燃料卸売/小売のM&A・売却・買収!事例や動向、価格相場を解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 M&Aアドバイザー
矢吹 明大

当記事では、燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収の動向や価格相場について、事例を交えてくわしく解説しています。また、燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収が行われている背景や、成功させるためのポイントについても解説しています。

目次

  1. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収・事業承継
  2. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収事例
  3. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収動向
  4. 燃料卸売/小売のM&A・売却理由
  5. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収価格相場
  6. 燃料卸売/小売のM&A・売却を成功させるコツ
  7. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収時におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収・事業承継

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収・事業承継

当記事では、燃料卸売/小売業界のM&A・売却・買収・事業承継について、M&A動向や価格相場、成功させるポイントなどを解説します。まずは、燃料卸売/小売業の定義や、M&A・売却・買収・事業承継の基本的な意味について説明します。

燃料卸売/小売とは

燃料卸売/小売とは、灯油・プロパンガス・石炭・まき等の燃料を小売会社に卸売したり、一般家庭などに直接販売する事業を指します。

国内で燃料卸売/小売業を営む主な企業には、日本瓦斯株式会社・TOKAIホールディングス・岩谷産業株式会社・出光興産株式会社・中國工業株式会社などがあります。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは「Mergers & Aquisitions」の略称であり、一般的には企業の合併・買収を指します。また、合併や買収だけでなく、企業同士の資本業務提携を含めてM&Aと表現されることもあります。

M&Aでは、株式取得・吸収合併・第三者割当増資・株式交換など、さまざまな手法によって対象企業の経営権を掌握します。

一般的には、M&Aによって経営権を譲渡した売却側企業は、買収側企業のグループ傘下となり事業運営を継続するケースが多いです。

【関連】エムアンドエー(M&A)とは?意味を解説!

事業承継とは

事業承継とは、会社経営者が自社で運営している事業を後継者に引き継ぐことを指し、事業承継が行われると、前経営者は会社経営から退くことになります。

事業承継は誰を後継者にするかによって、親族内事業承継・親族外事業承継・M&Aによる事業承継の3種類に分類することができます。

親族内承継とは、経営者の子供や親族などの身内を後継者とする方法で、例えば、燃料卸売/小売会社の経営者が息子に事業を引き継いだ場合は、親族内事業承継にあたります。

親族外事業承継は、以前から自社で働く従業員や役員などの会社関係者を後継者とする方法です。近年は、後継者不足が深刻化しており、親族内事業承継・親族外事業承継の実施が難しくなりつつあります。

M&Aによる事業承継は、第三者企業に事業譲渡・会社売却することで事業承継を行う方法で、後継者問題を解決できる手段としても有効です

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収事例

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収事例

ここでは、燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収・事業承継の事例を5つ紹介します。

【燃料卸売/小売会社のM&A・買収・売却事例】

  • 株式会社Misumiによる吸収合併
  • 日本瓦斯株式会社による株式交換
  • 日本瓦斯株式会社によるオーストラリア事業の再編
  • ダイヤ通商株式会社による事業譲渡
  • 有限会社秋山商店の事業承継

株式会社Misumiによる吸収合併

株式会社Misumi

出典:http://kk-misumi.jp/

石油部門・ガス部門・電力部門がある株式会社Misumiは、100%子会社である株式会社ミスミ建設を吸収合併しました。なお、取引金額は非公表です。

株式会社Misumiは、グループ全体の経営効率化と販売力強化を推進する目的で、当M&Aを実施しています。

日本瓦斯株式会社による株式交換

日本瓦斯株式会社

出典:https://www.nichigas.co.jp/

LPガス・都市ガス事業など、総合エネルギー事業を展開する日本瓦斯株式会社は、東彩ガス株式会社・東日本ガス株式会社・新日本瓦斯株式会社・北日本ガス株式会社の4社を、株式交換によって完全子会社化しました。

日本瓦斯株式会社は、グループ企業間の連携を強化することで、燃料卸売/小売業界での存在価値と企業評価価値を高めることを目的としています。

日本瓦斯株式会社によるオーストラリア事業の再編

日本瓦斯株式会社

出典:https://www.nichigas.co.jp/

日本瓦斯株式会社は、オーストラリアの電力事業大手企業であるAGL Energy LimitedグループからTOBの提案により、Australian Power and Gas Company Limitedの株式を売却しました。

また、日本市場でのエネルギー小売事業モデルを確立することを目的に、オーストラリア国内で電力エネルギー・マネジメント・サービスを手掛けるCOzero社への資本・経営参加を実施しています。

