水産加工・卸のM&A・譲渡・売却!事例や動向、価格相場を解説!

Medium
取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

四方を海に囲まれる日本では、水産加工・卸業も発展してきましたが、現在はM&Aによる譲渡・売却・買収が増加中です。中小企業が大半とされる水産加工・卸業界の譲渡・売却・買収事例を見ながら、M&A動向や価格相場などを分析します。

目次

  1. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却・買収
  2. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却事例
  3. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却動向
  4. 水産加工・卸業界に起こった出来事
  5. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却理由
  6. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却価格相場
  7. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却で失敗しないためには
  8. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却時におすすめの相談先
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却・買収

水産加工・卸のM&A・譲渡・売却・買収

この記事では、水産加工・卸業でのM&Aによる譲渡・売却動向や、価格相場について事例を交えて解説します。

まずは、水産加工・卸業の定義やM&Aによる譲渡・売却・買収の意味について確認しましょう。

水産加工・卸業とは

水産加工・卸業とは、水産物の加工や卸売をする業種です。水産加工・卸業は水産業の1つであり、水産物を獲る漁業と水産加工・卸業に分けられます

水産加工・卸業で扱うは天然魚だけではありません。養殖魚の加工や卸売も行います。近年は国による後押しもあり、養殖魚に取り組む水産加工・卸会社が増えてるのが現状です。

M&A・譲渡・売却・買収とは

M&Aによる譲渡・売却、買収とは、株式譲渡や事業譲渡、合併などの手法を用いて、会社の経営権や事業の売買を行うことです。

水産加工・卸会社では、海外進出や取扱商品の安定・拡充、事業範囲の垂直・水平統合などの目的でM&Aが行われています。

【関連】エムアンドエー(M&A)とは?意味を解説!

2. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却事例

水産加工・卸のM&A・譲渡・売却事例

ここでは、水産加工・卸業界関連のM&Aについて、以下の11事例を紹介します。
 

  1. マルハニチロによる系列会社のTOB
  2. トーホーによるシンガポール水産卸会社のM&A
  3. インタークレストからジーエフシーへのM&Aによる譲渡・売却
  4. ヨシムラ・フード・ホールディングスによるシンガポール水産品輸入卸売会社等3社のM&A
  5. 釧路ハイミールから前田工繊へのM&Aによる譲渡・売却
  6. ヤマニ野口水産からヨシムラ・フード・ホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却
  7. マルキュー食品からニチモウへのM&Aによる譲渡・売却
  8. 本田水産からバローホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却
  9. 農林中央金庫からイートジャパンへの出資
  10. マルイチ産商による丸水長野県水の分割会社買収
  11. マルタ食品からスギヨへのM&Aによる譲渡・売却

①マルハニチロによる系列会社のTOB

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例1件目は、マルハニチロによる系列会社のTOBです。

2020(令和2)年3月から5月にかけ、マルハニチロは、その子会社と合わせてすでに約50%の株を保有していた水産卸大手の大都魚類に対し、TOB(株式の公開買い付け)を実施しました。TOBは成功し、マルハニチロは大都魚類の約90%の株式を所有することとなったため、6月には大都魚類は上場廃止しています。

大都魚類を完全子会社化したマルハニチロとしては、自社のノウハウや流通網をダイレクトに大都魚類に反映させ、経営の効率化と業績拡大を図る考えです。

②トーホーによるシンガポール水産卸会社のM&A

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例2件目は、トーホーによるシンガポール水産卸会社のM&Aです。

2019(令和元)年、トーホーは、シンガポールで水産品卸売事業を行うGolden Ocean seafood(S)Pte Ltdを株式譲渡により子会社化しました。

これにより、トーホーグループは、シンガポールで行っている食品卸売事業に、水産品をラインアップとして加えています

③インタークレストからジーエフシーへのM&Aによる譲渡・売却

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例3件目は、インタークレストからジーエフシーへのM&Aによる譲渡・売却です。

2019年、水産物の輸入・販売を行うインタークレストは、業務用加工食品の製造・卸を行うジーエフシーへ株式譲渡を行い子会社となりました。これにより、ジーエフシーは、水産加工品分野を充実させています。

