九州地方のM&A・会社売却・事業承継なら!案件一覧も紹介

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

自社の成長や事業承継などの目的でM&Aを行う場合、M&A動向や会社売却ポイントを知っておくことが大切です。本記事では、九州地方のM&A・会社売却・事業承継の動向やポイント、相談先の選び方、九州の公的支援も紹介します。

目次

  1. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継
  2. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継動向
  3. 九州地方近郊のM&A案件一覧
  4. 九州地方でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント
  5. 九州地方のM&A・事業承継に役立つ公的支援
  6. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段
  7. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継のご相談はM&A総合研究所へ
  8. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ

1. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継

九州経済産業局の調査によると、九州地方には約60万の事業所が存在しており、経済規模は全国シェアの10%程度を占めています。

レコフの調査によれば、2018(平成30)年に実施された九州・沖縄地方のM&A件数は合計197件で、過去最高記録を更新しました。

このうち、買収側・売却側ともに地域内のM&A案件は55件、買収側が地域内・売却側が地域外のM&A案件が52件、買収側が地域外・売却側が地域内のM&A案件が90件と報告されています。

なお、2020(令和2)年に九州地方で実施された代表的なM&A事例は、以下のとおりです。

  • 九州電力(福岡県)グループのキューデン・インターナショナル(福岡県)と西日本技術開発(福岡県)による、地熱技術サービスを提供するサーモケム(アメリカ)の買収
  • 昴(鹿児島県)による、沖縄県で高校生を対象とした学習塾を展開しているタケジヒューマンマインド(沖縄県)の買収
  • 土木管理総合試験所(埼玉県)による、磁気探査・測量設計事業を行っているアースプラン(沖縄県)とクリエイト(沖縄県)の買収

出典:経済産業省 九州経済産業局「九州経済概況・関連データ」

【関連】M&A成功事例60選!取引規模・業界別、海外企業のケースも紹介【2021年最新版】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

2. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継動向

九州地方のM&A件数は、今後増加していくものと考えられています。事業承継のニーズが高まっていることから、M&Aによる事業承継の件数がますます増えていくと推測されています。

九州地方の人口は2000(平成12)年辺りをピークに減少しているうえに、最近では中小企業経営者の高齢化が進行していることから、後継者問題が深刻化している状況です。

もともと日本では、親族や従業員などを後継者とする事業承継が広く行われてきました。しかし、近年では、親族内承継が難しくなったことで、廃業・倒産を余儀なくされる中小企業が増えている状況です。これを打破するために、国や地方自治体では、中小企業の事業承継支援を強化しています。

具体策としては、事業承継・引継ぎ支援センターの設置および後継者人材バンク事業の運営などが挙げられます。

【関連】中小企業の後継者問題とは?原因や解決策・対策を徹底解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

3. 九州地方近郊のM&A案件一覧

九州地方近郊のM&A案件をお探しの方のために、現在公開されている案件情報を掲示します。

  1. 医療系パッケージソフトの開発・販売・保守事業会社の譲渡
  2. 医療系ソフトウエアの開発販売保守事業の譲渡
  3. 販売管理パッケージシステム会社の譲渡
  4. 観光地フードコートでの営業権譲渡
  5. 歴史ある名泉の売却
  6. コールセンターの譲渡

①医療系パッケージソフトの開発・販売・保守事業会社の譲渡

九州地方のM&A案件の1つ目が、大分県の医療系パッケージソフトの開発・販売・保守事業会社の譲渡です。後継者不足を解消するための事業承継を目的に、株式譲渡を希望しています。

業種 IT・ソフトウェア、介護・福祉・医療
都道府県 大分県
法人形態 株式会社
譲渡価格 1,000万円~5,000万円

②医療系ソフトウエアの開発販売保守事業の譲渡

九州地方のM&A案件の2つ目は、医療系ソフトウエアの開発・販売・保守事業の事業譲渡です。病院・診療所向けの人間ドック・健康診断用ソフトウェアを開発・販売している会社で、20年以上、事業を展開しており多数の導入実績があります。

