医薬品卸のM&A動向や売却・買収の事例や相場、成功ポイントを解説

執行役員 企業情報第一部 部長
辻 亮人

大手M&A仲介会社にて、事業承継や戦略的な成長を目指すM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、経営者が抱える業界特有のお悩みに寄り添いながら、設備工事業や建設コンサルタント、製造業、医療法人など幅広い業種を担当。

医薬品卸業界はM&Aが盛んに実施されてきており、過去に数多くの売却・買収が行われ業界再編が進行してきました。医薬品卸業界のこれまでのM&A動向について、事例を踏まえながら売却(譲渡)・買収の実態を分析し、内容を確認します。

目次

  1. 医薬品卸とは
  2. 医薬品卸のM&A動向
  3. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡の相場
  4. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡の事例
  5. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡のメリット
  6. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡の成功ポイント
  7. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社
  8. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡まとめ
  • 医薬品卸のM&A・事業承継

1. 医薬品卸とは

医薬品卸会社のM&Aを考察するにあたって、まずは、医薬品卸業界の定義や動向を確認しましょう。

医薬品卸業界の定義

医薬品卸業界とは、メーカー(製薬会社)から医薬品を仕入れてドラッグストアや調剤薬局または病院などに卸す業務を生業とする業界です。

医薬品は、「医療用薬品」と呼ばれる病院や薬局で取り扱う医薬品と、「一般用医薬品」と呼ばれるドラッグストアなどで店舗販売される一般的な医薬品とに区分されます。

医薬品卸業界の現状

医薬品卸業界の特徴としては、以下の3点があります。

  • 仕入れから販売まで厳しい法規制がある事業
  • 上位4社のシェアが90%を占める
  • 売上げが横ばい~減少を続ける業界

仕入れから販売まで厳しい法規制がある事業

医薬品は規則により、さまざまな制約や厳守すべき事柄などが存在します。そのため、仕入れから販売まで厳しい法規制にさらされているのが実情です。

上位4社のシェアが90%を占める

メディパルホールディングス、アルフレッサホールディングス、スズケン、東邦ホールディングスの4社が、国内シェアのほとんどに近い、90%を占めている状態です。

売上げが横ばい~減少を続ける業界

医薬品卸企業間の価格競争の激化により、横ばいまたは年々、売上が減少している業界です。しかし、将来にわたり社会的使命を失わない業界でもあります。

【関連】製薬会社の買収・M&A!売却の理由は?業界動向・相場・手法を解説!【成功事例一覧】

医薬品卸業界の大手4社

医薬品卸業界の大手企業と言えば以下の4社です。

  1. メディパルHD
  2. アルフレッサHD
  3. スズケン
  4. 東邦HD

以下では、それぞれの企業についてその概要を説明していきます。

メディパルHD

メディパルHDは、子会社27社と関連会社18社で構成された企業で、医薬品・化粧品・日用品、動物用医薬品等の販売やサービスを提供しています。全国各地に拠点を置いて、地域密着型の事業展開を行っている企業です。売上高は業界第1位を誇ります。

2005年に医薬品卸に強いメディセオと日用雑貨卸に強いパルタックが経営統合して誕生しました。

メディパルHDは、5,000社を超えるメーカーから仕入れた医薬品などを、病院や診療所、調剤薬局はもちろん、コンビニやスーパーマーケット、動物病院や畜産農場などを含めた24万件もの取引先に展開する企業です。

特に、「医療と健康、美」のフィールドで卸売事業を展開していて、主要な事業セグメントのひとつである医療用医薬品等卸売事業において、医薬品・医療機器・再生医療等製品の開発促進に貢献するため、開発の初期段階から発売後の流通までベンチャー企業をサポートする独自の取組みを進めるなど、積極的な投資を行って業界の再編を狙っています。

アルフレッサHD

医薬品卸で国内第2位の売上高を誇るのがアルフレッサHDです。

アルフレッサHDでは、医療用医薬品等卸売事業、セルフメディケーション卸売事業、医薬品等製造事業、医療関連事業を展開しています。医薬品購入はもちろん、在庫管理から経営支援におけるまで幅広く薬局経営をサポートしているのがアルフレッサHDの特徴です。

