プレスリリース

2020年10月19日

プレスリリース

病院・クリニック業界のM&A戦略・事業承継について解説した資料「労務管理・設備投資の問題が積み上がる病院・クリニックの賢いM&A戦略」を公開

株式会社M&A総合研究所( https://masouken.com/ )(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作、以下「当社」)は、病院・クリニック業界のM&A戦略・事業承継を解説した「労務管理・設備投資の問題が積み上がる病院・クリニックの賢いM&A戦略」を公開しました。

■資料作成の背景・目的

病院・クリニック業界では、医療サービスへの需要が急速に高まっている一方で、医師・看護師不足が深刻化しています。また、病院は他の業界と比べて設備投資の金額が非常に高い業界でもあります。有資格者の確保・労務管理と十分な設備投資を同時に進めていくのは非常に困難ですが、これを実現できる経営戦略としてM&Aがあります。
本資料では、病院・クリニックの経営者に向けて、業界の現状を明らかにしたうえで、課題解決の手段であるM&A・事業承継について紹介しております。当社部長であり、医療領域のM&Aに特化してきた辻の監修のもと、業界情報からM&A事例まで解説する資料を作成いたしました。

■対象

○有資格者不足・設備投資に悩む病院・クリニック経営者
○後継者問題を抱えている病院・クリニック経営者
○病院・クリニックのM&A戦略に興味のある方

■M&A資料の内容

Original
○​病院・クリニック業界の現状をデータやグラフを交えて解説
有資格者の確保問題や医療制度の改正、診療報酬・介護報酬の改定といった様々な問題に圧迫される病院・クリニック業界の現状をグラフを使用しながら解説しています。

○病院・クリニック業界におけるM&Aのメリットや事例を紹介
M&Aが活発になっている病院・クリニック業界の事例や評価されやすい医療施設の特徴を解説しています。業界特有の承継問題やM&A事例など、監修者である専門アドバイザーが自身の経験・知見を踏まえて、コメントを執筆しています。 

本資料をお読みいただければ、病院・クリニック業界の現状を把握することができ、M&Aを戦略の一つとして検討することができます。

■「労務管理・設備投資の問題が積み上がる病院・クリニックの賢いM&A戦略」の入手方法

「労務管理・設備投資の問題が積み上がる病院・クリニックの賢いM&A戦略」をお求めの病院経営者様、院長様は、以下の資料DLページ下部のフォームにご連絡先をご記入いただき、ご送信ください。
https://masouken.com/documents/12

ダウンロード用URLを自動メールで送付させていただきます。

■監修者のプロフィール

Original
辻 亮人 株式会社M&A総合研究所 企業情報第一部 部長

立命館大学大学院卒業後、大和証券に入社。上場企業を中心に資本政策のコンサルティングに従事する。
その後、大手M&A仲介会社において、事業承継や戦略的な成長を目指すM&Aを成約に導く。
M&A総合研究所では、病院・介護施設・調剤薬局などの医療領域に特化し、経営者が抱える業界特有のお悩みに寄り添い、M&Aがより良いものになるよう邁進している。

■関連リンク
・病院・医療法人特設ページ
https://masouken.com/lp/hospitalmedical
・当社WEB記事:病院・医療法人のM&A(売買)動向・価格相場【最新事例あり】
https://masouken.com/医療法人・M&A

【会社概要】
株式会社M&A総合研究所
事業内容:M&A仲介事業
資本金:4.1億円(資本準備金含む)
本社:東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
代表者:代表取締役CEO 佐上 峻作
HP: https://masouken.com/

M&A総合研究所のM&A成約実績

資料ダウンロード
プレミアム案件・お役立ち情報