ダイヤ通商株式会社による事業譲渡

ダイヤ通商株式会社

出典:https://daiya-tsusho.co.jp/

サービスステーション運営などを行うダイヤ通商株式会社は、同じくサービスステーションを運営しているカメイ株式会社に、仙台エリアのサービスステーション事業を譲渡しました。

ダイヤ通商は、仙台エリアで強力な事業基盤を持つカメイを買収することにより、関東地域でのサービスステーション事業に特化することを目指しています。

有限会社秋山商店の事業承継

日本瓦斯株式会社

出典:https://www.nichigas.co.jp/

日本瓦斯株式会社は、簡易吸収分割によって、埼玉県の有限会社秋山商店から簡易ガス事業を事業承継しました。なお、取引金額は6000万円です。

日本瓦斯は、簡易ガス事業の効率的運営と市場での競争力向上を目的として、当M&Aを実施しています。

3. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収動向

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収動向

燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収・事業承継を成功させるためには、業界のM&A動向を把握しておくことが大切です。M&A動向を把握しておくことにより、適切なタイミング・手法・価格でM&Aを進めることができます。

【燃料卸売/小売業界のM&A・売却・買収動向】

  1. 石油燃料の高騰による経営難
  2. 海外企業へのM&Aの増加
  3. 自動車需要の減少による競争の激化
  4. 大手・中堅企業同士のM&A

①石油燃料の高騰による経営難

燃料卸売/小売会社にとっては、石油燃料の価格変動が自社の経営状況に大きく影響します。

近年は、石油燃料の高騰などが影響して、経営難に陥る燃料卸/小売会社も増加しており、打破策の一つとしてM&Aが注目されています。

②海外企業へのM&Aの増加

近年は、人口の減少や少子高齢化、自動車の燃費改善等の影響によって燃料・ガソリンの需要が低下し、燃料卸売/小売業界の国内での経営状況が厳しくなっています。

そのような現状を打破するために、事業規模拡大・販路拡大を目的として海外企業を買収する燃料卸売/小売企業も増加しています。

③自動車需要の減少による競争の激化

近年は、自動車需要の減少に伴い、燃料卸売/小売業界の競争が激化しています。国内需要が低下しているため市場シェア争奪戦は加速しており、燃料卸売/小売業界の中小企業にとっては、特に苦しい経営環境となっています。

そのような背景により、競争激化による倒産・廃業を避けるために、M&Aを実施して大手企業に会社売却・事業承継を実施する中小企業は今後ますます増加していくと考えられます。

④大手・中堅企業同士のM&A

日本国内では2016年から電力の小売自由化がスタートし、消費者が利用するエネルギーを自由に選べるようになりました。これに伴い、燃料卸売/小売業界を含めたエネルギー関連業界では、新規顧客獲得競争が激化しています。

他業界との競争で優位になることを目的に、大手・中堅の燃料卸売/小売会社同士がM&Aによって協同する動きが見られ、今後も増加していくと推測されます。

4. 燃料卸売/小売のM&A・売却理由

燃料卸売/小売のM&A・売却理由

この章では、燃料卸売/小売会社がM&A・会社売却を検討する主な理由について解説します。

【燃料卸売/小売会社がM&A・売却を検討する理由】

  1. 後継者問題の解決
  2. 将来性不安の解決
  3. 単独での海外進出が難しいため
  4. 倒産・廃業を回避する手段として
  5. 譲渡・売却益の獲得

①後継者問題の解決

燃料卸売/小売会社がM&A・売却を考える理由の一つ目は、後継者問題を解決するためです。燃料卸売/小売業界に限らず、国内の中小企業多くは後継者問題に直面しています。

経営者の高齢化などを理由に事業を承継したくても、周りに後継者となり得る人物がいないため、結果として廃業・倒産せざるを得ないケースも見られます。

しかし、M&Aで第三者企業に事業譲渡すれば、廃業・倒産することなく事業を継続でき、さらに従業員の雇用も確保することができます

②将来性不安の解決

近年は、自動車需要の低下や原料価格の高騰などが影響して、燃料卸売/小売業界全体の収益性が低下しています。

また、他のエネルギー業界との競争激化なども相まって、競争力がない中小企業の多くは、その将来性に不安を感じています。

M&Aを実施して大手企業の傘下に入ることができれば、ブランド力を活かした営業網の拡大、シナジー効果による事業基盤の拡大などが期待でき、将来に対する不安を解消することができます

③単独での海外進出が難しいため

国内需要の低下に伴い、海外市場への進出を検討する大手燃料卸売/小売会社も増加しています。

しかし、単独で海外進出するには、設備・施設を建設したり海外の人材を採用したりする必要があるため、多くのコストと時間がかかります。

すでに事業展開している海外企業をM&A・買収することにより、単独で行うよりも少ないコストで海外市場に参入することができます

④倒産・廃業を回避する手段として

業界全体の競争激化や人手不足などが相まって、倒産・廃業を余儀なくされる燃料卸売/小売会社が増えています。倒産・廃業を選択した場合は、廃業コストが必要になるうえ、従業員を解雇しなければなりません。

