岩手県のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!案件一覧と探し方も紹介

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

本記事では、岩手県における会社売却などのM&A事業承継の状況や動向、相談先の選び方などを解説しています。そのほか、事業承継の公的支援策である岩手県事業承継・引継ぎ支援センターや後継者人材バンク、またM&A・事業承継・会社売却事例も紹介しています。

目次

  1. 岩手県のM&A・会社売却・事業承継
  2. 岩手県のM&A・会社売却・事業承継動向
  3. 岩手県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント
  4. 岩手県近郊のM&A案件一覧
  5. 岩手県のM&A・事業承継に関する公的支援
  6. 岩手県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段
  7. 岩手県のM&A・事業承継・会社売却事例
  8. 岩手県でのM&Aのご相談はM&A総合研究所へ
  9. 岩手県のM&A・事業承継・会社売却まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 岩手県のM&A・会社売却・事業承継

帝国データバンクの「東北6県『休廃業・解散』動向調査(2018年)」によると、2018(平成30)年時点の岩手県では、企業総数が14,162社で、休廃業・解散した企業数は250社ありました。東北6県での休廃業・解散件数は1,707社、倒産件数の351社の4.9倍の規模になります。

一般に、倒産の主な理由は経営難ですが、休廃業・解散の場合は、一部に経営難のケースがあるものの、多くは後継者不在により事業承継が実現できず、休廃業・解散を選ばざるを得ない状況です。その中には、経営状態が良好である会社も少なくありません。

実際、上記の資料を見ると、岩手県における企業経営者の平均年齢61.7歳に対し、休廃業企業経営者の平均年齢は69.4歳でした。つまり、経営者が引退年齢を迎えたものの、事業承継を行う後継者がいないために、やむを得ず休廃業・解散を選択した構図を示しています。

そのような状況は岩手県に限らず、全国の中小企業でも同様で、後継者不在問題・事業承継問題は、大きな課題です。

【関連】中小企業の後継者問題とは?原因や解決策・対策を徹底解説!

2. 岩手県のM&A・会社売却・事業承継動向

岩手経済研究所が2018年9月に公表した「本県の事業継承の現状と課題~円滑な事業承継で経営革新を起こせ~」によると、岩手県内企業に行ったアンケートに、60歳以上の経営者における約5割が後継者未定、60歳以上の経営者における約半数は事業承継の準備を行っていないと回答しています。

岩手県内における経営者の平均年齢は、2017(平成29)年時点で63.16歳であり、高知県、秋田県についで3番目に高い年齢です。

こうした数値から、中小企業が多い岩手県では、事業承継に対する認識と準備が不足していると考えられます。M&Aでの会社売却を活用して事業承継を進めることは、岩手県の中小企業に必要不可欠といえるでしょう。

岩手県のM&A件数の推移

レコフによる「岩手県のM&A」の情報では、2020年における岩手県のM&A件数は、全体で25件です。2018年は25件、2019年は20件なので、岩手県のM&A件数は上昇しています。

ちなみに、2020年における岩手県のM&A件数は、買収側と売却側が岩手県内のM&Aは12件、買収側が岩手県内で売却側が岩手県外のM&Aは7件、買収側が岩手県外で売却側が岩手県内のM&Aは6件という内訳です。

3. 岩手県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント

岩手県でM&A仲介会社を選ぶ際に、注意したいポイントは以下の5つです。

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

M&Aの仲介は、対象分野・企業に合わせた的確で柔軟なサポートが求められます。したがって、該当する分野の専門的知識・M&A実績が乏しい仲介会社では、M&Aを成功させるのは難しいといわざるを得ません。

M&A仲介会社を選ぶときは、該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っているかどうかを確認しましょう。

②案件規模・地元M&A実績などがある

自社のM&Aと同規模の案件を扱った経験がない仲介会社は、適した取引相手がなかなか見つからない可能性もあります。

M&Aは地域性も影響するため、地元でのM&A実績やネットワークを持っているか否かも重要なポイントです。そのため、岩手県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶときは、自社と同等の案件規模や地元M&A実績があるか事前に確認しましょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

M&A・会社売却・事業承継にはさまざまな手法があり、成功させるためにはまず自社に合った手法を選び戦略を策定しなければなりません。

M&Aを進めるうえで交渉力も必要となるため、仲介会社を選ぶ際は、M&Aに関する幅広い知識・経験を持っているかどうかを確認しましょう。

④手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい

手数料・相談料・報酬体系がわかりにくい仲介会社の場合、予定外の出費がかさむことも考えられ、後のトラブルにもなりかねません。

そのような事態を避けるためには、手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい仲介会社を選ぶとよいでしょう。

