食品卸売業界のM&A・売却・買収!事例や動向、価格相場を解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

近年、食品卸売業界では収益性の圧迫を背景にM&A・売却・買収が積極的に行われており、新規参入や事業承継を目的としたM&Aも増加しています。この記事では、食品卸売業界のM&A・売却・買収について、過去の事例や業界動向、相場価格などを解説しています。

目次

  1. 食品卸売業界のM&A・売却・買収・事業承継
  2. 食品卸売業界のM&A・売却・買収事例
  3. 食品卸売業界のM&A・売却・買収動向
  4. 食品卸売業界のM&A・売却を行うメリット
  5. 食品卸売業界のM&A・売却・買収価格相場
  6. 食品卸売業界のM&A・売却・買収する際の注意点
  7. 食品卸売業界のM&A・売却・買収時におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 食品卸売業界のM&A・売却・買収・事業承継

食品卸売業界のM&A・売却・買収・事業承継について

食品卸売業界では、収益性の悪化や卸売を経由しないビジネスモデルの台頭により、経営が非常に苦しくなっているといわれています。

各企業は少しでも収益性を上げるためにさまざまな努力をしていますが、この状況を打開する方法の1つとして、近年ではM&A・売却・買収・事業承継を選択するケースも増えています。

食品卸売業界とは

食品卸売業界とは、食料品などを仕入れ卸売りしている事業者を指します。卸売りは、物流の段階によってメーカーに近い順から元卸・中間卸・最終卸に分類することができます。

メーカーから仕入れた食料品は各卸売りを通じて、スーパーマーケットやコンビニなどの小売店などに納入されます。

近年では、低価格で消費者に食料品を販売するため、中間マージンを除くことを目的とした流通の中抜き化が進んでいます。

つまり、食品卸売を経由せずにメーカーから直接小売店が仕入れるため、食品卸売業界の収益性が悪化しているのが現状です。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの頭文字をとったもので、企業の合併や買収のことを指します。

一般的に、企業がM&Aを行う目的には、事業基盤の強化や新規事業への進出などが挙げられ、食品卸売業の収益悪化の現状を打破する方法としてM&Aが選ばれることもあります。

しかし、M&Aを行うためには多額の資金が必要になり、成功率は約20%ともいわれているため、大きなリスクが伴います。そのため、コスト削減などの改善策を行っても効果がない時の最終手段として考えておくべき方法ともいえるでしょう。

事業承継とは

事業承継とは、文字通り後継者に事業を引き継ぐことを指します。事業承継は、引き継ぐ相手により親族内事業承継・親族外事業承継・M&Aによる事業承継の3種類に分けられます。

親族内事業承継では、経営者の子や親戚などの親族を後継者にします。個人事業や小規模事業者では、親族内事業承継の割合が多いですが、近年では子に事業を継ぐ意思がないなどの理由により、難しいケースも増えています。

親族外事業承継では、自社の役員や従業員に事業を後継者にします。小規模事業者や中小企業で用いられることが多いですが、後継者側が自社株式を取得するための資金を用意しなければならないため、承継できないケースも少なくありません。

どちらの方法も後継者が簡単に見つからないという問題点がありますが、M&Aによる事業承継であれば、既存の企業に事業を売却して引き継いでもらうことができるため、先に述べた2つのデメリットを解消することができます。

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. 食品卸売業界のM&A・売却・買収事例

食品卸売業界のM&A・売却・買収事例について

この章では、食品卸売業界で行われたM&A・売却・買収事例を3つご紹介します。

  1. トーホーによる業務用青果卸売会社及び青果加工会社の子会社化
  2. ヤマエ久野による建設工事会社の子会社化
  3. アスモによるフードサービス事業ぱすとの子会社化

1.トーホーによる業務用青果卸売会社及び青果加工会社の子会社化

2018年、トーホーはシンガポールで事業を行っている業務用青果卸売会社及び青果加工会社2社の全株式を取得し、完全子会社化したことを発表しました。

トーホーグループは中期経営計画で「コア事業のシェア拡大」「商品力・トータルサポート力の強化」「M&A戦略の更なる加速」を重点施策として、国内外の業務用食品卸売事業のシェア拡大を行っています。

