鳥取県・米子市のM&A・事業承継・会社売却の案件一覧!経済状況と仲介会社を選ぶポイントも紹介

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

鳥取県・米子市でM&A・会社売却・事業承継を検討している場合、まず専門家に相談して動向やポイントを把握しておくと役立ちます。この記事では、鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継の動向や仲介会社の選び方、公的支援などを紹介しています。

目次

  1. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継
  2. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継動向
  3. 鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧
  4. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継事例
  5. 鳥取県・米子市でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント
  6. 鳥取県・米子市内のM&A・事業承継に役立つ公的支援
  7. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段
  8. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継ならM&A総合研究所へ
  9. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継

中国地方の北側に位置する鳥取県は、面積3,507.14平方キロメートルで東西に細長い地形をしています。鳥取砂丘が有名ですが、人口は1985(昭和60)年から毎年、減り続けており、2021(令和3)年11月1日現在は推計549,633人で全国一少ない県です。

鳥取県の西部に位置する米子市は、県庁所在地ではありませんが、人口146,914人(2021年10月31日現在)で、鳥取県の商業地域として経済の中心的役割を担っています。

鳥取県の経済状況

鳥取県の2018(平成30)年度の名目県内総生産額は1兆9,080億円 (前年度比+0.6%)、全国で1番低い数値でした。その内訳は以下のようになっています。

  • 第1次産業:541億8,450万円 (前年度比+0.3%)
  • 第2次産業:4,116億2,265万円 (前年度比-2.0%)
  • 第3次産業:1兆4,272億7,698万円 (前年度比+1.1%)

第1次産業とは農林水産業、第2次産業とは鉱業・製造業・建設業、第3次産業とはそれら以外のさまざまなサービス産業などです。

鳥取県経営者の後継者不在率

帝国データバンクの「鳥取県 後継者問題に関する企業の実態調査(2020年)」によると、鳥取県の中小企業の後継者不在率は77.9%で、沖縄県の81.2%に次いで全国2位の高さでした。ちなみに全国平均は65.1%です。

鳥取県の後継者不在率を経営者の年代別に見ると、60代以上の経営者の中小企業では約50.3%でした。つまり、鳥取県では、経営者が60歳を超えている会社のうち、2社に1社で後継者が決まっていないことです。

後継者不在のまま、高齢となった経営者が引退時期を迎えれば、会社は廃業するしかありません。廃業が多発すれば雇用が失われ、地域経済にも大きな打撃です。そこで昨今は、M&Aによる第三者への事業承継が、国・自治体からも広くPRされています。

M&Aで会社売却し、その買い手が後継者(新たな経営者)となって事業承継が実現すれば、会社は存続し従業員の雇用も守られるのです。

【関連】島根・松江のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社8選【案件一覧】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

2. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継動向

帝国データバンクの「鳥取県 企業の休廃業・解散動向調査(2020年)」によると、鳥取県で2020(令和2)年に休廃業・解散した企業数は224社でした。これは、前年の252社よりも減少しています。

ただし、この減少は、コロナ禍という特殊状況において、国・自治体・金融機関などの特別な支援があったことで休廃業・解散を抑えこめたと推定されており、後継者不在などによる事業承継問題が解決の兆しを見せているとは考えられていません。

【関連】岡山のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社8選【案件一覧】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

3. 鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧

ここでは、鳥取県・米子市近郊のM&A・譲渡案件を紹介します。

  1. 清掃業の事業譲渡
  2. 飲料水製造会社の株式譲渡
  3. 家具の製作販売の株式譲渡
  4. 動物病院の事業譲渡
  5. 洋服リフォーム・オーダー企業の譲渡
  6. 自動車整備会社の株式譲渡

