M&Aニュース

2022年01月07日

M&Aニュース

GA technologiesがリコルディを買収/不動産事業のM&Aニュース

GA technologiesによるM&Aの概要

GA technologies(東証マザーズ 3491)は、株式取得と株式交換によりリコルディを完全子会社化すると発表した。株式取得および株式交換の実施予定日は2022年3月1日まで。取得価額は非公開。

GA technologiesとリコルディの会社概要

買収側のGA technologiesは、不動産業を手掛けている企業である。AIを活用した不動産の総合プラットフォームとして、国内ユーザー向けの「RENOSY」と中国人投資家向けの「神居秒算」の開発・運営を行なっている。また、中古不動産の売買仲介、マンション賃貸管理、不動産仲介会社や管理会社向け業務支援システムの開発・運営なども行なっている。
 
会社名 株式会社GA technologies
設立年月 2013年3月
資本金 72億円
代表者 樋口 龍
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40階
事業内容 1.不動産テック総合サービスや中国⼈投資家向けプラットフォー ムの開発・運営
2.中古不動産の売買仲介、マンション賃貸管理、不動産業務支援システムの開発・運営 他
売上高 853億円(2021年10月期 連結)
公式サイト https://www.ga-tech.co.jp/

売却側のリコルディは、不動産業と資産形成コンサルティングを事業としている企業である。投資用マンションの販売・賃貸、中古住宅のリノベーション・販売、不動産投資をはじめとした個人の資産形成に関するコンサルティングなどを行なっている。
 
会社名 株式会社リコルディ
設立年月 2010年2月
資本金 50百万円
代表者 福田 俊孝
所在地 東京都千代田区神田紺屋町15 グランファースト神田紺屋町2階
事業内容 投資用マンションの販売・賃貸、中古住宅のリノベーション・販売、資産運用のコンサルティング
売上高 6,976百万円(2021年6月期)
公式サイト https://ricordi.co.jp/

M&A当事会社であるGA technologiesとリコルディは、ともに不動産業界に属している。

M&AにおけるGA technologies(買収側)の狙い

リコルディは、不動産販売だけでなく、金融機関や弁護士・税理士など各分野の専門家によるコンサルティングにより個人のライフスタイルを多角的にサポートすることで、ユーザーから高い信頼を得ている。同社を子会社化することにより、GA technologiesのマーケットプレイスの商品ラインナップの拡充とユーザーのライフプランに寄り添う高付加価値なサービスの提供を目指すことができると判断して、株式取得および株式交換に至った。

GA technologiesの過去のM&A実績

同社は、2021年5月に株式取得、2021年6月に株式交換を実施して、パートナーズを完全子会社化している。取得価額は非公開。
売却側のパートナーズは、不動産をはじめとした資産運用の総合アドバイスを行なっている企業である。
M&Aの目的は、不動産事業の強化・拡大である。

不動産業界のM&A動向

不動産業界では、業界自体の規模縮小と競争の激化によって、業務効率化が図れない会社は、競合他社に負けてしまうケースが増えてきている。特に、ユーザーに対して幅広いサポートが可能な大手企業の力が強くなり、中小企業は厳しい状況にある。また、経営者の高齢化と少子化による後継者不足が相まって、事業承継問題も浮上している。
これらの背景から、特に中小企業において、M&Aにより大手企業のグループ傘下に入り事業を継続したり、事業譲渡によって後継者問題を解決したりする動きが活発化している。

不動産業界(不動産テック)のM&Aに関するお問い合わせはこちら

不動産業界(不動産テック)に関連するM&Aの記事

M&A総合研究所のM&A成約実績

不動産テックのM&A・事業承継
プレミアム案件・お役立ち情報