エステサロンのM&A・買収・売却!相場はいくら?【成功事例あり】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

エステサロン業界は売り上げが思うほど伸びておらず、また法令順守などの観点からも課題が多くあります。しかし、最近ではエステサロンのM&Aによる売却や買収が進んでいると言われています。ここではエステサロン業界の課題やM&Aにより売却・買収について解説します。

目次

  1. エステサロンとは
  2. エステサロン業界の現状
  3. エステサロン業界M&A動向
  4. エステサロン業界の課題
  5. エステサロンM&Aのメリット
  6. エステサロンM&Aの相場
  7. エステサロンM&Aの成功事例
  8. 居抜き物件の買取という方法も
  9. エステサロンM&Aのまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. エステサロンとは

エステサロンについて

エステサロンとは正式にはエステティックサロンと呼ばれています。エステサロンでは、痩身や脱毛などを含めた体に係る全ての美容を目的に営業されている店舗を指します。エステサロンの中にはリラクゼーションも兼ねている場合もあります。

2. エステサロン業界の現状

エステサロン業界の現状

エステサロンのM&Aにおける買収や売却を知る前に、まずはエステサロン業界の現状や動向について解説します。

エステサロン業界の動向

2017年度に発表されたエステサロンの市場規模は3500億円と言われています。この数字は2000年に1兆円産業になると予想されていた数字からは大きく離れていく結果となりました。

今後のエステサロン業界は従来のサービスに加えて物販の売り上げ増加が必要になると見られています。これは、日本の人口減少にともなう顧客の減少や競争の激化、自社店舗などの統廃合などが進んでいるためだといいます。これまで以上の多様化や戦略が必須です。

また、大手企業を中心とした働き方改革の推進や労働者のキャリアアップシステムなどが進んでいるのも最近のエステサロン業界の動向といえます。

破綻しやすいビジネスモデル

エステサロンは破綻しやすいビジネスモデルだと言われています。それは、エステサロンが料金を事前に受け取る前受ビジネスだからだという事です。

エステサロンを利用する顧客から1年分の施術料金などを前受で貰う事により金銭的余裕が生まれ、設備投資に資金を使ってしまったり個人的に資金を流用してしまったりする事があるからです。もちろん人件費や維持費などにも使われています。

また、前受けで料金を貰う事は経営を行うエステサロンとしては都合の良い場合があるものの、顧客から考えた場合はリスクを伴っており、あまり良いビジネスモデルとは言えないようです。

また、本来あまり価格に差が出にくい事業でありながらエステサロンは価格競争も激化しているといった厳しい動向があります。

エステサロンでM&Aが行われる場合は経営が苦しくなっていて売却の相談をする事が多いそうです。しかし、こうなってしまうと買収先を探すのも困難な状況だといい、こうした苦しい経営を強いられる動向はエステ業界全体に見られる傾向だといいます。

トラブルが発生しやすい業界

顧客との施術でトラブルがある場合もありますが、エステサロンでは従業員とトラブルになる事が多く見受けられる動向があります。それはエステサロンでの労働時間などに対するトラブルが多いといいます。

例えば、エステサロンで顧客の来店を待っている時間を経営者側は休憩時間と考えてしまうなどといった事があるそうです。中には業務委託の契約を結んでいるために、残業代を払う必要が無いと考えてしまうエステサロンの経営者もいるそうです。

実際は、業務委託契約であっても労働契約を結んでいるので残業代は支払う義務があります。こうした経営者の認識違いによるトラブルは少なくないといいます。従業員の労働時間やシフトをしっかりと把握できているかどうかがトラブルに発展するかの肝と言えます。

メンズエステの需要拡大

エステサロンは時代とともに多くの変化がみられています。特にエステサロン業界の動向で大きな変化としてあげられるのがメンズエステの需要拡大です。美容と言えば女性という考え方が強かった時代から、男性も美容を行う時代に変わりつつあるのです。

こうした動向から居抜き物件などを買取しメンズエステを展開するエステサロンも少なくありません。今後は男性への施術というのがエステサロンのキーワードと言えるでしょう。

3. エステサロン業界M&A動向

エステサロン業界M&A動向

ここまではエステサロン業界の現状などについて解説しました。それではエステサロン業界のM&Aの動向について解説してきます。

M&Aによる他業種からの参入

エステサロンの現在の業態は、百貨店などに店舗を構えている高級エステや商店街やスーパーなどに店舗を構える低価格なエステサロンまで様々です。また、ネイルやフットケアなど多様化が進んでいます。

