山形のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

当記事では、山形県のM&A・事業承継・会社売却におすすめの仲介会社を紹介してます。また、山形県のM&A・事業承継・会社売却についての動向や、仲介会社を選ぶポイントも解説しています。そのほか、事業引継ぎ承継センターなど、国が支援する事業も取り上げています。

目次

  1. 山形県のM&A・会社売却・事業承継
  2. 山形県のM&A・会社売却・事業承継動向
  3. 山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社10選
  4. 山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイント
  5. 山形県近郊のM&A案件一覧
  6. 山形県内の事業引き継ぎ・後継者バンク
  7. 山形県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 山形県のM&A・会社売却・事業承継

山形県のM&A

出典: https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%8F%A1%E6%89%8B-%E7%94%B7-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%8D%94%E5%8A%9B-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-1018097/

この記事では、山形県でM&A・会社売却・事業承継を検討している方に向けて、M&Aの動向や、掲載されている案件、おすすめの仲介会社などを取り上げます。

そのほかにも、国が支援する事業引継ぎ支援センター・後継者バンク(後継者人材)の概要や、仲介会社選びのポイントなどをまとめて、山形県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ情報を紹介します。

2. 山形県のM&A・会社売却・事業承継動向

山形県のM&A動向

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-%E9%BB%92%E6%9D%BF-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89-%E6%96%B9%E5%90%91-1193335/

中小企業庁の統計によると、山形県で事業を行う企業のうち、約99.8%が中小企業で占められています。大企業の数はわずか64社で、ほとんどが小規模事業者と中小企業だということが分かります。

また、帝国データバンクの調査によれば、平成30年に山形県内で休廃業・解散した企業は305件で、前の年と比べて3.0%の増加が見られ、3年連続での増加となっています。

さらに、他県と山形県の休廃業・解散の割合を比べてみると、全国10位にランクインしており、地方都市では上位に位置しているといえるでしょう。

また、年代別の割合を見ると、70代が最も多く、全体の41.7%という値でした。それでも、50・60代では、休廃業・解散の割合が低下しているため、山形県の企業は、M&A・会社売却・事業承継を選択して、休廃業・解散を回避しているといえるでしょう。

3. 山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社10選

山形県のM&Aにおすすめの仲介会社10選

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8F%A1%E6%89%8B-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-3127555/

山形県のM&A・会社売却・事業承継では、どのような仲介会社を利用すればよいのでしょうか。

ここでは、山口県でサービスを提供する・山口県を対象エリアとする仲介会社から、おすすめする仲介会社を紹介します。

 

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社共生基盤
  3. 株式会社レコフ
  4. 株式会社ビザイン
  5. 株式会社アックスコンサルティング
  6. 株式会社メルサ
  7. 株式会社経営再構築プラン
  8. ソレイユ総合法律事務所
  9. セントラルソフトレーベル株式会社
  10. M&Aキャピタルパートナーズ

①株式会社M&A総合研究所

1つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、株式会社M&A総合研究所です。

中小・中堅企業を中心にM&A仲介を行う会社で、会計士によって運営されています。山形を含む全国のM&A・会社売却・事業承継案件を取り扱っています。

M&Aの仲介では、会社売却・事業承継・M&Aに豊富な知識と実績を持つ会計士によるフルサポートを行っています。
 

株式会社M&A総合研究所
特徴・強み
  • 会計士とM&Aアドバイザーによるフルサポートを提供
  • 料金体系は業界最安値(レーマン方式マイナス1%)
  • 着手金・中間金・月額報酬は無料
  • 成約までは平均3カ月(2019年の実績)
  • 希望価格より平均124%のアップ(2019年の実績)
  • セカンドオピニオンにも対応(専属契約なし)
案件規模 1億~数十億円
問い合わせ先 0120-401-970
サイトURL https://masouken.com/lp01

電話で無料相談WEBから無料相談

②株式会社共生基盤

2つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、株式会社共生基盤です。小規模のM&Aと事業承継を得意とする会社で、PMI・M&Aのコンサルティングや、経営・資金調達のコンサルティングなどのサービスも提供しています。
 

株式会社共生基盤
特徴・強み
  • 小規模のM&A・事業承継で実績を挙げている
  • 料金体系は成功報酬型(着手金は原則無料)
  • 最低報酬額は300万円
  • サイト上でM&A簡易診断が行える
案件規模 規模の大小を問わない
問い合わせ先 050-3628-7745
サイトURL https://www.kyoseikiban.com/

