化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収!動向や事例、価格相場を解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

本記事では、化学製品製造/化学メーカーのM&Aによる売却・買収について、M&A価格算定方法や、M&Aによる売却・買収を成功させるためのポイントについて解説しています。また、化学製品製造/化学メーカーの近年のM&A動向や、M&A事例なども紹介しています。

目次

  1. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収・事業承継
  2. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収動向
  3. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収事例
  4. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却理由
  5. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収価格相場
  6. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収を成功させるコツ
  7. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収時におすすめの相談先
  8. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収・事業承継

化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収・事業承継

化学製品製造/化学メーカーのM&A動向や事例をご紹介する前に、まずは化学製品製造/化学メーカーの定義やM&A・事業承継の意味について解説します。

化学製品製造/化学メーカーとは

化学製品製造/化学メーカーとは、化学変化を利用して基礎材料や中間材料を製造し、販売している企業を指します。

化学製品製造/化学メーカー製品の多くは対企業向けなので、個人消費者には馴染みのない商品も多いですが、中には生活日用品のように個人消費者向けのものもあります。

現在は、石油を原材料とする石油化学が中心となっていますが、脱石油に向けた動きも活発になっています。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、会社・事業を売買したり、統合したりするための手法をまとめた呼び方です。

M&Aには、株式の売却・買収によって経営権を移行する株式譲渡や、事業用資産の売却・買収によって事業を売買する事業譲渡、2つ以上の法人を1つに統合する合併など、さまざまな手法があります。

化学製品製造/化学メーカーなどの企業では、手続きの進めやすさなどから、株式譲渡によるM&Aが多く行われています。

事業承継とは

事業承継とは、会社の経営権を後継者に移譲する行為を指します。事業承継手続きでは、主に株式譲渡や事業譲渡によって、後継者への引き継ぎを行います。

近年は、親族間での事業承継割合が減り、第三者への事業承継割合が増加し続けています。

2. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収動向

化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収動向

化学製品製造/化学メーカーのM&A動向は以下のように変化しています。

  1. 国内中小企業を中心とした業界再編の動き
  2. 大手企業によるM&Aが増加傾向
  3. 立地条件の良い工場を求めたM&Aが増加
  4. 特殊技術や特許を持つ企業を対象にした買収も見られる

①国内中小企業を中心とした業界再編の動き

大企業同士による業界再編が続いてきた化学製品製造/化学メーカーですが、近年は中小企業によるM&Aの動きが活発になってきています。

化学製品製造/化学メーカーは現在大きな転換期を迎えており、大企業による事業ポートフォリオの見直しを受けて、中小化学製品製造/化学メーカーもM&Aによる短期間での大きな転換を図らざるを得ない状況です。

②大手企業によるM&Aが増加傾向

大手の化学製品製造/化学メーカーは、国内外問わず積極的なM&Aを展開しています。

ただし、これまでのような事業拡大目的のM&Aから、収益力改善や事業ポートフォリオの再構築目的のM&Aに変化したため、M&Aの平均売買価格は下がり、M&A件数は増えているというのが最近の傾向です。

③立地条件の良い工場を求めたM&Aが増加

化学製品製造/化学メーカーは、事業の特性上、研究所や工場の立地が重要になります。

そのため、国内外で好立地の製造拠点を求めたM&Aが増加しており、特にアジアでの拠点確保は、各企業にとって重要な戦略の1つとなっています。

④特殊技術や特許を持つ企業を対象にした買収も見られる

従来の製品における付加価値が急速に低下していることから、化学製品製造/化学メーカーは、付加価値の高い製品の獲得と自社のブランド力向上が必須といえる状況です。

そのため、他社と差別化できる特許技術などの獲得を目的として、M&A行うケースも目立つようになっています。

【関連】【2019年最新】塗料・塗料卸売業界の動向やM&A・売却・買収の事例、ポイントを解説!

3. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収事例

化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収事例

ここからは、化学製品製造/化学メーカーの日本国内企業を対象としたM&A事例と、外国企業へのM&A事例をご紹介します。

日本国内を対象としたM&A事例

まずは、日本国内を対象とした化学製品製造/化学メーカーのM&A事例をご紹介します。

  1. 石原ケミカルによるキザイの買収
  2. エア・ウォーターによる環境技術センターの買収
  3. 富士紡HDによる東京金型の買収
  4. 萩原工業による東洋平成ポリマーの買収
  5. 日本曹達によるゾエティス・ジャパンのプラントヘルス事業買収

①石原ケミカルによるキザイの買収

化学製品製造/化学メーカーの国内M&A事例1件目は、石原ケミカルによるキザイの買収です。

化学製品製造/化学メーカーの石原ケミカルは、2019年、高い装飾めっき技術を持つキザイと株式譲渡契約を結び、子会社化することを発表しました。

金属表面処理剤である「鉛フリースズ及びスズ合金めっき液」で、国内トップシェアの石原ケミカルは、キザイの装飾めっき用表面処理剤と強みを融合することで、表面処理剤事業の拡大を図るとしています。

②エア・ウォーターによる環境技術センターの買収

化学製品製造/化学メーカーの国内M&A事例2件目は、エア・ウォーターによる環境技術センターの買収です。

2018年エア・ウォーターは、環境調査・分析などを行う環境技術センターの全株式を取得し、子会社化しました。

産業ガス事業や医療関連事業などを展開するエア・ウォーターは、環境分析市場でのさらなる成長が期待できる環境技術センターを子会社化することで、顧客への提案力強化など、高いシナジー効果を獲得しています。

③富士紡HDによる東京金型の買収

化学製品製造/化学メーカーの国内M&A事例3件目は、富士紡HDによる東京金型の買収です。

2018年富士紡HDは、金型の設計・製造・販売を行う東京金型と株式譲渡契約を結び、子会社化しました。

富士紡HDは、コア事業である研磨剤事業・化学工業品事業・繊維事業に加えて、化成品事業を新たな重点事業として成長を図っています。

富士紡HDは、プラスチック用金型で高い技術を持つ東京金型を子会社化することで、射出成形品の品質向上と販売拡大を図っています。

④萩原工業による東洋平成ポリマーの買収

化学製品製造/化学メーカーの国内M&A事例4件目は、萩原工業による東洋平成ポリマーの買収です。

2018年萩原工業は、合成樹脂素材の包装資材や加工品を製造・販売する東洋平成ポリマーと株式譲渡契約を結び、子会社化しました。

萩原工業は、合成樹脂繊維「フラットヤーン」を用いた製品開発を行っており、両社の合成樹脂加工技術を融合することで、新たな合成樹脂製品の開発を進めています。

⑤日本曹達によるゾエティス・ジャパンのプラントヘルス事業買収

化学製品製造/化学メーカーの国内M&A事例5件目は、日本曹達によるゾエティス・ジャパンのプラントヘルス事業買収です。

2018年、日本曹達は、動物用医薬品や農業用薬品などの製造・販売を行うゾエティス・ジャパンから、プラントヘルス事業を買収しました。

農薬や医薬品などのファイン・ケミカル事業を展開している日本曹達は、ゾエティス・ジャパンのプラントヘルス事業を取得することで、農業化学事業における製品ラインナップを拡充し、シナジー効果の獲得を図っています。

日本企業による国外のM&A事例

続いて、日本企業による国外のM&A事例をご紹介します。

  1. エステーによるイタリアのカイロ製造会社買収
  2. DICによるドイツ化学メーカーの顔料事業買収
  3. 帝人によるアメリカの高耐熱熱硬化プリプレグメーカーの買収
  4. 信越ポリマーによるタイの合成樹脂製造会社の買収
  5. 積水化成品工業によるドイツ自動車部材メーカーの買収

①エステーによるイタリアのカイロ製造会社買収

化学製品製造/化学メーカーの国外M&A事例1件目は、エステーによるイタリアのカイロ製造会社買収です。

2019年エステーは、イタリアでカイロの製造・販売を行うZETA S.R.Lの株式を取得し、子会社化することを発表しました。

エステーは、消臭芳香剤・脱臭剤・使い捨てカイロなど、生活日用品市場で高いブランド力を持っており、ZETA社を子会社化することで欧州でのビジネス拠点を構築し、海外展開を進める計画です。