④ヨシムラ・フード・ホールディングスによるシンガポールの水産品輸入卸売会社等3社のM&A

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例4件目は、ヨシムラ・フード・ホールディングスによるシンガポール水産品輸入卸売会社2社のM&Aです。

2018年、ヨシムラ・フード・ホールディングスは、シンガポールで冷凍水産品や冷凍水産加工品の輸入卸売事業を行う、SIN HIN FROZEN FOOD PRIVATELIMITEDと、LIVIO FROZEN FOOD PTE. LTD.を買収し、子会社化しました。

食品の総合商社であるヨシムラ・フード・ホールディングスは、水産品分野の販路拡大やコスト削減などのシナジー効果獲得を見込んで買収に至っています。

また、ヨシムラ・フード・ホールディングスは、この翌年2019年にもシンガポールの子会社によって、シンガポールの冷凍水産加工会社であるPACIFIC SORBY PTE. LTD.の株式70%を、16億2,800万円で取得しグループ化しました。

ヨシムラ・フード・ホールディングスは、東南アジア方面での事業拡張に向け、着々とM&Aでそれを実現しています。

⑤釧路ハイミールから前田工繊へのM&Aによる譲渡・売却

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例5件目は、釧路ハイミールから前田工繊へのM&Aによる譲渡・売却です。

水産加工品の残渣(ざんさ)からフィッシュミールの製造などを行っている釧路ハイミールは、2018(平成30)年に土木資材の製造・販売などを行う前田工繊へ株式譲渡を行い、子会社となりました。

健食分野へも取り組んでいる前田工繊は、サプリメント用の魚油も製造する釧路ハイミールの将来性を見込んで買収に至っています。

⑥ヤマニ野口水産からヨシムラ・フード・ホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例6件目は、ヤマニ野口水産からヨシムラ・フード・ホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却です。

北海道で水産食品の製造・販売業を営むヤマニ野口水産は、2017(平成29)年、ヨシムラ・フード・ホールディングスへ株式譲渡を行い子会社となりました。

当事例では、ヨシムラ・フード・ホールディングスの「中小企業支援プラットフォーム」によって、質の高い水産加工品を製造するヤマニ野口水産をサポートすることで、両社の成長を図っています

⑦マルキュー食品からニチモウへのM&Aによる譲渡・売却

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例7件目は、マルキュー食品からニチモウへのM&Aによる譲渡・売却です。

福岡県で辛子明太子やたらこの製造・販売を行うマルキュー食品は、2017年、水産加工食品の製造販売や海洋事業などを行うニチモウへ株式譲渡を行い、子会社となりました。

ニチモウは、高品質な明太子・たらこを製造販売するマルキュー食品を取得することで、製品の提供力を強化しています。

⑧本田水産からバローホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例8件目は、本田水産からバローホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却です。

宮城県産の水産物を取り扱う本田水産は、2017年に食品スーパーのバローホールディングスへ株式譲渡を行い、子会社となりました。

バローホールディングスは生鮮食品に力を入れており、質の高い水産物の安定確保を目的として買収に至っています。

⑨農林中央金庫からイートジャパンへの出資

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例9件目は、農林中央金庫からイートジャパンへの出資です。

2016(平成28)年、農林中央金庫は、農畜水産物・食料品・加工品・調味料の輸出入や販売を行うイートジャパンへ普通株式取得により出資しました。

農林中央金庫は本出資により、イートジャパンのグループ会社と、漁業協同組合グループとの関係強化を支援しています。

⑩マルイチ産商による丸水長野県水の分割会社買収

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例10件目は、マルイチ産商による丸水長野県水の分割会社買収です。

長野県で水産・畜産・冷凍食品などの食品流通業を営む丸水長野県水は、2016年、会社分割により新設会社を設立し、同じく長野県で水産物を中心に総合卸売業を営むマルイチ産商へ株式譲渡を行いました。

このM&Aは、両社が組むことで事業シナジーを生み出し、長野県での食品流通発展に貢献していくことを目的として行わたものです。

⑪マルタ食品からスギヨへのM&Aによる譲渡・売却

水産加工・卸業界のM&A・譲渡・売却事例11件目は、マルタ食品からスギヨへのM&Aによる譲渡・売却です。

水産珍味加工メーカーのマルタ食品は、2016年、水産練製品などを製造・販売するスギヨへ株式譲渡を行い、子会社となりました。

これにより、スギヨは両社の経営資源共有と、商品ラインアップの拡充を図っています

【関連】【2020年最新】小売業界の動向やM&A・売却・買収の事例20選!成功ポイントも解説!

3. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却動向

水産加工・卸のM&A・譲渡・売却動向

水産加工・卸業界の現在のM&A動向は、以下のような状況です。
 

  1. M&Aによる業界再編が起こり始めている
  2. 消費量が減少傾向にある
  3. スーパーマーケットでは独自ルートで買い付けを行う
  4. 多くの中小企業は赤字経営になっている
  5. 海外市場を目指した養殖場などの買収も増加傾向

①M&Aによる業界再編が起こり始めている

大手の水産加工・卸各社は、国内の水産物消費量減少や海外の需要増加など、急速な環境の変化に対応するため、M&Aによる業界再編が起こり始めています。

M&Aは国内だけでなく海外の大手企業とのM&Aも積極的に行われ、水産物・水産加工物の輸出入や流通網、水産物を確保するための仕入れルート、養殖施設の確保など、業界変化への対応を進める大手企業が増加中です。

②消費量が減少傾向にある

水産物の価格高騰やの国民の肉食化により、国内の水産物消費量は減少傾向にあります。さらに、今後も国内の水産物消費量が増加する見込みは、薄い状況であるという予測です。

一方で、海外では新興国の生活水準向上による健康意識の高まりや、日本食が注目されていることにより水産物需要が高まり続けています。そこで、国内の水産加工・卸会社は海外に拠点を構えたり、海外企業の買収・提携を進めたりと対応を進めているのです。

③スーパーマーケットでは独自ルートで買い付けを行う

近年、スーパーマーケットなどの大手小売店は、仲卸市場を通さずに独自ルートで直接仕入れを行うことで、安定した品質・価格の水産物を販売する流通システムを構築しています。

これにより、卸売市場の事業者は減少を続けており、今後も小規模事業者を中心に減少していくとの予測です。したがって、各卸売事業者は、輸出によって収益確保を行うなどの対応を迫られています

④多くの中小企業は赤字経営になっている

水産加工・卸業界では約8割が小規模事業者であり、その数は年々減少傾向にあります。環境の変化に対応するため、各事業者は付加価値の高い水産加工品の開発や、卸売ルートの効率化によるコスト削減などに急ピッチです。

また、国も水産業推進のため、水産物の安全性認定や輸出の簡便化などの各種対策を講じています

⑤海外市場を目指した養殖場などの買収も増加傾向

国内では、漁獲量が大幅に減少した水産物が増えたことにより水産物価格が高騰しているなどの理由から、海外の養殖会社などを買収する企業が増加傾向です。

特に、需要の高さと費用の安さから、新興国での養殖場獲得が目立ちます。

【関連】【2020年最新】スーパーマーケットの動向やM&A・売却・買収の事例、ポイントを解説!

