M&A総合研究所の設立経緯、事業内容を紹介

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

M&A総合研究所は、M&A仲介事業や完全無料M&Aプラットフォームなど、手掛けている事業内容は多岐に渡ります。設立以降、それぞれの事業で豊富な実績を積み重ねており、著しい成長をみせています。本記事では、M&A総合研究所の設立経緯や事業内容を紹介します。

目次

  1. M&A総合研究所とは
  2. M&A総合研究所の設立経緯
  3. M&A総合研究所の事業内容
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. M&A総合研究所とは

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所は、2018年設立のスタートアップのM&A仲介会社です。設立以降、数多くのM&Aを成約へと導いており、M&A業界でも大きな存在感を示しつつあります。

この章ではまず、M&A総合研究所の特徴とM&A仲介会社の役割について解説します。

M&A総合研究所の特徴

M&A総合研究所がM&Aの相談先に選ばれる理由は、M&A仲介事業の特徴にあります。

【M&A総合研究所の特徴】

  1. M&A業界最安値水準の料金体系
  2. M&A支援の豊富な実績
  3. 最短3ヶ月のスピード成約
  4. 希望価格以上の売却

1.M&A業界最安値水準の料金体系

M&A総合研究所の料金体系は、レーマン方式による完全成功報酬制を採用しています。レーマン方式は成功報酬の基準価格に一定の料率をかけて算出する計算式です。

基準価格が高ければ高いほど成功報酬額も高くなりますが、M&A総合研究所では、譲渡価格ベースを採用しており、業界最安値水準の料金体系を実現しています。

【関連】M&Aの手数料・報酬体系の相場は?M&A仲介会社別を徹底比較!

2.M&A支援の豊富な実績

幅広い業種における中堅・中小規模のM&A仲介実績があります。各業界に精通している専門家が確かな目利きでM&Aを成約へと導きます。

3.最短3ヶ月のスピード成約

M&A成約まで最短3ヶ月という驚異的なスピード成約を実現しています。M&A総合研究所が独自に保有するネットワークを活用することで、最短1週間で買い手とのマッチングを果たしています。

4.希望価格以上の売却

M&A総合研究所は、事業シナジーを強く発揮できる買い手探しを怠りません。売り手側の強み・魅力を効果的にアピールすることで、希望価格以上の売却の可能性を最大限に高めます。

M&A仲介会社の役割

M&A仲介会社の役割は、売り手と買い手の仲介に入ってM&A成約まで導くことです。

M&Aが成功するまでのプロセスは、M&A相手の選定・交渉や各種契約書の作成・締結など、多岐に渡ります。いずれも専門的な知識やスキルが求められるため、M&A仲介会社によるサポートが欠かせません。

M&A仲介会社の特徴は、中立的な立場から交渉を進める「仲介型」であることです。双方が納得感をもって交渉を進められるように、条件をすり合わせて友好的なM&Aを実現させます。

また、片方の利益の最大化を図る「アドバイザリー型」もあります。片方のみとアドバイザリー契約を締結して積極的に交渉を進めます。M&Aの目的を達成しやすい反面、交渉の長期化や手数料負担の拡大などのデメリットもあります。

2. M&A総合研究所の設立経緯

M&A総合研究所の設立経緯

M&A総合研究所は、2018年の設立以降、代表のM&Aに対する想いを中心に数多くのM&Aに携わっています。この章では、M&A総合研究所の設立理由や設立までの流れ、主な実績を紹介します。

設立理由

M&A総合研究所の設立理由は、代表自身の会社のM&A経験にあります。代表は、M&A総合研究所設立以前に情報メディア事業の会社設立と上場会社への売却経験があります。

売却の際、M&A仲介会社のサポートを受けたことでM&A業界が抱える問題に直面します。創業1年から12億5000万円という高額評価を受けて交渉を進めていたものの、最新の試算表に遅れが生じたことで当初の予定より1ヶ月のずれ込みが発生します。

設備投資などの経営上の判断もできずにストレスが溜まる毎日を過ごし、M&AはM&A仲介会社の実力が強く反映されることを身をもって体験します。

結果的にM&Aは成功したものの、M&A業界が抱える問題に直面することになり、M&Aの支援を行う会社の設立を決意します。

設立までの流れ

ここでは、代表である佐上峻作の略歴とともに、M&A総合研究所の設立までの流れを紹介します。

代表は神戸大学卒業後、IT企業のプロダクト開発を担当します。2年半が経った起業を考えていた時に大学時代の友人と再開したことをきっかけに、共同で情報メディア「Pinky」を設立します。

「Pinky」は急成長をみせ、設立から1年で上場会社の傘下入り(株式71%の売却)を果たします。

上場会社の資金力や信頼感を活用して事業規模を拡大させ、翌年には残りの株式も売却して代表を退任します。退任後、M&A・会社売却の経験を活かして、M&A総合研究所の設立に至ります。

