成約実績M&A事例

【システム開発】親近感を感じた社風と事業、M&Aして良かったと実感

システム開発業のM&A実績

  • 譲渡企業

    株式会社未来ボックス

    業種
    システム開発業
    売上
    1.5億円
    社長の年齢
    40代
    譲渡理由
    事業成長
  • 譲受企業

    株式会社アミューズ

    業種
    アーティストマネジメント業
    売上
    387億円
    上場
    東証プライム上場
    譲受目的
    事業成長
譲渡企業社長コメント
志賀雄太様

志賀雄太様

当社は技術力や開発力については自信があった一方で、営業力や新規受注を獲得する繋がりが弱いと感じていたので、ブランド力が強い企業へ参入したいと考えておりました。
アミューズ様に決めた主な理由は3つです。業界内でオンリーワンの存在であること、当社の開発チームを評価してくれること、社内の空気感が似ていること。当社が希望していた条件を叶えている会社様でした。
担当アドバイザーの田巻さんは大手IT企業出身ということもあり、IT業界のカルチャーや大手企業の組織的構造を理解されていたので、相談しやすかったです。これって本当に大丈夫なのかな、という疑心暗鬼な部分が出てきた時も、田巻さんとの対話の中で不安要素を消すことができました。
現在、早速いくつかのプロジェクトが動いております。雰囲気もさらに活気づき、当社が得意としているものづくりの分野でこだわることができているので、M&Aして良かったなという実感に繋がっています。

担当アドバイザーコメント
田巻 雄太

田巻 雄太

M&Aは、株主様に限らず従業員の方々もハッピーに出来るものであると改めて感じました。
今回、譲渡企業様は保守系だけでなくコンテンツ系のシステム開発も可能な会社様で、譲受企業様の課題解決に寄与できる企業様でした。
当初は多くのご不安があったと思いますが、このようなお相手にも恵まれ、最終的には事業的にも、そして従業員の方々にとってもより最善な選択をされたのだと思います。
志賀社長がインタビューの中で仰られた「譲渡=終わり・頑張らない」ではない!という言葉は、アドバイザーの私も考えさせられるお言葉です。
何年もかけて積み上げてきたノウハウをより磨き上げ、グループ一体で益々発展して頂きたいと考えております。

M&A成約実績

過去にM&A総合研究所が、
M&A成約に導いた実績の一部をご紹介させていただきます。

※ 本ページには、成約時期に関わらず、過去に弊社がお手伝いさせていただいたお会社様の一部を掲載しております。

M&A成約インタビュー

成約インタビューをもっと見る
ご相談はこちら
(秘密厳守)