①清掃業の事業譲渡

鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧1件目は、清掃業の事業譲渡です。
 

業種 清掃業
都道府県 鳥取県
法人形態 株式会社
譲渡希望価格 6,600万円

②飲料水製造会社の株式譲渡

鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧2件目は、飲料水製造会社の株式譲渡です。
 

業種 食料品メーカー
都道府県 鳥取県
法人形態 株式会社
譲渡希望価格 5,500万円

③家具の製作販売の株式譲渡

鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧3件目は、家具の製作販売の株式譲渡です。
 

業種 家具製造業
都道府県 岡山県
法人形態 株式会社
譲渡希望価格 3,000万円

④動物病院の事業譲渡

鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧4件目は、動物病院の事業譲渡です。
 

業種 ペット・動物医療
都道府県 広島県
法人形態 その他法人
譲渡希望価格 9,500万円

⑤洋服リフォーム・オーダー企業の譲渡

鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧5件目は、洋服リフォーム・オーダー企業の譲渡です。
 

業種 サービス・修理
都道府県 広島県
法人形態 株式会社
譲渡希望価格 5,000万円

⑥自動車整備会社の株式譲渡

鳥取県・米子市近郊のM&A案件一覧6件目は、自動車整備会社の株式譲渡です。
 

業種 小売(整備場付き)
都道府県 鳥取県
法人形態 株式会社
譲渡希望価格 5,000万円〜7,500万円

正社員は十数名で、従業員・仕入れ先・取引先の引き継ぎを希望しています。

【関連】兵庫県・神戸市のM&A・会社売却・事業承継の案件一覧!おすすめ仲介会社11選も紹介| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

4. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継事例

ここでは、実際に鳥取県の企業が関わったM&Aの事例を紹介します。

  1. ツルハホールディングスによるたかきファーマシーとのM&A
  2. マーケットエンタープライズによる旺方トレーディングとのM&A
  3. ジョイアーバンによる米子高島屋とのM&A
  4. メインマークによるクリエイティブサポートとのM&A
  5. プローバホールディングスによるGROW UPとのM&A

①ツルハホールディングスによるたかきファーマシーとのM&A

2021年2月、ツルハホールディングスの連結小会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本は、たかきファーマシーから調剤薬局1店舗を譲渡されました。譲渡価額は公表されていません。

広島県広島市のツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本は、中国・九州地方で285店舗のドラッグストアを運営しています(2020年11月15日現在)。鳥取県米子市のたかきファーマシーは、同県同市で譲渡した調剤薬局を運営してきました。

ツルハホールディングスとしては、日本一のドラッグストア展開を目指している中、新規出店および系列店増加策の一環として、このM&Aを行っています。

②マーケットエンタープライズによる旺方トレーディングとのM&A

2020年5月、マーケットエンタープライズは、新たに設立した100%子会社MEトレーディングにより、旺方トレーディングの中古農機具の買取・販売・海外輸出などの事業を譲受しました。譲渡価額は2億4,400万円です。

東京都中央区のマーケットエンタープライズは、ネット型リユース事業、メディア事業、モバイル通信事業を行っています。鳥取県鳥取市の旺方トレーディングは、中古農機具の買取・海外輸出・国内小売卸売・農機具レンタル・加盟店事業などを行ってきました。

マーケットエンタープライズとしては、リユース事業部門における中古農機具の需要が高まっていることを受け、旺方トレーディングの持つ買取・仕入れチャネル、海外を含めた販売チャネル、農機具修理部門などの獲得で事業競争力強化が図れるとの狙いです。

③ジョイアーバンによる米子高島屋とのM&A

2020年3月、ジョイアーバンは、高島屋が所有する子会社の米子高島屋の全株式を譲受しました。譲渡価額は公表されていません。鳥取県米子市のジョイアーバンは、岡山TSUTAYA事業、米子市中心市街地活性化事業などを行っています。

大阪府大阪市の高島屋は、百貨店事業とともにグループ各店の統治を行っており、鳥取県米子市の米子高島屋もその1店舗でした。高島屋としては、米子高島屋の発展のためには、ジョイアーバン傘下で地域に根ざした経営体制がふさわしいと判断しました。

今回の株式譲渡とともに、高島屋と米子高島屋間で商標等ライセンス契約が締結されており、現在は、JU米子高島屋として営業されています。

④メインマークによるクリエイティブサポートとのM&A

2019(令和元)年5月、メインマークは、クリエイティブサポートから沈下修正工事事業を譲受しました。東京都江戸川のメインマークは、建物の傾き修正・段差解消工事や空洞充填工事などを専門に行っています。

鳥取県米子市のクリエイティブサポートは、ボクシングジム・学習塾・健康体操教室の運営や高齢者向けデイサービス事業を行っている企業です。メインマークとしては、クリエイティブサポートの工事技術・ノウハウを融合させ、施工体制強化を図りました。

