医院継承の成功事例を紹介!失敗/トラブルになるポイントは?カルテは引継ぐ?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

多くの場合、医院継承はスタッフ/カルテを引き継ぐことにより、スムーズにクリニックを開業することができます。その一方で、トラブルが起こることもあるため注意が必要です。本記事では、医院継承の成功事例の紹介と、トラブルのポイントやカルテ引き継ぎに関して解説します。

目次

  1. 医院継承とは
  2. 医院継承の成功事例
  3. 医院継承の失敗/トラブルになるポイント
  4. 医院継承の際はカルテを引継ぐ?
  5. 医院継承による開業のメリット・デメリット
  6. 医院継承の相談は仲介会社がおすすめ
  7. まとめ
  • 病院・医療法人のM&A・事業承継

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 医院継承とは

医院継承とは

出典:https://pixabay.com/ja/

医院継承とは、開業している医院・クリニックを譲渡・譲受する承継手段をいいます。

譲渡側はクリニックの存続やスタッフ/カルテの引き継ぎ、譲受側は開業コストの削減、を始めとした様々なメリットがあることから注目を集めています。本記事では、主に譲受側から見た医院継承について解説します。

医院継承とはどんな形?

医院継承とは、取得対価を支払うことで既に開業しているクリニックの経営権を継承するものです。

新規クリニック開業には、土地/建物/医療設備などの多大なコストが伴うため、医師が自分のクリニックを持つことはハードルが高いとされています。

しかし、医院継承の場合は譲渡側が引退を考えているケースが多いため、経営権と共に設備/スタッフ/カルテなどを丸ごと引き継ぐことが多いです。

医院承継は、初期コストを大きく抑えてスムーズに開業できる点が大きな特徴です。一定の患者の確保や初期コストの低減などのメリットがあるため、安定した開業を目指す新規開業医師からの需要が増加しています。

医院継承は時代に即している?

医院継承が増加している理由の1つに、クリニックオーナーの高齢化があります。厚生労働省が2年おきに実施している「医師・歯科医師・薬剤師調査」からも、医師の高齢化が進んでいることがよくわかります。

高齢化によって経営が難しくなった場合、クリニックの廃業を検討することもあります。しかし、患者への影響を考えると極力クリニックを存続させたいというのが本音です。

2つ目の理由は、医師数の増加です。全国のクリニック数に対して医師数が増加しつづけることで、勤務医としてのポストが危ぶまれている背景があり、自分のクリニックを持とうと開業医を目指す医師が増えています。

こういった時代背景も相まって、医院継承は時代に即していると考えられ、クリニックの開業手段の1つとして今後も増えていくと予測されます。

【関連】医院継承の手続き・流れを徹底解説!親子間承継は得?

2. 医院継承の成功事例

医院継承の成功事例

出典:https://pixabay.com/ja/

この章では、医院継承の成功事例を譲渡側と譲受側それぞれの視点から紹介します。医院継承を行う目的や継承後の経営状態などをみていきましょう。

【医院継承の成功事例】

  1. 地域医療への貢献を求めて
  2. スタッフを継続して雇用
  3. 閉院期間1週間の円滑な医院継承
  4. 都内クリニックの医院継承
  5. 盛業中のカルテをそのまま引き継ぎ
  6. 長い経営実績をもつ医療法人
  7. 産科のMS法人化
  8. 後継者不在の透析内科

1.地域医療への貢献を求めて

医院継承の成功事例1つ目は、地域医療への貢献を求めた医院継承です。

元々は勤務医として地元の地域医療に貢献したいとクリニックを探していた所、後継者を探しているクリニックの存在を知り、医院継承に踏み切ったという内容です。

譲渡側の患者さんを任せることができる後継者探しと、譲受側の地域医療への貢献という熱意が一致したことで円滑に話が進み、短期間の医院継承が実現しました。

2.スタッフを継続して雇用

医院継承の成功事例2つ目は、スタッフ継続雇用の医院継承です。強い開業願望を持ちながら勤務医として働いていた所、自宅から通える距離にあるクリニックが後継者を探していることを知り、医院継承を決意したケースです。

クリニックオーナーは高齢化ながらも意欲的に診療を続けていたため、盛業状態のまま医院継承が実現しました。

クリニックと共にスタッフも継続雇用することで経営状態に大きな変化やトラブルもなく医院継承後も順調ということです。

3.閉院期間1週間の円滑な医院継承

医院継承の成功事例3つ目は、閉院期間1週間の円滑な医院継承です。当初は低コストの新規クリニック開業を漠然と検討していた所、コンサルタントと定期的な面談によって重視したいポイントが徐々に明確になり良好な案件が見つかったケースです。

