沖縄のM&A・事業承継・会社売却の相談なら!仲介会社10選【案件一覧】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

本記事では、沖縄のM&A・事業承継・会社売却について解説します。沖縄のM&A・事業承継・会社売却におすすめの仲介会社や、事業承継ネットワークなどの公的機関の紹介、そして沖縄での最近のM&A事例や、仲介会社を選ぶ時のポイントなどを解説しています。

目次

  1. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却
  2. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却動向
  3. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却におすすめの仲介会社10選
  4. 沖縄県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント
  5. 沖縄県内の事業引き継ぎ・後継者バンク
  6. 沖縄県近郊のM&A案件一覧
  7. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却案件を探す手段
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却

沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却

沖縄県は観光産業や公共工事に加えて米軍関連の収入が多く、他の都道府県とは違った産業構造を持っています

農業でもサトウキビなど亜熱帯の気候を生かした産業が発展しており、日本の中で独自の地位を築いているといえるでしょう。漁業も盛んであり、特に養殖もずくの生産量は、全国の9割を占めています。

2. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却動向

沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却動向

帝国データバンクの調査によると、沖縄県企業の33%が、今後5年以内にM&Aに関わる可能性があると回答しています。

他の都道府県と同じように、沖縄県でも経営者の高齢化が進んでおり、今後M&Aによる事業承継が増えると考えられます。

さらに、「M&Aの必要性は高くなる」と回答した企業は56%にのぼり、経営者のM&Aに対する意識の高さが伺えます

3. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却におすすめの仲介会社10選

おすすめの仲介会社

この章では、沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却におすすめの仲介会社を10選紹介します。

【沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却におすすめの仲介会社】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 琉球M&Aパートナーズ
  3. 株式会社 沖縄M&Aサポート
  4. IRI M&Aコンサルティング株式会社
  5. 株式会社レコフ
  6. 沖縄相続・事業承継支援センター
  7. クロスダM&Aセンター株式会社
  8. 株式会社企業評価総合研究所
  9. 沖縄医業経営支援センター
  10. 相続・遺言おきなわ.com

①株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所は、業界最安値の料金体系クロージングまで平均3か月というスピードなど、多くの強みをもつM&A仲介会社です。

M&A案件ごとに経験豊富なアドバイザー・会計士・弁護士の3名体制で、中堅・中小企業のM&Aをフルサポートしています。
 

所在地 東京都港区六本木5丁目2-5 鳥勝ビル3F
サイトURL https://masouken.com/lp01
問合せ先 0120-401-970

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②琉球M&Aパートナーズ

琉球M&Aパートナーズは、那覇市にある沖縄専門のM&A仲介会社です。沖縄の事情や動向に詳しいスタッフによる、きめ細かいサポートとアドバイスを受けることができます
 

所在地 那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ9F
サイトURL https://rmap.co.jp/
問合せ先 098-988-1694

③株式会社 沖縄M&Aサポート

株式会社 沖縄M&Aサポートは、近年増加している沖縄のM&A・事業承継に対して、事情に精通した専門家集団による手厚いサポートを提供しているM&A仲介会社です。
 

所在地 那覇市久茂地3丁目21番1号國場ビル8階
サイトURL http://okinawa-ma.com/
問合せ先 098-943-3697

④IRI M&Aコンサルティング株式会社

IRI M&Aコンサルティング株式会社は、中小企業のM&A・事業承継を手がけるコンサルティング会社です。本社は東京ですが、那覇に沖縄オフィスを構えています。
 

所在地 那覇市山下町18-26
サイトURL https://www.iri-ma.co.jp/
問合せ先 0120-123-514

⑤株式会社レコフ

株式会社レコフは、1987年創業の老舗M&A仲介会社です。沖縄にオフィスはありませんが、県外企業とのM&Aを希望しているなら、レコフの幅広いネットワークは力になります
 

所在地 東京都千代田区麹町4-1-1 麹町ダイヤモンドビル(総合受付9F)
サイトURL https://www.recof.co.jp/
問合せ先 03-3221-4930

⑥沖縄相続・事業承継支援センター

沖縄相続・事業承継支援センターは、中小企業の事業承継や、個人の相続手続きなどを手がけている会計事務所です。
 

所在地 宜野湾市字大謝名201番地
サイトURL http://www.okinawa-souzoku.jp/
問合せ先 0120-437-409

⑦クロスダM&Aセンター株式会社

クロスダM&Aセンター株式会社は、九州を拠点とするM&A仲介会社です。沖縄に支店はありませんが、九州一円に本社・支社があり、沖縄の案件も取り扱っています
 

所在地 佐賀市兵庫北7丁目12番3号M’sガーデン夢旅人1号
サイトURL http://crossda.co.jp/
問合せ先 0952-37-8623

⑧株式会社企業評価総合研究所

株式会社企業評価総合研究所は、中小企業のM&A取引価格を算定する、バリュエーションを専門に行っている会社です。本社は東京ですが、沖縄にも営業所があります。
 

所在地 那覇市久米2-2-10 那覇商工会議所4階(沖縄営業所)
サイトURL https://www.value-lab.co.jp/
問合せ先 03-5222-2223

