プレスリリース

2020年08月07日

プレスリリース

食品製造業界のM&A戦略について解説した資料「超・人材不足の食品製造業界を勝ち抜くためのM&A戦略」を公開

株式会社M&A総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作、以下「当社」)は、食品製造業界のM&A戦略を解説した「 超・人材不足の食品製造業界を勝ち抜くためのM&A戦略」を公開しました。

■資料作成の背景・目的
食品製造業界は全産業のうち最も深刻な人材不足に陥っている業種の一つです。もともと食品製造業は労働集約的な産業であるため、他の製造業と比べて労働生産性が低いです。ここに少子高齢化による国内の生産年齢人口の減少という問題が重なっているため、今後は人材不足を克服すべく抜本的な効率化が求められます。
効率化に向けた戦略としてM&Aがあります。本資料では、M&Aが人材不足を克服する戦略として有効であることを解説し、経営者様の選択肢としてM&Aを検討できるようになることを目的としています。
弊社シニアアドバイザーであり、食品製造業界でM&A成約に複数携わってきた長嶺の監修のもと、業界情報からM&A事例まで解説する資料を作成いたしました。

■M&A資料の内容
Original
・食品業界の現状と人材不足に陥る業界構造について、データを交えながらを解説
農林水産省、総務省の調査を元に、人材不足の現状を整理しています。また、人材不足に陥る主な要因は3つ挙げており、そのどれもが簡単には克服しづらいことをご理解いただけます。

・食品製造業界におけるM&Aのメリットや評価されやすい企業の特徴、事例を紹介
M&Aが様々な課題克服できる可能性を秘めていることを明らかにします。特に、事例紹介では監修者である専門アドバイザーが自身の経験・知見を踏まえて、食品製造業におけるM&Aについてコメントを執筆しています。

本資料をお読みいただければ、食品製造業界が置かれている状況を把握した上で、M&Aを戦略の一環として考えられるようになります。

■「超・人材不足の食品製造業界を勝ち抜くためのM&A戦略」の入手方法
「超・人材不足の食品製造業界を勝ち抜くためのM&A戦略」をお求めの経営者様、企業担当者様は、以下の資料DLページ下部のフォームにご連絡先をご記入いただき、ご送信ください。
https://masouken.com/documents/10
ダウンロード用URLを自動メールで送付させていただきます。

■監修者のプロフィール
Original
長嶺 勇希 株式会社M&A総合研究所 シニアアドバイザー
外資系金融機関Prudential Groupにて、生命保険のコンサルティングセールスに従事後、税理士法人系M&Aブティックにて食品製造業・外食業・保険代理店業・葬儀業等のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では今まで培った会社法、会計、税務等の幅広い知識、M&A成約の経験を活かし、食品・保険代理店業界を中心に担当。

【会社概要】
株式会社M&A総合研究所
事業内容:M&A仲介事業
資本金:4.1億円(資本準備金含む)
本社:東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
代表者:代表取締役CEO 佐上 峻作
HP: https://masouken.com/