介護業界、福祉用具開発販売事業に早期参入できます

  • 受付中
  • 案件ID:0059
  • 公開日:2019年07月10日
介護業界、福祉用具開発販売事業に早期参入できます
業種
その他の製造業
エリア
関東・甲信越
都道府県
東京都
法人形態
株式会社
譲渡対象資産
法人(株式)
対象資産に従事している人数
5人以下
譲渡理由
財務的理由
譲渡理由(補足)
商品開発が完了しておりますが、開発が想定よりかなり長引いてしまったため、OEM先に生産依頼ができない状況です。
売却希望時期
至急
仲介案件
いいえ

ビジネスモデル

サービス・商品概要

<事業内容>
・2017年4月に設立された医療・介護向け福祉用具製造業です。
・社員全員が、前職で同じ会社(福祉用具メーカー)に務めており、14年ほどの業界経験があります。
・ファブレスのため、自社開発品をOEM生産します。
・開発品は体圧分散マットレス、ポジショニングクッション、移動補助用具などです。
・長年お付き合いのある販路を持っており、販売先との信頼関係により、採用・販売はスムーズに進められます。
 ※特に在宅向け福祉用具レンタル業者との関係が良好です。
・介護技術セミナーの講師ができるスキルがあり、これを製品開発、製品評価、ユーザー教育、ユーザー開発に活用できることが大きな強みです。

<製品>
・体圧分散マットレス
  体圧分散性能だけではなく、マットレス上で動きやすい性能を併せ持つ設計。
  主に褥瘡対策分野で需要が高い製品です。
  エアとウレタンのハイブリッド型体圧分散マットレスの開発が完了しています。
  今後は静止型体圧分散マットレスの開発をする予定です。

・ポジショニングクッション
  身体への追従性と、ポジショニングを維持する保持性を併せ持つ設計。
  開発が完了しています。
  弊社はポジショニング技術の指導とともに販売できる強みがあります。
  関節拘縮対策、褥瘡対策、緩和ケア、姿勢管理の分野で市場に浸透中。

・移動補助用具
  トランスファーシートや介助グローブなど。
  滑る素材によって、対象者の身体を楽に移動させます。
  開発が完了しています。

強み・アピールポイント

<事業の強み>
医療・介護・福祉用具の業界は、前職の福祉用具メーカーで15年ほどの経験があります。
前職では事業部長をしており、年商5億円の事業規模を16億円まで成長させた実績があります。
そこで培った、開発ノウハウ、介護技術、販路が主な強みです。

〇開発ノウハウ
介護向けの製品は、使用者の状態や目的、環境(介護力、介護の質)を理解して開発・フィッティングされるのが理想です。
私たちは長年、介護技術の研究をしているため、介護現場のニーズや製品評価のポイントなどの理解があります。
これが商品開発の強みとなります。
また、ファブレスであることも、柔軟な製品設計を実現するために強みとなります。

〇介護技術
社員全員が、介護技術研修の講師ができます。
対象者は看護師、PT、OT、ヘルパーなど介護現場の専門職です。
研修をすることによって、現場の相談相手になり、信用を高めることができます。
また、介護の理解は、製品開発でも大きな強みとなります。

〇販路
在宅レンタル業者とは10年来の付き合いです。
介護保険が始まった直後の混乱期から一緒に支え合ってきた同志もいて、私たちを応援してくれています。
この販売先との信頼関係により、商談、採用、販売がスムーズに進められます。

〇台湾ルート
台湾にグループ会社があります。
資本関係はありませんが、同じブランド、同じ製品を販売しています。
台湾は高齢化が急成長しており、日本の福祉用具や介護技術が注目されていますが、台湾に拠点を置く日本のメーカーが他にないため有利に開拓ができます。
将来的には台湾を足がかりにして中国大陸、東南アジアへの展開も期待できます。

顧客

<主な顧客>
エリア :全国
ユーザー:病院、高齢者施設、在宅療養者(介護保険)
販売先 :
 ・介護用品販売卸業者(病院、施設、在宅向け)
 ・在宅向け福祉用具貸与業者(介護保険 在宅向け)
 ・医療機器販売業者(病院向け)
 ・リネン業者(病院向け)
営業先 :福祉用具専門相談員、ケアマネジャー、訪問看護師、病院看護師、PT、OTなど

提供方法

<製品・サービスの販売・提供方法>
・国内外の素材業者や製造業者と連携して製品開発を進め、OEM生産します。
・販売先と、医療・介護の専門職(ケアマネ、看護師、PT、OTなど)へ営業します。
・販売先に対しては、商品勉強会、介護技術研修会、同行販売などを実施します。
・業界専門職へは、商品勉強会、介護技術研修会、商品モニターなどを実施します。
・業界専門職から販売店へ商品指定で注文が入り、出荷します。
・要望に応じて、納品先へ技術指導をします。

補足情報

<補足情報>
会社設立後、2年間を製品開発に費やしてきました。
この間は、開発をしながら、副業である広告代理業で細々と売上を作ってきました。
この広告代理業による売上は年間1500~2000万円ほどで、赤字です。
本業の福祉用具販売が始まれば、2年後に2億円ほどの売上を作れ、利益が出る試算です。
3年目で初期投資の回収をして、累計で利益を出す計画です。

6種類の製品の仕様が確定し、ようやく製品化という段階ですが、当初の計画よりも1年半ほど長くかかってしまったため、
資金不足で仕入れができない状況となってしまいました。

製品の開発が完了しており、販路があり、販売モデルがあるためすぐに事業化できます。
この即効性をご評価いただけると幸いです。

※過去の経験からすると、新規でこの事業を立上げ、販売を軌道に乗せるには、開発ノウハウの蓄積、業界知識の習得、販売モデルの構築、介護技術スキルの習得、販売先の開拓、信頼の獲得などに5年以上の時間と数億円の投資が必要だと思われます。

譲渡対象の財務情報

会計年度
2018年
売上
1000〜5000万円
総資産額
非公開
営業利益
非公開
負債額
非公開
譲渡希望価額
1000〜5000万円

その他案件情報

M&A総合研究所以外にもM&Aの専門家を利用して事業譲渡を検討(または進めている)していますか?
いいえ
事業譲渡・事業承継に際して何を最も重視しますか?
売却時期
自社の一番の魅力は何ですか?
人材
他社への譲渡後、社長の交代等により現状の売上維持が難しくなると考えられますか?
未回答
事業譲渡・事業承継後も経営に関与したいですか?
はい
今までに法令違反の指摘や業務是正の勧告等を受けたことはありますか?
いいえ
これまでに税務署から重加算税または過少申告加算税など指摘をうけたことはありますか?
いいえ
貴社の構成員・株主・重要な取引先に反社会的な組織・人物はいますか?
いいえ
M&A専門家への相談希望領域
M&A相談、法務相談、会計・財務相談、労務相談、金融相談、事業再生相談
その他