【2020年最新】運送会社・物流会社のM&A・買収事例25選!

Medium
M&Aシニアマネージャー
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

運送会社や物流会社の業績は厳しい状況の中、運送会社・物流会社のM&Aや買収の需要が高まっています。その理由には、運送会社・物流会社の特徴も大きく影響しています。この記事では、運送会社・物流会社のM&Aや買収の事例、M&Aのポイントについて紹介します。

目次

  1. 【2020年最新】運送会社・物流会社のM&A・買収事例25選!
  2. 運送会社・物流会社とは
  3. 運送会社・物流会社のM&A・買収の現状・動向
  4. 運送会社・物流会社のM&A・買収・売却・売買のポイント
  5. 運送会社・物流会社でM&A・買収を行うメリット
  6. 運送会社・物流会社のM&A・買収まとめ
  • 資料ダウンロード
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 【2020年最新】運送会社・物流会社のM&A・買収事例25選!

運送会社・物流会社のM&A

運送会社・物流会社では、M&A買収の需要が高まっています。ここでは運送会社・物流会社のM&Aにおけるいくつかの事例を紹介します。

紹介する事例は、以下のとおりです。

  1. UACJ
  2. ハマキョウレックス
  3. 鴻池運輸
  4. 西日本鉄道
  5. SBSホールディングス
  6. ビックカメラ
  7. 鴻池運輸
  8. シーアールイー
  9. トナミホールディングス
  10. 日本通運
  11. 丸和運輸機関
  12. 商船三井
  13. ハマキョウレックス
  14. 香港ヤマト運輸
  15. 日本通運
  16. サカイ引越センター
  17. 日本郵政
  18. 鴻池運輸
  19. センコー
  20. 日本通運
  21. 日立物流
  22. DHLサプライチェーン
  23. 郵船海陸運輸
  24. ロジネットジャパン
  25. レンゴー

①UACJのM&A・買収事例

UACJは2020年8月、連結子会社のUACJ物流の構内運搬事業を、会社分割で承継しました。これにより、これからの事業環境に応じた柔軟で迅速な運営強化を見込んでいます。

②ハマキョウレックスのM&A・買収事例

ハマキョウレックスは2019年12月、物流サービス会社シティーラインを買収しました。

これにより、物流センター事業や貨物自動車運送業を主に手掛けるハマキョウレックスグループは、新規顧客の獲得、九州エリアでの拠点の拡充が可能となっています。

③鴻池運輸のM&A・買収事例

鴻池運輸は2018年10月に香港にあるBEL INTERNATIONAL LOGISTICS LTD.(BEL社)を完全子会社化しました。

BEL社は航空貨物事業を主力とし欧州を始め中東やインドさらには北米にもシェアを広げており、鴻池運輸は国際物流サービスにより取引拡大を視野にいれています。

④西日本鉄道のM&A・買収事例

国際物流事業の拡大と強化を進めている西日本鉄道は2018年10月にファッションや石油プラントなどを主力としているフランスの物流会社を買収しました。これにより新たなノウハウを事業に取り込み事業強化を図るとしています。

⑤SBSホールディングスのM&A・買収事例

SBSホールディングスは2018年8月に運輸・倉庫業のリコーロジスティクスの株式66.6%を取得、連結子会社化を行いました。これにより運送ネットワークの強化を図るとともに機械化や自動化といったIoTへの対応とともに海外への事業拡大をもくろんでいます。

⑥ビックカメラのM&A・買収事例

ビックカメラは2018年7月、一般貨物運送業を行うエスケーサービスを子会社化しました。エスケーサービスが主力としている大型家電の配送や設置を強化する狙いがあります。

⑦鴻池運輸のM&A・買収事例

鴻池運輸は2018年5月にエヌビーエスの全株式を買い取る形で完全子会社化しました。エヌビーエスは横浜や高砂そして長崎を拠点とする電気工事業社で、鴻池グループのエンジニアリングサービスを強化した形となっています。

