調剤薬局経営者様へ
完全成功報酬制売却をサポートいたします。

調剤薬局のM&A・売却ならお任せください。
経験豊富な専門アドバイザーが全国にお伺いします。

  • Icon up

    豊富な
    成約実績

  • Icon calendar

    成約まで
    平均ヶ月

  • Icon money

    仲介手数料
    最安値

調剤薬局の経営者様へ。
こんな悩みはございませんか?

  • 薬価の改定と調剤報酬の引き下げにより、得られる利益が減ってしまう

  • 資金が乏しい個人薬局では、かかりつけ薬剤師の雇用・獲得が難しい

  • 経営を維持するには、地域住民に対するケアが求められる

  • 経営者の高齢化がすすんでいる

そのお悩みはM&A・会社売却で解決できます!
御社にとって最適なプランをご提案致します。

  • 独自の情報ネットワークを活用し、最適な候補先をご紹介致します。

  • 数多くのM&Aを仲介してきたからこそできる最適なプランをご提案します。

  • 経営者様のM&A後を考慮したプランをご提案致します。

  • M&A成立後の待遇などを詳しくご説明致します。

  • 有望な後継者をご紹介することもできます。

  • 今後の調剤薬局業界の動きを熟知したM&Aアドバイザーが親身にご対応致します。

M&A総合研究所が
調剤薬局の経営者様から選ばれる4つの理由

  • 調剤薬局のM&Aに特化

    調剤薬局のM&A実績がある専門アドバイザーと専任の公認会計士の2名体制でフルサポート。譲渡企業の売上規模一億〜数十億と幅広くご対応させていただいております。

  • 業界最安値の仲介手数料

    成約まで平均3ヶ月というスピード成約を実現しています。(※2019年最新実績)
    通常の仲介会社は平均成約月数10〜11ヶ月です。
    当社は調剤薬局の買い手探しに独自のネットワークを使い、1週間以内に買い手候補を見つけ ることができます。また、少数精鋭で集中して買い手探しさせていただくためスピード成約を実現しています。

  • 独自ネットワークと
    成約までのスピード

    成約まで平均3ヶ月というスピード成約を実現しています。(※2019年最新実績)
    通常の仲介会社は平均成約月数10〜11ヶ月です。
    当社は買い手探しに独自のネットワークを使い、1週間以内に買い手候補を見つけ ることができます。また、少数精鋭で集中して買い手探しさせていただくためスピード成約を実現しています。

  • 売却価格以上での売却

    希望価格より売却価格が平均124%上がります。(※2019年最新実績)
    希望価格以上で売却するために、シナジーが強くより高い価格で買収する会社を幅広くお探しし、売却価格の交渉も致します。また、会社をより魅力的に伝えるための資料や事業計画書の作成、面談指導もさせていただきます。

  • 市場規模は年々増加している

  • 2年に1度改定される調剤報酬への対応

  • 業界全体に薬剤師の不足

  • 立地面が経営に大きな影響を及ぼす

調剤薬局業界でもっとも懸念されるのは、深刻な薬剤師不足です。大手グループによる高待遇の囲い込みなどもあり、特に中小規模の調剤薬局では重大な問題となっています。また2年に1度改定される調剤報酬も経営状態を一変させる可能性があるため、将来性に不安を抱えた調剤薬局も少なくありません。

大手の調剤薬局グループも現状維持では安定した経営が成り立ちません。それは医薬品の販売規制緩和による競合の増加、薬価の段階的引き下げ、そして薬剤師不足といった要因を常に抱えているためです。こうした外部環境の変化に対応していくべく、M&Aや資本提携などを活用しており、この流れは今後ますます増加していくことが予測されます。

業界全体の流れを受けて、多くの中小規模の調剤薬局は安定した経営を求めて、大手調剤薬局グループ入りを検討しています。現在、M&A・薬局売却を検討される調剤薬局の経営者様にとって、今はまさに好機であるといえるでしょう。

完全成功報酬のメリット

多くのM&A仲介会社は成功報酬制とうたっています。
しかし、実際には着手金、中間金等、月額報酬などの料金がかかるのが現実です。

当社は、成果に関係なく払わされる金額をM&A業界の大きな問題と考え、
創業から一貫して成功報酬のみでM&A支援をしています。

  • M&A成約まで報酬を払う必要がない

    多くのM&A仲介会社は成果に関わらず「着手金」「中間金」「月額報酬」を取っています。もし、M&Aが成約しなかった場合でも売り手様は数百万〜数千万円の報酬を支払わなければなりません。当社は「完全成功報酬制」のため、M&A成約しなかった場合、売り手様から報酬を一切いただきません。リスクは当社が全て持ちます。成約に自信があるからできると考えています。

