【業績悪化の介護施設】後継者不在、従業員や入居者様のことを考えM&Aによる会社売却を実施

M&A概要

  • 譲渡企業

    業種
    介護施設運営
    売上
    8億円
    社長の年齢
    58歳
    譲渡理由
    業績悪化
  • 譲受企業

    業種
    介護施設運営
    売上
    30億円
    上場
    未上場
    譲受目的
    事業拡大
Img customer3A.K.さん(58)

時代に合わせた経営ができていないこと、年を取り経営者として事業推進力が低下していることを原因として、年々事業は縮小傾向にありました。

従業員が安心して働けること、入居者様が安心して暮らせることを第一に考え、経営を安定化させることを目的とし、大手企業の傘下に入ることを選択しました。

漠然とした不安の中、紹介いただいたM&A総合研究所様と二人三脚でM&Aの準備を進め、買い手先をご紹介いただき、6カ月という期間で会社の売却が決まりました。

交渉段階では、売却後も従業員の待遇を下げることをしないと約束して頂くなど、私の意見を反映して頂くこともできました。有難うございました。

M&A仲介サービスはこちら

M&A総合研究所では、国内最安水準の価格帯でM&A仲介サービスも実施しております。
M&Aを検討したいがアドバイザーが決まっていない場合や、プラットフォーム上に公開されていないプレミアム案件についてはこちらからお問い合わせください。M&A専門の会計士が親身になって相談にのります。

無料相談する