M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語った「超高速M&A」とは?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 M&Aアドバイザー
鎌田 実築

M&A総合研究所は、M&A業界が抱えている課題解決方法として「超高速M&A」を導入し、注目を集めました。本記事では、M&A総合研究所の代表がForbes(フォーブス)で語った「超高速M&A」の仕組みについて、フォーブスの記事内容と共に紹介します。

目次

  1. M&A総合研究所は完全成果報酬制のM&A仲介会社
  2. M&A総合研究所の代表者
  3. M&A総合研究所がフォーブスで語った「超高速M&A」とは
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. M&A総合研究所は完全成果報酬制のM&A仲介会社

M&A総合研究所は完全成果報酬制のM&A仲介会社

M&A総合研究所は完全成果報酬制のM&A仲介会社であり、短期間でM&Aを成立させる超高速M&Aで注目を集めています。

なぜM&A総合研究所では超高速M&Aが可能なのか、M&A総合研究所の代表である佐上がForbes(フォーブス)のインタビューで明かした内容を紹介します。

完全成果報酬制のM&A仲介会社とは

通常M&A仲介会社にサポートを依頼すると、着手金・中間金・月間報酬・成功報酬などの手数料がM&Aの過程で発生します。

完全成功報酬制とは、M&Aの過程で発生する手数料をすべてなくし、M&Aが成功した場合にのみ手数料を支払う料金体系であり、M&A総合研究所ではこの完全成功報酬制を採用しています。

支払額はM&A仲介会社によって異なりますが、M&A仲介会社とアドバイザー契約を締結した際に支払う着手金は最低でも数十万円以上支払うケースが一般的です。

また、基本合意書締結時点で支払う中間金は、多くの場合、成功報酬の10%~20%に設定されています。

M&A総合研究所では、徹底した業務の効率化によって無駄なコストを省き、完全成功報酬制を実現しています。

【関連】株式譲渡の費用・手数料まとめ!譲渡所得と税金も解説!

M&A総合研究所を利用するメリット

フォーブス掲載記事では、M&A総合研究所の超高速M&Aを紹介していますが、そのほかにも以下5つの特徴があります。

【M&A総合研究所の特徴】

  1. 完全成功報酬制の料金体系
  2. 多業種に渡る豊富なM&A支援実績
  3. 短期間でのM&A成約を実現する超高速M&A
  4. 希望価格以上での会社売却サポート
  5. M&A専門の公認会計士と弁護士によるフルサポート

1.完全成功報酬制の料金体系

M&A総合研究所では完全成功報酬制の料金体系を採用しています。完全成功報酬制であれば、依頼者はM&Aが成立しなければ手数料を支払う必要がありません。

また、着手金をもらうために無理やり契約を取る必要がないので、M&A総合研究所の担当者は依頼者に対して、想定される売却金額や売却可能性を正直にお伝えします。

2.多業種に渡る豊富なM&A支援実績

M&A総合研究所の代表はスタートアップ企業の経営経験から、人材採用のノウハウとネットワークを駆使して優秀な人材を集めています。

そのため、M&A総合研究所にはM&Aに精通した公認会計士や弁護士、豊富なM&A支援経験を持つアドバイザーが複数在籍しています。

また、代表自身が経営者としてM&Aを経験しているので、経営者目線での細やかなサポートも強みです。

3.短期間でのM&A成約を実現する超高速M&A

フォーブスでも紹介されていたように、M&A総合研究所では通常半年から1年以上を要するM&Aを、平均3ヶ月というスピードで成約まで導きます。

M&A総合研究所代表の佐上は自身が経営する会社のM&A経験から、時間がかかり費用負担が大きい点がM&A業界の課題と捉えました。

特に、中小企業にとってその負担は大きく、M&Aを躊躇する要因となっています。M&A総合研究所では、超高速M&Aを実現することで中小企業がM&Aに取り組みやすい環境を作り上げています。

4.希望価格以上での会社売却サポート

M&A総合研究所では、売り手の希望価格以上での会社売却を実現しています。希望価格以上での会社売却を可能にしているのは、事業シナジーの高い買い手を選び出す高精度のマッチングシステム、M&A専門の会計士と弁護士、アドバイザーによるサポートです。

M&Aの際、売り手側が自社の強み・魅力を十分に伝え切れていないケースは少なくありません。M&A総合研究所では、M&Aのスペシャリスト達が売り手企業の魅力を引き出し、買い手に魅力を最大限伝えるための準備もフルサポートします。

5.M&A専門の公認会計士と弁護士によるフルサポート

M&A総合研究所には、さまざまな業界・事業規模のM&Aを支援してきた会計士と弁護士、アドバイザーが在籍しています。

M&Aの際は、M&A総合研究所に在籍するアドバイザーと会計士、弁護士が3名体制のチームを組んでサポートする点が特徴です。

各分野の専門家が少数精鋭体制でサポートするので、迅速なコミュニケーションと意思決定が可能となり、依頼者にとって満足度の高いM&Aを実現しています。

また、M&A総合研究所では新型コロナウイルスの影響を鑑み、 2020年4月からテレビ電話やメールによる無料オンライン相談を開始しました。

M&Aの相談は対面で行うものというM&A業界の慣習を変える画期的なシステムです。M&Aの実施でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

