年数十社、過去数百店舗の成約実績があり、年間200~300社の経営者と面談をしているため、薬局専門の豊富な知識と経験薬局の運営経験を生かした助言が可能です。

調剤薬局とドラッグストアは似て非なるものなのでM&Aに必要な知識も全く異なりますが、医薬に精通する専門家によってドラッグストアのM&Aにも柔軟な対応を可能にしています。

③薬局運営も行っていることで業界知識も豊富

仲介事業以外に調剤薬局の運営(れんげ薬局)も行っています。長野県の長野中央病院から徒歩1分の場所に店舗を構えており、地域住民からの信頼も厚い調剤薬局です。

調剤薬局を自身で運営しているからこそ、調剤薬局の経営者が抱える悩みに対しても敏感に察知できます。

④薬剤師の独立支援も行う

薬剤師に対する独立支援も特徴の1つです。案件の紹介から独立後の運営まで、トータルサポートを行っており、薬剤師の独立支援の豊富な実績を持っています。

調剤薬局の売却を検討する側としては、買い手候補が充実していることを意味しているので、高い成約率を期待できます。

【関連】調剤薬局が事業承継をするにはコツがあった!成功法を徹底解説!
  • 調剤薬局のM&A・事業承継

4. MAC(マック)アドバイザリーの手数料

MAC(マック)アドバイザリーの手数料

MAC(マック)アドバイザリーのM&A仲介手数料は完全成功報酬制です。着手金・中間金・月額報酬などは一切かからず、成約した段階で成功報酬が発生するシンプルな料金体系になっています。

成功報酬の算出に関しても、譲渡価格に対する一般的なレーマン方式を取っているので、移動総資産をベースに計算する場合に比べると費用が安くなります。

【MAC(マック)アドバイザリーの手数料】

  • 5億円以下:5%
  • 5億円以上〜10億円以下:4%
  • 10億円以上〜50億円以下:3%
  • 50億円以上〜100億円以下:2%
  • 100億円以上:1%
  • 最低報酬額:500万円

【関連】調剤薬局のM&A手数料を徹底比較!相場や仲介会社ごとの違いも解説

5. MAC(マック)アドバイザリーの実績

MAC(マック)アドバイザリーの実績

MAC(マック)アドバイザリーは、調剤薬局のM&Aの実績を自社サイト上で公開しています。数十件もの実績が公開されており、調剤薬局に特化しているのが伺えます。地域は特定しておらず、日本全国に実績があり、ドラッグストアの再生案件も多数あります。

この章では、MAC(マック)アドバイザリーの数多くある仲介実績の中から、2つの事例を紹介します。

【MAC(マック)アドバイザリーの実績】

  1. 薬剤師不足による株式譲渡
  2. 後継者難での事業承継

①薬剤師不足による株式譲渡

関西で調剤薬局を3店舗運営していましたが、薬剤師不足による経営悪化が原因で大手の調剤薬局に株式譲渡した事例です。

3店舗の年間売上は7億円を超えており後継者にも恵まれていましたが、薬剤師を確保できないことに悩みを抱えていました。

経営者は、無理に事業承継して経営を続けるよりも、M&Aで売却して現金化したほうが自身の子どものためと考えた結果、株式譲渡を決めています。

②後継者難での事業承継

前経営者が急死したことでその妻が経営を引き継ぐものの、精神的・体力的負担が大きすぎることで大手への譲渡を決断された事例です。

調剤薬局の経営状態は順調でしたが、事業承継時における前経営者の妻の年齢は60代だったこともあり、今後の安定した経営は難しいと考えました。早期の決断は従業員のためになると信じ、今回の株式譲渡へと至りました。

【関連】調剤薬局業界のM&A動向・価格相場【2020年最新事例あり】

6. 調剤薬局のM&Aを行う仲介会社

調剤薬局のM&Aを行う仲介会社

MAC(マック)アドバイザリー以外にも、調剤薬局のM&Aを手掛ける仲介会社はあります。数こそ少ないですが、専門性の高いサポートで数多くの実績を重ねています。

【調剤薬局のM&Aを行う仲介会社】

  1. M&A総合研究所
  2. CBパートナーズ
  3. 東京MAパートナーズ

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、中堅・中小規模のM&A仲介を得意とするM&A仲介会社です。幅広い業種に対応している中、調剤薬局に関しては専門のチームを設立していて積極的なサポートを行っています。

