プレスリリース

2021年12月20日

プレスリリース

「上場企業M&A動向レポート【2021年10月版】」を発表〜「建築・土木」「IT・ソフトウェア」業の企業に対するM&Aが大幅に増加〜

株式会社M&A総合研究所は、2021年10月1日から10月31日までの期間内で上場企業が適時開示したM&Aに関する発表を集計し、考察を述べた「上場企業M&A動向レポート【2021年10月版】」を発表いたします。

■調査結果サマリー

・2021年10月に上場企業が公表したM&A(買収)件数は70件で前年同月と同件数
・異業種間のM&Aが全体の半数以上に
・「建築・土木」、「IT・ソフトウェア」業種の企業を買収対象とするM&Aが大きく増加
 

■調査概要

・調査対象期間:2020年10月1日〜2020年10月31日及び2021年10月1日〜2021年10月31日
・調査対象:調査対象期間中に公表された東証適時開示ベースのデータ
・調査方法:東証適時開示データを解析

 今回の調査では、2021年10月に適時開示された合計70件の上場企業M&A(買収)データを対象としています。公表された情報に基づいて、売り手企業側の業種を以下の通りに分類しております。

化学、建設・土木、衣料品小売、教育・コンサル、住宅・不動産、食料品、電気機器、IT・ソフトウェア、パルプ・紙、電気・ガス、石油・石炭製品、アミューズメント、メディア、その他製品、その他サービス、陸運業、その他小売、介護・福祉、鉄鋼、その他、ディスカウントストア等、精密機器、機械、運輸・倉庫、金属製品、外食・フードサービス、ガラス・土石製品
 

■M&A件数は前年同月と横ばいとなる一方、「建設・土木」が前年比200%、「IT・ソフトウェア」が前年同月比160%と大幅に増加

 調査対象期間中に上場企業が公表したM&A(買収)の件数は70件で、前年同月と同様の件数となりました。件数を2021年の各月と比較すると、2月の「97件」、3月の「94件」、4月と9月の「83件」に続いて、5番目に多い月となりました。また売り手側企業を業種別に見ると、「IT・ソフトウェア」が16件と最も多く、続いて「その他サービス」が8件、「建設・土木」が6件という結果になりました。。
 さらに、70件のうち国内企業同士のM&Aは56件、国内・国外の企業によるクロスボーダーM&Aは14件となり、国内でのM&Aが半数以上を占めました。さらに異業種間でのM&Aは38件となり、こちらも全体の半数以上を占める結果となりました。
 また、売り手企業のM&A件数を前年と比較すると、売り手が「建設・土木」業であったM&Aが前年比2倍に増えました。また売り手が「IT・ソフトウェア」業のM&A件数は1.6倍に増加しました。
 

■金額が最も大きかったのはENEOSホールディングスによるジャパン・リニューアブル・エナジーの買収

 2021年10月に公表されたM&Aのうち、ENEOSホールディングス株式会社がジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社を買収した件が最も金額が大きかったM&Aで、その金額は2,000億円と発表されました。ジャパン・リニューアブル・エナジーは再生可能エネルギーを取り扱う新興企業であり、国内外に60箇所の発電所を保有しています。ENEOSはこれを買収することで、今後再生可能エネルギー事業の拡大をさらに進めていく見込みです。

【株式会社M&A総合研究所について】
会社名:株式会社M&A総合研究所
事業内容:M&A仲介事業
本社:東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館 17階
代表者:代表取締役社長 佐上 峻作
URL:https://masouken.com/

【参考】
「M&A総合研究所」ではM&Aを分かりやすく解説した記事を公開しております
・M&Aとは?:https://masouken.com/M&A
・事業承継とは?:https://masouken.com/事業承継と事業継承の違い
・IT企業のM&A事例:https://masouken.com/IT企業のM&A

【M&A 総合研究所ブランドムービー】 
https://youtu.be/ktVeuP6tB6E 
プレミアム案件・お役立ち情報