医療と健康に関する様々な事業を展開して「ヘルスケアコンソーシアムの実現」をめざし、人々の健康に貢献している企業です。

スズケン

医薬品卸業界において売上高第3位を誇る独立系企業がスズケンです。1946年に設立された鈴謙洋行を源流にもつ医薬品卸会社です。

スズケンは、これまでM&Aなどを通じて全国47都道府県に営業所を設置して成長してきました。

卸売業者から商品を購入し、最終消費者に売る小売業に販売するビジネスを展開するナショナルホールセラーとしては、日本で唯一の医薬品卸企業です。医薬品卸売事業としては唯一、医薬品メーカーから卸、さらに卸から医療機関・保険薬局までの物流機能である医療流通プラットフォームを有し、メーカー、医療機関、保険薬局、さらには患者視点で、多様化・高度化する医療流通ニーズにワンストップで対応できる強みを持っています。

老舗ならではの歴史の中で築いてきた強固なグループネットワークを活かしたサービスが強みとなっています。

国内外の多くの医薬品メーカーや医療機器メーカーなどから医療用医薬品・診断薬・医療機器・医療材料・医療食品を仕入れてきた実績があり、スペシャリティ医薬品に定評がある企業です。

東邦HD

医薬品卸業界で売上規模第4位の企業が東邦HDです。製薬メーカーなどから医薬品及び医療関連商品を仕入れ、病院・診療所・調剤薬局などへ販売しています。

子会社69社及び関連会社10社により構成された持株企業です。東邦HDでは、医薬品の卸販売と、病院などの医療現場の業務を支援する事業の2本柱で成長してきました。国内外1,000社を超えるメーカーから20万種類以上の製品を仕入れ、全国11万件を超えるお取引先に供給しています。

現在は、医薬品、検査薬、医療機器、OTCなどの卸売事業を中心に、業務効率化に貢献する顧客支援システム、開業支援や経営コンサルティング、医療機関への薬剤師派遣や管理栄養士の出向などの医療トータルサポート、人材支援事業など、医薬品卸業界で必要となるニーズを先取りした事業に力を注いでいます。

 

医薬品卸業界の市場規模

製薬企業から薬を仕入れて、病院などの医療機関や薬局・ドラッグストアに販売するのが医薬品卸業界で事業を展開する企業の基本的なビジネスモデルです。


扱う製品は処方薬だけでなく、包帯・ガーゼから注射器・注射針など医療用材料、さらに湿布薬や風邪薬、頭痛薬など一般用医薬品(大衆薬)を扱うなど、幅広い製品を取扱います。大手4社の2021年3月期連結売上高を合計すると9兆1527億円となるなど、業界の再編が進んでいます。

実際、医薬品卸業界はここ20年間の業界再編により、本社数、従業員数ともに激減しました。その結果、現在は「メディパルHD」「アルフレッサ」「スズケン」「東邦HD」の4グループで市場の8割強を占有しています。

医薬品卸業界の課題と展望

医薬品卸業界は、事業再編によって市場環境が大きく変化しました。

薬価引き下げなど医薬品卸業界を取り巻く環境が激しく変化するなかで、大手各社は医療をベースとした事業の多角化を進めている最中です。実際、ITを活用した物流網の構築が最大の課題です。

堅調に成長してきた医薬品卸業界ですが、今後、少子高齢化や医療費の抑制に伴う薬価引き下げの影響により、国内市場の縮小が懸念されています。そこで、医薬品卸業界に属する企業では、薬局事業や介護事業、医薬品メーカーを対象とした物流受託など、事業の幅を広げて収益拡大を図っているのです。各地域に流通拠点を各企業が設けるなど、効率化が進められており、DXの推進が進められている業界であると言えるでしょう。

2. 医薬品卸のM&A動向

業績面では頭打ち状態にある医薬品卸業界ではあるものの、人の健康にかかわる業種であるので、将来的に使命が尽きません。

ここでは、医薬品卸業界のM&Aに見られる動向について、以下の3点を取り上げます。

  • 業務・流通などを一本化するM&Aが行われた
  • 異業種へのM&Aが見られる
  • 今後、さらなるM&Aが増加していくのが予測される

業務・流通などを一本化するM&Aが行われた

医薬品卸業界では、各種業務や流通などを一気通貫で行うためのM&Aが積極的に行われてきた動向が見られます。

異業種へのM&Aが見られる

すでに示したとおり、収益が横ばい、または減少傾向である現状を踏まえ、医薬品卸だけではなく異業種へ活路を見出している企業も少なくありません

今後、さらなるM&Aが増加していくのが予測される

高齢化社会が懸念され、医薬品卸へのニーズは高まっている動向があるものの、医薬品の単価が下がっているので、今後も経営の効率化や異業種進出へのM&Aが増加するのも予測されます。

【関連】国内M&A市場の展望・トレンドまとめ!

3. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡の相場

医薬品卸業界は、業界内だけではなく異業種にわたりM&Aを展開している業界です。そのため、売却や買収、そして譲渡といった相場は、一般的には把握するのが難しいとされています。

基本的には同業種であれば知的財産や設備のほか、人員の価値などがM&Aの価格に反映されるといわれていますが、その価格算出にあたってはケースバイケースであり、指標となるような相場価格は確立されていません。

【関連】事業売却・会社売却の相場は?金額の決め方と高く売る方法を解説【事例あり】
  • 医薬品卸のM&A・事業承継

4. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡の事例

医薬品卸業界の売却(譲渡)・買収などのM&A事例8件を紹介します。

メディカルネットとオカムラ・ノーエチ薬品のM&A

2021年4月、メディカルネットは、市販薬を中心にドラッグストア専売品やプライベートブランド(PB)商品を提供するノーエチ薬品を買収して子会社化しました。

なお、今回のメディカルネットのM&Aは、メディカルネットの完全子会社であるオカムラを通じて実行されています。

今回買収対象となったノーエチ薬品は、大阪府松原市に本社を置く創業60年の大衆医薬品のファブレスメーカー・ 医薬品卸を営む企業です。

大手ドラッグストアや調剤薬局に対して、医療用医薬品から一般医薬品に転用したスイッチOTC医薬品を中心として、ドラッグストア専売品やプライベートブランド商品を提供しています。

メディカルネットは今回の買収を通じて歯科医療のプラットフォーマーとしての機能を強化し、さらなる歯科医療の発展を目指します。
 

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
メディカルネット オカムラ・ノーエチ薬品 非公開 株式取得 新たに歯科向け市販薬の開発・製造

スズケンとドクターズによる資本業務提携

2020年11月、スズケンとドクターズは資本業務提携を結んでいます。

ドクターズは、専門医を中心とした400名超のエキスパート医師と医療・ヘルスケア事業に精通したコンサルタントが、デジタルヘルスケアサービスの企画・開発から医療機関への流通・販売までをワンストップで支援し、出口戦略のある本格的なデジタルヘルスケアサービスの事業化と持続性のあるデジタルヘルスビジネスを実現してきた企業です。ITの活用によって、医療に関わるサービスの効率化を進めている企業です。

ドクターズのサービスと、スズケンが持つ医療機関との強固な取引関係や広範な流通網を駆使して、総合的なデジタルヘルスケアサービスの普及推進と全国展開を目指します。

また、スズケンはこの他にも5社のITヘルスケア企業と資本業務提携を締結しており、地域医療や製薬企業の課題解決を図る新たなソリューション「医療情報プラットフォーム」の構築を目指しています。
 

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
スズケン ドクターズ 非公開 資本業務提携 総合的なデジタルヘルスケアサービスの普及推進を全国展開

スズケンとUbieのM&A

2020(令和2)年4月、医薬品卸業界の4大大手の1社であるスズケンは、医療AIスタートアップであるUbieと資本業務提携契約を締結しました。売却(譲渡)・買収などのM&Aと比較して、資本業務提携は広義のM&Aといわれています。

Ubieが新たに発行する優先株式を引き受けて、スズケンが発行済株式総数の10%程度を所有する株主になる予定です。スズケンの狙いは、Ubieが開発した「AI問診Ubie」などの医療ソフトウェア分野において、新たな収益源・ビジネスモデルの構築を図るとされています。

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
スズケン Ubie 不明 資本業務提携 新たなビジネスモデル確立