また、M&Aを実施するには多くの費用がかかるため、完全成功報酬型の料金体系を採用する仲介会社であれば、成約するまで費用が発生しないのでコストを抑えられます。

⑤担当スタッフの対応・相性

担当スタッフの対応・相性がよければ、相談しやすかったり悩みを打ち明けられたりはっきりと意見がいえたりするので、担当スタッフの対応や相性も選ぶポイントです。

【関連】M&A仲介会社おすすめ20社を比較!手数料・サービス・実績などを徹底解説| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

4. 岩手県近郊のM&A案件一覧

ここでは、岩手県およびその近郊におけるM&A案件を、6件ピックアップして掲示します。

  1. ガソリンスタンドの株式譲渡
  2. 建築業者の事業譲渡
  3. 整骨院の事業譲渡
  4. 老舗寿司店の事業譲渡
  5. メガネ店の事業譲渡
  6. 産業用装置メーカーの株式譲渡

①ガソリンスタンドの株式譲渡

岩手県近郊のM&A案件1件目は、ガソリンスタンドの株式譲渡です。
 

業種 その他サービス
事業形態 株式会社
都道府県・地域 岩手県
譲渡価格 2,000万円

②建築業者の事業譲渡

岩手県近郊のM&A案件2件目は、建築業者の事業譲渡です。
 

業種 建設・工事
事業形態 非公開
都道府県・地域 岩手県
譲渡価格 500万円

③整骨院の事業譲渡

岩手県近郊のM&A案件3件目は、整骨院の事業譲渡です。
 

業種 医療
事業形態 個人
都道府県・地域 青森県
譲渡価格 1,000万円以下

④老舗寿司店の事業譲渡

岩手県近郊のM&A案件4件目は、老舗寿司店の事業譲渡です。
 

業種 飲食店
事業形態 個人
都道府県・地域 青森県
譲渡価格 1億円~2億5,000万円

⑤メガネ店の事業譲渡

岩手県近郊のM&A案件5件目は、メガネ店の事業譲渡です。
 

業種 小売
事業形態 非公開
都道府県・地域 青森県
譲渡価格 500万円~750万円

⑥産業用装置メーカーの株式譲渡

岩手県近郊のM&A案件6件目は、産業用装置メーカーの株式譲渡です。大手車載部品メーカーとの強固な取引基盤が強みです。
 

業種 製造
事業形態 非公開
都道府県・地域 東北地方
譲渡価格 希望なし

【関連】秋田のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】
【関連】宮城・仙台のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】

5. 岩手県のM&A・事業承継に関する公的支援

この章では、岩手県で公的に実施されている事業承継支援の具体的内容について、その概要を掲示します。岩手県における公的な事業承継支援で主なものは、以下です。
 

  1. 岩手県事業承継・引継ぎ支援センター
  2. 後継者人材バンク

①岩手県事業承継・引継ぎ支援センター

2021年4月、「岩手県事業引継ぎ支援センター」と「岩手県事業承継ネットワーク」の機能が合体し、「岩手県事業承継・引継ぎ支援センター」ができました。

事業承継に悩む中小企業を支援するこのセンターは、岩手県盛岡市に所在する公的支援の機関です。「事業承継に対する相談」「M&Aマッチングサポート」「事業承継計画策定支援」などを実施し、事業承継診断・セミナーも行っています。

②後継者人材バンク

岩手県で企業を目指す人をサポートするのが後継者人材バンクです。創業を希望する人と後継者がいない企業や事業主を引き合わせて、創業と事業引継ぎを実現するためのサポートを実施します。

後継者人材バンクは、盛岡商工会議所に設置の岩手県事業承継・引継ぎ支援センターによって運営される公的支援の事業です。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?費用や実績を解説【評判/口コミあり】
【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!

6. 岩手県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段

岩手県でM&A・会社売却・事業承継案件を探す方法として、以下の3つを掲示します。

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトを活用する

①M&A仲介会社・専門家に相談する

M&A仲介会社や専門家は、M&Aの案件を幅広く取り扱っています。岩手県でM&A・会社売却・事業承継を考えた際の相談先としては最もポピュラーだといえるでしょう。

②地元の金融機関などに相談する

岩手県の中小企業案件を探す場合は、金融機関も強い味方です。岩手県事業承継・引継ぎ支援センターの構成機関になっている銀行もあるので、普段取引をしている金融機関にまず操舵案してみるのもよい方法です。