当M&Aはその経営計画の一環として行われ、トーホーグループはシンガポールにおける業務用青果の取り扱い商品の充実・販路拡大を図ることで事業力のさらなる強化を目指しています。

2.ヤマエ久野による建設工事会社の子会社化

この事例は、食品卸売事業者が他分野での事業強化を図るために行われたM&Aです。2018年、ヤマエ久野は熊本市に本社を置く建設工事会社・日装建の株式を51.0%取得し、子会社化することを発表しました。

ヤマエ久野グループは、食品卸売事業だけでなく九州エリアを中心とした住宅・不動産関連事業など多角経営を行っており、一方の日装建は熊本県や福岡県南部を中心にアパート・マンション・戸建住宅建設などの建設事業を行っています。

今回のM&Aで、ヤマエ久野グループは既存の住宅・不動産関連事業のネットワークを通じて販売エリアを拡大し、事業の成長を目指すとしています。

3.アスモによるフードサービス事業ぱすとの子会社化

最後に紹介する事例は、2015年に発表されたアスモによるフードサービス事業ぱすとの子会社化です。売り手側であるぱすとは、イタリアンレストランのチェーン展開を行っており、アスモは給食事業や海外飲食事業を展開しています。

アスモは、今回のM&Aで初めて国内のレストラン事業を展開することになりますが、ぱすとのノウハウを生かし、新メニューの開発や人材の定着を図り、さらにはイタリアンレストランの海外進出を見据えて国内で事業を展開すると発表しています

3. 食品卸売業界のM&A・売却・買収動向

食品卸売業界のM&A・売却・買収動向について

次は、食品卸売業界のM&A・売却・買収動向について以下の5つを取り上げて紹介します。

  1. 2011年頃から業界内再編が起こっていること
  2. 関連業種同士がM&Aを行い事業基盤の強化が行われていること
  3. 中小規模の会社は競争の激化により倒産・廃業するケースもあること
  4. 主にアジア企業を買収する件数も目立っていること
  5. M&Aにより食に関わる多くの事業に関わる企業も増加していること

①2011年頃から業界内再編が起こっている

食品卸売業界では、2011年頃から業界内再編が起こっています。きっかけとなったのは2011年に行われた2つのM&Aです。

1つ目は、2011年7月当時業界2位で三菱商事傘下の菱食・明治屋商事・フードサービスネットワーク・サンエス4社による経営統合であり、この経営統合により三菱食品が設立しました。

2つ目のM&Aは、伊藤忠商事が子会社の日本アクセスを軸にした、傘下食品事業会社の統合です。

これら2つのM&Aにより、2013年には三菱食品が業界1位、日本アクセスが業界2位となり、これを皮切りに資本や市場シェアを統合させるための事業再編が盛んに行われるようになりました。

②関連業種同士がM&Aを行い事業基盤の強化が行われている

近年の食品卸売業界では、関連業種同士がM&Aを行い、事業基盤の強化が図られています。その代表例として神明グループのM&Aが挙げられます。

神明グループは兵庫県に本社を置く国内最大のコメ卸売ですが、積極的なM&Aを行い、販路拡大・事業基盤強化を行っています。

神明グループは、2015年から2017年にかけて、炊飯加工調理を行うコメックス・居酒屋チェーン店ワタミ・「どさん子ラーメン」などを展開するアスラポートダイニングなどに資本参加し、コメの販売先を拡大させ、事業基盤の強化を図りました。

さらに、2017年からは青果卸大手の東果大阪・水産物輸入卸売のコダックなどを相次いで買収し、多角化経営を行っています

③中小規模の会社は競争の激化により倒産・廃業するケースも

食品卸売業界ではM&Aや業界再編の動きが目立っていますが、競争激化により倒産・廃業するケースも増えています。デフレの影響や流通の中抜き化などにより食品卸売業の収益は圧迫されており、中小企業は厳しい状況下に置かれています。

