【M&A・事業承継セミナー】斎藤佑樹氏と上場企業役員が語る経営者とプロ野球選手の『引き際』

元日本ハムファイターズプロ野球選手である斎藤佑樹さんをお招きし、弊社取締役営業本部長の矢吹明大とともに、経営者とプロ野球選手の共通点や、その引き際についてお話をさせていただきます。 プロ野球選手と経営者という2つの経験をされた斎藤佑樹さんへ矢吹からいろいろと質問をさせていただき、プロ野球引退を決断した背景や、経営者の引退との共通点などについてお話しさせていただきます。

 

セミナーコンテンツ ■前半
・斎藤佑樹氏の紹介
・株式会社斎藤佑樹について
・引退後とこれからの展望
■後半
・M&Aの動向
・M&Aを成功させるためのポイント
・M&Aにおける株価の算定方法
開催方法 アーカイブ視聴
対象者 中小企業の経営者様
参加費用 無料
登壇者 元日本ハムファイターズプロ野球選手
斎藤 佑樹氏

株式会社M&A総合研究所
取締役営業本部長 矢吹 明大
申し込み方法 下の「アーカイブ視聴はこちら」のボタンからお申し込みください。
お申し込みをいただいた方に、視聴用のURLをお送りいたします。




 

登壇者

元日本ハムファイターズ選手

斎藤 佑樹 氏

1988年6月6日生まれ。群馬県太田市出身。早稲田実業学校高等部3年時の2006年、エースとして夏の甲子園に出場し全国制覇。「ハンカチ王子」として大フィーバーを巻き起こした。早稲田大学入学後も輝かしい成績を残し、数々の栄冠を獲得。アマチュア球界No.1右腕として2010年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。ルーキーイヤーから6勝をマークし、プロ2年目の2012年には開幕投手も務めた。2017年からは背番号をアマチュア時代に慣れ親しんだ「1」に変更。しかし度重なるケガに悩まされ登板数も伸びず、2021年10月に引退を発表。 そして引退後の12月に自らの会社・株式会社斎藤佑樹を設立した。「野球未来づくり」を掲げ、現在様々なプロジェクトの実現にむけて取り組んでいる。

株式会社M&A総合研究所

取締役営業本部長

矢吹 明大

1986年生まれ。明治大学卒業。2010年03月に株式会社キーエンス入社し、製造業向けのコンサルティングセールスに従事。その後株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。2019年にM&A総合研究所の立ち上げから参画し、現在は取締役営業本部長としてアドバイザーを統括し、全案件に携わる。

アーカイブご視聴お申し込み

こちらのフォームからお申し込み頂いた方には、
ご登録いただいたメールアドレス宛にセミナーアーカイブご視聴URLをお送り致します。

個人情報保護方針について

ご記入いただきました個人情報につきましては、当社の個人情報保護方針に基づき適切に管理いたします。詳しくは「個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)」をご確認ください。お客様の機密情報保護のため、SSLサーバ証明書を使用しています。SSL通信接続であれば、送信される情報は暗号化され、第三者の盗聴、改ざん、成りすましなどから保護されます。

このサイトを離れますか?

お急ぎの方は
電話でお問い合わせできます!

M&A成約インタビュー

成約インタビューをもっと見る