近年は、倒産・廃業を回避する手段としてM&Aを実施するケースも増加しており、M&Aで自社の売却ができれば、従業員の雇用を確保でき、廃業にかかるコストも不要になります。

⑤譲渡・売却益の獲得

燃料卸売/小売会社がM&A・売却を検討する理由の一つに、譲渡・売却益の獲得があります。得られる譲渡・売却益は会社の規模や収益性などによって異なりますが、上手くいけば億単位の譲渡・売却益を獲得できる可能性もあります。

譲渡・売却益は創業者利益と呼ばれることもあり、創業者が経営を引退した後の生活費や、新しく事業を立ち上げる際の初期費用として使ったりすることができます。

【関連】M&A・会社売却のメリット・デメリットを徹底分析!リスクはある?

5. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収価格相場

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収価格相場

燃料卸売/小売会社におけるM&A・売却・買収の相場価格が気になる方も多いことでしょう。実のところ、M&A・売却・買収の相場を断言することは難しいと言わざるを得ません。

その理由は、取引金額を決める際の参考となる企業評価価値は、対象企業の規模や保有資産・将来の収益性・算定方法などによって異なるためです。

しかし、企業評価価値を求めることで、M&A相場をある程度把握することは可能です。以下では、企業評価価値の算定方法について解説します。

企業評価価値の算定方法

企業評価価値は、M&A取引金額を決定する際に参考とされるもので、算定方法には主に以下の3種類があります。

【企業評価価値の算定方法】

  • コストアプローチ
  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは、企業の貸借対照表上に記載された純資産を基準に、企業評価価値を算定する方法です。

帳簿上の結果をもとにしているため、客観性に優れている点が特徴です。また、コストアプローチには、時価純資産価額法と修正簿価純資産法の2種類があります。

インカムアプローチ

インカムアプローチとは、対象企業が将来獲得するであろう収益や、キャッシュフローをもとに企業評価価値を算定する方法です。

企業の将来性・期待値が企業評価価値に反映されるため、最も合理的な算定方法と言われており、実際に使用される頻度も高いです。

また、インカムアプローチは、DCF法による算出と収益還元法による算出の2つに分類されます。

マーケットアプローチ

マーケットアプローチは、対象企業と同一業種・同一規模の企業の市場価格をもとに、企業評価価値を算定する方法です。

ここでいう市場価格とは、主に株式市場で成立している価格を指します。マーケットアプローチは、さらに類似業種比準方式と類似会社比準省式の2種類に分類できます。

【関連】M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?算定方法を解説【事例あり】

企業価値の算出は個人で行えるのか?

企業評価価値を算定する方法は複数あるため、よほどM&Aに精通していない限り、適切な算定方法を選ぶことは難しいでしょう。

また、実際に企業評価価値を算出する際は、会計や税務などの専門的知識が必要になるため、より正確な企業評価価値を求めるためには、M&A仲介会社など専門家に依頼するほうが無難です。

M&A総合研究所では企業価値算定サービスを行っており、公認会計士による適切な算定が可能です

燃料卸売/小売会社のM&A・売却をご検討の方や企業価値算定を行いたい方は、どうぞお気軽にM&A総合研究所の無料相談をご利用ください。メールまたは電話での無料相談は24時間年中無休でお受けしています。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

6. 燃料卸売/小売のM&A・売却を成功させるコツ

燃料卸売/小売のM&A・売却を成功させるコツ

この章では、燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるコツについて解説します。M&Aを成功させるためには、以下のポイントを意識しながらM&A手続きを進めることが大切です。

【燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるコツ】

  1. M&Aは計画的に準備を行う
  2. M&Aの目的を明確にする
  3. 譲れないポイントをまとめておく
  4. M&Aの契約成立まで情報の漏洩を防ぐ
  5. M&Aの専門家に相談する

①M&Aは計画的に準備を行う

燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるためには、事前の計画的な準備が必要です。M&Aで会社売却や事業承継を実施する場合には、売却先候補との交渉や複雑な手続きなど、多くの過程を経なければなりません。

M&Aの手続きは短くて3か月、長い場合は1年以上かかります。事前準備をしっかりしておかなければ、交渉がスムーズに進まなかったり、手続きに余計な手間がかかってしまい本業に支障が出たりする可能性もあります。