業種 IT・ソフトウェア、介護・福祉・医療
都道府県 九州地方
法人形態 株式会社
譲渡価格 1,000万円~5,000万円

③販売管理パッケージシステム会社の譲渡

九州地方のM&A案件3つ目は、福岡県にある販売管理パッケージシステム会社の譲渡案件です。自社開発の販売管理システムをカスタマイズして顧客に販売し、システムの保守・コンサルティング業務で収益を上げています。

業種 IT・ソフトウェア
都道府県 福岡県
法人形態 株式会社
譲渡価格 1,000万円~5,000万円

④観光地フードコートでの営業権譲渡

九州地方のM&A案件4つ目は、沖縄県にある観光地フードコートでの営業権譲渡です。このフードコートは約500人が収容可能で、寄港場所から店舗までおよそ10分の距離にあります。

業種 飲食店
都道府県 沖縄県
法人形態 株式会社
譲渡価格 1,000万円~5,000万円

⑤歴史ある名泉の売却

九州地方のM&A案件の5つ目は、宮崎県にある歴史ある名泉の売却案件です。ここは源泉かけ流しの湯で、独自保有する土地からポンプなしで自噴しています。別荘地や空港からのアクセスも便利です。

業種 ホテル・旅館・温泉
都道府県 宮崎県
法人形態 株式会社
譲渡価格 5,000万円〜1億円

⑥コールセンターの譲渡

九州地方のM&A案件の6つ目は、沖縄県にあるコールセンターの譲渡案件です。優秀な人材がすでにいるため、働きやすい環境が整っており、人件費も安いため、コスト削減が期待できます。

業種 その他
都道府県 沖縄県
法人形態 株式会社
譲渡価格 1,000万円~5,000万円

【関連】長崎県のM&A・事業承継・会社売却の案件一覧!おすすめ仲介会社11選も紹介| M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】鹿児島県のM&A・事業承継・会社売却の案件一覧!仲介会社10選も紹介| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

4. 九州地方でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント

九州地方でのM&A・会社売却・事業承継のために仲介会社を選ぶ場合は、以下のポイントを意識することが大切です。

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

M&A仲介会社を選ぶ際は、その仲介会社が該当する分野の「専門的知識・M&A実績」を持っているかを調べることが大切です。

M&A仲介会社によっては、特定分野に特化しているところもあります。利用を検討しているM&A仲介会社が得意とする分野を事前に確認しておくことで、仲介会社選びの失敗を防ぐことが可能です。

②案件規模・地元M&A実績などがある

自社に適したM&A仲介会社を選ぶためにも、事前に案件規模や地元企業のM&Aなどの実績を確認することも大切です。

なぜなら、仲介会社ごとに得意とする案件規模に違いがあったり、対応エリアが異なっていたりするためです。

M&Aを成功させたいのであれば、自社の案件規模・対応エリアに合致した仲介会社を選ぶようにしましょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

利用するM&A仲介会社を選ぶ際は、M&Aに関する幅広い知識・経験を持っているか確認することも大切です。

M&A手続きを安心・スムーズに進めていくには、会計・税務・法務などの専門的知識が必要とされます。

会計士などの幅広い知識を有した専門家・M&A実績が豊富なスタッフがいる仲介会社を選べば、より安心してM&A仲介業務を任せることが可能です。

④手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい

利用するM&A仲介会社は、手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい機関を選ぶようにしましょう。

報酬体系がわかりにくい会社を選んでしまうと、M&A・事業承継の手続きが終わった後、想定以上の手数料を請求されてしまうおそれがあるためです。

M&A仲介会社を選ぶ際は、手数料に関する情報がしっかり提示してあり、なおかつ他社よりも低い手数料設定を採用している会社をおすすめします。

⑤担当スタッフの対応・相性

M&A仲介会社を選ぶ際は、担当スタッフの対応・相性も重視すべきポイントの1つです。

大切なM&A手続きを安心して進めるためにも、担当スタッフの対応・スタッフとの相性も確認しましょう。

【関連】中小企業M&Aの流れや成功ポイント、注意点を解説!おすすめ仲介会社は?【成功事例あり】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