こうした中、異業種からのエステサロン業界への参入が多くなってきました。M&Aによるエステサロン店舗買取による参入や居抜き物件買取による参入などさまざまです。

また、参入業種も一般企業や医療法人から学校法人など実にさまざまとなっています。エステサロン業界自体が淘汰されていく時代において、異業種からの居抜き物件買取などによる参入は脅威と言えるでしょう。

今後業界再編が考えられる

エステサロン業界では従業員の教育が非常に重要だと言われています。薬機法や景品表示法といった法的な制約を受けながら顧客には満足度を与え続けていかなければならず、従業員のスキルがそのまま売り上げに直結するからです。

このようなエステサロン業界にあって人手不足は深刻です。人手不足は人材不足に繋がり、サービスの低下を招いてしまいます。技術者の不足は業界全体の課題となっており、こうした問題に対処するためにも業界再編が必要となってきます。

大手エステサロンと中小エステサロンが存在する現在のエステサロン業界の再編はこれからますます進んでいくと予想されています。

上場企業によるエステサロンのM&Aが活発化

従来であればエステサロンのM&Aというのは小さな経営を行っているサロンの買収が多く見られました。しかし最近のM&Aの動向は大手資本がエステサロンを買収するM&Aが活発化を見せています。

RVHによるミュゼプラチナム事業の買収を始め、ソフトフロントホールディングスによるグッドスタイルカンパニーの買収や、三越伊勢丹ホールディングスによるSWPホールディングスの買収など非常に活発化しています。

また、これらのM&Aは従来の事業救済の観点から見たM&Aではなく、事業投資に重きを置いたM&Aである所も最近のM&A動向と言われおり、投資家からも注目が集まっているようです。

大手企業によるM&Aによってもたらされるメリットの一つに法令順守の強化が期待されています。エステサロン業界では法令順守に対してウィークポイントとなっている部分があり、そうした問題に対して大企業が改善してくれるのではと業界では期待しているのです。

 

4. エステサロン業界の課題

エステサロン業界の課題

時代の変革と共に様々なサービスを提供しているエステサロン業界ですが、全体で取り組むべき課題として以下の様な項目があるといいます。

  • エステティシャン資格を国家資格にする
  • エステについて正しい知識を伝える
  • 特定商取引法などの業界に係る法律を教育する
  • エステティシャンの地位向上
などです。これら以外にも経営の調査や施術調査などの課題など多くの課題があり、それらを解決する取り組みについても課題が多いと言われています。

5. エステサロンM&Aのメリット

エステサロンM&Aのメリット

エステサロンをM&Aにするにあたり、売却側のメリットと買収側のメリットについて考えていきます。

売却側のメリット

大手グループによる安定経営

大手資本のグループにM&Aにより買収された場合は、売却された企業の経営はより安定をするというメリットが考えられます。

後継者問題の解決

売却側に事業を承継できる後継者が存在しなかった場合、M&Aによる買収により後継者を得る事ができます

従業員の雇用を維持

売却側が後継者問題や売り上げの問題などで事業継続が難しかった場合におけるM&Aでは、買収されることにより事業の継続が見込め、従業員の雇用を維持する事が可能となります。

個人保証や借入金の解消

事業を売却すると、売却の対価として現金を受け取る事も可能となります。そうした現金は個人補償や借入金の返済に充てる事ができるのです。

創業者にはM&Aによる売却益

M&Aによるエステサロンの売却により利益を得る事ができます。創業者が廃業などを考えていた場合には特に大きな収益となります。

買収側のメリット

優秀なエスティシャンの確保

先にも触れた通り、エステサロンが抱える問題の一つとして人手不足があります。エステサロンをM&Aにより買収すれば、優秀なエスティシャンの確保が人材を育てるよりも短時間で獲得する事ができます。

新たなノウハウの獲得

自社で体得していな施術などのノウハウもエステサロンを買収する事で獲得する事が可能です。

開業コストの低減

エステサロンを開業するには設備や建物などに多くの資金が必要となります。そうしたエステサロン開業に伴うコストを抑える事もM&Aによる買収は可能にします。数店舗展開しているエステサロンではその効果もなおさらと言えます。

新規顧客の獲得

売却側のエステサロンの顧客を、営業などを特に必要とせずに新規の顧客として自社に取り入れる事ができます

既存事業の発展

買収側がエステサロンを経営していた場合、既存の事業がシナジー効果によりさらに発展する可能性を秘めています。また、人材交流も生まれるため多くのエスティシャンにはメリットとなるといえるでしょう。

【関連】M&Aと事業承継の違いは?メリット・デメリットを解説!