譲渡クリニックは比較的新しく、軽微なリフォームで対応可能だったこともあり、閉院期間は1週間という形になりました。

そのため、ほとんどの患者さんを引き継ぐことが実現し、医院継承前後で患者数に変動はないとのことです。

4.都内クリニックの医院継承

医院継承の成功事例4つ目は、都内クリニックの医院継承です。医療ニーズの高い地域のクリニックを探していた所、都営マンションの1階部分で営業している内科・外科クリニックが後継者を求めていることを知り、医院継承へと踏み切ったケースです。

オーナー交代に伴い、検査の充実や新しい治療法の導入が図られ、患者満足度が大きく向上し診療単価の増加にも繋がったといいます。

継承後はトラブルもなく順調な経営状態であり、クリニックを拡充してCTを導入することも検討しています。

5.盛業中のカルテをそのまま引き継ぎ

医院継承の成功事例5つ目は、盛業中のカルテを引き継いだ医院継承です。開業を考えていた所、良い条件のクリニックがあることを知り、医院継承に踏み切ったケースです。

当時は隣の県だったということですが、比較的近いこともあり、転居に抵抗はなかったといいます。

継承するクリニックは開業7年で外来も平均60人と盛業状態でした。診療科目は内科・外科・脳神経外科と複数でしたが、クリニック内には診察室が2つあったことから、並行して診療しながら患者のスムーズな引き継ぎができたとのことです。

6.長い経営実績をもつ医療法人

医院継承の成功事例6つ目は、長い経営実績をもつ医療法人です。譲渡対象のクリニックは代々家系で引き継いできたクリニックです。

ご子息は自身の医院を立ち上げたことから第三者への医院継承を決めましたが、代々続いてきたクリニックは重く見られてしまうためか、適任者を見つけることはできませんでした。

結局、ご家族が施設の管理会社を立ち上げて他の医療法人を誘致するという形で、医院継承が行われることになりました。

7.産科のMS法人化

医院継承の成功事例7つ目は、産科のMS(メディカルサービス)法人化です。地元の北海道で開業してから長く経営してきたが、クリニックの建物老朽化によって病棟の建て替えを検討していました。

当初は医療法人で建築を予定していましたが、経過措置医療法人は持分がなくなることや将来的にご子息が継承するかはまだ分からない段階であるため、医療法人での取得はしませんでした。

結果、所得税や相続税の分散などの税制面によるメリットがあるMS法人にすることになり、高額投資となる建物建築に関わる税金処理は、会計事務所と連携して対処していくとしています。

8.後継者不在の透析内科

医院継承の成功事例7つ目は、後継者不在の透析内科です。秋田県内で比較的早い段階で透析内科クリニックを開業して以来、順調に業績を伸ばしてきたものの、身内に後継者は居らず第三者への医院継承を決断しました。

親族に継承することはできなかったものの、好業績のクリニックのオーナーは功績を認められて、高額の退職金を取得することができました。

継承されたクリニックは、一部老朽化している箇所のリフォームなどを行い、順調に経営しているとのことです。

【関連】病院/医療法人の事業承継の成功事例15選!ポイントや注意点を解説!

3. 医院継承の失敗/トラブルになるポイント

医院継承の失敗/トラブルになるポイント

出典:https://pixabay.com/ja/

前項では医院継承の成功事例を紹介しましたが、必ずしも成功するわけではありません。事業の引き継ぎばかりに気を取られていると思わぬトラブルを招いてしまうこともあります。

こちらの章では、医院継承の失敗/トラブルになるポイントを解説します。これらのポイントを抑えておくことは、医院継承の成功率を上げることに繋がるため順番にみていきましょう。

【医院継承の失敗/トラブルになるポイント】

  1. 患者離れを防ぐ
  2. 継承する医院を調査する
  3. 診療スタイルや理念を理解する
  4. 引き継いだスタッフとの関係
  5. 専門家に相談する

1.患者離れを防ぐ

医院継承の失敗/トラブルになるポイント1つ目は、患者離れを防ぐことです。医院継承を行う目的の1つに、患者を引き継ぐことが挙げられます。

しかし、クリニックオーナーが入れ替わることで「クリニックの経営状態が悪くなっているのでは」という不安により、患者がクリニックを離れてしまうケースがあります。

患者が一度受けた心理的なマイナス印象の解消することは、並大抵のことではありません。

最新の医療機器を導入して以前よりも質の良い診療をという信念を優先する後継者もいますが、まずは患者への医院継承の旨を伝えることがトラブルを避けるための重要なポイントになります。