③株式会社レコフ

3つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、株式会社レコフです。

1987年に創業した会社で、中小から上場企業まで幅広い層に向けてM&A支援を行い、国内はもちろん、海外の案件にも対応しています。
 

株式会社レコフ
特徴・強み
  • 1987年からのM&A支援で培った経験と実績がある
  • 中小から上場企業まで、幅広いM&A支援を行う
  • 2万社を超える企業とのネットワークを持つ
  • 各業界に精通したスタッフが、案件を紹介する
  • M&Aの支援には経験を持つ各分野の専門家が加わる
  • クロスボーダー・グループ再編・業界再編にも対応
  • 手数料は、業務委託料(月額報酬)と成功報酬料を徴収
案件規模 中小~大型
問い合わせ先 03-3221-4945
サイトURL https://www.recof.co.jp/

④株式会社ビザイン

4つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、株式会社ビザインです。

小規模事業者・中小企業のM&Aを専門に扱う会社で、建設・不動産、医療・介護のM&Aを得意としています。
 

株式会社ビザイン
特徴・強み
  • 小規模のM&Aに対応
  • 案件の半分以上が福岡エリア
  • 買い手と協力し、積極的に対象企業を探す
  • 建設・不動産、医療・介護の案件を得意とする
  • 企業価値の向上、業績の回復、事業再生などのコンサルティングも請け負う
  • 金融機関と協力してMBOも支援する
  • M&A・事業承継のセカンドオピニオンにも対応する
  • 料金体系は成功報酬型(着手金は原則30万円、最低報酬額は150万円~)
案件規模 1000万円未満~(売上高)
問い合わせ先 0120-287-387
サイトURL https://www.bizign.jp/

⑤株式会社アックスコンサルティング

5つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、株式会社アックスコンサルティングです。

1988年に創業した会社で、士業の事務所と、その顧問先へコンサルティングのサービスを提供しています。
 

株式会社アックスコンサルティング
特徴・強み
  • 不動産・会計事務所のM&Aを専門とする
  • 相談実績は1年で1万件を超える(不動産のM&A)
  • 各士業とのネットワークを持つ
  • 会計事務所専門のスタッフが支援にあたる
  • 料金体系は完全成功報酬型(不動産のM&A)
  • 着手金などは無料
案件規模 数千万~1億円弱(会計事務所のM&A)
問い合わせ先 03-5420-2711
サイトURL https://www.accs-c.co.jp/

⑥株式会社メルサ

6つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、株式会社メルサです。

会社の代表は会社売却を経験し、売り手の立場から中小企業のM&Aを支援しています。
 

株式会社メルサ
特徴・強み
  • 売却の意思決定から成約までをサポート
  • 顧問税理士との協業によるM&A支援
  • 代表には会社売却の経験がある
  • 料金は初回の相談料・サポート料・成約料などを徴収する
案件規模 中小規模
問い合わせ先 http://www.yozannet.com/contact.html
サイトURL http://www.yozannet.com/

⑦株式会社経営再構築プラン

7つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、株式会社経営再構築プランです。

公認会計士と税理士を中心に組織されたコンサルティングファームで、東北地区で最大級の規模を誇っています。
 

株式会社経営再構築プラン
特徴・強み
  • M&Aの実績は120件を超える
  • 提携する会計事務所・法律事務所・金融機関とM&Aを支援する
  • 無料による簡易企業評価・簡易投資回収シミュレーションを提供する
  • 有料による企業価値・手取額算定と、買収金額・投資回収算定も行う
  • 料金体系は成功報酬型(最低報酬額は300万円)
  • 情報提供料は80万円、基本合意報酬は成功報酬額の10%
案件規模 中小規模
問い合わせ先 022-742-5755
サイトURL http://www.m-a.co.jp/

