燃料卸売/小売のM&A・売却・買収!事例や動向、価格相場を解説

Medium
取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

国内で年々増加傾向にあるM&Aでの会社売却・買収ですが、燃料卸売/小売業界ではどうなっているでしょうか。燃料卸売/小売会社のM&Aによる売却・買収の実態について、事例を交えながら動向・相場・事業承継などの観点で探ります。

目次

  1. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収・事業承継
  2. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収事例
  3. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収動向
  4. 燃料卸売/小売のM&A・売却理由
  5. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収価格相場
  6. 燃料卸売/小売のM&A・売却を成功させるコツ
  7. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収時におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収・事業承継

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収・事業承継

当記事では、燃料卸売/小売業界のM&A・売却・買収・事業承継について、M&A動向や価格相場、成功させるポイントなどを解説します。まずは、燃料卸売/小売業の定義や、M&A・売却・買収・事業承継の基本的な意味について確認しましょう。

燃料卸売/小売とは

燃料卸売/小売とは、灯油・プロパンガス・石炭・まきなどの燃料を小売会社に卸売したり、一般家庭などに直接販売する事業を指します。

国内で燃料卸売/小売業を営む主な企業は、日本瓦斯(ガス)・TOKAIホールディングス・岩谷産業・出光興産・中國工業などが代表的です。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは「Mergers & Aquisitions」の略称であり、企業の合併(Mergers)と買収(Aquisitions)のことです。また、合併や買収だけでなく、企業同士の資本業務提携も広義のM&Aと表現されることもあります。

M&Aでは、事業譲渡(譲受)・株式譲渡(取得)・吸収合併・第三者割当増資・株式交換など、さまざまな手法によって対象企業の経営権を掌握します。

M&Aによって経営権を譲渡した売却側企業は、買収側企業のグループ傘下となり事業運営を継続するのが一般的です。

【関連】エムアンドエー(M&A)とは?意味を解説!

事業承継とは

事業承継とは、会社経営者が自社で運営している事業を後継者に引き継ぐことを指し、事業承継が行われると、前経営者は会社経営から退くことになります。

事業承継は、誰を後継者にするかによって分類され、それは、親族内事業承継・社内事業承継・M&Aによる事業承継の3種類です。

親族内承継とは、経営者の子供や親族などの身内を後継者とする方法で、例えば、燃料卸売/小売会社の経営者が息子に事業を引き継いだ場合は、親族内事業承継にあたります。

社内事業承継は、自社で働く従業員や役員などの会社関係者を後継者とする方法です。近年は、後継者不足が深刻化しており、親族内事業承継・社内事業承継の実施が難しくなりつつあります。

M&Aによる事業承継は、第三者である他の企業や個人に事業譲渡・株式譲渡(会社売却)することで事業承継を行う方法で、後継者問題を解決できる手段として有効です。

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収事例

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収事例

ここでは、燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収・事業承継の事例を6件紹介します。

【燃料卸売/小売会社のM&A・買収・売却事例】

  • 東邦ガスのM&A
  • ダイヤ通商による事業譲渡
  • 秋山商店の事業承継
  • 日本瓦斯による株式交換
  • Misumiによる吸収合併
  • 日本瓦斯によるオーストラリア事業の再編

東邦ガスのM&A

東邦ガスのM&A

出典:https://www.tohogas.co.jp/corporate/

2019(令和元)年4月、ガス事業・熱供給事業・電気供給事業などを行う東邦ガスは、ヤマサホールディングスの子会社ヤマサの全株式を取得し完全子会社化しました。

ヤマサは、自身の子会社7社が行うLPガス事業の経営統括会社であり、東邦ガスとしては、ヤマサの子会社も自社グループに取り込んだことになります。なお、取得価額は公表されていません。