医薬業界に精通する専門家が在籍しているため、M&Aの円滑な進行も特徴的です。最短3カ月の成約も記録しており、スピーディーなM&A成約に強みを持っています。
 

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 調剤薬局の専門チーム
スピーディーM&A成約
手数料・料金体系 相談料:無料
着手金:無料
中間金:無料
成功報酬:一般的なレーマン方式
問い合わせ先 0120-401-970

②CBパートナーズ

CBパートナーズは、薬局・介護・医療に特化した仲介会社です。累計400件以上の成約実績を保有しており、経験とノウハウを蓄積しています。

調剤薬局のM&Aサポートに関しては、事業の継続発展を前提とした「経営者の交代」「従業員の雇用先の確保」「創業者利益の実現化」などを手掛けています。
 

サイトURL https://www.cb-p.co.jp/
特徴 薬局・介護・医療に特化
手数料・料金体系 要問い合わせ
問い合わせ先 0120-979-544

③東京MAパートナーズ

東京MAパートナーズは、調剤薬局専門のM&A仲介会社です。M&A業界で20年以上の活動実績を持っており、培ってきた実績と経験で円滑な事業承継・M&Aサポートを行っています。

M&A仲介の特徴は、譲渡側の手数料が大幅に優遇されていることです。譲渡が1店舗の場合は完全無料となっており、費用負担を大幅に抑えられます。
 

サイトURL https://www.tma-partners.co.jp/
特徴 譲渡側の手数料優遇
手数料・料金体系 1店舗の場合:無料
2店舗以上の場合:500万円(固定)
問い合わせ先 03-6262-1420

調剤薬局のM&Aのご相談はM&A総合研究所へ

調剤薬局のM&Aをご検討の際はぜひ、M&A総合研究所へご相談ください。調剤薬局の専門チームを設立しており、業界に通ずる独自のネットワークを活用して、好条件のM&A先とのマッチングを実現します。

また、経験豊富なM&Aアドバイザーが成約まで親身にサポートします。弁護士も在籍しており、法律面でも安心かつ確実なM&Aを実現可能です。包括的なサポート体制が完成していますので、最後まで責任を持ってサポートします。

M&A総合研究所の料金体系は完全成功報酬制です。譲渡価格を基準とするレーマン方式により業界最安値水準となっているので、売却額が大きく目減りするケースはほとんどありません。さらに、M&A総合研究所はスピーディーなサポートを実践しており、最短3カ月で成約を実現します。

無料相談は24時間お受けしています。調剤薬局のM&Aなら、お気軽にM&A総合研究所にご連絡ください。

【関連】調剤薬局のM&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

本記事では、MAC(マック)アドバイザリーが調剤薬局を専門とするM&A仲介会社であること、調剤薬局のM&Aが得意な理由を紹介しました。

近年は調剤薬局のM&Aが活性化しており、MAC(マック)アドバイザリーのように調剤薬局を扱える専門家の需要は高くなっています。

MAC(マック)アドバイザリー以外にも調剤薬局のM&Aを扱う仲介会社はあるので、相談先を限定せず複数の仲介会社に相見積もりを取ることで、調剤薬局の成功率を上げることも可能です。

【MAC(マック)アドバイザリーの特徴】

  1. 調剤薬局のM&Aを専門に行う
  2. 調剤薬局専門だからできるワンストップサービス
  3. 明確でわかりやすい料金体系
  4. 専門的な視点からの企業評価
  5. 全国各地から相談を受付中

【MAC(マック)アドバイザリーのM&A仲介】
  1. 調剤薬局M&A専門ならではの的確なアドバイス・提案が可能
  2. ドラッグストアのM&Aにも実績がある
  3. 薬局運営も行っていることで業界知識も豊富
  4. 薬剤師の独立支援も行う

【調剤薬局のM&Aを行う仲介会社】
  1. M&A総合研究所
  2. CBパートナーズ
  3. 東京MAパートナーズ

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事
調剤薬局のM&A・事業承継