4. 水産加工・卸業界に起こった出来事

水産加工・卸業界に起こった出来事

近年の水産加工・卸業界に大きな影響を与えた出来事といえば、築地卸売市場から豊洲卸売市場への移転問題です。

築地から豊洲への移転は、水産物・水産加工物の流通に対し、良くも悪くもいくつかの影響が出ています。

例えば、近年の水産加工・卸業界では市場を通さない直接流通を行う業者が増加し、卸売市場を利用するメリットが薄れていました。

しかし、豊洲市場のコールドチェーンを通すことで品質を保てるようになったことから、再び卸売市場に回帰する業者も出てきています。

一方で、豊洲移転に伴い市場のルールにも変化があったことから、大手企業が有利な価格で買い付けができる不公平さが助長されるのではないかという懸念もあるのです。

5. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却理由

水産加工・卸のM&A・譲渡・売却理由

水産加工・卸会社では、以下のような目的でM&Aによる譲渡・売却が行われています。
 

  1. 後継者問題の解決
  2. 従業員の雇用を確保
  3. 個人保証・担保などを解消できる
  4. 競争の激化と将来性の不安
  5. 譲渡・売却益の獲得

①後継者問題の解決

水産加工・卸業界の大半を占める小規模事業者では、後継者の不在や後継者育成の準備不足などにより、事業の継続が危ぶまれる企業が多くなっています。

そこで、M&Aによる譲渡・売却で事業を第三者に承継させることで、事業の継続を図るケースが増加中です。

②従業員の雇用を確保

M&Aによる譲渡・売却を行えば、事業とともに従業員も買収側に引き継いでもらえます。

信頼できる相手企業に従業員を雇用してもらうことで、譲渡した企業の経営者も安心してリタイアできるというわけです。

③個人保証・担保などを解消できる

中小規模の水産加工・卸会社の場合、個人保証が原因で廃業を選択する経営者も少なくありません。

しかし、第三者へのM&Aによる譲渡・売却を選択すれば、個人保証などの負担を解消できます

④競争の激化と将来性の不安

国内消費や漁獲量の減少、流通システムの変化などにより、中小規模の水産加工・卸会社は厳しい経営を強いられ、事業者数は減少傾向にあります。

M&Aによる譲渡・売却で大手・中堅企業の資本下に入れれば、事業の立て直しや安定も可能です。

⑤譲渡・売却益の獲得

自社を廃業したり、倒産してしまったりした場合、経営者自身の生活に支障が出る場合もあります。

一方、M&Aによって譲渡・売却益を得られれば、リタイア後の生活資金や新事業向けの資金などさまざまな用途に活用できるのです。

【関連】M&Aのメリット・デメリットを徹底解説!【大企業/中小企業事例あり】

6. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却価格相場

水産加工・卸のM&A・譲渡・売却価格相場

水産加工・卸業のM&Aでの買収側は、主に商品ラインアップの拡充や輸出入の強化、養殖魚の確保、流通網など業務の効率化を目的としてM&Aを行います。

譲渡・売却側が、ブランド力のある商品を持っているか、輸出入実績があるか、独自の流通ルートを持っているかなどが、M&A価格に影響するのです。

ただし、近年の中小規模の水産加工・卸会社のM&Aでは、収益力の低下や赤字により、相場よりも安く事業を譲渡・売却しているケースも見られます。

水産加工・卸会社の譲渡・売却価格算出

水産加工・卸会社のM&A価格算出は、現在の会社資産価値に加えて、ブランド力、調達力、販売力、収益力といった付加価値を上乗せして算出します。

また、水産加工・卸会社の場合、仕入れ面と販売面で買収企業とどれだけシナジー効果が期待できるかで、付加価値分の価格が変動するのは必定です。

【関連】M&Aの企業価値評価とは?算出方法を詳しく解説!

7. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却で失敗しないためには

水産加工・卸のM&A・譲渡・売却で失敗しないためには

水産加工・卸業界でM&Aによる譲渡・売却を失敗しないためには、以下のポイントを意識して進める必要があります。
 

  1. 計画的にM&Aの準備をする
  2. 顧客・取引先・収益などのデータをまとめる
  3. M&Aの目的を明確にする
  4. 希望条件をはっきりと決める
  5. M&Aの専門家に相談する