⑧シーアールイーのM&A・買収事例

物流プラットフォーム「はぴロジ」を運営するブレインウェーブが実施する第三者割当増資によりシーアールイーは2018年5月にブレインウェーブを子会社化しました。この子会社化により両社の地盤や強みを生かした事業展開を図るとしています。

⑨トナミホールディングスのM&A・買収事例

事業拡大のシナジー効果を期待して2018年4月にトナミホールディングスは、ケーワイケーの全株式を取得することで完全子会社化しました。

⑩日本通運のM&A・買収事例

日本通運は2018年3月にイタリアのファッション物流会社Transcof S.r.l(Traconf)をM&Aにより買収しました。Transcofはファッション関連の配送サービスを中心にイタリアやオーストラリア、米国、中国でシェアを誇っています。

このM&Aにより日通グループはネットワークを拡大して世界の「ファッションロジスティクス分野のリーディングカンパニー」を目指していきます。

⑪丸和運輸機関のM&A・買収事例

2018年3月に丸和運輸機関は、コープデリ生活協同組合連合会の商品個配事業のM&Aを行いました。丸和運輸はもともと関西圏での生活協同組合の商品個配事業を行っていましたが、今回のM&Aにより首都圏での事業展開に乗り出した形です。

⑫商船三井のM&A・買収事例

2018年1月に商船三井は欧州での働き手確保を目的としてオランダの船員配乗会社をM&Aにより買収しました。これにより欧州での人材育成や地域シェアの確保を図っています。

⑬ハマキョウレックスのM&A・買収事例

ハマキョウレックスは2017年4月に山口県と福岡県に拠点を置いている千代田運輸の発行済株式を全て取得し株式譲渡契約を締結しました。これにより、ハマキョウレックスグループは中国エリアでの拠点を確保するとともに、物流ノウハウにより付加価値を生み出すとしています。

⑭香港ヤマト運輸のM&A・買収事例

中国における一貫輸送サービス提供を目的として香港ヤマト運輸は、2016年11月に中国広州市にある広州威時這沛運集団(WTD)に出資をしました。

⑮日本通運のM&A・買収事例

日本通運は2016年4月に名鉄運輸(愛知県)の株式20%を獲得し資本業務提携を締結しました。これにより特に特別積合せ輸送のネットワークによる相互利用による事業強化を図るとともに、物流の連携強化や情報システムの共同開発などを行うとしています。

⑯サカイ引越センターのM&A・買収事例

2016年4月に引越運送業を主体としている運送会社であるサカイ引越センターはSDホールディングスの株式を取得して子会社化を行いました。

SDホールディングスへのM&Aを行ったサカイ引越センターは、同ホールディングスをグループ内に入れることで、清掃サービス需要を確保、サカイ引越センターグループの業績やブランドイメージの発展を狙っています。

⑰日本郵政のM&A・買収事例

2015年5月に海外展開への準備として日本郵政は豪州の最大手であるトール・ホールディングス社の株式を買収しました。トール・ホールディングス社は国際宅配便や宅配などで豪州以外にも欧米諸国やアジアにネットワークを保持しています。

⑱鴻池運輸のM&A・買収事例

鴻池運輸は2014年3月に、医薬品輸送を主力とした運送会社である九州産交運輸を買収しました。これにより両社で配送システムの効率的な構築を目指すとともに事業の拡大を図っています。

⑲センコーのM&A・買収事例

輸送や保管などを提供するセンコーは2013年9月に家庭紙卸売が主力であるアストをM&Aで買収しました。この買収により製造から販売までを一気通貫で提供できる環境を目指すとしています。

⑳日本通運のM&A・買収事例

日本通運は2013年3月にパナソニックロジスティクスの普通株式の一部をパナソニックから譲渡されました。これにより運送シェアの安定化を図っています。

㉑日立物流のM&A・買収事例

日立物流は資生堂物流サービスやタカノ物流サービス、オリエント・ロジなどを買収し、2013年3月には日立電線ロジテックのM&Aにも成功しました。これにより日立物流は多種多様な物流形態を獲得しています。