大手企業であれば積極的なM&Aにより事業規模を拡大させ、パフォーマンス向上やコスト削減で業績を改善することができますが、中小規模の食品卸売会社は資金力に乏しいため、積極的にM&Aを行うことは難しい状態であると言わざるを得ません。

食品卸売業界で生き残るためには、他企業との差別化を図り市場シェアを維持していかなければなりませんが、戦略がうまくいかないと赤字が続き、結果として倒産・廃業に至っていると考えられます。

④主にアジア企業を買収する件数も目立つ

食品卸売業界では、アジア企業を買収する件数が増加しています。日本国内は将来的な人口減少が見込まれており、将来にわたって安定的に成長するためには、海外進出を見据えた戦略をとる必要があります。

主にアジア企業を買収する事例が目立っており、例えば、トーホーは積極的に買収を行っている企業のひとつです。

トーホーは、2015年にシンガポールに本社を置く食品卸のマルカワトレーディング社、2017年にシンガポールの業務用食品卸トモヤ・ジャパニーズ・フード・トレーディング社を買収しています。

さらに2018年には、業務用青果卸売のFresh Direct Pte Ltd及びKitchenomics Pte Ltdを買収し、事業基盤の強化と海外進出を目指しています。

⑤M&Aにより食に関わる多くの事業に関わる企業も増加

近年、食品卸売業界では、M&Aにより新規参入する企業が増加しています。食品卸売事業は、一部を除いて許認可を得る必要がなく、かつ専門的な知識の必要はないため他業種種に比べると参入障壁は低いといえます。

食品卸売業界の競争は激化しているものの、既存事業のノウハウを生かした差別化を図れる可能性や、事業に成功する確率が高いと考えられるため、食品卸売事業にかかわる企業が増加しています

4. 食品卸売業界のM&A・売却を行うメリット

食品卸売業界のM&A・売却を行うメリットについて

続いて、食品卸売業界のM&A・売却を行うメリットについて、以下の5つを取り上げて紹介します。ここでは特に売り手側に注目して紹介します。

  1. 後継者問題の解決ができること
  2. 従業員の雇用先を確保できること
  3. 事業基盤を安定させる事ができること
  4. 倒産・廃業を回避する事ができること
  5. 売却益を獲得できること

①後継者問題の解決ができる

1つ目のメリットは、後継者問題が解決できることです。近年は中小企業を中心に経営者の高齢化が進んでおり、平均年齢は60歳を超えているといわれています。

経営者の平均引退年齢は70歳なので、多くの企業で事業承継について考える必要がありますが、近年は事業を継ぎたくないという子供も多いため、後継者を見つけることも容易ではありません。

しかし、M&Aや事業の売却を行えば、後継者を探さなくても事業承継を行うことができます。

②従業員の雇用先を確保できる

2つ目のメリットは、従業員の雇用先を確保できる点です。後継者が見つからず事業承継できない場合は、自社を廃業せざるを得なくなります。

廃業となれば、現在働いている従業員を解雇しなければなりませんが、M&Aや売却を行うことで従業員の雇用を確保することができます。

また、売却先の事業規模は自社よりも大きいことがほとんどであり、従業員の待遇がよくなる可能性があるため、安心して事業承継を行うことができます。

③事業基盤を安定させる事ができる

3つ目のメリットは、業基盤を安定化できる点です。これは複数の事業を行っている企業が食品卸売事業を売却するときに得られるメリットです。

先述のとおり、食品卸売業は業界全体から見て収益率が悪くなっており、企業によっては食品卸売事業の収益性の悪化がほかの事業に悪影響を及ぼしている場合があります。

このような状態では、食品卸売事業を売却する方法が有効であり、事業基盤を安定化させることができ、アナジー効果(負の相乗効果)がなくなることで自社の利益が増大する可能性もあります。