東邦ガスは、同業種の複数の企業をグループに加えたことで、規模の拡大と大きなシナジー効果が得られるとしています。

ダイヤ通商による事業譲渡

ダイヤ通商株式会社

出典:https://daiya-tsusho.co.jp/

2015(平成27)年1月、サービスステーション運営などを行うダイヤ通商は、同じくサービスステーションを運営しているカメイに、仙台エリアのサービスステーション事業を譲渡しました。

ダイヤ通商は、事業の選択と集中戦略として、仙台エリアで強力な事業基盤を持つカメイに同事業を譲渡し、自身は関東地域でのサービスステーション事業に特化することが目的です。

秋山商店の事業承継

日本瓦斯株式会社

出典:https://www.nichigas.co.jp/

2014(平成26)年10月、日本瓦斯は、簡易吸収分割によって、埼玉県の秋山商店から簡易ガス事業を事業承継しました。なお、取引金額は6,000万円です。

日本瓦斯は、簡易ガス事業の効率的運営と市場での競争力向上を目的として、このM&Aを実施しています。

日本瓦斯による株式交換

日本瓦斯株式会社

出典:https://www.nichigas.co.jp/

2014年3月、LPガス・都市ガス事業など、総合エネルギー事業を展開する日本瓦斯は、東彩ガス株・東日本ガス・新日本瓦斯・北日本ガスの4社を、株式交換によって完全子会社化しました。

日本瓦斯は、グループ企業間の連携を強化することで、燃料卸売/小売業界での存在価値と企業評価価値を高めることを目的としています。

Misumiによる吸収合併

株式会社Misumi

出典:http://kk-misumi.jp/

2013(平成25)年10月、石油部門・ガス部門・電力部門があるMisumiは、100%子会社であるミスミ建設を吸収合併しました。なお、取引金額は非公表です。

Misumiは、グループ全体の経営効率化と販売力強化を推進する目的で、このM&Aを実施しています。

日本瓦斯によるオーストラリア事業の再編

日本瓦斯株式会社

出典:https://www.nichigas.co.jp/

2013年9月、日本瓦斯は、オーストラリアの電力事業大手企業であるAGL Energy LimitedグループからTOBの提案により、Australian Power and Gas Company Limitedの株式を売却しました。

また、日本市場でのエネルギー小売事業モデルを確立することを目的に、オーストラリア国内で電力エネルギー・マネジメント・サービスを手掛けるCOzero社への資本・経営参加を実施しています。

【関連】M&A成功事例25選!【2020年最新版】

3. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収動向

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収動向

燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収・事業承継を成功させるためには、業界のM&A動向を把握しておくことが大切です。M&A動向を把握しておくことにより、適切なタイミング・手法・価額でM&Aを進められます。

【燃料卸売/小売業界のM&A・売却・買収動向】

  • 石油燃料の高騰による経営難
  • 海外企業へのM&Aの増加
  • 自動車需要の減少による競争の激化
  • 大手・中堅企業同士のM&A

石油燃料の高騰による経営難

燃料卸売/小売会社にとっては、石油燃料の価格変動が自社の経営状況に大きく影響します。

近年は、石油燃料の高騰などが影響して、経営難に陥る燃料卸/小売会社も増加しており、打破策の1つとしてM&Aが注目されているのです。

海外企業へのM&Aの増加

近年は、人口の減少や少子高齢化、自動車の燃費改善などの影響によって燃料・ガソリンの需要が低下し、燃料卸売/小売業界の国内での経営状況が厳しくなっています。

そのような現状を打破するために、事業規模拡大・販路拡大を目的として海外企業を買収する燃料卸売/小売企業も増加中です。

自動車需要の減少による競争の激化

近年は、自動車需要の減少に伴い、燃料卸売/小売業界の競争が激化しています。国内需要が低下しているため、市場シェア争奪戦は加速しており、燃料卸売/小売業界の中小企業にとっては、特に苦しい経営環境です。

そのような背景により、競争激化による倒産・廃業を避けるために、M&Aを実施して大手企業に会社売却・事業承継を実施する中小企業は、今後ますます増加していくと考えられます。