⑤プローバホールディングスによるGROW UPとのM&A

2018年3月、プローバホールディングスは、GROW UPを子会社化しました。買収価額は公表されていません。広島県広島市のプローバホールディングスは、パチンコ店・ゲームセンター・ボウリング場・スポーツジムなどを経営するグループの持株会社です。

鳥取県米子市のGROW UPは、パン・洋菓子の製造・販売および飲食店を複数、経営しています(2021年9月現在17店舗)。プローバホールディングスとしては、新たな事業分野に進出し事業領域を拡大する目的で、このM&Aを実施しました。

【関連】広島県のM&A・会社売却・事業承継の案件一覧!おすすめの仲介会社10選も紹介| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

5. 鳥取県・米子市でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント

鳥取県・米子市でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイントは以下のとおりです。

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている 
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性が良い

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

M&A仲介会社は業界特化型でなければ、基本的に幅広い業界のM&A・事業承継に対応できます。しかしながら、仲介会社ごとに得意な業界は異なるため、該当分野を得意とする仲介会社を選びましょう。

②案件規模・地元M&A実績などがある

大規模な案件と小規模の案件では、必要な手続きも人材も変わります。該当地域でM&A実績を積み上げると、その地域の企業・機関とのつながりが生まれるものです。M&Aを成功させるには、仲介会社の得意な案件規模や該当地域でのM&A・事業承継実績も確認しましょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

M&A・事業承継アドバイザーは、外部専門家と協力する場合であっても、M&Aに関する幅広い知識・経験を持っていなければなりません。仲介会社の規模の大小にかかわらず、豊富な実績を持ったアドバイザーを選ぶことも重要なポイントです。

④手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい

仲介手数料に不安を感じて、M&A・事業承継をためらう経営者も少なくありません。報酬体系がシンプルで手数料が安い仲介会社は、中小企業の事情に配慮している会社です。

⑤担当スタッフの対応・相性が良い

M&A仲介は属人的な性質も強く、特に会社への思い入れが強いケースが多いオーナー経営者のM&A・事業承継の場合では、担当スタッフとの相性・誠実さが結果に大きく影響します。担当スタッフを決める際には、人間性も十分に観察しましょう。

【関連】中国・四国地方のM&A・会社売却・事業承継の案件一覧!おすすめ仲介会社18選も紹介| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

6. 鳥取県・米子市内のM&A・事業承継に役立つ公的支援

鳥取県・米子市でM&A・会社売却・事業承継を検討する場合、公的機関に相談するのも1つの手段です。鳥取県・米子市でM&A・会社売却・事業承継の相談ができる公的機関・サービスは、以下のとおりです。

  1. 鳥取県事業承継・引継ぎ支援センター
  2. 事業承継支援サイト ビズバトン
  3. 鳥取県よろず支援拠点
  4. 鳥取商工会議所
  5. 鳥取県信用保証協会

①鳥取県事業承継・引継ぎ支援センター

鳥取県事業承継・引継ぎ支援センターは、それまで組織されていた鳥取県事業引継ぎ支援センターと鳥取県事業承継ネットワークが2021年4月に統合されたものです。事業承継・引継ぎ支援センターは中小企業庁からの委託事業として各都道府県に設置されています。

鳥取県事業承継・引継ぎ支援センターの役割は、親族承継・社内承継・M&Aによる第三者への事業承継など、地域の中小企業の全ての事業承継に対し、無料で支援を行うことです。必要に応じ、士業事務所やM&A仲介会社などの紹介も行います(外部に業務を依頼した場合は有料)。

事業承継・引継ぎ支援センターの独自の取り組みとして行われているものが、後継者人材バンクです。これは、事業承継で経営者になることを希望する起業家と、後継者不在の中小企業をマッチングします。条件が合った場合に限られますが、成功例も少なくありません。

②事業承継支援サイト ビズバトン(BIZBATON)

ビズバトンは、米子商工会議所と境港商工会議所が開設した事業承継支援サイトです。サイト上から事業承継の相談や問い合わせを無料で受け付け、M&Aのマッチングサービスを行っています。