⑧ソレイユ総合法律事務所

8つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、ソレイユ総合法律事務所です。

事業引継ぎ支援センターで統括責任者を務めた方が代表を務める会社で、東北で中小企業のM&A・事業承継を支援しています。
 

ソレイユ総合法律事務所
特徴・強み
  • 代表は事業引継ぎ支援センターで統括責任者を経験している
  • 事業承継の相談実績は、200件を超える
  • 弁護士と税理士の資格を持つ代表が対応にあたる
  • 仙台の事業承継について、専門家とのネットワークを持つ
  • 簡易株価・定款診断は無料
  • 事業承継のコンサルティングには、3つのプランを用意
  • プランに応じて月額報酬、月の活動時間、支援内容が異なる
案件規模 中小規模
問い合わせ先 022-398-9026
サイトURL https://www.xn--3kq3gv8l88rofikr5a.jp/

⑨セントラルソフトレーベル株式会社

9つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、セントラルソフトレーベル株式会社です。

在宅介護事業を主軸とする会社で、そのほかに、訪問介護のフランチャイズ事業や、介護ソフトの代理販売、介護事業のM&Aに取り組んでいます。
 

セントラルソフトレーベル株式会社
特徴・強み
  • 介護事業に特化したM&A支援を行う
  • 山形を含んだ全国を対応エリアとする
  • 上場企業のM&A仲介会社を通じて、ふさわしい案件を紹介
  • 交渉は、上場企業のM&A仲介会社が間に入る
  • 料金は成果報酬型を採用
  • 上場企業のM&A仲介会社に料金を支払う
案件規模 100万弱~数億円(売上高)
問い合わせ先 https://www.centralsoftlabel.com/%E4%BB%8B%E8%AD%B7ma/
サイトURL https://www.centralsoftlabel.com/

⑩M&Aキャピタルパートナーズ

10つ目に紹介する山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社は、M&Aキャピタルパートナーズです。

東証一部に上場する企業で、中小・中堅企業向けに、友好的なM&A支援を提供しています。
 

M&Aキャピタルパートナーズ
特徴・強み
  • 専任のコンサルタントと社内外のチームが支援する
  • レフコ社と協業し、幅広いネットワークからマッチングを行う
  • 調剤薬局の成約実績は、国内トップ
  • M&A成約数も国内トップクラス
  • 料金体系は、成功報酬型を採用
  • 着手金・月額報酬は無料で、中間金は成功報酬の10%
案件規模 1億以下~100億円(売上高)
問い合わせ先 03-6880-3800
サイトURL https://www.ma-cp.com/

4. 山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイント

山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイント

出典: https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-3693113/

山形県でM&Aを行う場合、どのようなことに注意をして、仲介会社を選べばよいのでしょうか。

これからM&A仲介会社を決める方は、以下に挙げるポイントを踏まえて、仲介会社を選ぶとよいでしょう。

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系が分かりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

1つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、該当分野の専門的知識とM&A実績があることです。

M&A仲介会社は、特定の業種を取り扱う・得意とする業種があるため、譲り渡す事業・会社の業種と異なってしまうと、適切な譲渡価格・スキームなどが提示されません。

場合によっては、交渉先が見つからない・契約が破談になったなど、M&Aの機会を逃してしまう事態も想定されるでしょう。

そのため、山形県でM&A・事業承継を行う場合には、譲渡する事業の取り扱いを確認して、仲介会社を決めることをおすすめします。

②案件規模・地元M&A実績などがある

2つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、案件規模と地元でのM&A実績です。

M&A仲介会社によっては、業種に加えて、得意とする案件規模が異なります。そのため、売買を検討する事業・会社の規模に合った仲介会社を選ぶことが大切です。

また、M&A仲介会社においては、取り扱う案件のエリアについても、得意とする地域が異なっています。

山形県での売買を検討するなら、地元の金融機関や会計事務所などとのネットワークを持つ仲介会社を選ぶと、地元企業との事業承継・M&Aが行えます。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

3つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、M&Aに関する幅広い知識・経験があることです。

M&A・事業承継では、譲渡価格・スキームの決定、デューデリジェンス、交渉・契約、譲渡後のPMIなど、専門的な知識と経験を必要とします。

そのため、専門知識と実務経験が乏しい場合、M&A・事業承継を仲介してもらっても、不利益を被ったり、契約が白紙に戻ってしまったりと、望んだM&A・事業承継を実現できない可能性が高くなります。

