プレスリリース

2021年01月18日

プレスリリース

PKSHA Technologyと業務提携〜最先端のアルゴリズム開発技術を用い、AIマッチングシステムの強化へ〜

Original
 この度当社は、自然言語処理(NLP)、画像認識、機械学習・深層学習技術に関するアルゴリズム開発を行う株式会社PKSHA Technology(代表取締役:上野山 勝也、以下「PKSHA」)との業務提携を締結いたしました。

■業務提携に至った経緯

日本では後継者不足のため廃業となる企業は少なくなく、将来的なGDPの減少や雇用喪失の危機に直面しています。近年では新型コロナウイルスの影響により、上記のような問題が一層問題視されています。

 2016年度に中小企業庁が実施した調査では、70歳以上の経営者は約245万人いることが分かっており、これは70歳未満の経営者のおよそ2倍に及びます。また、その内半数以上を占める127万人の経営者が「後継者が決まっていない」と回答しているのが現状です。(2016年度・総務省統計局「個人企業経済調査」、2016年度・株式会社帝国データバンク・企業概要ファイルより推計)

 その一方で、M&Aの年間成約数は約4,000件程度となっており、M&Aは事業承継問題を解決できる有効な選択肢であるにもかかわらず、現状では十分に活用できておりません。その理由は、買い手候補の調査・成約のために要する業務が属人的・非効率であること、1案件の発生~成約の期間が約1年間に渡ること、担当者1名が対応可能な案件が通常2件弱であること、等が挙げられます。

 経営者が向き合う事業承継問題を解決する役割を担うべく、当社では、独自のAIアルゴリズムの活用とDXを推進しております。これにより、成約までのフローを効率化・コスト削減することで、完全成功報酬型のM&Aを実現し、譲渡企業様の負担を可能な限り軽減いたします。

■今回の取組内容

 以上のような経緯で、当社は事業プロセスの効率化・顧客負担の軽減を実現させる独自のAI活用ソリューションの開発を促すため、自然言語処理技術(NLP)のアルゴリズムを扱うPKSHAとの業務提携の締結に至りました。

 今回の業務提携の締結により、自然言語処理(NLP)アルゴリズムを搭載したPKSHA Algorhim Moduleの提供を受けることで、当社のAI技術開発はさらに促進されます。より詳細なレベルの企業分析が可能になることで、高いシナジーを生む企業様同士のマッチングや、AIだからこそ可能な異業種のマッチングの精度はさらに高くなる見込みです。

 M&A総合研究所では、案件成約までのさらなる最適化に尽力してまいります。
Original
【株式会社PKSHA Technology概要】
会社名:株式会社PKSHA Technology
事業内容:アルゴリズムライセンス事業
本社:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル
代表者:代表取締役 上野山 勝也
プレミアム案件・お役立ち情報