②DICによるドイツ化学メーカーの顔料事業買収

化学製品製造/化学メーカーの国外M&A事例2件目は、DICによるドイツ化学メーカーの顔料事業買収です。

2019年DICは、ドイツの大手化学メーカーであるBASF SEから、顔料事業であるBASF Colors and Effectsを買収しました。

DICは、中期経営計画で事業ポートフォリオの転換を掲げています。DICは、本買収により中期経営計画の早期達成が可能となり、世界でトップクラスの顔料供給会社としての地位が確立できるとしています。

③帝人によるアメリカの高耐熱熱硬化プリプレグメーカーの買収

化学製品製造/化学メーカーの国外M&A事例3件目は、帝人によるアメリカの高耐熱熱硬化プリプレグメーカーの買収です。

2019年、帝人はアメリカの航空・宇宙用耐熱熱硬化プリプレグメーカーであるRenegade Materials Corporationの株式を取得し、子会社化しました。

帝人は、航空機向けの炭素繊維供給で高いブランド力を持っており、Renegade社を子会社化することで、炭素繊維素材のさらなる用途拡大と販路拡大を図っています。

④信越ポリマーによるタイの合成樹脂製造会社の買収

化学製品製造/化学メーカーの国外M&A事例4件目は、信越ポリマーによるタイの合成樹脂製造会社の買収です。

信越ポリマーは、2019年、タイで合成樹脂製品の製造・販売を行うHymix Co.,Ltdと株式譲渡契約を結び、子会社化しました。

塩化ビニル樹脂やシリコンゴムの加工による、多様な製品を製造・販売している信越ポリマーは、Hymix社の買収によって東南アジアでの生産拠点を確保しています。

⑤積水化成品工業によるドイツ自動車部材メーカーの買収

化学製品製造/化学メーカーの国外M&A事例5件目は、積水化成品工業によるドイツ自動車部材メーカーの買収です。

2019年積水化成品工業は、ドイツで自動車部材を製造・販売するプロシートグループの買収を完了しました。

積水化成品工業は、自動車部材を国内外で販売していますが、ヨーロッパでの展開は遅れている状況だったため、プロシートグループの販売網を活用することにより、ヨーロッパでの販売拡大を図っています。

【関連】【2019年最新】段ボール業界の動向やM&A・売却・買収の事例、ポイントを解説!

4. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却理由

化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却理由

化学製品製造/化学メーカーでは、主に以下のような理由でM&A・事業承継による売却が行われます。

  1. 後継者問題を解決するため
  2. 深刻な従業員不足の解決のため
  3. 大手グループの傘下に入ることで経営を安定させる
  4. 従業員の雇用先を確保するため
  5. 売却益の獲得を目的として

①後継者問題を解決するため

後継者がいないことによって廃業せざるを得ないという状況は、化学製品製造/化学メーカーに限らず、多くの中小企業にとって解決すべき課題となっています。

近年は、M&A・事業承継仲介機関への相談件数が増え、事業承継に成功する中小企業が増加しています。

②深刻な従業員不足の解決のため

化学業界が転換期を迎えていることにより、中小化学製品製造/化学メーカーも顧客の要望に応えるため、事業領域の拡大や製品の付加価値向上などを行う必要に迫られています。

しかし、変化に対応できる人材の確保は容易ではないため、人材確保を目的としたM&Aも行われています。

③大手グループの傘下に入ることで経営を安定させる

国内需要の低下に伴い、中小化学製品製造/化学メーカーも、製品の付加価値向上や海外展開などが必要となっています。

そこで、M&Aによる売却で大手グループの傘下に入り経営リソースを活用することで、経営を安定させられる可能性が得られます。

④従業員の雇用先を確保するため

経営が苦しいにもかかわらず、従業員のことを考えると、なかなか廃業に踏み切れないというケースは少なくありません。

長く働いてくれていたベテラン従業員の場合、再就職先がなかなか見つからないという問題が生じることもあります。

そのようなケースでは、廃業ではなくM&A・事業承継によって、従業員の雇用を確保するという方法もあります。

⑤売却益の獲得を目的として

廃業後の生活を考えると、簡単には廃業に踏み切れないというケースもあります。

M&A・事業承継の場合は売却益が得られるので、廃業よりもお金の不安を減らすことができます。

【関連】ゴム・プラスチック製品(部品)製造のM&A・事業承継!売却事例や譲渡金額相場を解説!

5. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収価格相場

化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収価格相場

化学製品製造/化学メーカーのM&A・買収・売却の相場は、どのようにして求めるのでしょうか。ここでは、企業価値評価の算定方法について、詳しく解説していきます。

企業価値評価の算定方法

一般的に、企業価値評価は、現在の企業資産価値に加えて、将来の収益力などをプレミアム価格として上乗せて算定します。

プレミアム価格をどのくらい上乗せするかは、業界や案件ごとに異なりますが、化学製品製造/化学メーカーの企業価値評価算定は、他業界と比べると難しくなります。

その理由として、化学製品製造/化学メーカーの業績は、石油価格・地政学リスク・各国の政治政策など、コントロール不可能な要素に大きく左右されることが要因です。

そのため、化学製品製造/化学メーカーの企業価値評価は、専門家であっても算定結果に大きな違いが生じることがあります。

企業価値評価の算定は個人でできるか?

先述のとおり、化学製品製造/化学メーカーの企業価値評価を正確に行うためには、さまざまな要素を加味しなければならないため、個人で算定するのは非常に難しいといえるでしょう。

そのため、中小規模の化学製品製造/化学メーカーでも、M&Aの専門家に相談・依頼するなどして、企業価値評価を行う必要があります。

【関連】M&Aの企業価値評価とは?算出方法を詳しく解説!

6. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収を成功させるコツ

化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収を成功させるコツ

化学製品製造/化学メーカーのM&Aを成功させるには、どのような点を意識して行えばよいのでしょうか。

ここでは、化学製品製造/化学メーカーのM&Aを成功させるポイントについて、売却側と買収側それぞれの立場から解説します。

売却側のポイント

売却側は、以下のポイントを意識して行う必要があります。

  1. 計画的に準備を行う
  2. 希望条件を満たす買収先を探す
  3. M&Aの目的を明確にする
  4. 技術・特許など強みをまとめる
  5. M&Aの専門家に相談する

①計画的に準備を行う

M&A・事業承継を成功させるには、「会社の現状把握」「企業価値の向上」「後継者の育成」など、目的に応じて計画的に準備することが重要です。

売却後も会社が長く続いてくれるよう、将来を見据えた準備をする必要があります。

②希望条件を満たす売却先を探す

M&A・事業承継の際は、焦りや不安から条件を妥協してしまうケースがあります。

しかし、譲れない条件や妥協できるラインを明確にし、信頼できるM&A・事業承継の専門家にサポートを受けるなどして、まずはしっかりと売却先を探すことが重要です。

③M&Aの目的を明確にする

売却側の経営者は、M&Aによって会社をどうしたいのか、自身はどうしたいのかなど、目的を明確にしておくことが重要です。

目的が不明確だと、交渉で相手に振り回されてしまったり、不利な条件で成約してしまったり、満足のいかないM&A結果になる可能性があります。

④技術・特許など強みをまとめる

事業拡大目的のM&Aから、収益力向上や付加価値のある製品獲得目的のM&Aにシフトしている化学業界では、自社の強みを明確にアピールできるよう準備しておくことも重要です。