  • 本当の売却金額や売却可能性が分かる

    着手金を取る仲介会社は、着手金を取ることがノルマになっていることがあり、営業マンは経営者の希望価格で売れないと分かっていても「売れます」と営業トークで契約を巻くため、売り手様は本当の売却金額や売却可能性が分からなくなってしまいます。当社は、本当の売却金額や売却可能性を正直にお話しさせていただきます。そのため、成約率が高くなっております。

  • 買い手候補の幅が広がる

    着手金を取る仲介会社は、売り手様からだけでなく買い手様からも取っております。ほとんどの買い手様は着手金を払わないので、着手金を取る仲介会社は限られた買い手候補にしか提案できません。当社は、買い手様からも着手金を取っていないのでたくさんの買い手候補に提案することができます。

  • 成約までの時間が短縮できる

    着手金を取る仲介会社は、無駄な資料作成や報告をしてくることがあります。この理由は売り手様から「着手金払ったが仕事しているの?」と言われないようにするためです。当社は売り手様のM&A成約に意味のある仕事をすることに尽力いたします。また、ほとんどの仲介会社はHPに明確な料金設定を書いていないので、会ってから料金体系を理解して、手数料交渉が始まったりと時間がかかります。当社は明確に料金体系を記載しておりますので、経営者様にそのような時間を取っていただく必要はありません。結果として案件成約まで平均3ヶ月とスピーディーに売却までお手伝いさせていただいております。

料金体系

M&A仲介会社の料金体系は「着手金」「中間金」「成功報酬」の3種類になります。
M&A総合研究所は着手金・中間報酬完全無料です。
お客様を第一に考え、成功報酬の手数料も業界最安値の料金になっています。
他の仲介会社と比較される際は、以下の項目で比較しましょう。

当社大手A社大手B社大手C社
完全成功報酬---
着手金なしありなしあり
中間金/月額報酬なしなしありあり
成功報酬のベース譲渡価格
ベース
移動総資産
ベース
移動総資産
ベース
譲渡価格
ベース
最低報酬ありありありあり

なぜ手数料が安いのですか?

そもそも仲介会社の成功報酬が高すぎるからです。私たちは当社の手数料体系が正当だと考えております。実際、日本の年収ランキングTOP10のうち3社はM&A仲介会社であったり、営業利益率が40%を超えていたりと、仲介会社は高い利益を得ています。また、当社は非効率な作業をシステム化し、人件費の削減をしております。

直近の調剤薬局M&A事例

規模、地域、スキームでの調剤薬局M&A事例を紹介します。
売り手様のご要望に合わせてM&Aの支援をさせていただきます。

  • 土屋薬品株式会社

    本社
    長野県
    業種
    保険調剤薬局の経営(未上場)
    理由
    経営の安定化

    店舗数・販売エリアの拡充やサービスの充実によるグループの企業価値を高めることが目的。

    株式会社アインホールディングス

    本社
    北海道
    業種
    調剤薬局の経営ほか(上場)
    理由
    事業規模・エリアの拡大
  • 有限会社コアラ

    本社
    栃木県
    業種
    調剤薬局事業(未上場)
    理由
    経営の安定化

    調剤薬局事業への新規参入と今の拡充を目的としたM&A。

    株式会社ソフィアホールディングス

    本社
    東京都
    業種
    企業グループの統括・運営ほか(上場)
    理由
    事業拡大
  • 株式会社エファー

    本社
    埼玉県
    業種
    薬局の運営(未上場)
    理由
    経営の安定化

    調剤薬局事業の規模・エリアの拡大と収益基盤の強化が目的。今回のM&Aにより店舗数が94となった。

    株式会社メディカル一光

    本社
    三重県
    業種
    調剤薬局事業ほか(上場)
    理由
    事業エリアの拡大

M&Aの流れ

Flow

コンサルタント紹介

調剤薬局のM&A仲介実績がある担当者と会計士が親身にサポート致します。
譲渡企業の売上規模一億〜数十億と幅広くご対応させていただいております。

また在籍しているメンバーは、M&A総合研究所で多くの経験を積み重ねた者だけではなく、
日本全国にある有名なM&A仲介会社から転籍してきたメンバーも数多く在籍しており、
M&Aの知識や経験値、ノウハウが共有され日本トップクラスのクオリティを誇る
M&A仲介会社へと成長してきました。

  • 公認会計士 荻野 光

    荻野 光

    立教大学卒業後、有限責任あずさ監査法人にてソフトウェアメーカー、建設業、コンサルティング業、AI開発やゲーム制作等のベンチャー企業から東証一部上場企業に対する法定監査及び内部統制監査業務に従事しつつ、複数の上場準備企業に対するIPO支援から上場後のSOX導入に関する経験を積む。

  • 顧問弁護士 小鷹 龍哉

    小鷹 龍哉

    AZX Professionals Groupにて、ベンチャーファイナンス、ストックオプションの発行、M&Aのサポート、上場審査のサポート等、ベンチャー企業に法務業務に従事。創業初期からIPO直前までの幅広いステージの企業のサポートを実施。
    M&A総合研究所では、法務デューデリジェンスからM&A、事業承継に関するあらゆる法務業務を担当。

