プレスリリース

2020年12月09日

プレスリリース

厳しい日本経済下での企業成長への手立について解説した資料「アフターコロナ時代に『超成長型企業』にする資金調達ノウハウ」を公開

株式会社M&A総合研究所( https://masouken.com/ )(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作、以下「当社」)は、アフターコロナ時代で企業を成長への手立てについて解説した資料「アフターコロナ時代に『超成長型企業』にする資金調達ノウハウ」を公開しました。

■資料作成の背景・目的

この10年で約200万人減となった人口減少に加え、2020年のコロナウイルス蔓延による、日本だけでなく世界同時多発的に経済活動の根幹を揺るがす事態となり、2030年代前半には”ゼロ成長”という中小企業にとって厳しい時代が到来します。現状維持の経営姿勢では衰退のシナリオに陥ってしまう危険と隣り合わせです。どうすれば成長へとベクトルを転じられるのか、その手立てや資金調達の方法についてご紹介します。
 

​■対象

○アフターコロナでの企業の成長の方法に悩んでいる方
○資金調達に方法に悩んでいる方
○資金調達の方法としてM&Aを検討されている方

■M&A資料の内容

Original
○​企業の成長を促す4つの手法と課題を紹介
企業の成長といっても、様々な方法があります。よく用いられる市場開拓・設備投資・人材採用・多角化について
メリット・デメリット・コストの目安を表形式でご紹介します。
○資金調達の4つの方法のメリットを紹介
成長に不可欠な資金調達について、公的機関の助成金・社債・ファンド・M&Aの4つの方ほについてメリット・デメリットを表形式でご紹介します。
〇M&Aで資金力を強化できる理由とアフターコロナでのM&Aについて
なぜM&Aで資金調達ができるかの理由と、2020年4月の調査で中小企業の約8割が「マイナス業績(見込み含む)」と答えているアフターコロナでのM&Aの需要についてをご紹介。他、M&Aでの資金調達以外でのメリッやよくあるお問い合わせについても紹介し、M&Aの戦略の一つとして検討することができます。
Original

■「アフターコロナ時代に『超成長型企業』にする資金調達ノウハウ」の入手方法

「アフターコロナ時代に『超成長型企業』にする資金調達ノウハウ」をお求めの経営者様は、以下の資料DLページ下部のフォームにご連絡先をご記入いただき、ご送信ください。ダウンロード用URLを自動メールで送付させていただきます。
https://masouken.com/documents/2

■関連リンク
・当社WEB記事:新型コロナによりM&Aマーケットはどうなる?業界別に解説!
https://masouken.com/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%A5%AD%E7%95%8C%E5%88%A5M&A%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%83%85%E5%8B%A2

【会社概要】
株式会社M&A総合研究所
事業内容:M&A仲介事業
資本金:4.1億円(資本準備金含む)
本社:東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
代表者:代表取締役CEO 佐上 峻作
HP: https://masouken.com/

【代表プロフィール】  
代表取締役CEO 佐上 峻作(さがみ しゅんさく)
神戸大学卒。
2015年に創業した株式会社メディコマをわずか1年で株式会社ベクトルに9.5億円で株式譲渡。その後、計10回以上の企業・事業買収を実施。自らのM&A経験を活かし、M&A総合研究所を創業。
M&A Tech(データとテクノロジーでM&Aマーケットを変革する)領域で譲渡企業や譲受企業のマッチングを加速させることで、日本の課題である事業承継問題の解決を促進し、日本企業と社会の発展を目指す。
プレミアム案件・お役立ち情報