㉒DHLサプライチェーンのM&A・買収事例

DHLサプライチェーンは2013年3月にコニカミノルタホールディングスの物流業務を受託しました。これによりDHLサプライチェーンはコニカミノルタ物流から国内拠点などの事業を承継しました。

㉓郵船海陸運輸のM&A・買収事例

郵船海陸運輸は2012年2月に北日本倉庫港運と合併しました。北日本倉庫港運を存続会社として選択したうえで、「ノーススタートランスポート」と社名を改め事業を継続させています。

㉔ロジネットジャパンのM&A・買収事例

2011年11月にロジネットジャパンが青山本店をM&Aにより買収しました。青山本店は西日本の食品輸送などに強い業者で、これにより大手食品メーカーなどのコネクトを確保するとともに陸運輸送と食品保管の分野で強化を図るとしています。

㉕レンゴーのM&A・買収事例

レンゴーは2011年5月に、山陽自動車運送の51%の株式を阪神電気鉄道より取得することで子会社化を行いました。段ボールや板紙のリーディングカンパニーとして業界最大手だったレンゴーは、これによりさらなる運送の効率化を確保できたといえます。

M&AはM&A総合研究所にお任せを!

運送会社・物流会社のM&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所は運送会社・物流会社にとどまらず、さまざまな分野の会社のM&Aを成功させており、知識と経験の豊富なM&Aアドバイザーが、案件をフルサポートいたします。

無料相談をお受けしていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

2. 運送会社・物流会社とは

運送会社・物流会社

そもそも、運送会社・物流会社とはどういった会社のことをさすのか確認しておきましょう。

運送会社・物流会社は、倉庫の運営や物品を運ぶ企業をさし、客を乗せる旅客運送業とは異なる業界です。

運送・物流の大手企業の仕事は、通販の商品運送と法人向けの運送の2つがあり、企業によっては倉庫運営も行っています。企業向けの運送・物流は海外に自社工場を持つ会社が増えた結果、今までのように稼げなくなってきているのが現実です。

一方、中小規模の運送企業・物流企業の仕事は、Amazonなどのネット通販が多くあります。運送・物流業界で最も勢いづいているのが通販分野で、利用者が増えたことでトラックやバイクの需要が高まったからです。

数多くの企業が次々と参戦したため市場が飽和状態となっているため、価格競争が激しく利益を出しにくいのが現状です。

3. 運送会社・物流会社のM&A・買収の現状・動向

運送会社・物流会社のM&A・買収の現状・動向

運送会社・物流会社のM&A・買収の現状・動向はどうなっているのでしょうか。ここでは運送業界のM&A需要に触れる前に、業界の現状について以下について解説します。
 

  1. 業界全体に渡って赤字営業が過半数
  2. トラックドライバーの不足
  3. 競争激化による単価下落
  4. 燃料費上昇による収益悪化
  5. 業界再編・集約の活性化
  6. 経営者の高齢化に伴う引退の増加
  7. M&A・買収の需要は急増している

①業界全体に渡って赤字営業が過半数

2020年の公益社団法人全日本トラック協会の情報によると、日本のトラック輸送産業の市場規模は約14兆円となっています。業界全体に渡って赤字で縮小傾向が続いているようです。

②トラックドライバーの不足

どの産業でもいえることですが、特に運送会社・流通会社のトラックドライバー不足は深刻です。その影響は運送会社・物流会社だけにはとどまらず、公共工事などにおける資材の調達不足など多くの産業に影響を及ぼしています

③競争激化による単価下落

インターネットショッピングなどの急成長により、運送会社・流通会社の競争が激化しました。それにより、運送に対する単価が低下してしまい、人件費や運用費用などの確保が難しくなってきています

④燃料費上昇による収益悪化

ガソリン代の高騰はトラックなどの自動車での運送を主体とする運送会社・物流会社にとって大きな問題です。アメリカや中東諸国の貿易摩擦もあいまって燃料費は高止まりとなっており、深刻な問題となっています。