山形でM&A・事業承継・会社売却による事業の引継ぎを成功させたいのなら、専門知識と経験を兼ね備えたM&A仲介会社に相談することをおすすめします。

④手数料・相談料・報酬体系が分かりやすい

4つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、分かりやすい手数料・相談料・報酬体系の提示です。

M&A仲介会社によっては、事業の引継ぎにかかる料金について、明確に提示していないことがあります。

これでは、依頼をしてから思わぬ出費を余儀なくされるため、予想よりも初期費用が嵩み得られる譲渡益が減ってしまうことが考えられるでしょう。

そのため、M&Aや事業の引継ぎでM&A仲介会社を選ぶ場合には、分かりやすく手数料・相談料・報酬体系を提示しているかどうかを、目安にしましょう。仲介会社のホームページを見て、手数料などが公開されているかを確認してください。

⑤担当スタッフの対応・相性

5つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、担当スタッフの対応と相性です。M&Aや事業承継、会社売却では、担当するスタッフの対応が、成功の鍵を握っています。

担当するスタッフの対応が悪いと、数カ月を経過しても交渉先が紹介されなかったり、事務的な応対のみで献身的な対応をしてくれなかったりと、M&Aや事業承継の機会を逃してしまう事態も考えられます。

また、スタッフとの相性が悪ければ、望んだ期日までに返答をもらえない・こちらの条件を正確に把握してくれないなど、時間を浪費するだけで、条件に見合った候補が紹介されないケースも想定されます

そのため、M&A・事業承継・会社売却で、M&A仲介会社を選ぶ場合は、無料相談を利用して、スタッフの対応・相性を見極めるようにしましょう。

【関連】会社売却の手続きってどうするの?M&Aの流れを解説!

5. 山形県近郊のM&A案件一覧

山形県近郊のM&A案件一覧

出典: https://pixabay.com/ja/vectors/%E8%AB%96%E6%96%87-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%97-576385/

ここでは、山形県近郊のM&Aについて、現在譲渡を希望している案件を5つご紹介します。

  1. 高級トマトの生産と販売
  2. 障害福祉サービス事業
  3. 官公庁用の地図作成事業
  4. 温泉旅館
  5. 温泉宿

①高級トマトの生産・販売業

1つ目に紹介する山形県近郊のM&A案件は、高級トマトの生産と販売を行う法人です。無農薬でトマトを生産し、販売サイトには一日で1,000件以上のアクセスがあります。
 

高級トマトの生産と販売
業種 農業
エリア 山形県
売上高 1500万円台
売却希望額 2000万円
譲渡形式 会社売却

②障害福祉サービス事業

2つ目に紹介する山形県近郊のM&A案件は、障害福祉サービス事業を行う法人です。農作業を通じて、障害者の就労支援を行っています。
 

障害福祉サービス事業
業種 福祉
エリア 山形県
売上高 1900万円台
売却希望額 2300万円台
譲渡形式 会社売却

③官公庁用の地図作成事業

3つ目に紹介する山形県近郊のM&A案件は、官公庁用の地図作成事業です。官公庁向けに、アナログとデジタル地図を作成しています。
 

官公庁用の地図作成事業
業種 印刷・広告・デザイン
エリア 山形県
売上高 100万円台
売却希望額 応相談
譲渡形式 会社売却

④温泉旅館

4つ目に紹介する山形県近郊のM&A案件は、温泉旅館です。日本海側にある旅館で、18部屋の客室を設けています。客室からは四季折々の自然が楽しめます。
 

温泉旅館
業種 旅館
エリア 山形県庄内
売上高 7500万~1億円
売却希望額 1000万~3000万円
譲渡対象 株式

⑤温泉宿

5つ目に紹介する山形県近郊のM&A案件は、温泉宿です。開業から50年を迎える温泉宿で、山形県の東部に宿泊施設を構えています。空港や新幹線の駅からも近いため、都内からも訪れやすい温泉宿といえます。
 

温泉宿
業種 旅館
エリア 山形県
売上高 1,000万~2,500万円
売却希望額 1,000万~3,000万円
売却対象 株式

6. 山形県内の事業引き継ぎ・後継者バンク

山形県内の事業引き継ぎと後継者バンク

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E6%9B%B8%E9%A1%9E-%E5%A5%91%E7%B4%84-3152586/