⑨沖縄医業経営支援センター

沖縄医業経営支援センターは、医療関連法人やクリニックの開業支援、M&A支援を行っている会社です。制度改革の影響を受けやすい医療業界において、健全経営の維持をサポートします。
 

所在地 宜野湾市字大謝名201番地
サイトURL http://www.okinawa-iryou.com/
問合せ先 0120-437-409

⑩相続・遺言おきなわ.com

相続・遺言おきなわ.com(沖縄相続遺言相談センター)は、相続に関するあらゆる相談を受け付けている機関で、事業承継に関する相談も受け付けています
 

所在地 那覇市真嘉比2丁目37-7号 2階
サイトURL http://www.okinawaso-zoku.com/
問合せ先 0800-777-3039

4. 沖縄県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント

仲介会社を選ぶポイント

沖縄県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶ時は、以下のポイントを押さえておきましょう。

【沖縄県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント】

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系が分かりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

M&Aでは、M&Aに関する専門知識はもちろんですが、売買する会社の業界についての知見も必要になります。

仲介会社を選ぶときは、担当スタッフが自社の業界の専門的知識を有しているか、そして同業種の会社のM&Aを手がけた実績があるかをチェックしましょう。

②案件規模・地元M&A実績などがある

大企業・中堅企業を取り扱う金融機関では、零細企業のM&A相談を持ちかけても、受け付けてもらえないことがあります。

また、沖縄での実績が少ない仲介会社の場合、最適な売買相手を見つけられない可能性もあります。

M&A仲介会社を選ぶときは、自社と同じ規模の案件を取り扱っているか地元のM&A実績があるかをチェックしましょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

M&Aには、財務や法律の知識に加え、売買する会社の業界動向など、幅広い知識と経験が必要になります。

例えば、会計士・弁護士・M&Aアドバイザーなど、各分野の専門家が揃っている仲介会社を選べば、幅広い知識と経験に基づいたサポートを受けることができます。

④手数料・相談料・報酬体系が分かりやすい

M&A仲介会社の手数料・相談料・報酬体系は各会社でまちまちなため、初めて相談を持ちかける経営者にとっては分かりにくい部分もあります。

M&A仲介会社を選ぶときは、例えば、完全成功報酬制のような報酬体系が分かりやすいところを選ぶようにしましょう。

報酬が明確化されていれば、後から予想外の費用を請求されて、トラブルになるような事態も避けることができます。

【関連】M&Aの手数料・報酬体系の相場は?M&A仲介会社別を徹底比較!

⑤担当スタッフの対応・相性

M&A・事業承継では、今まで育ててきた大切な会社を売買することになるため、会社の理念や経営者の思いを汲んでくれる、相性のよいスタッフがいる仲介会社を選ぶことも大事です。

また、電話・メールへの対応や手続きの円滑さなど、スタッフの対応の良さも大切な要素になります

担当するスタッフとの相性が和合わないと感じる場合は、担当者を変えてもらうか、別の仲介会社を利用することも検討するようにしましょう。

5. 沖縄県内の事業引き継ぎ・後継者バンク

沖縄県内の事業引き継ぎ・後継者バンク

この章では沖縄県内で利用できる、事業引き継ぎ・後継者バンクなどの公的機関を紹介します。

【沖縄県内の事業引き継ぎ・後継者バンク】

  1. 沖縄県事業承継ネットワーク
  2. 沖縄の事業承継機関
  3. 沖縄県事業引継ぎ支援センター

①沖縄県事業承継ネットワーク

沖縄県事業承継ネットワークとは、沖縄県内の各機関が手を組み、中小企業の事業承継をサポートするネットワークのことです。

中小企業経営者を対象として、事業承継に関する相談を無料で受け付けています。

②沖縄の事業承継機関

沖縄県で事業承継の相談を受け付けている機関には、例えば以下のようなものがあります。民間のM&A仲介会社では不安があるという方は、まずこういった公的機関で相談してみるのもよいでしょう。

沖縄信用保証協会

沖縄信用保証協会は、中小企業が金融機関から融資を受けやすくするために、信用保証を行っている機関です。

本所の所在地は那覇市内ですが、名護市・宮古島市・石垣市など各所に連絡所があるので、離島にお住まいの方でも相談しやすくなっています。

公益財団法人沖縄産業支援センター

公益財団法人沖縄産業支援センターは、沖縄の新産業創出や中核産業育成を担う拠点として、総合的な支援を行っている施設です。

センター内には、経営全般や開業・創業など、さまざまな相談を受け付ける機関があります。

沖縄県よろず支援拠点

沖縄県よろず支援拠点は、中小企業庁が各都道府県に設置している、経営に関するあらゆる相談を受け付ける相談所です。

中小企業や個人事業主だけでなく、NPO法人や一般社団法人などからの相談も受け付けています。

③沖縄県事業引継ぎ支援センター

沖縄県事業引継ぎ支援センターは、中小企業の事業承継に関する質問を、無料で受け付けている公的機関です。

事業承継に関するセミナーを定期的に開催するなど、事業承継への理解を深めるためのサポートも充実しています。

事業引継ぎ支援センターのような公的機関は、国が運営している安心感があるものの、管理案件が少なく満足な結果が求められない可能性があり、実際の仲介業務は提携機関へ委託する形になっています。

M&A総合研究所では、独自AIのマッチングシステムによる豊富な案件と、専任の会計士・弁護士・M&Aアドバイザーによる仲介業務を提供しています。

クロージングまでをフルサポートいたしますので、安心・スムーズなM&A・事業承継が可能です。

無料相談は年中無休でお受けしていますので、沖縄のM&A・事業承継・会社売却をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

事業承継支援センターの活用を政府も後押し

事業承継支援センターは発足当初は相談件数が少なかったですが、最近は政府の後押しもあって相談件数が増えつつあります

後継者バンクなどサポート体制も充実してきており、今後は案件数がさらに増えると考えられます。

①日本政策金融公庫による資料

事業引継ぎ支援センターは認知度がまだ30%ほどしかなく、中小企業経営者への周知を徹底することが望まれます。

そこで、日本政策金融公庫は「事業引継ぎ支援センターをご活用ください」という資料をネット上で公開し、事業引継ぎ支援センターの利用を呼びかけています

②事業承継ネットワーク事業について

中小企業庁は、「平成29年度事業承継ネットワークの取組と 今後の支援について」という資料をネット上で公開し、事業承継ネットワーク事業について周知するとともに、事業の全国展開を目指しています。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?費用や実績を解説【評判/口コミあり】
【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!

6. 沖縄県近郊のM&A案件一覧

沖縄県近郊のM&A案件一覧

この章では、沖縄県近郊のM&A案件一覧の中から、最近の事例を5例紹介します。

【沖縄県近郊のM&A案件一覧】

  1. 【人件費が安い】コールセンターの譲渡案件
  2. 観光地フードコートでの営業権譲渡
  3. ダイビングショップの譲渡
  4. 専門技術の教育関連事業の譲渡
  5. 外車のレンタカー事業の譲渡

①【人件費が安い】コールセンターの譲渡案件

沖縄県内のコールセンターの譲渡案件です。人件費が安い割に優秀な人材が揃っており、人員増員も可能な点が強みです。
 

業種 コールセンター
希望譲渡価格 1000~5000万円
譲渡理由 戦略の見直し
売上高 1億円~2.5億円
強み 人件費が安い

②観光地フードコートでの営業権譲渡

沖縄県の観光地フードコートでの営業権譲渡案件です。約500人収容可能な施設で、寄港場所から約10分という立地の良さも強みです。
 

業種 飲食店
希望譲渡価格 1000~5000万円
譲渡理由 戦略の見直し
売上高 5000万円~1億円
強み 約500人収容可能

③ダイビングショップの譲渡

国内外で人気の高い、ダイビングショップの譲渡案件です。ダイビングを体験できるコースが豊富に用意されており、外国人観光客や修学旅行生に人気があるのが強みとなっています。
 

業種 旅行・観光
希望譲渡価格 応相談
譲渡理由 後継者不在
売上高 1.0億円台
強み 多言語対応のスタッフ在籍

④専門技術の教育関連事業の譲渡

ステム(STEM)教育や英会話など、国際競争力を育む教育関連事業の譲渡案件です。アメリカ系講師によるオンライン英会話レッスンなど、最先端の教育環境が強みとなっています
 

業種 学習塾・スクール
希望譲渡価格 応相談
譲渡理由 事業の選択と集中
売上高 900万円台
強み ステム(STEM)教育の導入

⑤外車のレンタカー事業の譲渡

外車のレンタカー事業の譲渡案件です。国内数か所でレンタカー事業を営む会社が、沖縄の店舗のみを譲渡しています。
 

業種 レンタル・リース
希望譲渡価格 9000万円
譲渡理由 事業の選択と集中
売上高 非公開
強み 空港近くの立地

7. 沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却案件を探す手段

案件を探す手段

沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却案件を探す手段には、主に以下の3つがあります。

【沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却案件を探す手段】

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

①M&A仲介会社・専門家に相談する

M&A仲介会社や会計士・税理士といった専門家に相談するのは、M&A・会社売却・事業承継・事業売却案件を探す手段として最もオーソドックスだといえます。

沖縄県内では、以下のような仲介会社や法律・税理士事務所がおすすめです。

①株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所は、沖縄を含む全国の案件を幅広く手がけているM&A仲介会社です。経験豊富な会計士・弁護士・アドバイザーによるチームで、クロージングまでフルサポートします。

薬剤師がサポートする調剤薬局専門チームもあるので、薬局のM&A・事業承継をお考えの方にもおすすめです。
 

所在地 東京都港区六本木5丁目2−5 鳥勝ビル3F
サイトURL https://masouken.com/lp01
問合せ先 0120-401-970

②弁護士法人琉球法律事務所

弁護士法人琉球法律事務所は、事業承継を始めとして、あらゆる法務上の相談を受け付けている法律事務所です。沖縄を拠点とする地域密着型のサポートが強みです。
 

所在地 那覇市牧志二丁目16番46号 タカラマンションマキシ-1 201号室
サイトURL http://www.ryukyu-law.org/
問合せ先 098-862-8619

③レスター税理士法人

レスター税理士法人は、沖縄を拠点とする税理士事務所です。宜野湾にも事務所があるので、近隣にお住まいの方にとっては便利です。
 

所在地 那覇市久茂地1‐7-1琉球リース総合ビル908号室
サイトURL http://www.feliz-tax.jp/
問合せ先 0120-437-409

②地元の金融機関などに相談する

M&A仲介会社や専門家以外の選択肢としては、地方銀行や信用金庫などの、地元の金融機関に相談する手段もあります。

①沖縄銀行

沖縄銀行は沖縄県全域に店舗を持つ地方銀行です。宮古島市や石垣市にも店舗があるので、離島にお住まいの方の相談先としてもおすすめです。

②琉球銀行

琉球銀行(りゅうぎん)は、沖縄各地に店舗を構える地方銀行です。琉球銀行では法人向けサービスとしてコンサルティング業務を行っており、M&A・事業承継の相談を受け付けています

③コザ信用金庫

コザ信用金庫は、沖縄本島を中心に店舗を展開する信用金庫で、「コザしん経営サポート」として事業承継や経営相談などを受け付けています

③M&Aマッチングサイトなどを活用する

自分で案件を探したい場合は、M&Aマッチングサイトなどを活用するという手段もあります。

①株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所では、独自AIを使用したマッチングプラットフォームを提供しており、買い手・売り手ともに無料で利用することができます

地域や業種によって細かく検索できるので、あらゆる業種・事業規模で最適な案件を探すことができます。

自身で交渉・契約までを行うことができますが、手続きに不安がある場合は専門家に仲介サポートを依頼することもできます。

②Batonz 【バトンズ】

Batonz 【バトンズ】は、仲介会社大手の日本M&Aセンターが運営するマッチングサイトです。案件数が多く、小規模な店舗や個人事業の譲渡案件も豊富に揃っています。

③トランビ【TRANBI】

トランビ【TRANBI】は、最近急激にユーザー数を伸ばしている、注目のM&Aマッチングサイトです。

多くの金融機関と提携しているのが強みで、幅広いネットワークから最適な案件を探すことができます。

【関連】【中小企業】後継者不足の求人募集におすすめのマッチングサイト16選

8. まとめ

まとめ

本記事では、沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却について解説しました。

沖縄県は産業構造が他の都道府県に比べて特殊な部分があるので、地域の動向を正しく理解した専門家のもとで、M&A・事業承継を行うことが重要になります。

【沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却におすすめの仲介会社】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 琉球M&Aパートナーズ
  3. 株式会社 沖縄M&Aサポート
  4. IRI M&Aコンサルティング株式会社
  5. 株式会社レコフ
  6. 沖縄相続・事業承継支援センター
  7. クロスダM&Aセンター株式会社
  8. 株式会社企業評価総合研究所
  9. 沖縄医業経営支援センター
  10. 相続・遺言おきなわ.com

【沖縄県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント】
  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系が分かりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性

【沖縄県内の事業引き継ぎ・後継者バンク】
  1. 沖縄県事業承継ネットワーク
  2. 沖縄の事業承継機関
  3. 沖縄県事業引継ぎ支援センター

【沖縄県近郊のM&A案件一覧】
  1. 【人件費が安い】コールセンターの譲渡案件
  2. 観光地フードコートでの営業権譲渡
  3. ダイビングショップの譲渡
  4. 専門技術の教育関連事業の譲渡
  5. 外車のレンタカー事業の譲渡

【沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却案件を探す手段】
  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

M&A総合研究所では、会計士・弁護士・アドバイザーの3人体制で、沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却をフルサポートします

無料相談を24時間お受けしていますので、沖縄県のM&A・会社売却・事業承継・事業売却をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