④倒産・廃業を回避する事ができる

4つ目のメリットは、倒産・廃業を回避できる点です。食品卸売業は業界全体で年々収益性が悪化しているため、改善が見込める事業戦略を立てる必要があります。

しかし、戦略が見つからない場合は倒産の可能性が高まっていくため、売却してリスクを回避させる方法もあります。

また、経営者の引退で事業承継がうまくいかずに廃業せざるを得なくなった場合、従業員や取引先への影響は大きく、廃業にもコストと手間を要します。

しかし、事業を売却することでこれらの手間を省き、ステークスホルダーへの影響を最小限にすることができます

⑤売却益を獲得できる

最後のメリットは、売却益を獲得できる点です。年々収益性が悪化している食品卸売業ですが、差別化を図り成功している企業や、新規参入したい考えている買い手企業に売却すれば、譲渡・売却益を得ることができます

廃業や倒産にはコストがかかるため、業績改善の見込みが立たない場合、これらのメリットを得ることを目的として、事業を売却するという方法も考えておく必要があります。

5. 食品卸売業界のM&A・売却・買収価格相場

食品卸売業界のM&A・売却・買収価格相場について

食品卸売業界のM&A・売却・買収の価格相場を知りたいと思う経営者の方は多いことでしょう。食品卸売業界に限らず、M&A・売却・買収の価格相場は一概にこの程度であると断言することは非常に困難です。

というのは、M&A・売却・買収の価格相場は、事業規模や市場動向などさまざまな要素により大きく変動するためです。しかし、自社の企業評価価値を算出すれば、ある程度の相場を把握することができます。

企業評価価値の算定方法

一般的に、M&A・売却・買収価格相場は企業価値をもとに算出します。算出方法には、インカムアプローチ・コストアプローチ・マーケットアプローチの3種類があり、それぞれのメリットやデメリットを考慮したうえで適切な計算方法を用いる必要があります。

インカムアプローチは、将来対象企業が得られる収益力を考慮して算定する方法で、DCF法や収益還元法があります。

コストアプローチは、貸借対照表の純資産額をもとに算定する方法で、簿価基準と時価基準の2種類の計算方法があります。

マーケットアプローチは、同種同規模の企業の取引をもとに算定する方法で、市場株価平均法や類似取引比較法があります。

各算出方法については、以下の記事でくわしく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

【関連】M&Aの企業価値評価とは?算出方法を詳しく解説!

企業価値の算出はプロにお願いするべきか?

結論から言えば、企業価値の算出はプロに依頼したほうがよいでしょう。その理由は、適切な企業価値の算定方法の選択や、実際の計算には専門的な知識や見解も必要になるからです。

食品卸売業界には、売上債権回収などの信用リスク、固定費が大きいことによる事業リスク、取扱商品数が多いことによる効率性低下のリスクなど、多くのリスクがあるとされています。

正確に企業価値を算出するためには、これらのリスクを考慮しなければならないため、M&A仲介会社や会計士などのプロに算出を依頼したほうがよいでしょう。

6. 食品卸売業界のM&A・売却・買収する際の注意点

食品卸売業界のM&A・売却・買収する際の注意点について

最後に、食品卸売業界のM&A・売却・買収する際の注意点について、以下の5つを取り上げて紹介します。

  1. M&Aの目的を明確にしておくこと
  2. M&Aは時間がかかることを予め認識しておくこと
  3. 自社の強みやアピールポイントをまとめておくこと
  4. M&Aの取引先選びは慎重に行うこと
  5. M&Aの専門家に相談すること

①M&Aの目的を明確にしておく

1つ目の注意点はM&Aの目的を明確にしておくことです。M&Aを行うためには多額の資金が必要です。

そのため、明確な目的なくM&Aを行うとアナジー効果が出るなど、M&Aに失敗する確率が高くなります

M&Aを行う際は、どのようなシナジー効果が得られて、どの程度利益が得られるのかなど明確な目標を設定しておきましょう。

②M&Aは時間がかかることを予め認識しておく

2つ目の注意点はM&Aには時間がかかることをあらかじめ認識しておくことです。M&Aの戦略を練りだしてからクロージングまでに平均して3~6か月かかるといわれています。

