【2020年最新版】調剤薬局の継承案件25選!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

近年、調剤薬局におけるM&A・事業継承は、案件数・成約件数とも増加傾向にあります。そこで当記事では、調剤薬局の事業継承案件を25選ご紹介します。また、調剤薬局のM&A・事業承継を行うメリット・デメリットについても解説しています。

目次

  1. 調剤薬局の事業継承
  2. 【2020年最新版】調剤薬局の継承案件25選
  3. 調剤薬局の事業継承に最適な時期
  4. 調剤薬局の事業継承の方法とメリット・デメリット
  5. 調剤薬局の事業継承におすすめの相談先
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 調剤薬局の事業継承

調剤薬局の事業継承について

この記事では、調剤薬局の事業継承案件を25選ご紹介するとともに、事業承継の手法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。まずは、調剤薬局の概要、事業承継と事業継承の違いについて説明します。

調剤薬局とは

調剤薬局とは、薬剤師が調剤を行って販売又は授与する場所を指します。調剤薬局の正式名称は「薬局」ですが、主に調剤を行うことから「調剤薬局」という呼び名が一般的に使用されています。

薬局を新設するためには開設許可を受けなければならず、「薬局」という名称を許可なしで使用することは原則できません。

また、薬局には調剤室を設置されていなければならず、薬剤師を常駐させなければなりません。

事業継承とは

「事業継承」は「じぎょうけいしょう」と読み、地位・財産・権利・義務などを後継者に引き継ぐことをいいます。

例えば、天皇の位を引き継ぐことは「皇位継承」、伝統芸能を引き継ぐときは「伝統芸能を継承する」というような使い方をします。

よく似た言葉に「事業承継(じぎょうしょうけい)」があり、この2つはどちらも「何かを引き継ぐこと」という意味になりますが、その意味には若干異なる部分があります。

事業承継との違い

事業承継と事業継承には、どちらも「対象となるものを引き継ぐ」というの意味がありますが、厳密にいえば「引き継ぐ対象となるもの」が若干異なります。

会社を引き継ぐことを例に挙げると、事業承継では財産・義務・権利だけでなく、先代の経営理念やビジョンといわば抽象的なものも引き継ぎます。

事業引継ぎの前後で経営方針が一貫するため、迅速な意思決定ができることや、従業員の混乱を防ぐことができるのが利点です。

一方、事業継承では経営理念やビジョンは引き継がないため、その後は、譲渡先の経営者や経営陣の経営理念やビジョンに沿って経営を行われます。

新たな経営者の手腕や経営方針によっては、継承後の経営安定や事業拡大に期待することもできます。

【関連】事業承継と事業継承の違いを解説!正しいのはどっち?読み方は?

2. 【2020年最新版】調剤薬局の継承案件25選

【2020年最新版】調剤薬局の継承案件25選

ここからは、2020年度最新版の調剤薬局の継承案件を25個紹介します。最初の3件は、調剤薬局の買収を希望している案件であり、売却希望者に対しての案件です。また、残りの22個は売却希望の案件であるため、買収希望者に対する案件になります。

1.群馬県の調剤薬局買収希望案件


1つ目は調剤薬局の買収を希望している案件です。買収希望企業は、資金面には余裕があり、2011年には美容室の開業実績もあるため、スムーズな事業継承が可能です
 

買収希望企業 2006年に設立したIT企業
希望する調剤薬局所在地 群馬県高崎市付近
希望する調剤薬局の規模 3~5人
想定買収金額 2000~5000万円

2.調剤薬局のM&Aを目的とした買収案件

2つ目は、調剤薬局のM&Aによる事業拡大を目的とした買収案件です。買収を希望の調剤薬局は、これまでに10回以上の買収実績があるため、スムーズな事業継承が可能です

ただし、赤字の調剤薬局に対しては対応することができないため、売却側は注意する必要があります。
 

買収希望企業 全国に展開している調剤薬局
希望する調剤薬局所在地 日本全国
想定買収金額 10億円以内
注意点 赤字の調剤薬局には対応できない

3.北関東エリアの調剤薬局買収希望案件

3つ目も調剤薬局の買収を希望している案件です。この案件は、調剤薬局だけでなく、ドラッグストアの買収も視野に入れている買収希望案件です。なお、今回の買収が初めてになります。
 

買収希望企業 全国に展開している調剤薬局
希望する調剤薬局所在地 埼玉県・栃木県・群馬県の北関東エリア
希望する調剤薬局の規模 売上高が1~5億円程度
想定買収金額 1~10億円