6. エステサロンM&Aの相場

エステサロンM&Aの相場

エステサロンにおけるM&Aの相場を見ると立地条件や設備の取り扱いなどにより大きく格差がある事が分かります。価格的には150万円のエステサロンもあれば10億円を超えるエステ事業もあるなど実にさまざまです。

エステサロンのM&Aでは人材や設備そして立地などの他にも顧客人数や売り上げなども値段に関わります。エステサロンのM&Aを進めていく場合には専門家などと相談をして進めると良いでしょう。

エステサロンのM&AならM&A総合研究所へ

エステサロンのM&AならM&A総合研究所にお任せください。エステサロンのM&A知識・経験豊富な会計士が担当させていただきます。まずはお気軽に無料相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

7. エステサロンM&Aの成功事例

エステサロンM&Aの成功事例

店舗買取や売却など多くのM&Aがエステサロン業界には存在しますが、ここではエステサロンのM&Aの成功事例について何事例かピックアップします。

事例1:RVHによるM&A

RVHは美容脱毛サービス「ミュゼプラチナ」を展開していたジンコーポレーションからミュゼプラチナムの事業を買収しました。これにより、RVHはジンコーポレーションの債権や債務などを除いた事業を引き受けました。

また、RVHはたかの友梨ビューティクリニックが運営会社として経営している不二ビューティとの株式交換を行い完全子会社化することとしました。

この株式交換による事業買取により不二ビューティの株式を所持していたG.PホールディングスがRVHの筆頭株主となっています。

事例2:シーズ・ホールディングスによるM&A

シーズ・ホールディングスは、首都圏など大都市圏でエステサロンを展開しているシーズ・ラボの株式を取得しました。このM&Aの事例によってシーズ・ホールディングスが取り扱っている化粧品事業をエステサロンの店舗で販売・ブランド展開を見据えています。

事例3:都内エステサロンのM&A

東京都新宿区で展開していた社員3名の脱毛エステサロンが500万円の価格で事業譲渡されました。この事例では後継者問題に悩まされていた小さなエステサロンが売却をした事例となります。

事例4:三越伊勢丹HDによるM&A

三越伊勢丹ホールディングスはSWPホールディングスの全ての株式を買取、完全子会社化しました。これにより三越伊勢丹ホールディングスの資源や販売網を活用しながら事業展開を図るとしています。

事例5:新たな事業展開へ向けたM&A

茨城県つくば市で月平均売上が200万円程度であったエステサロンは200万円の価格で事業譲渡を成功しました。このエステサロンは事業を販売して他の事業展開を図るとしています。

事例6:じげんによるM&A

じげんは、美容ヘルスケア業界支援で最大手のリジョブの全ての株式を取得、連結子会社化しました。株式の買取価額は19.8億円だといいます。

このM&Aによりリジョブが取り扱っていた求人サービスをはじめとした美容ヘルスケア領域に参入し事業の領域を広げるとしています。

事例7:ツカダ・グローバルによるM&A

ツカダ・グローバルホールディングは英国式リフレクソロジーサロン「クイーンズウェイ」などを手掛けているFAJA(東京都中央区)の株式を全て取得し子会社化しました。これによりウェルネス&リラクゼーション事業に進出するとしています。

8. 居抜き物件の買取という方法も

居抜き物件の買取

エステサロン業界に参入または店舗を増やすにあたり居抜き物件というのは非常に魅了的な物といえます。エステサロンなどの美容関係の設備というのは非常にコストがかかります。そうしたコストを抑えるためにも居抜き物件を買取して開業するのはメリットがあります。

一般的には居抜き物件を使うと設備はそのまま利用できるようになっています。縮小傾向がみられるエステサロン業界では居抜き物件は少なくありません。居抜き物件を買取して事業を始める場合は居抜き物件を取り扱っている不動産やなどに相談すると良いでしょう。

居抜き物件だけでは獲得できないもの

ただし、居抜き物件だけを獲得しても技術者やノウハウは獲得できません。居抜き物件はあくまでも設備のみを獲得する手法です。その点M&Aによるエステサロンの買収であれば技術者なども獲得できます。

ですから、エステサロン業界に新規展開を考えている場合は、エステサロンのM&Aを行う事が最も効率が良いといえるでしょう。

9. エステサロンM&Aのまとめ

エステサロンM&Aのまとめ

エステサロン業界のM&Aについて解説しました。エステサロン業界は売り上げ規模が横ばいで続いているもののM&Aが活発に行われています。

居抜き物件の買取による新規参入もありますが、居抜き物件では人材は確保できません。人材確保と設備確保を両立するにはM&Aがおすすめと言えます。

エステサロンのM&Aにおいては専門家を交えて計画を立てるとトラブルが少なくなります。専門家であればM&Aの多くの経験もありますので安心です。是非エステサロンをM&Aを行う時には専門家に相談してみましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