山形県内で事業承継を行う場合、どのような機関を利用すればよいのでしょうか。

山口県で利用できる事業承継の支援機関について、後継者不足の会社と起業家を繋ぐ後継者バンク(後継者人材バンク)に触れながら、以下の2つの機関を紹介します。
 

  1. 山形県事業承継ネットワーク
  2. 山形県事業引継ぎ支援センター

①山形県事業承継ネットワーク

山形県では、事業承継ネットワークを構築しています。事業承継ネットワークを構成する機関は、山形県をはじめ、山形企業振興公社・商工会・商工会議所・金融機関・事業引継ぎ支援センターなどです。

事業承継ネットワークは、小規模事業者と中小企業向けの事業承継診断や、支援可能な専門家のリスト作成、セミナー・個別相談会の開催、広報活動を行い、事業承継を支援しています。

事業承継ネットワークは、事業承継診断で対象企業のニーズを掘り起こし、専門家のリストを作って、中小企業診断協会、税理士会などに属する専門家から支援できる人物を探します。

また、セミナーや広報活動の実施により、事業承継の着手や事業承継の診断を促しているとのことです。

事業承継ネットワークに支援を求めた企業は、事業承継の診断を通じて、自社の課題やニーズを認識し、事業承継ネットワークから、構成する関係機関へ支援が要請され、各関係機関と事業承継を進めます。

これらの機関でも支援が難しい場合には、山形県事業引継ぎ支援センターに事業承継を依頼するとしています。

事象承継ネットワークのみでは事象承継の支援は受けられない

事業承継ネットワークは、事業承継を診断するのみで、企業の支援に応えるのは山形県や各総合支庁、商工会議所・商工会・金融機関・事業引継ぎセンターなどの構成機関です。

しかし、これらの機関は民間の仲介会社と比べて、取り扱っている案件が少ないとされているため、ふさわしい交渉先が紹介されない事態も想定されるでしょう。

山形県事業承継ネットワークへ依頼するのなら、多くの案件を取り扱っている民間のM&A仲介会社を利用することをおすすめします。

山形県の事業承継は、M&A総合研究所へ

おすすめするM&A仲介会社は、山形県を含む全国の案件を取り扱うM&A総合研究所です。M&A総合研究所では、会計士とM&Aアドバイザーが専任で就き、クロージングまでのフルサポートを提供しています。

2019年の実績では、平均3カ月でクロージングを終えています。手数料も業界最安値の基準で、着手金・中間金・月額報酬はかかりません。完全成果報酬型のため、初期費用を抑えた事業承継が可能です。

また、売却額は希望よりも高い金額を提示できているため、より多くの譲渡益を獲得したい方におすすめです。

山形県のM&A・会社売却・事業承継に関するご相談は、ぜひM&A総合研究所の無料相談をご利用ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

②山形県事業引継ぎ支援センター

山形県事業引継ぎ支援センターとは、山形県の中小企業に対し、事業承継の支援を行う機関のことです。国から委託された公益財団法人山形県企業振興公社が、支援するための窓口を設置しています。

山形県事業引継ぎ支援センターは、公的機関として無料で相談を受け付けているため、気軽に支援を受けられるでしょう。

また、国の研修を受けた専門家が相談に応じ、企業の秘密を守りながら、事業承継を支援しています。さらに、中立な立場による事業承継を行うため、しがらみの影響を受けることがありません。

全国の事業引継ぎ支援センター・関係機関との連携により、ふさわしい相手が紹介されるといえます。

そのほかにも、山形県事業引継ぎ支援センターは、セカンドオピニオンとしての活用も可能です。既にM&A仲介会社に依頼し、第三者の意見を聞きたい場合にも、山形県事業引継ぎ支援センターを利用することができます。

 

山形県事業引継ぎ支援センター
問い合わせ先 023-647-0663
サイトURL http://www.ynet.or.jp/y-hikitsugi/

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

政府は、中小企業が円滑に事業承継を進められるように、事業引継ぎ支援センターを設置して、経営資源の承継を支援しています。

①日本政策金融公庫による資料

日本政策金融公庫の資料によれば、国は全国に事業引継ぎ支援センターを設置することで、円滑な事業承継をサポートしています。

事業引継ぎ支援センターに相談すると、全国47カ所にある事業引継ぎ支援センターから、中小企業事業引継ぎ支援全国本部に、情報が送られます。

そうして、集められた売り手・買い手のデータベースを基に、各事業引継ぎ支援センターで、マッチングや成約などを支援します。

事業引継ぎ支援センターで対応できない場合でも、事業承継を諦めることはありません。登録機関や、後継者バンク・後継者人材バンクから交渉先を紹介されるため、これらの機関を通じて、事業承継の支援が受けられます。