5. 九州地方のM&A・事業承継に役立つ公的支援

他の地域と同様に、九州地方でも公的な事業承継支援が積極的に実施されています。

  1. 後継者人材バンク
  2. 九州経済産業局
  3. 独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部
  4. 事業承継・引継ぎ支援センター(九州地方各県)

①後継者人材バンク

後継者人材バンクは、事業承継・引継ぎ支援センターが行っている中小企業支援事業の1つです。既存企業を事業承継する形式での起業・創業希望者と、後継者不足に悩まされている中小企業経営者とのマッチングを行っています。

後継者人材バンクの目的

後継者人材バンクは、九州地方の中小企業が悩まされている後継者問題の解決を目的に実施されている施策です。

起業意欲がある若い人材の支援も行えるため、一石二鳥の施策だといえます。

後継者人材バンクのメリット

主なメリットは、以下のとおりです。

  • 企業側:自社に適した後継者探しができる
  • 後継者希望側:創業資金を節約でき、企業の既存経営資産を即座に活用できる

後継者不足で事業承継を行えない中小企業からすると、後継者人材バンクを利用すると自社に適した後継者を見つけられる可能性があり、事業承継問題を解決するうえで有効な施策だといえます。

いい換えると、後継者人材バンクを利用すれば、経営者の考え方・経営方針を理解し踏襲してくれる後継者と、マッチングできる可能性があります。

一方、後継者人材バンクを利用して後継者となる側からすると、ゼロの状態から起業するよりも創業資金を節約できたり、引き継いだ中小企業がもともと保有している経営資産を最初からすぐに活用できたりなど、新設企業では得られないメリットが期待できます。

【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②九州経済産業局

日本の中小企業を対象に施策を検討・決定し実行する公的機関として、経済産業省およびその外局である中小企業庁が挙げられます。経済産業省には、日本をブロック分けした地域ごとに、それぞれを統括する組織=支局があります。

そして、九州方面を管轄する経済産業省の支局が九州経済産業局です。九州経済産業局では、九州地方の中小企業に対する経営支援の一環として、円滑な事業承継支援も提供しています。

③独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部

中小企業を支援する公的機関には、独立行政法人中小企業基盤整備機構も挙げられます。中小企業基盤整備機構にも、全国をブロック分けした地域本部があり、九州地方を管轄する機関が中小企業基盤整備機構九州本部です。

九州本部では福岡県と鹿児島県に拠点を置き、中小企業に対して、事業承継円滑化支援をはじめさまざまな経営支援を行っています。

④事業承継・引継ぎ支援センター(九州地方各県)

事業承継・引継ぎ支援センター(元:事業引継ぎ支援センター)は、2013(平成25)年より設立が開始されました。中小企業経営者の事業承継を具体的に支援する機関として、中小企業庁から各都道府県に事業委託され設置されています。

同年に各地で一斉設置されたわけではなく、準備が整った自治体から順次、設置されてきました。事業承継・引継ぎ支援センターの設置パターンを見ると、県庁所在地の商工会議所または各都道府県の中小企業向け公益財団法人のいずれかに設置されるケースが多いです。

事業承継・引継ぎ支援センターでは、後継者人材バンク事業とともに、M&Aによる会社売却で事業承継を目指す方策に関するアドバイス・サポートや、M&A仲介会社の紹介なども行っています。

九州地方の事事業承継・引継ぎ支援センターの概要は、以下のとおりです。

福岡県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 福岡商工会議所
連絡先 092-441-6922
URL https://www.f-hikitsugi.com/

佐賀県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 佐賀商工会議所
連絡先 0952-27-7071
URL http://www.saga-koukeisha.jp/