適切なタイミングでより良い交渉が可能となるよう、計画的に準備を行うように意識してください

②M&Aの目的を明確にする

燃料卸売/小売会社のM&Aを成功させるためには、M&Aの目的を明確にしておくことも大切です。

M&Aの目的は、後継者問題の解消・倒産や廃業の回避・事業基盤の拡大など会社によってさまざまですが、目的ごとに選ぶべき手法は異なります。

事前にM&A目的を明確にしておくことで適切な手法を選択でき、アドバイザーは的確なサポートができるため、M&Aの成功確率も高まります

③譲れないポイントをまとめておく

燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるために、M&A全体において譲れないポイントを事前にまとめておくことも大切です。

自社にとって何が必要であり大切なのかを不明瞭なまま手続きを進めてしまうと、交渉が長引いたり不利な条件でM&Aが成約してしまったりする可能性があります。

最低希望売却価格やM&A実施後の従業員への待遇など、ここだけは譲れないという条件をあらかじめ決めておき、その条件を交渉相手にしっかり伝えるようにしましょう。

④M&Aの契約成立まで情報の漏洩を防ぐ

M&Aの契約が成立するまでは、情報が漏洩しないように、細心の注意を払う必要があります。

M&Aが成約する前に情報が漏洩してしまうと、不信感を抱いた従業員が離職したり、不満を抱いた取引先が契約解除を申し出たり、M&Aの中止を求めたりするリスクが伴います。

燃料卸売/小売会社のM&Aをスムーズに進め、M&A実施後も利害関係者と良好な関係を維持するためにも、情報漏洩には十分注意しておくことが重要です。

⑤M&Aの専門家に相談する

燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるためには、M&A動向や業界に精通したM&Aの専門家によるサポートは不可欠ともいえるでしょう。

M&A手続きや交渉をスムーズに進め、自社の希望に沿った結果を得るためには、M&Aに関する知識や交渉力に加え、会計・税務・法務などの専門的知識も必要になります。

M&A専門家に相談をすれば、M&A手続きに必要なサポートを受けることができ、万が一トラブルが発生した際にも適切な対処やアドバイスをしてくれます。

また、M&A専門家は幅広いネットワークを持っているので、効率的に相手先企業を探すことができるので、、後継者不足に悩まされている会社に大きなメリットがあります。

【関連】会社売却とは?手続きの流れやメリット・注意点を徹底解説!成功させるポイントまで

7. 燃料卸売/小売のM&A・売却・買収時におすすめの相談先

燃料卸売/小売のM&A・売却・買収時におすすめの相談先

燃料卸売/小売会社のM&A・売却・買収・事業承継をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、仲介実績豊富なアドバイザー・M&Aに精通した公認会計士・弁護士によるサポート体制をとっており、クロージングまで一貫したサポートをいたします

料金体系は、着手金や中間報酬は無料の完全成功報酬型を採用していますので、成約にいたるまで費用は一切かかりません。

メール・電話でのご相談を24時間無料でお受けしておりますので、燃料卸売/小売会社のM&Aをご検討の方は、どうぞお気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

今回は、燃料卸売/小売会社のM&Aについて、M&A動向・事例・相場価格・成功のコツなど、あらゆる角度からの解説を進めてきました。

燃料卸売/小売業界では、将来性の不安や後継者不足などを解消したり、海外市場に進出したりする目的で、M&A件数が増加しています。

自社の求める条件でM&Aを成功させるためには、市場動向を注視し計画的に進めていくことが大切です。

【燃料卸売/小売業界のM&A・売却・買収動向】

  1. 石油燃料の高騰による経営難
  2. 海外企業へのM&Aの増加
  3. 自動車需要の減少による競争の激化
  4. 大手・中堅企業同士のM&A

【燃料卸売/小売会社がM&A・売却を検討する理由】

  1. 後継者問題の解決
  2. 将来性不安の解決
  3. 単独での海外進出が難しいため
  4. 倒産・廃業を回避する手段として
  5. 譲渡・売却益の獲得

【燃料卸売/小売会社のM&A・売却を成功させるコツ】

  1. M&Aは計画的に準備を行う
  2. M&Aの目的を明確にする
  3. 譲れないポイントをまとめておく
  4. M&Aの契約成立まで情報の漏洩を防ぐ
  5. M&Aの専門家に相談する

M&Aによる会社売却や事業承継を成功させるためには、M&A仲介会社など専門家のサポートが必要不可欠です。

M&A総合研究所では、アドバイザー・会計士・弁護士の3名体制でのフルサポートを行っているため、安心・スムーズにM&Aを進めることが可能です

独自AIシステムの活用により、適切な交渉相手をスムーズに見つけることを可能としており、短期間でのM&A成約を実現しています

燃料卸売/小売会社のM&Aを検討されている方は、M&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