後継者バンク・後継者人材バンクとは

後継者バンク・後継者人材バンクとは、事業引継ぎ支援センターが始めた事業のことです。後継者バンク・後継者人材バンクは、後継者がいない会社と起業を望む個人とを引き合わせて、事業を後世に引き継ぐための支援を行っています。

後継者バンク・後継者人材バンクの事業は、平成26年の4月から始まり、11箇所の事業引継ぎ支援センターで、後継者不足の会社と、起業を望む方のマッチングを行っています。

しかし、山形県の事業引継ぎ支援センターでは、後継者バンク・後継者人材バンクの事業は取り扱っていません。

そのため、どうしても後継者バンク・後継者人材バンクを利用したい場合は、近隣の県で取り扱っている後継者バンク・後継者人材バンクに相談することをおすすめします。

東北エリアで後継者バンク・後継者人材バンクを取り扱っている事業引継ぎ支援センターは、以下の通りです。
 

エリア 機関
宮城県 宮城県事業引継ぎ支援センター
秋田県 秋田県事業引継ぎ支援センター

【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!

②事業承継ネットワーク事業について

事業承継ネットワーク事業とは、事業承継のネットワークを構築する事業のことです。平成29年度から始められ、事業引継ぎ支援センターなどの支援機関と、中小企業を繋ぐ役割を担っています。

事業承継ネットワークを都道府県ごとに構築し、平成29年度では全国で19の事務局が決められています。そのほかの地域とは全国協議会を通じて、支援する体制を形成しているとのことです。

ちなみに、事業承継ネットワークによる事業承継診断の件数は、平成29年4月~平成30年1月で47,999件です。診断を行った機関の割合を見てみると、一番多いのが金融機関の60%で、二番目が商工団体の38%としています。

7. 山形県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段

山形県のM&A案件を探す手段

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E8%AA%B0%E3%82%82-%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9-%E6%8A%80%E8%A1%93-2798850/

山形県のM&A・会社売却・事業承継について、取り扱っている案件を探す場合には、どのようにすればよいのでしょうか。

山形県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す場合には、主に以下3つの方法があります。

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

①M&A仲介会社・専門家に相談する

1つ目の手段は、M&A仲介会社・専門家への相談です。M&A仲介会社や、地元の会計事務所などでは、山形県のM&A・会社売却・事業承継を取り扱っています。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 税理士法人あさひ会計
  3. 奥山享税理士事務所
  4. JMAA・事業承継相談センター

①株式会社M&A総合研究所

1つ目のM&A仲介会社・専門家は、株式会社M&A総合研究所です。会計士とM&Aアドバイザーが専任で就き、クロージングまでのフルサポートを提供しています。

料金も業界最安値に設定し、完全成果報酬型のため、着手金・中間金・月額報酬はかかりません。成約までの期間は平均3カ月(2019年の実績)と短く、譲渡価格も希望額から124%のアップ(2019年の実績)を実現しています。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

②税理士法人あさひ会計

2つ目のM&A仲介会社・専門家は、税理士法人あさひ会計です。東北で最大規模を誇る会計事務所で、M&A・事業承継の支援に加えて、財務デューデリジェンスや、組織再編、医療機関のM&Aにも対応しています。

③奥山享税理士事務所

3つ目のM&A仲介会社・専門家は、奥山享税理士事務所です。医療機関や資産運用のコンサルティングなどを手掛けるほか、中小企業の友好的なM&A・事業承継の支援にも対応しています。

④JMAA・事業承継相談センター

4つ目の相談先は、JMAA・事業承継相談センターです。事業承継相談センターとは、JMAA(財団法人日本M&Aアドバイザー協会)が設置する機関のことで、中小企業の友好的な事業承継を支援しています。

JMAA・事業承継相談センターには、以下のような特徴があります。
 

JMAA・事業承継相談センターの特徴
JMAA・事業承継相談センターの特徴① JMAAの会員からM&Aアドバイザーを選ぶ
JMAA・事業承継相談センターの特徴② 160社に及ぶJMAAの会員を通じて、ふさわしい相手を紹介する
JMAA・事業承継相談センターの特徴③ 相談は地方でも可能(JMAAの会員の事務所でも可)
JMAA・事業承継相談センターの特徴④ 料金体系は成功報酬型(着手金は30万円)
JMAA・事業承継相談センターの特徴⑤ 最低報酬額は350万円