大手・中堅企業同士のM&A

日本国内では2016(平成28)年から電力の小売自由化がスタートし、消費者が利用するエネルギーを自由に選べるようになりました。これに伴い、燃料卸売/小売業界を含めたエネルギー関連業界では、新規顧客獲得競争が激化しています。

他業界との競争で優位になることを目的に、大手・中堅の燃料卸売/小売会社同士が、M&Aによって統合する動きが見られ、これは今後も増加していくでしょう。

【関連】LPガス業界のM&A・買収・売却!業界動向・相場・手法を解説!【事例10選】

4. 燃料卸売/小売のM&A・売却理由

燃料卸売/小売のM&A・売却理由

この項では、燃料卸売/小売会社がM&A・会社売却を検討する主な理由について解説します。

【燃料卸売/小売会社がM&A・売却を検討する理由】

  • 後継者問題の解決
  • 将来性不安の解決
  • 単独での海外進出が難しいため
  • 倒産・廃業を回避する手段として
  • 譲渡・売却益の獲得

後継者問題の解決

燃料卸売/小売会社がM&A・売却を考える理由の1つ目は、後継者問題を解決するためです。燃料卸売/小売業界に限らず、国内の中小企業の多くは後継者問題に直面しています。

経営者の高齢化などを理由に事業を承継したくても、周りに後継者となり得る人物がいないため、結果として廃業・倒産せざるを得ないケースもあるほどです。

しかし、M&Aで第三者の企業や個人に事業譲渡や会社売却をすれば、廃業・倒産することなく事業を継続でき、さらに従業員の雇用も守れます

将来性不安の解決

近年は、自動車需要の低下や原料価格の高騰などが影響して、燃料卸売/小売業界全体の収益性が低下しています。

また、他のエネルギー業界との競争激化なども相まって、競争力がない中小企業の多くは、その将来性に不安を感じているのです。

しかし、M&Aを実施して大手企業の傘下に入れれば、ブランド力を活かした営業網の拡大、シナジー効果による事業基盤の拡大などが期待でき、将来に対する不安を解消できます。

単独での海外進出が難しいため

国内需要の低下に伴い、海外市場への進出を検討する大手燃料卸売/小売会社も増加しています。

しかし、単独・新規で海外進出するには、設備・施設を建設したり海外の人材を採用したりする必要があるため、多くのコストと時間がかかるのは必定です。

そこで、すでに事業展開している現地の海外企業をM&A・買収すれば、単独・新規で行うよりも少ないコストで海外市場に参入できます。

倒産・廃業を回避する手段として

業界全体の競争激化や人手不足などが相まって、倒産・廃業を余儀なくされる燃料卸売/小売会社が増えています。倒産・廃業を選択した場合は、廃業コストが必要になるうえ、従業員を解雇しなければなりません。

昨今は、倒産・廃業を回避する手段としてM&Aを実施するケースも増加しており、M&Aで自社の売却ができれば、従業員の雇用を確保でき、廃業にかかるコストも不要になります。

譲渡・売却益の獲得

燃料卸売/小売会社がM&A・売却を検討する理由の1つに、譲渡・売却益の獲得があります。得られる譲渡・売却益は会社の規模や収益性などによって異なりますが、うまくいけば億単位の譲渡・売却益を獲得できる可能性もあるのです。

譲渡・売却益は創業者利益とも呼ばれることもあり、創業者が経営を引退した後の生活費や、新しく事業を立ち上げる際の初期費用など、多様な使い道に耐える利益を手にできるでしょう。

【関連】会社売却のメリット・デメリットを徹底分析!リスクはある?

5. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収価格相場

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収価格相場

燃料卸売/小売会社におけるM&A・売却・買収の相場価格が気になる方も多いことでしょう。実のところ、M&A・売却・買収の相場を断言することは、難しいといわざるを得ません。

その理由は、取引金額を決める際の参考となる企業評価価値は、対象企業の規模や保有資産・将来の収益性・算定方法などによって異なるためです。

しかし、企業評価価値を求めることで、M&A相場をある程度把握することはできます。以下では、企業評価価値の算定方法について見てみましょう。

企業評価価値の算定方法

企業評価価値は、M&A取引金額を決定する際に参考とされるもので、算定方法には主に以下の3種類があります。

【企業評価価値の算定方法】

  • コストアプローチ
  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは、企業の貸借対照表上に記載された純資産を基準に、企業評価価値を算定する方法になります。

帳簿上の結果をもとにしているため、客観性に優れている点が特徴です。また、コストアプローチには、時価純資産価額法と修正簿価純資産法の2種類があります。

インカムアプローチ

インカムアプローチとは、対象企業が将来獲得するであろう収益や、キャッシュフローをもとに企業評価価値を算定する方法になります。

企業の将来性・期待値が企業評価価値に反映されるため、最も合理的な算定方法と言われており、実際に使用される頻度も高いです。

また、インカムアプローチは、DCF法による算出と収益還元法による算出の2つに分類されます。

マーケットアプローチ

マーケットアプローチは、対象企業と同一業種・同一規模の企業の市場価格をもとに、企業評価価値を算定する方法になります。

ここでいう市場価格とは、主に株式市場で成立している価格のことです。マーケットアプローチは、さらに類似業種比準方式と類似会社比準省式の2種類に分類できます。

【関連】M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?算定方法を解説【事例あり】

企業価値の算出は個人で行えるのか?

企業評価価値を算定する方法は複数あるため、よほどM&Aに精通していない限り、適切な算定方法を選ぶことは難しいでしょう。

また、実際に企業評価価値を算出する際は、会計や税務などの専門的知識が必要になるため、より正確な企業評価価値を求めるためには、M&A仲介会社など専門家に依頼するほうが無難です。

M&A総合研究所では企業価値算定サービスを行っております。

燃料卸売/小売会社のM&A・売却をご検討の方や企業価値算定を行いたい方は、どうぞお気軽にM&A総合研究所の無料相談をご利用ください。メールまたは電話での無料相談は24時間年中無休でお受けしています。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

6. 燃料卸売/小売のM&A・売却を成功させるコツ

燃料卸売/小売のM&A・売却を成功させるコツ

この項では、燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるコツについて解説します。M&Aを成功させるためには、以下のポイントを意識しながらM&A手続きを進めることが大切です。

【燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるコツ】

  • M&Aは計画的に準備を行う
  • M&Aの目的を明確にする
  • 譲れないポイントをまとめておく
  • M&Aの契約成立まで情報の漏洩を防ぐ
  • M&Aの専門家に相談する

M&Aは計画的に準備を行う

燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるためには、事前の計画的な準備が必要です。M&Aで会社売却や事業承継を実施する場合には、売却先候補との交渉や複雑な手続きなど、多くの過程を経なければなりません。

M&Aの手続きは短くて6ヶ月、長い場合は1年以上かかります。事前準備をしっかりしておかなければ、交渉がスムーズに進まなかったり、手続きに余計な手間がかかってしまい本業に支障が出たりするかもしれません。

適切なタイミングでよりよい交渉が可能となるよう、計画的に準備を行うように意識してください。

M&Aの目的を明確にする

燃料卸売/小売会社のM&Aを成功させるためには、M&Aの目的を明確にしておくことも大切です。

M&Aの目的は、後継者問題の解消・倒産や廃業の回避・事業基盤の拡大など会社によってさまざまですが、目的ごとに選ぶべき手法は異なります。

事前にM&Aの目的を明確にしておくことで、適切な手法を選択でき、M&Aアドバイザーは的確なサポートができることにつながるため、M&Aの成功確率も高まるのです。

譲れないポイントをまとめておく

燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるために、M&A全体において譲れないポイントを事前にまとめておくことも大切です。