しかし、M&Aの取引先の選定に時間がかかったり、条件交渉に時間がかかるなどして平均以上に時間がかかる可能性があります。

また、クロージング後に効果が現れ始めるのも経営者の手腕次第ですが、かなりの時間がかかります。そのため、これらのことに考慮したうえで売り上げ予測などを作成するようにしましょう。

【関連】M&Aのスケジュールを解説!【買収までの流れ・手順】

③自社の強みやアピールポイントをまとめておく

3つ目の注意点は自社の強みやアピールポイントをまとめておくことです。売り手側企業の場合、自社の強みやアピールポイントをうまく説明できないと思うような売却益が得られない可能性があります。

また、買い手企業の場合、自社の強みなどが伝わらないと希望する買収先を簡単に見つけることができないため、M&Aが長期化する可能性もあります。

M&Aの買い手企業であれ、売り手企業であれ、自社の強みやアピールポイントをまとめておくことは非常に重要です

④M&Aの取引先選びは慎重に行う

4つ目の注意点は、M&Aの取引先選びを慎重に行うことです。買い手企業は、シナジー効果や売り上げ増大を目的に買収を行うため、慎重に買収先を選ぶ必要があります。

一方、売り手企業も、自社事業を高く評価してくれる売却先を選ぶ必要があります。自社の目的と合わない売却先とM&A交渉を行っても、高く評価されずに売却益が低くなる可能性があります。

売り手・買い手いずれの立場であっても、M&Aの取引先は慎重に行うことが成功の第一歩ともいえるでしょう。

⑤M&Aの専門家に相談する

最後の注意点は、M&Aの専門家に相談することです。M&Aには専門的な知識や豊富な経験が必要であるため、経営者だけでM&Aで成功させるのは非常に難しいと言わざるを得ません。

また、M&Aの知識に加えて業界特有の条件なども考慮しながら進めなければならないため、M&Aの専門家に相談することは不可欠といえるでしょう。

食品卸売業界のM&A・売却・買収する際は、M&Aに関する知識や経験があり、かつ業界に精通しているM&A仲介会社などの専門家に、できるだけ早い段階で依頼することをおすすめします。

7. 食品卸売業界のM&A・売却・買収時におすすめの相談先

食品卸売業界のM&A・売却・買収時におすすめの相談先について

食品卸売業界でのM&A・売却・買収を成功させるためには、M&Aに関する知識や見解に加え、その業界に精通していることも必要であるため、M&A仲介会社など専門家のサポートは不可欠ともいえます。

M&A総合研究所では、M&Aや組織再編に関する実績豊富なアドバイザー・M&Aに精通した会計士・弁護士が3名体制でフルサポートいたします

また、着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬型を採用しているため、成約に至らなければ費用は一切かかりません。

無料相談をお受けしていますので、組織再編をご検討の方は、どうぞお気軽にご連絡ください。お電話による相談は、24時間年中無休でお受けしています。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

食品卸売業界のM&A まとめ

今回は、食品卸売業界のM&A・売却・買収について解説しました。食品卸売業界は収益が圧迫されやすい事業ですが、差別化を図れるような強みがあれば、成功しやすい事業であると考えられます。

  • 食品卸売業界のM&A動向→2011年の業界内の大型M&Aを皮切りに海外進出を見据えたM&Aが増加している
  • 食品卸売業界のM&Aのメリットや注意点→一般的なM&Aと同じであるが、食品卸売業界特有のリスクなどに注意が必要
食品卸売業界のM&A・売却・買収を行う際は、M&Aに関する知識や経験だけでなく、食品卸売業界に関して精通している必要があるため、M&Aの専門家に相談しながら進めていくのがよいでしょう。

M&A総合研究所では、M&Aや組織再編に関する実績豊富なアドバイザー・M&Aに精通した会計士・弁護士が3名体制でフルサポートいたしますので、スムーズなM&A・売却・買収が可能です。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