また、医院継承前から患者の診察などを行い面識を持っておくことも大切です。「急に取って代わったオーナー」ではなく「肝いりの後継者」であることを患者に対してアピールしましょう。

2.継承する医院を調査する

医院継承の失敗/トラブルになるポイント2つ目は、継承する医院の調査しておくことです。

医院継承は、経営権と共に建物/設備などを引き継ぎすることで、初期コストを大きく抑えることができる開業手段です。

しかし、肝心の建物/設備が老朽化が激しい場合、経営や診療にトラブルが起こることも考えられるため、医院継承前には入念な調査が求められます。

特に、医院の開業年数や建物の経過年数、設備の機能や老朽化に注意する必要があるでしょう。

また、医院継承の理由についても確認しておくことが大切です。周辺医院との競合や患者/スタッフとのトラブルによるものの場合、医院継承後の経営状態に悪影響を及ぼしかねません。

3.診療スタイルや理念を理解する

医院継承の失敗/トラブルになるポイント3つ目は、診療スタイルや理念を理解することです。

医院継承を望むオーナーの中には、診療スタイルや理念の引き継ぎを希望されているケースもあります。

これらを満たしてくれる後継者にこそクリニックを譲りたいと考えていることも多く、相違がある場合トラブルに発展することもありえます。

また、診療スタイルや理念を大きく変えてしまうと患者への影響も不安視されます。以前との方針の違いに不安を抱いた患者とのトラブルや、最悪の場合はほかのクリニックに移ってしまうことも考えられるためです。

特別なこだわりを除き、診療スタイルや理念を極力引き継ぐようにして、無用なトラブルを避けたほうがよいでしょう。

4.引き継いだスタッフとの関係

医院継承の失敗/トラブルになるポイント4つ目は、引き継いだスタッフとの関係です。

医院継承後にスムーズに開業するために、スタッフも継続して雇用することが一般的です。しかし、相性や診療方針の違いなどから、スタッフ間のトラブルが起きてしまうことも考えられます。

これらのトラブルを防ぐためにも、全てのスタッフとの個別面談の場を設けて経営・診療方針について話し合っておく必要があります。

個別面談の結果次第では、新しくスタッフを追加雇用したほうがよいケースもあります。状況に応じて必要となるスタッフ確保をしておくことは、診療現場のトラブルを避けることにも繋がります。

5.専門家に相談する

医院継承の失敗/トラブルになるポイント5つ目は、専門家へ相談することです。

医院継承の失敗/トラブルの原因の多くは、準備不足によるものがほとんどです。ここまで解説した内容も、事前に入念な準備を行っておけば防ぐことが可能です。

しかし、医院継承には多くの手続きや交渉が伴うため、事業の引き継ぎに気を取られてしまい、大切なポイントには気が回らないこともあるでしょう。

このような時、専門家に相談すると適切なアドバイスを受けることができるため、円滑な医院継承と無用な失敗/トラブルを避けることができます。

6.医院継承のご相談はM&A総合研究所へ

医院継承はいくつかのポイントを抑えておかなければ、失敗/トラブルに繋がってしまうケースが多く存在しています。これらの問題のほとんどは専門家によるサポートを受けることで対処することが可能です。

M&A総合研究所は、数々の病院/医療法人のM&A仲介実績から、多数のクリニックとのネットワークを構築しているため、地域・経営状態・譲渡価格などの条件を考慮したクリニックをご紹介することが可能です。

案件ごとに、アドバイザー・会計士・弁護士が3名体制でフルサポートいたしますので、安心して医院承継を進めることが可能です。

無料相談は24時間お受けしていますので、医院継承を検討の際は、M&A総合研究所までお気軽にご連絡ください。

【関連】病院・医療法人のM&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

4. 医院継承の際はカルテを引継ぐ?

医院継承の際はカルテを引継ぐ?

出典:https://pixabay.com/ja/

医院継承の関心事の1つとして、カルテの引き継ぎがあります。診療内容が記載されているカルテを引き継ぎできるかどうかは、その後の診療に大きく影響を及ぼします。

しかし、昨今では個人情報の扱いが厳しくなってきていることも考慮しなければなりません。こちらの章では、医院継承の際のカルテの引き継ぎに関して解説します。

1.医院継承に伴うカルテの引き継ぎは認められている

個人情報の扱いは慎重になってきている背景があり、医院継承のカルテの引き継ぎの扱いに関しては厚生労働省の「医療・介護関係事業者における個人情報保護の適切な取扱いのためのガイドライン」に明記されています。

通常、第三者への個人情報提供は禁止されている行為ですが、第23条第4項第2号に「合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合」という特例が設けられています。