⑤業界再編・集約の活性化

小さな運送会社などが集約されている傾向があります。

M&Aによる買収や吸収合併などで業界再編が進んでいる傾向が強いです。

⑥経営者の高齢化に伴う引退の増加

運送会社・物流会社にも少子高齢化の波が押し寄せています。高齢者には運送会社・物流会社の仕事は非常にきつい重労働です。後継者不足により事業を承継できずに会社をたたんでしまうようです。

⑦M&A・買収の需要は急増している

こうした現状に対して運送会社・物流会社は事業継続が厳しい状況に追い込まれることも少なくありません。一方で、インターネットショッピングの多様化や東京オリンピックなどに対する建設資材の運搬など物流に対するニーズは今後もさらに加速すると見られています。

そうしたことから、運送会社・物流会社のM&Aなど買収需要が高まっています。主に大手事業主が中心で、販売の拡大やドライバー確保などが目的です。

  • 運送・物流会社のM&A・事業承継

4. 運送会社・物流会社のM&A・買収・売却・売買のポイント

運送会社・物流会社のM&A・買収・売却・売買のポイント

運送会社・物流会社のM&Aや買収、売却、売買のポイントは、どのようなことが考えられるのでしょうか。5点に絞って解説します。
 

  1. タイミングが命
  2. シナジー効果の最大化
  3. M&A会社選び
  4. 税金対策
  5. 相場の把握

①タイミングが命

運送会社・物流会社のM&Aは経済の状況が大きく影響しています。また、運送会社・物流会社のM&Aでは特にトラックドライバーなどの確保といった側面が大きく、ドライバー年齢が高くなるにつれてM&Aに対する抵抗が強いです。

環境や状況に左右されやすい運送会社・物流会社のM&Aはタイミングが非常に重要だといえるでしょう。

②シナジー効果の最大化

運送会社・物流会社のM&Aがもたらすシナジー効果を最大限に発揮させることがポイントです。事業の内容や営業エリアなどはもちろんのこと、ドライバーやトラックなどの車両や物流設備の状況をしっかりと把握して、M&Aを検討する必要があるでしょう。

③M&A会社選び

運送会社・物流会社のM&Aでは、M&A会社選びも重要になります。

運送会社・物流会社のM&Aをご計画の際は、M&A総合研究所をぜひご利用ください。M&A総合研究所では、運送会社・物流会社のM&A実績も豊富です。

また、M&A総合研究所では中小企業などの小規模のM&A案件も取り扱っております。無料相談を行っておりますので、お気軽にお問合せください

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
【関連】M&A仲介会社・企業ランキングTOP25!大手上場企業あり!

④税金対策

運送会社・物流会社の買収や売買、売却などを進める際は、高額な税金がかかります。そのためM&Aを進めるときは、税金対策を計画することが重要です。

事業承継などのM&Aでは贈与税などを考慮する制度があるため、M&Aを検討するときには調べて有効に活用するとよいでしょう。

⑤相場の把握

運送会社・物流会社のM&Aを考えるのであれば価格相場の把握は不可欠です。条件ばかりに目を向けていては価格で損をすることも少なくありません。しっかりとした相場の把握を行う事も重要なポイントといえます。

しかし、M&Aによる相場を把握するのは容易ではないため、M&Aの経験豊富な専門家を活用すると良いでしょう。

また、以下の記事では会社売却における手続きの流れについて紹介しています。必要な書類などについてもまとめていますので、確認してみてください。

【関連】会社売却の手続きってどうするの?M&Aの流れを解説!