長崎県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 長崎商工会議所
連絡先 095-895-7080
URL http://n-hikitsugi.com/

熊本県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 熊本商工会議所
連絡先 096-311-5030
URL http://kuma-hikitsugi.jp/

大分県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 大分県中小企業会館(大分県商工会連合会)
連絡先 097-585-5010
URL https://www.oita-shoukei.org/

宮崎県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 宮崎商工会議所
連絡先 0985-72-5151
URL https://miyazaki-shoukei.jp/

鹿児島県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 鹿児島商工会議所
連絡先 099-225-9534
URL http://www.kagoshima-cci.or.jp/?p=12040

沖縄県事業承継・引継ぎ支援センター
設置場所 那覇商工会議所
連絡先 098-941-1690
URL https://www.oki-hikitsugi.jp/

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?費用や実績を解説【評判/口コミあり】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】事業承継の相談相手・相談窓口15選!無料相談はできる?選び方も解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

6. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段

ここでは、九州地方のM&A・事業承継案件を探している方に向けて、九州地方のM&A・事業承継案件を探す手段を解説します。九州地方のM&A・事業承継案件を探す手段は、主に以下の3種類です。

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトを活用する

①M&A仲介会社・専門家に相談する

九州地方のM&A・事業承継を探している場合、M&A仲介会社・専門家への相談がおすすめです。M&Aを専門に扱っているので案件も豊富に持っており、ノウハウや経験を生かしたサポートにも期待できます。

②地元の金融機関などに相談する

九州地方のM&A・事業承継に関する案件を探している方は、地元の金融機関などに相談する方法もあります。

金融機関では、地域密着型の事業承継をサポートする体制を整備しています。

③M&Aマッチングサイトを活用する

M&Aマッチングサイトを活用すると、九州地方のM&A・事業承継案件を手軽に探し出すことが可能です。

M&Aプラットフォーム

M&Aプラットフォーム

M&Aプラットフォーム

出典:https://masouken.com/platform

M&A総合研究所が運営するM&Aプラットフォームでは、AIシステムを採用しており、高い精度のマッチングを実現しています。

売り手は無料で利用できるシステムですが、M&Aの交渉や手続きに移行する際に不安がある場合には、実績豊富なM&Aアドバイザーに業務をご依頼いただくことも可能です。

【関連】M&A仲介プラットフォームとは| M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所

Batonz(バトンズ)

M&AマッチングサイトのBatonzは、国内最大手のM&A仲介会社である日本M&Aセンターの関連会社によって運営されています。日本M&Aセンターが保有するネットワークを生かして、豊富なM&A案件数を抱えています。

TRANBI(トランビ)

M&AマッチングサイトTRANBIでは、国内最大級のM&A案件数を誇っています。数多くの地方金融機関と提携を結んでいるため、九州地方でも最適な案件を探し出すことが可能です。

【関連】【中小企業】後継者不足の求人募集におすすめのマッチングサイト16選| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

7. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継のご相談はM&A総合研究所へ

M&Aによる会社売却・事業承継をスムーズに進め、成功率を高めるためには専門家のアドバイスやサポートが有用です。

九州地方のM&A・会社売却・事業承継をお考えの経営者様は、M&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、知識や支援実績の豊富なアドバイザーが多数在籍しています。

ご相談からクロージングまでアドバイザーが丁寧にサポートいたしますので、初めてのM&Aに不安がある場合も安心してお任せください。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

8. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ

本記事では、九州地方のM&A・会社売却・事業承継の案件一覧やおすすめの仲介会社などを紹介しました。事業承継・引継ぎ支援センターに相談する方法もあるものの、管理されている案件数に注意しましょう。

近年、九州地方をサポート対象地域とするM&A仲介会社が増加しているため、自社に合った相談先を選ぶことが重要です。仲介会社の知識や経験、スタッフとの相性などを踏まえながら、相談先を選びましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事