適切な医院継承が行われ、その後の経営に必要である情報であれば、患者の同意がなくてもカルテの引き継ぎは認められています

2.患者の同意取り付けも重要

医院継承に伴うカルテ引き継ぎは法的に認められているものでした。しかし、実際にカルテ引き継ぎを行う際は、患者の同意を取り付けておくことをおすすめします。

法的には認められていても、無断のカルテ引き継ぎは患者の意思を無視する行為とも受けられかねません。

後々のトラブルを避けるためにも、カルテ引き継ぎの必要性を説明した上で患者の同意を得ておくことが重要です。その際、内容について覚書を交わしておくことで、トラブルが発生した時も応対しやすくなります。

【関連】病院/医療法人の売却・売買マニュアル【案件/相場情報あり】

5. 医院継承による開業のメリット・デメリット

医院継承による開業のメリット・デメリット

出典:https://pixabay.com/ja/

こちらの章では、医院継承による開業のメリット・デメリットを解説します。新規開業にはない承継起業ならではのメリット、そして事前に把握しておかなければトラブルになりかねないデメリットをみていきましょう。

メリット

医院継承による開業のメリットは主に下記の4点が挙げられます。

【医院継承による開業のメリット】

  1. すでに利用者・患者がいる
  2. 実績があるため事業計画が立てやすい
  3. 医療器具や設備が整っている
  4. 従業員が引き継げる

1.すでに利用者・患者がいる

医院継承による開業のメリット1つ目は、すでに利用者・患者がいることです。新規開業の場合は不安要素の1つに集患の問題があります。

大きなコストをかけてクリニックを開業しても、患者が集まらなければ資金を回収できず、そのまま廃業ということにもなりかねません。

その点、医院継承であれば患者をそのまま引き継ぐため、開業と同時に一定の収入を見込めるというメリットがあります。

事業の立ち上げには多くの困難が伴いますが、そのなかでも患者の問題をクリアーしている点は、大きなアドバンテージといえるでしょう。

2.実績があるため事業計画が立てやすい

医院継承による開業のメリット2つ目は、実績があるため事業計画が立てやすいことです。

新規開業による実績ゼロからスタートする場合、今後の事業展開について不透明になりがちで、目標や計画・過程などを立てにくい傾向にあります。

また、融資を受ける場合にも実績は大きな指針となるので、リフォームや設備にかける資金などを工面できるという点でも、クリニックとしての実績があることは大きなメリットとなるでしょう。

3.医療器具や設備が整っている

医院継承による開業のメリット3つ目は、医療器具や設備が整っていることです。

医院を開業するためには建物の他に医療器具/設備を整える必要があります。医療器具は精密機械も多く、ゼロから全てを揃えようとすると多大なコストがかかってしまいます。

医院継承では、医療器具/設備もそのまま引き継ぐことが一般的なので、新しく購入するものは必要最小限に抑えることが可能です。

4.従業員が引き継げる

医院継承による開業のメリット4つ目は、従業員が引き継げることです。医院継承後も変わらず経営を続けていくためには、医師/看護師などの従業員の力が必要不可欠です。

新しく求人を出す場合はその分のコストを支払う必要があり、望むような人材が見つかる保証もありません。

その点、以前から従事していた従業員を継続雇用できる医院継承であれば、クリニック内の勝手も分かっているため医院継承後の診療も問題なく行えるでしょう。

また、従業員が変わることで患者とのトラブルが発生するケースも見受けられます。患者に与える影響という点でも従業員の面々が変わらないことは大切な要素の1つです。

【関連】病院・医療法人のM&A(売買)動向・価格相場【最新事例あり】

デメリット

医院継承による開業のデメリットは主に下記の4点が挙げられます。

【医院継承による開業のデメリット】

  1. 患者離れが起こる可能性
  2. 施設や器具の老朽化
  3. 資金が必要
  4. 過去の医療ミスなどが発覚する可能性

1.患者離れが起こる可能性

医院継承による開業のデメリット1つ目は、患者離れが起こる可能性があることです。

これは、医院継承に伴い患者を引き継いだものの、クリニックのオーナーが変わることへの不安や医院継承後の診療方針への不満などから、患者がほかのクリニックに移ってしまうという問題です。

患者の引き継ぎは大きなメリットである反面、デメリットにもなりえるデリケートな問題でもあります。

そのため、医院継承前の経営・診療方針の引き継ぎの徹底や、患者への予告・説明を徹底しておく必要があるでしょう。

2.施設や器具の老朽化

医院継承による開業のデメリット2つ目は、施設や器具の老朽化です。医院継承前の施設/器具をそのまま利用できるメリットがありますが、老朽化が進んでいるとまともに機能しないというデメリットもあります。

