M&A総研の4つの強み

①M&A仲介手数料が業界最安水準である
②M&Aが決まるまでのスピード感
③会計士専任のフルサポート体制
④独自のAIシステムによる高いマッチング精度

会社名強み手数料スピード感サポート力プラットフォーム
M&A総合研究所・手数料が業界最安水準
・会計士が専任フルサポート
・圧倒的スピード感
・日本最大のM&Aメディア運営
着手金:0円
中間報酬:0円
成功報酬:レーマン方式-1%
最低成功報酬:1500万円
3〜6ヶ月公認会計士専属あり
M&A仲介会社A・人的ネットワークが強い
・優秀な営業マンが多い
着手金:100万円〜
中間報酬:数千万円程度
成功報酬:レーマン方式
最低成功報酬:2500万円
6ヶ月程度〜

営業マン

なし
M&A仲介会社B・ネット集客に近い着手金:50〜500万円
中間報酬:数千万円程度
成功報酬:レーマン方式
最低成功報酬:500万円
6ヶ月程度〜

営業マン

あり
M&A仲介会社C・人的ネットワークが強い着手金:0円
中間報酬:成功報酬の10%
成功報酬:レーマン方式
最低成功報酬:2000万円
6ヶ月程度〜

営業マン

なし
M&A仲介会社D・ネット集客に強い着手金:0円
中間報酬:0円
成功報酬:レーマン方式
最低成功報酬:500万円
6ヶ月〜1年

営業マン

なし

強み①M&A仲介手数料が国内最安値水準

M&A総合研究所の強みに関してのページです。M&A総研は4つの強みを武器にしています。

①着手金
②中間報酬
③仲介手数料
④最低成功報酬

「着手金」とは、M&A仲介会社にM&A仲介を依頼する時に、まず初めにかかるお金になります。通常、M&A仲介会社にM&Aをお願いすると、100〜500万円以上の着手金がかかります。M&A総合研究所では、お客様のことを第一に考え着手金完全無料にしております。

「中間報酬」とは、M&Aの基本合意を結んでデューデリジェンスをするタイミングで成功報酬の数十%をM&A仲介会社に支払う報酬になります。M&A総合研究所では中間報酬を完全無料にしております。(買い手企業様は基本合意時点で中間金を申し受けます)

「成功報酬」とは、M&Aが決まった際にM&A仲介会社に支払う手数料となります。M&A総合研究所ではこの成功報酬をレーマン方式からマイナス1%した業界最安値に設定しております。通常はレーマン方式という、方式で手数料の支払いが生じます。

レーマン方式とは

譲渡企業の時価総額に応じて以下のような、料金テーブルに従って手数料が発生します。

譲渡企業の時価総額料率
5億円以下の部分5%
5億円超 10億円以下の部分4%
10億円超 50億円以下の部分3%
50億円超 100億円以下の部分2%
100億円超の部分1%

例えば、通常のM&A仲介会社で15億円の時価総額の会社を売却する際の成功報酬は以下のような計算になります。

他社でのの成功報酬

M&A総合研究所で15億円の会社を売却する際の成功報酬は以下のような計算になります。

M&A総合研究所でのの成功報酬

圧倒的に手数料が安くなっております。

※他社様よりも高い場合はご相談ください。同額以下にさせていただきます。

また、プラットフォームに関しては、業界初の「譲渡企業様」「譲受企業様」の手数料完全無料となっております。

プラットフォーム手数料に関して>>

手数料が最安値価格帯の理由

M&A総合研究所の仲介手数料が圧倒的に安いには理由があります。

M&A総合研究所では徹底的なM&Aの非効率業務をすべてシステム化しております。
独自のデータベースから過去のM&Aデータを解析して、AIシステムでマッチングする可能性が高い会社を分析し選出しています。

また、M&A総合研究所が運営する「M&Aプラットフォーム」「日本最大級M&Aメディア」から、売り手や買い手のニーズを日々取得しているため、より効率的に短期間でマッチングをすることができています。

このシステム化により、人件費の削減ができているためM&A仲介手数料を最安値の価格帯で提供できています。

強み②M&Aのスピード感

M&A総合研究所は圧倒的なスピード感を持って、M&Aの成功に導きます。

通常のM&A会社では一般的に着手からクロージングまで平均6ヶ月〜1年以上かかりますが、M&A総合研究所では独自のネットワーク、独自のAIシステムを使い少数精鋭で集中して動くため平均3〜6ヶ月でクロージングします。

スピードが早い理由

①全国の金融機関、公認会計士、税理士事務所とのネットワークがあるため。
②M&Aプラットフォーム・日本最大級のM&Aメディアから日々変わるM&Aニーズを取得し、AIシステムで譲渡企業に興味のある企業を絞り込めるため。
③経験豊富な会計士が多数在籍しているため、企業価値算定、デューデリジェンスや交渉にかかる時間を短縮できるため。

強み③会計士が専任でフルサポート

通常のM&A会社の場合、M&A経験や会計知識が豊富な担当者がつくとは限りません。
実はM&Aは特別な資格がなくても誰でも扱える仕事であり、資格のない仕事で誰でもあり、ほとんどの会社では国家資格のない営業マンがM&A仲介をしているのが現実です。

M&Aの成約を最優先するあまり、適正な価格での譲渡を行えない、売却後の事業や社員のことが後回しとなるM&Aが行われることがあります。

M&A総合研究所では、M&A仲介をする際にサポートメンバーとしてM&Aを専門とする会計士1名を必ず、専任として付き親身になってサポートいたします。

M&A総合研究所運営メンバー>>

以下、実際のお客様の声をご紹介いたします。

  • M&A総合研究所に依頼してから、4ヶ月で希望額でM&Aすることができました。M&A総研さんは全国に公認会計士ネットワークがあり1ヶ月経たずに譲渡先の企業様を見つけていただきました。
    担当していただいた小泉さんには、相続の話などの相談にも乗っていただき、親身に寄り添っていただき本当に感謝しています。
  • 実は他のM&A仲介会社を使っていましたがなかなか、決まらなかったためM&A総研さんに依頼しました。プラットフォーム経由で1週間で買い手様を見つけていただき、その1社の面談のみでM&Aが決まりました。
    やはり会計士の先生がM&A交渉の先頭に立っていただけるので、非常に安心感がありました。M&Aの経験が豊富なため、デューデリジェンスから契約締結まで非常にスムーズに進み、安心してお任せできました。

強み④独自のAIシステム

M&A総合研究所では、M&Aプラットフォームと国内最大級のM&Aメディアを運営しており、独自の買いニーズ、売りニーズを日々取得しています。そのデータと過去のM&Aデータを元に譲渡企業と譲受企業のマッチングの精度を上げる独自のAIシステムを作っております。

M&A仲介サービス

M&A総合研究所では、国内最安水準の手数料値の価格帯でM&A仲介サービスも実施しております。興味がある方は、まずはお気軽にお問い合わせください。M&A専門の会計士が親身になって相談にのります。

無料相談してみる

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら