山形県のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!事例、案件一覧も紹介

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

山形県でM&A・事業承継・会社売却を行うにあたり、仲介会社の存在は欠かせません。そこでこの記事では、山形県におけるM&A・事業承継・会社売却の動向や、仲介会社選びのポイントを紹介します。また、案件を探す手段なども解説します。

目次

  1. 山形県のM&A・会社売却・事業承継
  2. 山形県のM&A・会社売却・事業承継動向
  3. 山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイント
  4. 山形県近郊のM&A案件一覧
  5. 山形県内のM&A・事業承継に関する公的支援
  6. 山形県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段
  7. 山形県のM&A・事業承継・会社売却事例
  8. 山形県のM&A・事業承継・会社売却まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 山形県のM&A・会社売却・事業承継

山形県は、東北6県のうちの1つです。日本海に面し、秋田県の南側、宮城県の西側、福島県の北西側、新潟県の北東側に位置します。人口は1,101,452人(2017年10月現在)、県庁所在地は山形市で、蔵王スキー場が有名です。

まずは、山形県の経済面の特徴について、その概要を見てみましょう。

山形県の産業に見られる特色

山形県は、15万haの天然ブナ林(全国の16.3%)を持ち、全国の収穫量の7割を占めるサクランボのほか、西洋梨(同65%)、わらび(同50%)、タラの芽(同31%)、なめこ(同36%)なども日本一の収穫量を誇ります。冬のスキー場や温泉などによる観光業も盛んです。

こう書くと山形県は農業と観光業中心の地域のように見えますが、実際に山形県の経済をけん引しているのは、製造業などの工業となっています。特に、電子部品・デバイスを筆頭に、情報通信機械器具、はん用・生産用・業務用機械、毛皮などの製造が盛んです。

山形県の経済を取り巻く環境

本来、農林業中心だった山形県で製造業が活発になったのは、1970年代の高度経済成長期に建設された、大規模な工場とその従業員のための団地群が発端です。それ以降、鶴岡市や山形市、東根市などを中心に、製造業が拡大しました。

現在では、製造業の出荷額は2兆8,456億円(2020年工業統計調査)で、県民総生産額の約3分の2を占めています。

【関連】東北地方のM&A・事業承継のおすすめ仲介会社17選【売却案件一覧】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

2. 山形県のM&A・会社売却・事業承継動向

帝国データバンクの「⼭形県内企業『休廃業・解散』動向調査(2020年)」によると、2020(令和2)年に山形県で休廃業・解散した企業数は483社でした。前年の2019(令和元)年が546社だったので、63社も減っています。

同社の「全国企業倒産集計2020年報」によると、2020年に山形県で倒産した企業数は43社でした。こちらも前年の52社より減っています。2020年はコロナ禍のあおりを受け、多くの企業が休廃業・解散や倒産する予測もあった中、逆の現象です。

これは、国や自治体からの支援策や、それに伴う金融機関の各種協力(無担保・無利子融資、返済の先延ばしなど)が功を奏し、休廃業・解散や倒産を抑えこめたと分析されています。しかし、2021(令和3)年もその効果が持続するのかは、予断を許しません。

休廃業・解散を代表者の年齢別に見ると、70代が41.7%、60代が29.1%、80代が16.5%の順です。つまり、山形県で休廃業・解散した会社の87.3%において、代表者の年齢が60代以上でした。

この大きな理由は、以前から指摘されている後継者不在問題です。少子化や価値観の多様化の影響で親族に後継者がおらず、また、社内でも適任者がいないために事業承継が行えなくなっているのです。

その一方、近年では新たな事業承継方法として、M&Aで会社売却し、その買い手を後継者(新たな経営者)とすることが実施されるようになってきました。休廃業・解散を決める前に、M&A・会社売却を検討してみるよう、国や自治体も啓発を行っています。

【関連】後継者不足の解決策・対策10選!【M&A/事業承継/廃業】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

3. 山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイント

山形県でM&Aを行う場合、仲介会社選びのポイントとして、以下の5点を把握しておきましょう。

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

1つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、該当分野の専門的知識とM&A実績があることです。

M&A仲介会社は、特定の業種を取り扱う、あるいは得意とする業種があります。譲り渡す事業・会社の業種と仲介会社のそれとが異なってしまうと、適切な譲渡価格・スキーム(手法)などが得られないかもしれません。

場合によっては、交渉先が見つからずにM&Aの機会を逃してしまう事態も考えられます。したがって、山形県でM&Aを行う場合には、譲渡する事業と同一のM&A実績の有無を確認し、仲介会社を決めましょう。

②案件規模・地元M&A実績などがある

2つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、案件規模と地元でのM&A実績です。M&A仲介会社によっては、業種に加えて、得意とする案件規模が異なります。売買を検討する事業・会社の規模に合った仲介会社を選ぶのが大切です。

M&A仲介会社は、取り扱う案件のエリア・得意とする地域が異なっています。山形県での売買を検討するなら、地元の金融機関や会計事務所などとのネットワークを持つ仲介会社を選ぶと、地元企業との事業承継・M&A実現の可能性が高まるでしょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

3つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、M&Aに関する幅広い知識・経験があることです。M&Aでは、譲渡価格、スキームの決定、デューデリジェンス、交渉・契約、譲渡後のPMI(経営統合プロセス)など、専門的な知識と経験を必要とします。

専門知識と実務経験が乏しい場合、M&A・事業承継を実現できないかもしれません。山形でM&A・事業承継・会社売却による事業の引継ぎを成功させたいのなら、専門知識と経験を兼ね備えたM&A仲介会社に相談するのをおすすめします。

④手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい

4つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、手数料・相談料などの報酬体系がわかりやすいことです。M&A仲介会社によっては、ホームページなどに手数料を明確に提示していない場合があります。

そのような場合は、相談時に見積もりを取るなどして、料金の明示を求めましょう。そのうえで比較検討し、仲介会社を選ぶべきです。昨今は、完全成功報酬制のM&A仲介会社も増えていますが、各社で成功報酬額の
算出方法が違うケースもあるので注意してください。

⑤担当スタッフの対応・相性

5つ目に挙げる山形県でM&Aをする際の仲介会社選びのポイントは、担当者の対応と相性です。M&A・事業承継・会社売却では、担当者の対応も成功の鍵を握っています。

担当者の対応が悪いと、数カ月を経過しても交渉先が紹介されなかったり、事務的な応対のみで建設的な対応をしてくれなかったりと、M&Aの機会を逃してしまうかもしれないのです。

担当者との相性が悪ければ意思疎通がうまくつかず、時間を浪費するだけで希望条件に見合った候補が紹介されないケースもあり得ます。M&A仲介会社を選ぶ場合は、無料相談を活用してスタッフの対応・相性を見極めるようにしましょう。

【関連】会社売却の手続きと流れ!準備段階からクロージングまでのM&Aプロセスを解説| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

4. 山形県近郊のM&A案件一覧

ここでは、山形県のM&Aでの譲渡を希望している案件情報を紹介します。

  1. 高級トマトの生産と販売
  2. 障害福祉サービス事業
  3. 官公庁用の地図作成事業
  4. 温泉旅館
  5. 温泉宿

①高級トマトの生産・販売業

1つ目に紹介する山形県のM&A案件は、高級トマトの生産と販売を行う法人です。無農薬でトマトを生産し、販売サイトには一日で1,000件以上のアクセスがあります。
 

高級トマトの生産と販売
業種 農業
エリア 山形県
売上高 1,500万円台
売却希望額 2,000万円
譲渡形式 会社売却(株式譲渡

②障害福祉サービス事業

2つ目に紹介する山形県のM&A案件は、障害福祉サービス事業を行う法人です。農作業を通じて、障害者の就労支援を行っています。
 

障害福祉サービス事業
業種 福祉
エリア 山形県
売上高 1,900万円台
売却希望額 2,300万円台
譲渡形式 会社売却

③官公庁用の地図作成事業

3つ目に紹介する山形県のM&A案件は、官公庁用の地図作成事業です。官公庁向けに、アナログとデジタル地図を作成しています。
 

官公庁用の地図作成事業
業種 印刷・広告・デザイン
エリア 山形県
売上高 100万円台
売却希望額 応相談
譲渡形式 会社売却

④温泉旅館

4つ目に紹介する山形県のM&A案件は、温泉旅館です。日本海側にある旅館で、18部屋の客室を設けています。客室からは四季折々の自然が楽しめます。
 

温泉旅館
業種 旅館
エリア 山形県庄内
売上高 7,500万〜1億円
売却希望額 1,000万〜3,000万円
譲渡形式 会社売却

⑤温泉宿

5つ目に紹介する山形県近郊のM&A案件は、温泉宿です。開業から50年を迎える温泉宿で、山形県の東部に宿泊施設を構えています。空港や新幹線の駅からも近いため、都内からも訪れやすい温泉宿です。
 

温泉宿
業種 旅館
エリア 山形県
売上高 1,000万〜2,500万円
売却希望額 1,000万〜3,000万円
譲渡形式 会社売却

5. 山形県内のM&A・事業承継に関する公的支援

山形県で事業承継の相談ができる公的機関はいくつかありますが、最も使い勝手がよく頼れる存在は、山形県事業承継・引継ぎ支援センターでしょう。山形県事業承継・引継ぎ支援センターの概要を説明します。

山形県事業承継・引継ぎ支援センター

事業承継・引継ぎ支援センターは、国(中小企業庁)からの委託事業として全国の各都道府県に設置された公的機関です。当初は事業引継ぎ支援センターという名称でしたが、事業承継ネットワークと統合され、2021年4月に現在の名称に改称されました。

事業承継・引継ぎ支援センターの目的は、各地域の中小企業の円滑な事業承継実現をサポートすることです。親族や社内に後継者がいる会社に対しては、計画性のあるスムーズな事業承継の実施を支援します。

後継者のいない会社に対しては、事業承継・引継ぎ支援センターの独自事業である後継者人材バンクの活用や、外部の専門家(士業やM&A仲介会社、金融機関など)と連携してM&A実施をサポートします。

事業承継・引継ぎ支援センターのメリットは、公的機関なので相談やサポートが無料で受けられることです(M&A実施時に、専門家に業務依頼した場合には手数料が発生)。

山形県事事業承継・引継ぎ支援センターの場合は、公益財団法人山形県企業振興公社に事務局が置かれ、運営されています。

後継者人材バンク

後継者人材バンクとは、事業承継により経営者になることを目指す起業志望者と、後継者不在の中小企業をマッチングするサービスです。事業承継・引継ぎ支援センターでは、随時、起業志望者を募集しており、申込者を登録しておきます。

その後、後継者不在企業から事業承継・引継ぎ支援センターに相談があったときに、双方の条件が合致する相手がいれば、紹介・引き合わせを行うのです。面会後、話が進むようであれば、事業承継に向けた具体的な手続きなどを事業承継・引継ぎ支援センターがサポートします。

後継者人材バンクの情報は、全国各地の事業承継・引継ぎ支援センターで共有されるので、山形県内で適する後継者候補が見当たらなくても、隣接県などで見つかるかもしれません。M&Aの検討と並行して、利用してみる価値はあります。

【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

6. 山形県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段

山形県でM&A・会社売却・事業承継案件を探す場合、以下の3つの方法が有効です。

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

①M&A仲介会社・専門家に相談する

1つ目の手段は、M&A仲介会社・専門家への相談です。M&A仲介会社や地元の会計事務所などでは、山形県のM&A・会社売却・事業承継案件を取り扱っています

②地元の金融機関などに相談する

2つ目の手段は、地元の金融機関への相談です。M&A・会社売却・事業承継を取り扱う金融機関へ相談するのも良いでしょう。

③M&Aマッチングサイトなどを活用する

3つ目の手段は、M&Aマッチングサイトの活用です。昨今、マッチングサイトが急増しており、以下におすすめのマッチングサイトを紹介します。

  • M&Aプラットフォーム(M&A総合研究所)
  • Batonz(バトンズ)
  • TRANBI(トランビ)
  • スピードM&A(アイデアルパートナーズ)
  • 介護M&A支援センター(ブティックス)

M&Aプラットフォーム(M&A総合研究所)

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/platform

M&Aプラットフォームは、M&A総合研究所が運営するM&Aマッチングサイトです。独自AIを採用し高精度のマッチングを実現しています。登録手数料は、売り手・買い手とも無料です。

基本的に手続きや交渉などは当事者のみで行うシステムですが、不安のある場合は、アドバイザーによるサポートを別途、ご依頼いただけます(その場合は手数料が発生します)。

【関連】M&A仲介プラットフォームとは| M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

Batonz(バトンズ)

Batonzは、国内で最大級の規模を誇るマッチングサイトで、1,000件を超える案件を掲載しています。自社のみでの交渉に不安を抱く企業に対しては、承継アドバイザーの紹介依頼も可能です。

TRANBI(トランビ)

TRANBIも、国内で最大級の規模を誇るマッチングサイトで、常に1,000件以上の案件を掲載し、登録するユーザーの数は3万人を超えています。2021年1月から新しい料金システムが導入され、無料登録後、ユーザーは3種の有料プランから選択することになりました。

スピードM&A(アイデアルパートナーズ)

スピードM&Aは、2018(平成30)年11月創業のアイデアルパートナーズが運営しています。ITを活用した友好的M&Aの推進が、サイトのモットーです。買い手の資金調達サポートサービスも行っています。

介護M&A支援センター(ブティックス)

介護M&A支援センターは、ブティックスが運営する介護事業者専門のM&Aマッチングサイトです。山形県内の介護事業者の案件登録も行われています。業種は限定されますが、専門性の高さは随一といえるでしょう。

【関連】M&Aマッチングサイトのおすすめ40選!各サイトの一覧、特徴を比較【2021年最新版】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

7. 山形県のM&A・事業承継・会社売却事例

ここでは、山形県で過去に実際に行われたM&A事例の概要を紹介します。

  • 古窯による萬国屋のM&A
  • やまがた地域成長ファンドII号によるフューチャーインクへの資本参加
  • スパイバーによるシンプロジェンへの資本参加
  • あさひ会計による三澤経営センターとの経営統合
  • マルカキカイによる管製作所のM&A

旅館古窯による萬国屋のM&A

2019(平成31)年2月、山形県上山市の旅館古窯が、山形県鶴岡市の人気旅館である萬国屋の事業を引き継ぎました。江戸時代創業の萬国屋は140年の歴史を持つ老舗旅館ですが、設備投資費用として荘内銀行(山形県鶴岡市)から受けた融資額21億7,900万円の返済に窮していたのです。

荘内銀行の持株会社であるフィデアホールディングス(宮城県仙台市)によると、すでに債権全額を引き当て済みとしていたこともあり、荘内銀行は債権全額放棄に合意しました。それを受けて萬国屋は、経営再建のために旅館古窯の傘下に入ったのです。

やまがた地域成長ファンドII号によるフューチャーインクへの資本参加

2018年11月、山形県山形市のやまがた地域成長ファンドⅡ号が、山形県山形市のフューチャーインクに投資したことを発表しました。第三者割当増資に応じ資本参加したと思われますが、出資額を含め詳細は公表されていません。

やまがた地域成長ファンドⅡ号は、山形銀行とその関連会社やまぎんキャピタル(山形県山形市)および野村リサーチ・アンド・アドバイザリー(東京都千代田区)が組成したファンドです。

フューチャーインクは、山形大学発ベンチャーで、電子デバイスや医療機器などの開発・製造を行っています。やまがた地域成長ファンドⅡ号としては、地域の産業・企業の成長・発展による活性化のための支援として出資をしたとのことです。

スパイバーによるシンプロジェンへの資本参加

2018年10月、兵庫県神戸市のシンプロジェンは、山形県鶴岡市のスパイバーを引受先とする第三者割当増資を実施し、1億円の資金調達したことを発表しました。この第三者割当増資により、シンプロジェンの資本金は1 億1,800万円(資本準備金含む)となっています。

シンプロジェンは、ゲノム合成技術に係る研究および開発などを行っている企業です。スパイバーは、新世代バイオ素材開発を行っています。今回の第三者割当増資でシンプロジェンの経営権を握ったスパイバーは、代表取締役と取締役4名を送り込み、緊密な連携体制を築きました。

あさひ会計による三澤経営センターとの経営統合

2018年10月、山形県山形市のあさひ会計は、宮城県仙台市の三澤経営センターと経営統合しました。存続法人は、あさひ会計です。あさひ会計はM&A仲介も行う税理士法人であり、三澤経営センターも同じく会計事務所になります。

両社の統合で、所属する士業者は公認会計士、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士を合わせて130名、顧客数は約1,100件となり、東北地方で最大規模級の会計事務所が誕生しました。

マルカキカイによる管製作所のM&A

2016(平成28)年4月、大阪府大阪市のマルカキカイ(現マルカ)は、山形県天童市の管製作所の全株式を取得し完全子会社化しました。なお、取得価額は公表されていません。マルカキカイは、各種機械・装置類の販売を行う商社です。

管製作所は、CNC(computerized numerical control=コンピュータ数値制御)高圧洗浄機・専用工作機械・治工具などの設計・製造・販売を行っています。マルカキカイとしては、シナジー効果によりエンジニアリング事業の基盤拡大・成長が狙いです。

【関連】秋田のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

8. 山形県のM&A・事業承継・会社売却まとめ

後継者不在で経営者が高齢の山形県の中小企業にとっては、廃業を免れる手段としてM&A・会社売却による事業承継が有効な手段です。そして、M&A・会社売却・事業承継を成功させるには、M&A仲介会社や公的機関の活用が欠かせません。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事