①計画的にM&Aの準備をする

水産加工・卸会社がM&Aを行う場合、事前に譲渡・売却の計画・戦略を綿密に準備しておくことが大切です。

計画を立てることによって、やるべきことが明確になり、最適な条件でのM&Aが可能になります。まずは、M&Aの専門家に相談するなどして、準備するようにしましょう。

②顧客・取引先・収益などのデータをまとめる

小規模の水産加工・卸会社ほど、顧客・取引先・収益などのデータが整理されていないケースは少なくありません

買収側は、相手企業の顧客・取引先・収益などのデータを基にM&A価格などを決めていくので、正確なデータを提出することは大事なプロセスです。

③M&Aの目的を明確にする

売却側がM&Aの目的を明確にすることで、仲介する専門家や相手企業のスタンスも明確になり、手続きや交渉が進めやすくなります

目的や目標数値があいまいな場合は、M&Aの専門家に相談して確認し、明確化しておくようにしましょう。

④希望条件をはっきりと決める

希望条件があいまいだと、交渉時に相手に振り回されたり、不利な条件での成約成立になってしまいます

条件提示の相場観がよくわからない場合は、M&Aの専門家などからアドバイスをもらいながら明確にしておくとよいでしょう。

⑤M&Aの専門家に相談する

M&Aの専門家に相談することによって、M&Aの手続きが進められるだけでなく、不安点の解決やM&A後のフォローも受けられます。

M&Aを検討し始めたら、まずは早めに専門家へ相談することが最適なM&Aの成立・成功につながります。

【関連】M&Aのよくある失敗パターン23選!成功するための対策も解説!

8. 水産加工・卸のM&A・譲渡・売却時におすすめの相談先

水産加工・卸のM&A・譲渡・売却時におすすめの相談先

水産加工・卸業のM&Aでは、M&Aの専門知識に加えて、水産業に関する知識を持った専門家のサポートが必要です。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所では、豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーが専任となり、水産加工・卸会社のM&Aをフルサポートいたします。

また、M&A総合研究所の場合、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、成約まで最短3ヶ月で実現する機動力も特徴です。

報酬体系はシンプルでわかりやすい完全成功報酬制手数料は業界最安値水準となっているため、コストを抑えて安心してM&Aを行えます。

随時、無料無料でお受けしていますので、水産加工・卸のM&Aをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

9. まとめ

まとめ

水産加工・卸業のM&Aを行う際は、事前にしっかりと計画をたて、ポイントを意識して進めることが大切です。本記事の概要は、以下のようになります。

【水産加工・卸業のM&A事例】

  • マルハニチロによる系列会社のTOB
  • トーホーによるシンガポール水産卸会社のM&A
  • インタークレストからジーエフシーへのM&Aによる譲渡・売却
  • ヨシムラ・フード・ホールディングスによるシンガポール水産品輸入卸売会社等3社のM&A
  • 釧路ハイミールから前田工繊へのM&Aによる譲渡・売却
  • ヤマニ野口水産からヨシムラ・フード・ホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却
  • マルキュー食品からニチモウへのM&Aによる譲渡・売却
  • 本田水産からバローホールディングスへのM&Aによる譲渡・売却
  • 農林中央金庫からイートジャパンへの出資
  • マルイチ産商による丸水長野県水の分割会社買収
  • マルタ食品からスギヨへのM&Aによる譲渡・売却

【水産加工・卸業のM&A動向】
  • M&Aによる業界再編が起こり始めている
  • 消費量が減少傾向にある
  • スーパーマーケットでは独自ルートで買い付けを行う
  • 多くの中小企業は赤字経営になっている
  • 海外市場を目指した養殖場などの買収も増加傾向

【水産加工・卸会社がM&Aによる譲渡・売却を行う理由】
  • 後継者問題の解決
  • 従業員の雇用先を確保
  • 個人保証・担保などを解消できる
  • 競争の激化と将来性の不安
  • 譲渡・売却益の獲得

【水産加工・卸業界でM&Aによる譲渡・売却を成功させるポイント】
  • 計画的にM&Aの準備をする
  • 顧客・取引先・収益などのデータをまとめる
  • M&Aの目的を明確にする
  • 希望条件をはっきりと決める
  • M&Aの専門家に相談する

水産加工・卸業界でM&Aを成功させるためには、計画的・戦略的なM&Aを行うことが重要です。戦略策定には、専門的な知識や見解も必要となるため、専門家のサポートは不可欠といえるでしょう。

M&A総合研究所では、水産加工・卸業界のM&Aに精通したM&Aアドバイザーが専任に就き、クロージングまでをフルサポートいたしますので、迅速・丁寧な対応が可能です。

水産加工・卸業界でM&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にM&A総合研究所の無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事