スズケンとヤマト科学のM&A

2017(平成29)年9月、スズケンとヤマト科学は資本業務提携を行いました。スズケンは、ヤマト科学の発行済株式の2.7%を取得しています。

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
スズケン ヤマト科学 不明 資本業務提携 革新的な製品とサービスの開発推進

メディパルホールディングスとJCRファーマのM&A

2017年9月、メディパルホールディングスとJCRファーマは資本業務提携契約を締結しました。この契約により、メディパルホールディングスは、JCRファーマの株式約22.5%を取得し筆頭株主となっています。

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
メディパルホールディングス JCRファーマ 212億8,400万 資本業務提携 企業価値の向上と持続的な発展

スズケンとEPSホールディングスのM&A

2016(平成28)年9月、スズケンとEPSホールディングスは資本業務提携を行いました。スズケンの株式0.61%分と、EPSホールディングスの株式3.25%がそれぞれに第三者割当されています。

また、それと同時にEPSホールディングスの子会社EPS益新の株式35%分について、スズケンが第三者割当を引き受ける契約も同時に実施されました。

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
スズケン EPSホールディングス 不明 資本業務提携 中国での事業推進

ニュートリーと三和化学研究所のM&A

2016年9月、三和化学研究所のニュートリション事業の一部をニュートリーに譲渡する契約を行いました。

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
ニュートリー 三和化学研究所 不明 事業譲渡 国内外の市場開拓および企業価値向上

アルフレッサホールディングによるサンノーバの買収

2016年4月、アルフレッサホールディングスは、エーザイの子会社であるサンノーバの吸収分割承継会社の株式を取得し子会社化しました。

買収企業 売却企業 金額(円) M&A手法 目的
アルフレッサホールディングス サンノーバ 不明 吸収分割 医薬品等製造事業基盤強化

【関連】事業譲渡とは?会社譲渡との違いや手続きの流れを分かりやすく解説!

5. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡のメリット

医薬品卸業界のM&Aにおいて、どういったメリットがあるか解説します。

売却側

M&Aによるメリットのうち、売却側で得られる主なメリットは、以下の5項目です。

  • 従業員の雇用確保
  • 後継者問題の解決
  • 売却・譲渡益の獲得
  • 大手グループ入りで安定した経営
  • 個人保証・債務・担保などの解消

従業員の雇用確保

経営不振などにより会社を廃業せざるを得ない場合もあります。そして、そうなると従業員は職を失い路頭に迷う結果にならざるを得ません。

しかし、M&Aによって会社を売却し、大手企業のもとで財務等が安定すれば、従業員の雇用が守られます。

後継者問題の解決

事業を続けていくには後継者問題は不可欠です。身近に後継者にふさわしい人物が存在しない場合は、M&Aにより会社の外部に後継者を求められます。

売却・譲渡益の獲得

M&Aの取引では、売却・譲渡益を得られます。老後資金や新たな事業資金など、まとまった金銭を取得できるのです。

大手グループ入りで安定した経営

M&Aの売却先が大手企業の場合、経営の先行きが見えなかった状態から抜け出せる可能性が高いと見てよいでしょう。

個人保証・債務・担保などの解消

経営者にとって個人保証などの問題は悩みの種です。こういった問題から開放されるのも、M&Aのメリットといえます。

買収側

一方で、買収側にとってのメリットはいかなる要素があるのでしょうか。以下の5項目について考えてみます。

  • 従業員の確保
  • 低コストで新事業・関連事業を獲得
  • 新規事業へ低コストで参入
  • 顧客・取引先・ノウハウなどの獲得
  • 事業規模やエリアの拡大

従業員の確保

医薬品卸業界各社にとって、従業員などの人材は非常に大切な要素です。こうした人材を確保できるのは、M&Aによる買収の大きなメリットとなるでしょう。

低コストで新事業・関連事業を獲得

医薬品卸会社の中には、自社で医薬品を開発し販売を考える場合があります。そのような新規事業を考えるとき、医薬品の特許権や設備などのコストは大きなものです

それは費用だけでなく膨大な時間も要するわけですが、M&Aでの買収であれば、即座に獲得できるというメリットがあります。

新規事業へ低コストで参入

医薬品卸業界へ新規事業として参入する場合もM&Aは有益です。それは、前述したように設備や特許権のコストを抑えられるだけではなく、事業を安定的に継続するまでの投資や人材育成のコストも節約できるからにほかなりません。