2. M&A総合研究所の代表者

M&A総合研究所の代表者

M&A総合研究所代表の佐上は自身が経営していた会社をM&Aによって売却した際に、M&A業界の課題を痛感しM&A総合研究所を立ち上げています。

ここでは、佐上がM&A総合研究所を立ち上げるまでの略歴とM&A業界に感じた問題点を、フォーブスでのインタビュー内容とともに紹介します。

代表者の略歴

M&A総合研究所の代表取締役である佐上は神戸大学を卒業後、データプラットフォーム・アドプラットフォーム事業を展開するマイクロアドに入社し、2年半プロダクト開発に従事しました。

マイクロアドを退社後、24歳で大学時代の友人と共に女性向けWebメディアとECサイトを立ち上げて起業し、1年で急成長させます。

そこで大手総合PR会社のベクトルから出資の話を受け、時価総額にして 12億5000万円の二段階譲渡を成約しました。

この経験で佐上はM&A業界の課題点を目の当たりにし、自身がM&A仲介会社を立ち上げることでM&A業界の課題解決に取り組んでいます。

M&A総合研究所代表が感じたM&Aの問題点

M&A総合研究所代表の佐上は自身が会社売却を経験したことで、M&A業界が抱えている2つの課題を目の当たりにしたとフォーブスで明かしています。

1つめは、M&Aスピードの遅さです。売り手にとってM&Aは時間がかかるほどリスクも高まり、精神的負担も重くなっていきます。

2つめは、属人性の高さです。M&Aを支援する仲介会社、担当者によって提案内容が大きく違い、担当者の能力や担当者との相性にM&Aの結果が左右されます。


佐上は、これらの問題を解決できれば経営者の負担を大幅に軽減でき、M&Aに取り組む経営者やM&Aの結果に満足できる経営者を増やせるのではないかと考え、M&A総合研究所の立ち上げを決意しています。

【関連】中小企業向けのM&A仲介会社15選!会社の選び方も解説

3. M&A総合研究所がフォーブスで語った「超高速M&A」とは

M&A総合研究所がフォーブスで語った「超高速M&A」とは

M&A総合研究所の代表取締役である佐上はM&A業界の問題点を感じ取り、自らM&A仲介会社を立ち上げることで課題の解決を図りました。

フォーブスではその取り組み内容を明かしています。ここでは、佐上がフォーブスで語っていた超高速M&Aの仕組みについて紹介します。

M&A総合研究所がスピードにこだわる理由

M&A総合研究所代表取締役の佐上は、フォーブスのインタビューで、自身が会社売却の際に大きな不安と焦りを感じた経験を明かしています。

また、M&A手続きにおける時間と資金の負担がM&A業界の課題であると痛感したことも、フォーブスのインタビューで語っています。

そこでM&A総合研究所では、完全成功報酬制を採用しました。M&Aが一定段階まで進むたびに手数料が発生すると、その都度M&Aの流れが一旦止まることになります。

売り手にとってM&Aが長引くほど負担は大きくなるので、不要な過程はなるべく省かなければなりません。

さらに、M&A総合研究所では、代表取締役である佐上がIT業界でプロダクト開発を経験したことによる知見を生かして、AI技術と経験を活用したマッチングシステムを構築し、大きな話題となりました。

AI技術と経験を活用したマッチング

佐上はフォーブスで、M&A業界の課題としてスピードの遅さと属人性の高さを挙げています。そこでM&A総合研究所では、AIと専門家の経験を掛け合わせて高い精度のマッチングを実現します。

M&A総合研究所が運営するM&A情報サイトから集められた買い手候補の情報をデータベース化し、マッチングの際はAIと専門家によって最も相性がよいM&A相手とマッチングさせます。

これにより、売り手は相性の良いM&A相手と出会うことができ、スムーズなM&Aができる仕組みです。

このAI技術と経験を活用したマッチングシステムなどによって、M&A総合研究所では高い成約率と超高速M&Aが可能になったとフォーブスで明かしています。

【関連】M&Aコンサル会社のランキングTOP20【徹底比較】

4. まとめ

まとめ

本記事では、M&A総合研究所代表取締役である佐上がフォーブスのインタビューで語った、M&A業界の課題とそれに対するM&A総合研究所の取り組みについて紹介しました。

【M&A総合研究所の超高速M&Aの仕組み】

  1. 不要な手数料を省いた完全成功報酬の料金体系
  2. 国内最大級のM&A情報サイトによるデータ収集
  3. AI技術と経験を活用したマッチング

【M&A総合研究所の強み】
  1. 多業種に渡る豊富なM&A支援実績
  2. 短期間でのM&A成約を実現する超高速M&A
  3. 希望価格以上での会社売却サポート
  4. M&A専門の公認会計士と弁護士によるフルサポート

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