鳥取県地域の中小企業の事業承継支援が目的で、公的に近いサービスサイトなので、民間のM&Aマッチングサイトのような、サイト上で当事者が交渉相手や案件情報を探すのとは仕組みが違います。

③鳥取県よろず支援拠点

よろず支援拠点は全国に設置されており、鳥取県よろず支援拠点も公的機関です。鳥取県よろず支援拠点の位置付けは、中小企業・小規模事業者のための無料経営相談所であり、事業承継を含めた経営全般の相談が無料で行えます。

鳥取県よろず支援拠点の場合、本部(事務局)は鳥取県商工会連合会に設けられており、各商工会がバックアップする体制です。

④鳥取商工会議所

鳥取県は商工会が多く(18会)、商工会議所が少ない(4所)という特徴があります。ただし、商工会も商工会議所も受けられる支援内容に大きな違いはありません。鳥取商工会議所がホームページ上に記載している経営支援内容は、以下のようになっています。

  • 中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)
  • 小規模企業共済
  • ビジネス総合保険制度(PLプラン含む)
  • 労働保険
  • ビジネスモール
  • 税務
  • 創業
  • とっとり企業支援ネットワーク
  • 経営革新(法認定)
  • 産業成長事業(小規模事業者挑戦ステージ)
  • 産業成長事業(生産性向上挑戦ステージ)
  • 海外展開支援事業
  • 農商工連携
  • 証明・申請
  • 特許相談会

個別で明文化はされていませんが、もちろん事業承継の相談もできます。会員でなくても相談に乗ってもらえますが、会員であれば、より優遇的な制度が活用できる場合があることは覚えておきましょう。

⑤鳥取県信用保証協会

各都道府県に開設されている信用保証協会とは、中小企業が金融機関から融資を受ける際に、その債務保証を行う機関です。信用保証協会が債務保証することで、中小企業が融資を得やすくすることを目的としています。

債務保証だけでなく、創業や経営に関する支援も業務の1つです。鳥取県信用保証協会では、経営支援の一環として、定期的に事業承継セミナーを開催しています。

【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】商工会議所にM&Aを相談するメリットとは?手数料や注意点を解説| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

7. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段

鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段には、以下の方法があります。

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する 
  3. M&Aマッチングサイトを活用する

①M&A仲介会社・専門家に相談する

鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段としては、まずM&A仲介会社・専門家に相談する方法があります。

専門的な見解やアドバイスが受けられ、特にM&A仲介会社は一貫支援を行っていることが多いので、M&Aに不安がある場合も相談しながら進められる点がメリットです。

②地元の金融機関などに相談する

鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段としては、地元の金融機関などに相談する方法も効果的です。

③M&Aマッチングサイトを活用する

鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段としては、M&Aマッチングサイトを活用する方法も有効です。

M&Aプラットフォーム(M&A総合研究所)

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/platform

M&A総合研究所が運営するM&Aプラットフォームは、独自AIシステムの採用によって高精度のマッチングを実現しております。M&Aアドバイザーによる仲介サポートが必要な場合は、別途ご依頼可能なシステムです。

Batonz(バトンズ)

Batonzでは、全国の豊富な案件からマッチングを図ることが可能です。仲介を依頼したい場合は、全国の提携専門家の中から地元のアドバイザーを紹介してもらえます。

TRANBI(トランビ)

TRANBIは、登録ユーザー数が60,000人を超えるマッチングプラットフォームです。2021年1月から料金体系が変更となり、具体的な交渉を進めたい場合は3種類の月額プランから選択するシステムになりました。

【関連】山口のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

8. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継ならM&A総合研究所へ

M&Aによる会社売却・事業承継を進めていくうえでは専門的な知識が必要となる場面も多いので、専門家にサポートを依頼することをおすすめします。

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国に案件に対応しています。スモールM&Aや小規模案件にも対応しております。

知識・支援実績豊富なアドバイザーが多数在籍しており、ご相談からクロージングまで丁寧にサポートいたします。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

9. 鳥取県・米子市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

鳥取県・米子市でM&A・会社売却・事業承継を進めるにあたっては、M&A仲介会社などの専門家にサポートを依頼するのが安心かつスムーズです。

成功確度が高まることも期待できるので、無料相談などを上手に活用して自社に合ったところにサポートを依頼するとよいでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事