M&Aニュース

2021年07月06日

M&Aニュース

マブチモーターがElectromag SAを買収/医療機器用モーター事業のM&Aニュース

マブチモーターによるM&Aの概要

マブチモーター(東証1部 6592)は、M&AによりスイスのElectromag SAの株式を取得し子会社化すると発表した。株式取得予定日および取得価額は非公開。

マブチモーターとElectromag SAの会社概要

買収側のマブチモーターは、小型直流モーターの専業企業である。小型モーターに特化した事業を展開し、自動車電装機器をはじめ家電機器、電動工具・玩具模型、精密・事務機器、音響・映像機器に至る様々な用途に対応している。工業用モーターがラインナップの中心となっており、有鉄心モーターでは業界トップのシェアを誇っている。尚、全製品をアジアを中心とする海外で生産している。
 
会社名 マブチモーター株式会社
設立年月 1954年1月
資本金 207億円
代表者 大越 博雄
所在地 千葉県松戸市松飛台430
事業内容 小型モーターの開発・製造・販売
売上高 1,164億円(2020年12月期 連結)
公式サイト https://www.mabuchi-motor.co.jp

売却側のElectromag SAは、医療機器用モーターの開発・製造・販売を行なっているスイスの企業である。人工呼吸器や歯科治療用ハンドピースなどの用途に特化したブラシレスモーターの開発・製造・販売を行なっている。
 
会社名 Electromag SA
設立年月 2003年8月
資本金 100千スイスフラン
代表者 Vincent Comte
所在地 Chemin du Dévent 7 Z.I. Larges Pièces A, 1024 Ecublens, Switzerland
事業内容 医療機器用のモーターの開発・製造・販売
売上高 21,307 千 CHF(2020年12月期)
公式サイト

M&A当事会社であるマブチモーターは製造業界、Electromag SAは医療業界(医療機器部品)に属している。

M&Aにおけるマブチモーター(買収側)の狙い

本件M&Aの狙いは、中期経営計画の重点取組事項である「健康・医療用途の拡大」」を推進することである。Electromag SAは、医療機器用途に適した高特性ブラシレスモーターの開発・製造技術を有し、医療機関向けの人工呼吸器用モーターにおいて高い市場シェアを誇る世界有数の医療機器用モーターメーカーである。同社を子会社化することにより、健康・医療用途領域における技術・ノウハウ、ブラシレスモーターの製品ラインナップ・開発能力を獲得・活用することが可能となり、重点取組事項の推進を加速させることができると判断して、株式の取得に至った。

マブチモーターの過去のM&A実績

該当実績はない。

製造業界のM&A動向

製造業界では、「大手企業による中小規模の部品メーカーへのM&A」「IT化などの導入を行なうための異業種M&A」「本業を革新させるためのM&A」などの実施が目立っている。特に近年は大手企業による中小部品メーカーのM&Aが増加しており、大手企業が自社グループ内で一貫した製造を行なうための手段としてM&Aによる買収が活用されている。

製造業界に関連するM&Aの記事

プレミアム案件・お役立ち情報