顧客・取引先・ノウハウなどの獲得

従来では得られない顧客や取引先、そして自社では開発できないノウハウなどは、買収によって取得できる大きなメリットとなります。

事業規模・エリアの拡大

事業やエリアの拡大にはコストと時間が必要です。こうしたコストと時間を大幅にカットできるメリットも、M&Aだからこそといえるでしょう。

【関連】M&Aのメリット・デメリットを徹底解説!【大企業/中小企業事例あり】

6. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡の成功ポイント

医薬品卸業界でM&Aを成功させるには、重要となるポイントが数点あります。ここでは、売却側および買収側のそれぞれの成功ポイントについて見てみましょう。

売却側

売却側からの立場から見たM&Aの成功ポイントは、以下の3要素が重要です。

  • アピールポイントや強みのある企業である点
  • 権利や特許、ノウハウや技術などを持っている点
  • M&Aの専門家に相談できる点

アピールポイントや強みのある企業である点

大きな卸市場を構えていたり、強固なコネクションを持っていたりするなど、アピールポイントがあるのは成功への強みとなるでしょう。

権利や特許、ノウハウや技術などを持っている点

医薬品卸会社にとっても、権利や特許そしてノウハウや技術といったものは非常に大きな財産です。

そして、この財産こそが大きなアピールポイントとなるのです。

M&Aの専門家に相談できる点

M&Aを行うにあたり、リスクやトラブルといった課題が必ずあります。M&Aによる売却はそうそう経験する事項ではないからです。

だからこそ、いろいろなM&Aに直面している専門家の意見は大切になります。リスクやトラブルを回避するためにも、専門家を上手に活用しましょう。

買収側

M&Aを成功させるポイントは買収側にも存在します。ここでは3点にしぼりました。

  • 自社に足りない部分をピンポイントで補強する
  • デューデリジェンスを徹底する
  • M&Aの専門家に相談する

自社に足りない部分をピンポイントで補強する

弱い分野であったり、社員教育が行き渡らない部分であったりした箇所について、M&Aで補強するという方法があります。

そのためにも、自社に足りない部分を見極めて検討する力が必要だといえるでしょう。

デューデリジェンスを徹底する

買収目的である企業について、デューデリジェンス(企業調査・監査)を行うのは非常に重要です。

M&Aにおいては、現在進行中のトラブルはもちろん、買収後のトラブル回避も考え、必ず徹底したデューデリジェンスを行いましょう。

M&Aの専門家に相談する

M&Aにおける買収には、大きなリスクが存在します。自社で考えている以上のリスクは必ずといってよいほど伴うものです。

しかし、M&Aの専門家を利用して、見えないリスクまでもマネジメントができます。

リスクを減らし円滑なM&Aを目指すのであれば、M&A専門家への相談は不可欠だといえるでしょう。

【関連】M&AにおけるDD(デューデリジェンス)項目別の目的・業務フローを徹底解説!

7. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社

医薬品卸業界でのM&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。中小企業のM&Aにおいて数多くの支援実績を有しており、豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーによる専任フルサポートを行っています。

また、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、成約まで最短3カ月という実績も併せ持っています。

当社は完全成功報酬制(※譲渡企業のみ)となっております。無料相談はお電話・Webより随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお気軽にご連絡ください。

【関連】医薬品卸のM&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

8. 医薬品卸のM&A・売却・買収・譲渡まとめ

医薬品卸業界では、厳しい状況が続いています。

  • 仕入れから販売まで法規制を守る難しい事業
  • 上位4社のシェアが90%を占める
  • 売上げが横ばい、減少を続ける業界

そうした状況から、M&Aによるメリットを求める企業は少なくない状況です。

【売却側のメリット】

  • 従業員の雇用確保
  • 後継者問題の解決
  • 売却・譲渡益の獲得
  • 大手グループ入りで安定した経営
  • 個人保証・債務・担保などの解消

【買収側のメリット】
  • 従業員の確保
  • 低コストで新事業・関連事業を獲得
  • 新規事業へ低コストで参入
  • 顧客・取引先・ノウハウなどの獲得
  • 事業規模やエリアの拡大

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事
医薬品卸のM&A・事業承継