M&Aニュース

M&Aニュース

2022年01月20日

アルコニックスがジュピター工業を買収/金属加工事業のM&Aニュース

アルコニックスによるM&Aの概要

アルコニックス(東証1部 3036)は、M&Aによりジュピター工業の全株式を取得し連結子会社化すると発表した。株式取得予定日は2022年4月20日。取得価額は非公開。

アルコニックスとジュピター工業の会社概要

買収側のアルコニックスは、商社流通業と製造業を手掛ける企業である。商社流通業では、アルミニウム・銅などのベースメタルや電子機能材などのレアメタルの製品・原材料の輸出入・卸売を行なっている。製造業では、メッキ材・溶接材、非破壊検査装置・マーキング装置の製造・販売、切削加工部品・研削加工部品・金属プレス部品などの精密加工を行なっている。
 
会社名 アルコニックス株式会社
設立年月 1981年7月
資本金 30億円
代表者 井上 正人
所在地 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー12階
事業内容 非鉄金属、レアメタル、レアアースなどの製品・原材料の輸出入・販売 他
売上高 2,149億円(2021年3月期 連結)
公式サイト https://www.alconix.com/index.php

売却側のジュピター工業は、精密コネクタ金属端子部品のプレス加工、プレス金型の設計・製作を主な事業としている企業である。
 
会社名 ジュピター工業株式会社
設立年月 1973年1月
資本金 36百万円
代表者 畠山 長男
所在地 岩手県宮古市津軽石第14 地割97-2
事業内容 精密コネクタ金属端子部品のプレス加工、プレス金型の設計・製作 他
売上高 1,508百万円(2020年9月期)
公式サイト http://www.jpti.jp/

M&A当事会社であるアルコニックスは卸売・製造業界、ジュピター工業は製造業界に属している。

M&Aにおけるアルコニックス(買収側)の狙い

ジュピター工業の主力分野であるコネクター業界は、自動車の電装化・5G・IoT 関連の進展により需要が飛躍的に増加しており、市場はさらに進展することが予想される。また、同社の事業領域は、アルコニックスグループが成長の原動力と位置付けている分野であり、親和性が高い。同社を子会社化することにより、グループ内での連携や技術交流などの推進により新たなシナジー効果が期待され、グローバルな事業展開も可能となると判断して、株式の取得に至った。

アルコニックスの過去のM&A実績

同社は、2020年12月に、M&Aにより富士根産業の株式の95%を取得し連結子会社化している。取得価額は386百万円。
売却側の富士根産業は、空調・冷凍機器部品、自動車部品、IT機器部品、配管部品、 熱交換器などの製造・販売、鉄スクラップの販売を行なっている企業である。
M&Aの目的は、グループ内で製販一体の事業展開を行ない、金属加工分野におけるグローバル事業の展開を加速させる契機とすることである。

製造業界のM&A動向

製造業界では、「大手企業による中小規模の部品メーカーへのM&A」「IT化などの導入を行なうための異業種M&A」「本業を革新させるためのM&A」などの実施が目立っている。特に近年は大手企業による中小部品メーカーのM&Aが増加しており、大手企業が自社グループ内で一貫した製造を行なうための手段としてM&Aによる買収が活用されている。

製造業界のM&Aに関するお問い合わせはこちら

製造業界に関連するM&Aの記事

M&A総合研究所のM&A成約実績

業務・産業用機械製造会社のM&A・事業承継