M&Aマッチングサイトを活用する

手軽さの点では、マッチングサイトを利用するのもおすすめです。

M&Aプラットフォーム

M&Aプラットフォーム

M&Aプラットフォーム

出典:https://masouken.com/platform

M&A総合研究所が運営するM&Aプラットフォームは、独自AIシステムを採用し高精度のマッチングを実現しております。

簡単な無料登録をしていただければ、気軽にサービスをご利用いただけます。交渉や手続きをするうえで必要であれば、M&Aアドバイザーのサポートをご依頼いただくことも可能です。

【関連】M&A仲介プラットフォームとは | M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

Batonz(バトンズ)

M&A大手である日本M&Aセンターの子会社が運営しているので、豊富な案件数が魅力なサイトです。国内で最大級となる仲介会社のネットワークを活用すれば、希望の案件を見つけやすいでしょう。

TRANBI(トランビ)

先に紹介した盛岡信用金庫との提携でもわかるように、地方の都市銀行や第ニ都市銀行など金融機関との太いパイプを生かした幅広いネットワークが魅力です。

M&Aプラス

デロイトトーマツグループが、全国の金融機関、公認会計士、M&A専門会社などと連携して立ち上げたのがM&Aプラスです。豊富な情報量により、公正、迅速、リーズナブルなM&Aの実現をサポートします。

ブティックス(介護M&Aセンター)

ブティックスは、介護分野で圧倒的な実績があり、成約実績から積み上げられた知識やノウハウにより、力強く介護事業者をサポートします。

【関連】【中小企業】後継者不足の求人募集におすすめのマッチングサイト16選

7. 岩手県のM&A・事業承継・会社売却事例

この章では、岩手県のM&A・事業承継・会社売却事例について見ていきましょう。

いわぎん農業法人投資事業有限責任組合によるありす畜産への資本参加

いわぎん農業法人投資事業有限責任組合

いわぎん農業法人投資事業有限責任組合

出典:https://igjs-vc.co.jp/fund/fund_agri.html

2018年9月、岩手銀行が出資し、事業創造キャピタル運営のいわぎん農業法人投資事業有限責任組合が、「四原種配合豚」の肥育や精肉販売などを手掛けるありす畜産に資本参加しました。

ありす畜産は、調達資金を運転資金や設備資金として活用する予定です。

岩手新事業創造ファンド1号による遠野醸造への資本参加

岩手新事業創造ファンド1号

岩手新事業創造ファンド1号

出典:https://igjs-vc.co.jp/fund/fund1.html

2018年1月、岩手銀行などが出資していわぎん事業創造キャピタルと事業創造キャピタルが運営する岩手新事業創造ファンド1号が、遠野醸造に資本参加しています。

地域の資源を生かしてクラフトビールを提供する遠野醸造は、地域おこし協力隊として太田睦氏と袴田大輔氏を中心に、2017年11月に設立されました。

北映商事によるみちのくオートバックスへのM&A

2018年1月、北映商事は、オートバックスセブンの全額出資子会社であるみちのくオートバックスから、オートバックス宮古とオートバックス盛岡西バイパス店を譲受しています。

これにより、オートバックスセブンは、岩手県内での競争力を強めて経営を効率化させる狙いです。

8. 岩手県でのM&Aのご相談はM&A総合研究所へ

岩手県事業承継・引継ぎ支援センターは、公的機関なので安心・気軽に利用できるメリットはありますが、まだ管理案件が少なく満足な結果が得られない可能性もあります。

後継者人材バンクもM&Aの仲介サポートは行っていないため、必要があれば外部のM&A仲介会社に改めて依頼するので、初めからM&A仲介会社に依頼したほうが効率がよいケースも少なくありません。

M&A総合研究所は、中小・中堅企業のM&Aを主に取り扱う仲介会社です。M&A・会社売却・事業承継の豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーが、ご相談・交渉・クロージングまで案件をフルサポートいたします。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)無料相談をお受けしていますので、岩手県のM&A・会社売却・事業承継案件をご検討の際は、どうぞお気軽にお問合せください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

9. 岩手県のM&A・事業承継・会社売却まとめ

岩手県のM&A・会社売却・事業承継にの動向や仲介会社の選び方、案件一覧などを紹介しました。

M&A・会社売却・事業承継を成功させるために専門家のサポートは不可欠ともいえるものです。無料相談などを活用して自社に合った選ぶとよいでしょう。

【岩手県近郊のM&A案件一覧】

  1. ガソリンスタンドの株式譲渡
  2. 建築業者の事業譲渡
  3. 整骨院の事業譲渡
  4. 老舗寿司店の事業譲渡
  5. メガネ店の事業譲渡
  6. 産業用装置メーカーの株式譲渡

【岩手県のM&A・会社売却・事業承継の案件を探す場合】
  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトを活用する

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事