M&Aニュース

2021年04月15日

M&Aニュース

東邦瓦斯がDIAMOND LNG CANADA INVESTMENT LTD.を買収/ガス事業のM&Aニュース

東邦瓦斯によるM&Aの概要

東邦瓦斯(東証1部 9533)は、M&AによりDIAMOND LNG CANADA INVESTMENT LTD.(以下DLCI)の株式を取得し連結子会社化すると発表した。株式取得予定日は2021年7月。取得価額は非公開。

東邦瓦斯とDLCIの会社概要

買収側の東邦瓦斯は、エネルギー供給を手掛けている企業である。愛知県・岐阜県・三重県を中心に、都市ガス・LPG・電気を供給している。ガス供給の配管工事やガス器具の販売も行なっている。
 
会社名 東邦瓦斯株式会社
設立年月 1922年6月
資本金 330億円
代表者 冨成 義郎
所在地 愛知県名古屋市熱田区桜田町19-18
事業内容 ガスの製造・供給・販売、電気供給、ガス配管工事、ガス機器の販売 他
売上高 4,856億円(2020年3月期 連結)
公式サイト https://www.tohogas.co.jp

売却側のDLCIは、カナダの西海岸において液化天然ガス事業を展開している企業である。三菱商事の子会社である。
 
会社名 DIAMOND LNG CANADA INVESTMENT LTD.
設立年月 2018年2月
資本金 11,723千米ドル
代表者 瀬尾 慎一(取締役)
所在地 4500, 855 – 2nd Street S.W. Calgary, Alberta, Canada
事業内容 液化天然ガス事業
売上高 ゼロ(2019年12月期)

M&A当事会社である東邦瓦斯は電気・ガス業界、DLCIはガス業界に属している。

M&Aにおける東邦瓦斯(買収側)の狙い

本件M&Aの狙いは、カナダ初の大型液化天然ガス事業となるLNG カナダプロジェクトに参画することである。DLCIは、同プロジェクトに参画しているDIAMOND LNG CANADA PARTNERSHIP(以下DLCP)の持分を一部保有している。DLCIを子会社化することにより、DLCPの持分を一部保有することが可能となり、収益の拡大や原料調達の強化に取り組むことができると判断して、株式の取得に至った。

東邦瓦斯の過去のM&A実績

該当実績はない。

LPガス業界のM&A動向

LPガス業界では、オール電化や都市ガスの普及、後継者や配送ドライバーの不足などの課題により、M&Aの動きが強まっている。また、M&Aによる業界再編が進み、コスモ石油や昭和シェル石油のような大手石油元売のLPガス事業の統合によるジクシスの設立や、小売会社のM&Aによる経営資源の統合が目立っている。

LPガス業界のM&Aに関するお問い合わせはこちら

LPガス業界に関連するM&Aの記事

M&A総合研究所のM&A成約実績

資料ダウンロード
プレミアム案件・お役立ち情報