これらを事前に把握していれば、リフォームや設備投資の出費を計算しておくこともできますが、想定外の出費になると医院継承後の経営に影響を及ぼしかねません。

継承後も変わらず利用できるかどうか、施設/器具の老朽化具合に注意しておきましょう。

3.資金が必要

医院継承による開業のデメリット3つ目は、資金が必要である点です。医院継承の場合、建物/設備/従業員などの経営に必要となる財産を引き継ぐことで、初期コストを大きく抑えることが可能です。

しかし、取得対価の支払いや交渉に関わる費用など、算出しにくい出費が伴うことも事実であり、最終的に必要となるコストの明瞭化が難しいことがデメリットといえるでしょう。

この問題に対処するには、専門家に依頼することをおすすめします。正確な資産価値の算出や交渉の仲介役など医院継承に必要となる業務を任せることができます。

4.過去の医療ミスなどが発覚する可能性

医院継承による開業のデメリット4つ目は、過去の医療ミスなどが発覚する可能性がある点です。

医院継承は、クリニックの経営状態や抱えているリスクを全て公開した上で行うことが一般的です。これらを加味した上で適正な資産価値を算出しなければ、正しい取引を行うことができないためです。

しかし、過去の医療ミスなどのリスクを意図的に隠蔽する悪質な相手が存在していることも事実です。当事者間で医院継承を行おうとすると、トラブルが起こりがちになってしまいます。

リスクを避けるためには、デューデリジェンス(資産価値の査定/リスクの調査)を行う必要があります。専門家によって、収益性/リスクを考慮した上で算出されるため、最終的な譲渡価格を決定することになります。

【関連】病院・医療法人のM&A・買収・売却!価格相場やスキーム・手法を解説!【成功事例あり】

6. 医院継承の相談は仲介会社がおすすめ

医院継承の相談は仲介会社がおすすめ

出典:https://pixabay.com/ja/

医院継承の失敗/トラブルになるポイントや医院継承による開業のデメリットは事前に把握しておかなければ、医院継承後にトラブルを招いてしまうことになります。

特に継承対象であるクリニックの資産価値の査定や取引相手との交渉は専門家による仲介が必要不可欠です。他にも複雑な手続きも多く、当事者間で進めようとすると失敗してしまう可能性も高くなってしまうでしょう。

M&A総合研究所では、M&A・事業承継のアドバイザリー業務を請け負っています。医療業界に明るい専門家が在籍しているため、クリニックの適正な資産価値の査定を始めとした円滑な医院継承をサポートいたします。

料金体系は完全成功報酬を採用しています。成約するまで一切の費用がかからないため、医院継承に必要となる費用が初期段階で明瞭化させることが可能です。

無料相談は24時間お受けしていますので、医院継承のご相談は、お気軽にM&A総合研究所にご連絡ください。

【関連】病院・医療法人のM&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

医院継承は、譲渡側・譲受側どちらにとっても多くのメリットがある方法です。医師の高齢化によって事業引き継ぎを望むオーナーや、全国的な医師の増加によって開業医を目指す医師など、時代の流れも相まって今後も医院継承の動きは活発になると考えられます。

【医院継承の成功事例】

  1. 地域医療への貢献を求めて
  2. スタッフを継続して雇用
  3. 閉院期間1週間の円滑な医院継承
  4. 都内クリニックの医院継承
  5. 盛業中のカルテをそのまま引き継ぎ
  6. 長い経営実績をもつ医療法人
  7. 産科のMS法人化
  8. 後継者不在の透析内科

【医院継承の失敗/トラブルになるポイント】

  1. 患者離れを防ぐ
  2. 継承する医院を調査する
  3. 診療スタイルや理念を理解する
  4. 引き継いだスタッフとの関係
  5. 専門家に相談する

【医院継承による開業のメリット】

  1. すでに利用者・患者がいる
  2. 実績があるため事業計画が立てやすい
  3. 医療器具や設備が整っている
  4. 従業員が引き継げる

【医院継承による開業のデメリット】

  1. 患者離れが起こる可能性
  2. 施設や器具の老朽化
  3. 資金が必要
  4. 過去の医療ミスなどが発覚する可能性

医院継承の失敗/トラブルの原因のほとんどは、事前の入念な準備によって回避することが可能です。特に専門家によるサポートを受けることは、無用なトラブルを避けることに繋がり、円滑に医院継承を進めことができます。

M&A総合研究所では、医院継承に関する相談を24時間お受けしています。医院継承を検討されている方はお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
病院・医療法人のM&A・事業承継