また、自社の強みを整理することは、企業価値の向上にもつながります。

⑤M&Aの専門家に相談する

何の準備から始めたら良いかわからない場合でも、M&Aの専門家に相談することでやるべきことが明確になります。

M&Aの専門家に複雑な交渉もサポートしてもらえるため、M&Aの精神的負担が大幅に軽減されます。

買収側のポイント

買収側は、以下のポイントを意識して行うことが重要です。

  1. デューデリジェンスをきちんと行う
  2. 買収先の従業員が離職しないようにする
  3. M&Aの専門家に相談する

①デューデリジェンスをきちんと行う

買収後、円滑に事業を継続するためにも、デューデリジェンス(企業監査)は重要なものになります。

デューデリジェンスには高い専門性が必要となるため、経験豊富な専門家に依頼するなどして実施するようにしましょう。

②買収先の従業員が離職しないようにする

M&A後の統合戦略を間違うと、買収先企業の従業員が離職してしまう可能性もあります。

丁寧にコミュニケーションをとりながら、時間をかけて企業風土を融合していくなどの配慮が必要です。

③M&Aの専門家に相談する

M&Aの専門家によっては、M&A後の統合プロセスまで丁寧にサポートを行っているケースもあります。

M&A仲介会社などの専門家に相談することにより、M&A手続きだけがスムーズに行えるだけでなく、経営力の向上にもつながります。

7. 化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収時におすすめの相談先

化学製品製造/化学メーカーのM&A・売却・買収時におすすめの相談先

化学製品製造/化学メーカーのM&Aを成功させるには、M&A・事業承継や化学業界に精通した専門家によるサポートが欠かせません。

M&A総合研究所では、さまざまな業界のM&A仲介を経験してきたアドバイザーと、M&A実績豊富な会計士が専任に就き、クロージングまでのフルサポートを行います。

また、シンプルな完全成功報酬制を採用、手数料は業界最安値水準に設定していますので、コストを抑えて有効なM&Aを行うことが可能です。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、化学製品製造/化学メーカーのM&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ 

まとめ

本記事では、化学製品製造/化学メーカーのM&A動向やM&A事例などをご紹介してきました。

化学製品製造/化学メーカーのM&Aを行う際は、事業計画を立てたり自社の強みをまとめたり、事前の準備をしっかりと行い、計画的に進めることが大切です。

また、化学製品製造/化学メーカー業界における企業価値を正しく算定することは非常に難しいため、M&A仲介会社など専門家にサポートを依頼するようにしましょう。

【化学製品製造/化学メーカーのM&A動向】

  1. 国内中小企業を中心とした業界再編の動き
  2. 大手企業によるM&Aが増加傾向
  3. 立地条件の良い工場を求めたM&Aが増加
  4. 特殊技術や特許を持つ企業を対象にした買収も見られる

【記事で取り上げた化学製品製造/化学メーカーのM&A事例】
  1. 石原ケミカルによるキザイの買収
  2. エア・ウォーターによる環境技術センターの買収
  3. 富士紡HDによる東京金型の買収
  4. 萩原工業による東洋平成ポリマーの買収
  5. 日本曹達によるゾエティス・ジャパンのプラントヘルス事業買収
  6. エステーによるイタリアのカイロ製造会社買収
  7. DICによるドイツ化学メーカーの顔料事業買収
  8. 帝人によるアメリカの高耐熱熱硬化プリプレグメーカーの買収
  9. 信越ポリマーによるタイの合成樹脂製造会社の買収
  10. 積水化成品工業によるドイツ自動車部材メーカーの買収

【化学製品製造/化学メーカーでM&A・事業承継による売却が行われる理由】
  1. 後継者問題を解決するため
  2. 深刻な従業員不足の解決のため
  3. 大手グループの傘下に入ることで経営を安定させる
  4. 従業員の雇用先を確保するため
  5. 売却益の獲得を目的として

【売却側がM&A・事業承継を行う際のポイント】
  1. 計画的に準備を行う
  2. 希望条件を満たす買収先を探す
  3. M&Aの目的を明確にする
  4. 技術・特許など強みをまとめる
  5. M&Aの専門家に相談する

【買収側がM&A・事業承継を行う際のポイント】
  1. デューデリジェンスをきちんと行う
  2. 買収先の従業員が離職しないようにする
  3. M&Aの専門家に相談する

化学製品製造/化学メーカーのM&Aを成功させるには、M&Aや化学業界に精通した専門家によるサポートが不可欠です。

M&A総合研究所では、実績豊富なM&A専門の会計士が専任担当するため、迅速かつ丁寧で専門性の高いサポートを実現します。

手数料率を業界最安値水準に設定した完全成功報酬制を採用しており、コスト面でも安心してご利用いただけます。

無料相談を随時お受けしていますので、化学製品製造/化学メーカーのM&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