②地元の金融機関などに相談する

2つ目の手段は、地元の金融機関への相談です。山形県では、以下の金融機関でも、M&A・会社売却・事業承継を取り扱っています。

  1. 山形銀行
  2. 山形信用金庫

①山形銀行

1つ目に紹介する地元の金融機関は、山形銀行です。創立から120周年を迎えている銀行で、中小企業のM&A支援を行っています。専門のチームが後継者問題の解決や、事業の拡大をサポートしています。

②山形信用金庫

2つ目に紹介する地元の金融機関は、山形信用金庫です。山形県事業引継ぎ支援センターと提携し、支援機関に登録しています。情報を共有し連携を高めて、円滑な事業承継をサポートしています。

さらに、山形信用金庫は、お互いのニーズを把握し、県内の事業承継を円滑することを目的に、山形銀行とM&A・事業承継の連携協定を結んでいます。

顧客の同意を得て、信用金庫の顧客を山形銀行へ紹介し、山形銀行に仲介支援を依頼しています。

③M&Aマッチングサイトなどを活用する

3つ目の手段は、M&Aマッチングサイトの活用です。サイト上で案件を探したり、交渉を行ったりすマッチングサイトでも、M&A・会社売却・事業承継先を探すことができます。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. Batonz【バトンズ】
  3. トランビ【TRANBI】

①株式会社M&A総合研究所

1つ目に紹介するマッチングサイトは、株式会社M&A総合研究所です。M&A仲介サービスを行うほか、M&Aマッチングプラットフォームを設置し、サイト上で案件の探索・交渉を行えるサービスを提供しています。

マッチングプラットフォームは、売り手・買い手とも完全無料で利用することができます。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

②Batonz【バトンズ】

2つ目に紹介するマッチングサイトは、Batonz【バトンズ】です。国内で最大規模を誇るマッチングサイトで、1,000件を超える案件を掲載し、成約件数は190件に達しています。

自社のみでの交渉に不安を抱く企業に対しては、承継アドバイザーを無料で紹介しているとのことです。

③トランビ【TRANBI】

3つ目に紹介するマッチングサイトは、トランビ【TRANBI】です。こちらも国内で最大規模を誇るマッチングサイトで、常に1,000件以上の案件を掲載し、登録するユーザーの数は3万人を超えています。

売り手には平均して10日以内に11社からの申し込みがあるとのことです。また、売り手側はすべてのサービスが無料とされ、買い手は成約価額3%を支払うのみで、案件の紹介・マッチング・メッセージのやり取りでは料金が発生しません。

【関連】青森のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】
【関連】宮城・仙台のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】

8. まとめ

まとめ

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8F%A1%E6%89%8B-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-%E6%89%8B-%E4%BB%95%E4%BA%8B-3753457/

山形のM&A・事業承継・会社売却について、M&A動向などを交えて、おすすめの相談先を紹介しました。

山形県では、50~60代が経営を務める企業で、M&A・事業承継・会社売却が選択されていると考えられます。すなわち、M&A仲介会社・金融機関・マッチングサイトなどを利用して、事業の引き継ぎが行われているといえます。

これから、M&A・会社売却・事業承継を行う方は、山形県の案件を取り扱うM&A仲介会社を利用して、事業や会社の譲渡を行うことをおすすめします。

【山形県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社10選】

  • 株式会社M&A総合研究所
  • 株式会社共生基盤
  • 株式会社レコフ
  • 株式会社ビザイン
  • 株式会社アックスコンサルティング
  • 株式会社メルサ
  • 株式会社経営再構築プラン
  • ソレイユ総合法律事務所
  • セントラルソフトレーベル株式会社
  • M&Aキャピタルパートナーズ
M&A総合研究所は、M&Aの仲介サービスに加えてマッチングサイトも開設しているので、利用者の状況に合わせた事業承継の支援が可能です。

また、M&Aの仲介は、M&A・事業承継・会社売却に豊富な知識と実績を有する会計士が専任に就き、交渉からクロージングまでフルサポートいたします。

無料相談は24時間年中無休で受け付けていますので、M&A・事業承継・会社売却に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