  • 営業部長・シニアマネージャー 矢吹 明大

    矢吹 明大

    株式会社キーエンスにて、製造業向けのコンサルティングセールスに従事。
    2015年に株式会社日本M&Aセンターに入社。調剤薬局を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等のメインアドバイザーとして、20件以上のM&Aを成約に導く。
    M&A総合研究所では、専門アドバイザーチームを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

  • シニアアドバイザー 鎌田 実築

    鎌田 実築

    早稲田大学卒業後、株式会社三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動し、法人部門長表彰を複数回受賞。
    九州地方にて東証一部上場企業含む大企業法人担当として、買収ファイナンス等を経験。
    その後、新興M&AブティックにてM&Aアドバイザーとして業種・規模・エリアを問わず幅広く実績を積み、M&A総合研究所に参画。

  • シニアアドバイザー 向井 崇

    向井 崇

    上智大学卒業後、三菱UFJ信託銀行株式会社に入社。中小企業オーナーを中心に経営コンサルティング、事業承継、相続、不動産売買仲介等の業務に従事。
    その後、銀行系M&A仲介・アドバイザリー会社にて、上場企業から中小企業まで業種問わず20件以上(同社トップクラス)のM&Aを成約に導く。
    M&A総合研究所では、不動産業、建設・設備工事業、運送業を始め、幅広い業種のM&A・事業承継に対応。

よくある質問

譲渡を検討中の方からよくいただく質問

もちろん可能です。全国どこでも無料でお伺いいたします。今までM&A仲介をさせていただいた会社様の多くは地方の会社様です。

最短で約3〜6ヶ月です。3週間でM&A総研とつながりのある約500-1000社程度に絞って選定し買い手先を探します。
その後、1ヶ月以内に面談。その後の1〜3ヶ月のデューデリジェンス期間を経て、最短で成功まで導きます。
担当会計士はデューデリジェンス含め、豊富なM&A経験があるため、無駄なやりとりがなく時間が短縮できます。
業界では、「アドバイザーに依頼したものの、何もないまま何ヶ月も過ぎてしまった」という声が聞かれます。M&A総合研究所ではお客様目線で成果にコミットします。

大手M&A仲介会社では、着手金で数百万円が発生する場合もありますが、私どもはお客様第一に考え、完全成功報酬制で取り組んでいるため、業界最安水準を実現しています。
詳細は冒頭の「手数料率比較」をご参照ください。

・M&A業界最安値水準の料金体系
・M&A支援の実績が豊富
・平均3ヶ月のスピード成約
・希望価格以上での売却
・公認会計士・弁護士のフルサポート
の5つが強みになります。
M&A総研はM&Aを専門とする会計士が、丁寧且つ紳士的にM&Aの交渉をさせていただきます。

M&Aは機密保持を徹底的に守ってこそ成り立つお話です。
すべて情報はNDA(機密保持契約)を結んだ上で開示していきますので情報が漏れることは一切ございません。

まずはご相談ください。私たちとお話しして最善の案を一緒に探しましょう。

赤字企業のM&Aの事例は多数あります。まずはご相談ください。

会計士が見えないノウハウや無形資産の価値も加味した上で企業価値算定を行います。
それを基準にオーナー経営者様の意向を踏まえて譲渡希望価格を決めます。

事業譲渡や会社分割など様々な手法がありますので、まずはご相談ください。

売却後も引き続き事業へ関与するケースもあれば、退任するケースもあります。社長のご意向を尊重して進めていくことが可能です。

会社概要

会社名株式会社M&A総合研究所
代表取締役佐上 峻作
住所

東京本社

〒106-0032 東京都港区六本木5丁目2−5 鳥勝ビル3F
TEL:0120-401-970

大阪事務所

〒543-0074 大阪府大阪市天王寺区六万体町4−10 佐上ビル7F
資本金4.11億円(資本準備金含む)
連絡先0120-401-970
all@masouken.com
事業内容

①M&Aプラットフォーム事業
WEB上で会社・事業を譲渡したい方と会社・事業を買収したい方を繋ぐ、マッチングプラットフォームになります。

②M&A仲介事業
公認会計士が専属でフルサポートするM&Aの仲介事業となります。

③M&Aメディア事業
国内最大級のM&A情報発信メディア「M&A総合研究所ポータル」と「M&A総合研究所マガジン」を運営しております。

弊社のM&A
仲介サービスの
特徴と強み
①M&A仲介手数料が業界最安水準である
②M&A成約までのスピード感
③会計士専任のフルサポート体制
④独自のAIシステムによる高いマッチング精度
取引先三井住友銀行 渋谷駅前支店

お問い合わせ

情報セキュリティについて

お客様のプライバシー保護のため、SSLサーバ証明書を使用しています。SSL通信接続であれば、
情報は暗号化され、第三者の盗聴、改ざん、成りすましなどから保護されます。