設立から現在までの主な実績

ここでは、M&A総合研究所のM&A仲介実績の一部を紹介します。

【設立から現在までの主な実績】

  1. 業績悪化の介護施設の会社売却
  2. 仮想通貨事業会社の事業譲渡

1.業績悪化の介護施設の会社売却

1つ目は、業績悪化が激しい介護施設の事例です。高齢化に伴い事業の推進力が低下していることに悩みを持たれており、従業員や入居者のことを第一に考えて、会社売却による介護事業大手の傘下入りを決意されました。

M&A総合研究所が保有するネットワークを活用して買い手探しを行い、介護事業の規模拡大を目的とする買い手への会社売却を6ヶ月で実現します。

依頼主である社長の要望でもあった従業員の雇用も継続させ、円満な形でM&Aが完了しました。
 

業種 介護施設運営事業
売上 8億円
社長の年齢 58歳
譲渡理由 業績悪化

2.仮想通貨事業会社の事業譲渡

2つ目は、ブロックチェーン関連の事業切り離し事例です。かねてより事業譲渡を検討されており、他のM&A仲介会社の買い手探しが中々進展しないことから、M&A総合研究所へご相談いただきました。

仮想通貨事業は買い手が限定される業種ですが、独自のネットワークを活用してフィンテック(仮想通貨関連)の買い手を探し出し、成約へと導きます。買い手のデューデリジェンスも円滑に進行し、無事に事業譲渡が完了しました。
 

業種 仮想通貨情報提供事業
売上 3500万円
社長の年齢 35歳
譲渡理由 事業方針の転換

3. M&A総合研究所の事業内容

M&A総合研究所の事業内容

M&A総合研究所の事業内容は、M&A仲介事業だけではありません。多様な事業内容でM&Aと関わっており、M&A総合研究所の実績と経験に蓄積されています。この章では、M&A総合研究所の事業内容を紹介します。

【M&A総合研究所の事業内容】

  1. M&A仲介事業としての事業内容
  2. M&Aのセカンドオピニオンサービス
  3. M&A総合研究所が運営する完全無料M&Aプラットフォーム

M&A仲介事業としての事業内容

M&A総合研究所のM&A仲介事業は、豊富な経験と実績を有する専門家による徹底サポートが特徴です。

後継者問題や事業資金の獲得など、M&Aの目的に合わせた最適なプランを提案することで、M&Aの効果を最大限に引き出します。

料金体系が完全成功報酬制であるため、成約するまで金銭的な負担が一切発生しない特徴もあります。不要に高額手数料を払うことがありませんので、安心してご相談いただけます。

M&Aのセカンドオピニオンサービス

M&A総合研究所の事業内容の1つに、セカンドオピニオンサービスがあります。既にM&Aを進行している会社が、他の可能性を模索したい時に利用できるサービスです。

相談先のM&A仲介会社の交渉や応対に疑問がある、なかなか買い手がみつからないなど、M&AやM&A仲介会社に対するお悩みに、第三者視点からの見解をお伝えします。

M&Aは豊富な選択肢のなかから検討を繰り返し、1つに絞り込む形が理想的です。セカンドオピニオンサービスは、選択肢を増やす手段としてご利用いただくことが可能です。

M&A総合研究所が運営する完全無料M&Aプラットフォーム

M&A総合研究所の3つ目の事業内容は、完全無料のM&Aプラットフォームです。仲介会社に直接問い合わせなくても、オンライン上で気軽にM&A案件をチェックできるサービスです。

M&A仲介会社への相談のプロセスを飛ばすことができるので、スピーディーに進行できるのも強みです。

交渉を進めるうえで仲介サポートが必要になった場合は、M&A総合研究所の専門家が対応いたします。必ずしも全ての交渉を当事者間で進める必要はないので、初めての場合も安心してご利用いただけます。

【関連】【M&Aマッチングサイト一覧】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

M&Aのご相談はM&A総合研究所へ

M&A総合研究所では、代表のM&Aに対する想いを中心に社員一丸となってM&A仲介事業に取り組んでいます。手数料の負担を最小限に抑えつつ、M&A効果の最大化を図ります。

また、M&A総合研究所の事業内容にはM&AセカンドオピニオンサービスやM&Aプラットフォームも含まれています。既に進行中の案件のご相談もお受けしていますので、お気軽にご連絡ください。

無料相談は24時間お受けしています。M&Aに関してお悩みの際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

4. まとめ

まとめ

当記事では、M&A総合研究所の設立経緯や事業内容について紹介しました。事業内容は代表のM&Aに対する想いが色濃く反映されており、設立から現在までに多くの実績と経験を積み重ねています。

今後も、M&A総合研究所は一貫した姿勢でM&A仲介事業に取り組み、経営者の方が抱える問題に寄り添ってまいります。

【M&A総合研究所の特徴】

  1. M&A業界最安値水準の料金体系
  2. M&A支援の豊富な実績
  3. 最短3ヶ月のスピード成約
  4. 希望価格以上の売却

【M&A総合研究所の事業内容】
  1. M&A仲介事業としての事業内容
  2. M&Aのセカンドオピニオンサービス
  3. M&A総合研究所が運営する完全無料M&Aプラットフォーム

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事