5. 運送会社・物流会社でM&A・買収を行うメリット

M&A・買収を行うメリット

運送会社・物流会社でM&A・買収を行うメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。運送会社・物流会社のM&Aを行うにあたり、売却側と買収側のそれぞれのメリットを説明します。

売却側のメリット

運送会社・物流会社のM&Aをする際の売却側におけるメリット4つを簡単に解説します。
 

  • 大手グループに参入できる
  • 後継者問題の解消
  • 資金獲得
  • 債務解消

売却側のメリット①:大手グループに参入できる

運送会社・物流会社をM&Aで売却する相手は、大手グループのケースも考えられます。

大手グループとのM&Aであれば安定した収入や事業を継続できる可能性があります。

売却側のメリット②:後継者問題の解消

地域でのシェアや技術はもっているものの、後継者問題により事業を継続できない場合もあります。こうした運送会社・物流会社の後継者問題にもM&Aで売却を行うことにより事業継続が可能です。

また、事業継続ではなしえない従業員の解雇などデメリットを避けることもM&Aでは可能です。

売却側のメリット③:資金獲得

運送会社・物流会社の経営者が高齢化などにより事業継続が困難な場合があります。事業継続ができない場合、その後の経営者の資金確保は重要な問題です。

このような場合にも、廃業などを選択せずにM&Aで売却を選択することで、退職後の資金を獲得できます。

売却側のメリット④:債務解消

資金繰りに苦しんでいる運送会社・物流会社は少なくありません。

そうした債務に追われている運送会社・物流会社にとって、M&Aによる売却は債務解消の有力な手法といえるでしょう。

買収側のメリット

運送会社・物流会社のM&Aによる売却側のメリットについてみてきました。それでは運送会社・物流会社のM&Aによる買収側のメリットは、どのようなことがあるのでしょうか。ポイントを4点に絞って解説します。
 

  • 事業規模拡大
  • 資源獲得
  • ドライバー獲得
  • ノウハウ獲得

買収側のメリット①:事業規模拡大

運送会社・物流会社のM&Aによる買収側のメリットの1つに事業規模の拡大があります。

自社がウィークポイントだった地域でも、地域に密着した運送会社・物流会社のM&Aを行うことで、地域のシェアを短時間で確保することが可能です。

買収側のメリット②:資源獲得

運送会社・物流会社のM&Aは資源獲得にもメリットがあります。トラックや運送機材など運送会社・物流会社が必要としている資機材をM&Aにより一気に保有できるのです。

買収側のメリット③:ドライバー獲得

運送会社・物流会社の現状としてトラックなどのドライバー不足があります。物流のニーズは今後も増加が見込まれているため、運送会社・物流会社のM&Aを行うことで大量のトラックドライバーなどを短期間で雇用できます

買収側のメリット④:ノウハウ獲得

運送会社・物流会社のM&Aで大きなメリットとして見られているのが、人材や運送ノウハウの獲得です。

異業種が運送会社・物流会社の業界に参入したくてもノウハウがない場合がほとんどです。そこで短時間で運送会社・物流会社のノウハウを獲得できるM&Aは有効な手段といえます。

またこうしたM&Aは、運送・物流業界の現状を一様に把握できるだけでなく、地域のインフラ状況や特性などの現状を知るためにも非常に良いです。

以下の記事では、紹介した以外の買収におけるメリットを解説しているので、併せてご確認ください。

【関連】買収のメリット20選!事例40選!

6. 運送会社・物流会社のM&A・買収まとめ

運送会社・物流会社のM&A・買収まとめ

運送会社・物流会社の業界では、M&Aが増加傾向にあります。事例もたくさん紹介したように、大手企業による中小企業の買収により、業界再編が行われているのです。

また、運送のニーズが高まっている中でトラックドライバーなどの人材不足に悩まされている運送業界は、M&Aによる事業承継などが進み始めています。

今後もトラックドライバーなどの人材不足と後継者不足は続くと見られており、また、担い手不足は深刻化をたどります。ニーズがある業界だけに今後もM&Aについては需要が高まっていくのではないのでしょうか。

運送会社・物流会社のM&Aを実施するのであれば、M&Aの専門家への相談は不可欠です。業界に詳しい専門家に相談することで、ベストな相手企業を見つけることができます。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

関連するキーワード

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事
運送・物流会社のM&A・事業承継