自社にとって何が必要であり大切なのかを不明瞭なまま手続きを進めてしまうと、交渉が長引いたり不利な条件でM&Aが成約してしまったりする可能性があります。

最低希望売却価格やM&A実施後の従業員への待遇など、ここだけは譲れないという条件をあらかじめ決めておき、その条件を交渉相手にしっかり伝えるようにしましょう。

M&Aの契約成立まで情報の漏洩を防ぐ

M&Aの契約が成立するまでは、情報が漏洩しないように、細心の注意を払う必要があります。

M&Aが成約する前に情報が漏洩してしまうと、不信感を抱いた従業員が離職したり、不満を抱いた取引先が契約解除を申し出たり、M&Aの中止を求めたりするなどのリスクがあるからです。

燃料卸売/小売会社のM&Aをスムーズに進め、M&A実施後も利害関係者と良好な関係を維持するためにも、情報漏洩には十分注意しておかなければなりません。

M&Aの専門家に相談する

燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるためには、M&A動向や業界に精通したM&Aの専門家によるサポートは不可欠ともいえるでしょう。

M&A手続きや交渉をスムーズに進め、自社の希望に沿った結果を得るためには、M&Aに関する知識や交渉力に加え、会計・税務・法務などの専門的知識も必要になります。

M&A専門家に相談をすれば、M&A手続きに必要なサポートを受けられ、万が一、トラブルが発生した際にも適切な対処やアドバイスをしてくれるでしょう。

また、M&A専門家は幅広いネットワークを持っていますから、効率的に相手先企業を探しマッチングしてくれます。後継者不足に悩まされている会社には、大きなメリットです。

【関連】会社売却とは?メリット・デメリット、売却相場までを徹底解説!

7. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収時におすすめの相談先

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収時におすすめの相談先

燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収・事業承継をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所では、仲介実績豊富なM&Aアドバイザーが、クロージングまで一貫したサポートをいたします。

また、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3ヶ月のスピード成約を実現する機動力も特徴です。

料金体系は、着手金や中間報酬は無料の完全成功報酬型を採用していますので、成約にいたるまで費用は一切かかりません。さらに、成功報酬額は国内最安値水準となっており、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

メール・電話でのご相談を24時間無料でお受けしておりますので、燃料卸売/小売会社のM&Aをご検討の方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

今回は、燃料卸売/小売会社のM&Aについて、M&A動向・事例・相場価格・成功のコツなど、あらゆる角度から分析しました。

燃料卸売/小売業界では、将来性の不安や後継者不足などを解消したり、海外市場に進出したりする目的で、M&A件数が増加しています。

自社の求める条件でM&Aを成功させるためには、市場動向を注視し計画的に進めていくことが大切です。

【燃料卸売/小売業界のM&A・売却・買収動向】

  • 石油燃料の高騰による経営難
  • 海外企業へのM&Aの増加
  • 自動車需要の減少による競争の激化
  • 大手・中堅企業同士のM&A

【燃料卸売/小売会社がM&A・売却を検討する理由】

  • 後継者問題の解決
  • 将来性不安の解決
  • 単独での海外進出が難しいため
  • 倒産・廃業を回避する手段として
  • 譲渡・売却益の獲得

【燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるコツ】

  • M&Aは計画的に準備を行う
  • M&Aの目的を明確にする
  • 譲れないポイントをまとめておく
  • M&Aの契約成立まで情報の漏洩を防ぐ
  • M&Aの専門家に相談する

M&Aによる会社売却や事業承継を成功させるためには、M&A仲介会社など専門家のサポートが必要不可欠です。

M&A総合研究所では、実績豊富なM&Aアドバイザーがフルサポートを行っているため、安心・スムーズにM&Aを進められます

独自のAIシステムにより、適切な交渉相手をスムーズに見つけることが可能であるため、短期間でのM&A成約を実現可能です。

燃料卸売/小売会社のM&Aを検討されている方は、M&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事