M&Aニュース

2021年01月10日

M&Aニュース

アソビューがそとあそびを買収/Webマーケティング事業のM&Aニュース

アソビューによるM&Aの概要

アソビューは、2021年1月1日付けで、M&Aによりそとあそびの全株式を取得したと発表した。取得価額は非公開。

アソビューとそとあそびの会社概要

買収側のアソビューは、マーケティングプラットフォームの構築、レジャー情報システムの開発、地域観光の開発・支援を行なっている企業である。マーケティングプラットフォーム事業では、日本最大級のレジャーのマーケットプレイスである「アソビュー!」を運営している。全国約7,500店の事業者と提携して、国内の460ジャンル・22,000プランのレジャーを掲載し、予約・購入までできるサイトとしてサービスを提供している。
 
会社名 アソビュー株式会社
設立年月 2011年3月
資本金 10億円(資本準備金含む)
代表者 山野 智久
所在地 東京都渋谷区神宮前2-7-7 JIKビル3階
事業内容 マーケティングプラットフォーム、レジャーDX、地方創生
売上高 非公開
公式サイト https://www.asoview.co.jp

売却側のそとあそびは、アウトドアレジャーの情報インフラである「そとあそび」の運営を行なっている企業である。アウトドアレジャーの専門予約サイトとして、現在では1,000サービス、2,000以上のコースを紹介している。単なる紹介ではなく、ユーザー視点に立った情報を掲載していることが特徴である。
 
会社名 株式会社そとあそび
設立年月 2004年6月
資本金 1億1千万円
代表者 横峯 樹
所在地 東京都渋谷区神宮前2-7-7 JIKビル3階
事業内容 アウトドアレジャー「そとあそび」事業の主催・運営
売上高 非公開
公式サイト https://corp.sotoasobi.net

M&A当事会社であるアソビューとそとあそびは、ともにIT業界に属している。

M&Aにおけるアソビュー(買収側)の狙い

本件M&Aの狙いは、アウトドアレジャーに関するサービス体制を強化することである。そとあそびは、アウトドアレジャーに特化した専門予約サイトの運営事業者としての地位を確立し、コロナ禍においても成長を続けている。同社との連携により、新規事業者の開拓・システム開発・サポート体制の強化が可能となり、レジャー領域のコンテンツやユーザーの拡大ができると判断して、株式の取得に至った。

アソビューの過去のM&A実績

該当実績はない。

IT業界のM&A動向

近年、IT企業によるM&Aが増加傾向にあるが、主な要因としては「SIerの統廃合」「人材獲得」「技術獲得」「事業規模の拡大」などがあげられる。IT業界の需要が高まっているために事業規模の拡大が急務となっている企業は数多く、同業他社・自社にない技術を持つ企業をM&Aにより買収し、事業規模の拡大を図る企業が増えている。

IT業界のM&Aに関するお問い合わせはこちら

IT業界に関連するM&Aの記事

M&A総合研究所のM&A成約実績

IT会社のM&A・事業承継
プレミアム案件・お役立ち情報