4.長野県の調剤薬局

4つ目の案件からは売却希望の案件を紹介します。この調剤薬局は長野県にあり、安定した顧客がいることが強みです。

循環器科クリニックのそばに店舗があり、リピーターが多いアットホームな雰囲気の調剤薬局です。
 

調剤薬局の所在地 長野県
調剤薬局の従業員数 3~5人
直近の売上高 5600万円台
事業継承の目的 後継者不在のため
希望譲渡価格 応相談
調剤薬局の強み 循環器科クリニックのそばにあり、安定した顧客がいること

5.創業40年以上の北海道の調剤薬局

5つ目は、創業40年以上の北海道にある調剤薬局で、門前クリニックによる安定した顧客がいることが強みです。

また、土地や家賃についても出費を抑えることができ、自身が薬剤師であれば管理薬剤師の兼任できるため、人件費を抑えることもできます
 

調剤薬局の所在地 北海道
調剤薬局の従業員数 3~5人
直近の売上高 3500万円台
事業継承の目的 別事業に集中するため
希望譲渡価格 1500万円
調剤薬局の強み 門前クリニックのため安定した顧客がいること

6.都内の調剤薬局

6つ目は、東京都内にある調剤薬局です。売り手は想いを引き継いでくれることを重視しており、事業承継に近い案件です。最寄駅から徒歩1分と好立地にあり、老若男女問わず顧客の多い調剤薬局です。
 

調剤薬局の所在地 東京都
調剤薬局の従業員数 3人未満
直近の売上高 4100万円台
事業継承の目的 後継者不在のため
希望譲渡価格 250万円
調剤薬局の強み ・最寄駅から徒歩1分と好立地
・老若男女問わず多くの方が訪れる

7.神奈川県の調剤薬局

7つ目は、神奈川県の調剤薬局です。開業から2年と間もないですが、在宅サービスも行っており、収益は拡大中です
 

調剤薬局の所在地 神奈川県
調剤薬局の従業員数 3人未満
直近の売上高 未公表
事業継承の目的 別事業に集中するため
希望譲渡価格 8000万円
調剤薬局の強み 調剤薬局に必要な機器は買収済みのため、固定費がかからないこと

8.創業30年以上の神奈川県の調剤薬局

8つ目は、創業30年以上の神奈川県の調剤薬局です。売り手は想いを引き継いでくれることを重視しており、事業承継に近い案件です。

店舗内はバリアフリーになっており、障害者や高齢者にも利用しやすい環境になっています。
 

調剤薬局の所在地 神奈川県
調剤薬局の従業員数 3人未満
直近の売上高 2700万円台
事業継承の目的 後継者不在のため
希望譲渡価格 1000万円
調剤薬局の強み 店舗内がバリアフリー化されており、障害者の人も利用しやすいこと

9.佐賀県の個人事業で経営している調剤薬局

9つ目は、個人事業で経営している佐賀県の調剤薬局です。売り手は想いを引き継いでくれることを重視しています。集中率(主な医療機関が占める割合)が非常に高いことが強みです。
 

調剤薬局の所在地 佐賀県
調剤薬局の従業員数 3人未満
直近の売上高 1700万円台
事業継承の目的 後継者不在のため
希望譲渡価格 800万円
調剤薬局の強み 集中率(主な医療機関が占める割合)が非常に高いこと

10.創業50年以上の静岡県の調剤薬局

10個目は、創業50年以上の静岡県の調剤薬局です。この案件も売却側の想いを引き継いでくれることを重視しており、営業活動を行っていないため、売上改善の余地があります。
 

調剤薬局の所在地 静岡県
調剤薬局の従業員数 3人未満
直近の売上高 3600万円台
事業継承の目的 後継者不在のため
希望譲渡価格 750万円
調剤薬局の強み 営業活動はしていないため、売上改善の余地があること

11.三重県の調剤薬局

11個目は、三重県の調剤薬局です。門前薬局であるため安定した収益を見込むことができ、売り手は自身の想いを引き継いでくれるかどうかを重視しています。
 

調剤薬局の所在地 三重県
調剤薬局の従業員数 3人未満
直近の売上高 2000万円台
事業継承の目的 未公開
希望譲渡価格 応相談
調剤薬局の強み 門前薬局につき、安定した収益を見込めること

12.九州エリアの調剤薬局

12個目は、九州エリアの調剤薬局です。バリアフリーに対応しているなど店内環境は整っていますが、経営者の方が管理薬剤師を兼任していたため、買い手企業は薬剤師を確保する必要があります。
 

調剤薬局の所在地 九州エリア
調剤薬局の従業員数 なし
直近の売上高 1000~2500万円
事業継承の目的 後継者不足のため
希望譲渡価格 750~1000万円
調剤薬局の強み バリアフリーに対応していること

13.北海道オホーツクエリアの調剤薬局

13個目は、北海道オホーツクエリアの調剤薬局です。地域唯一の調剤薬局であり、在宅需要があるので売り上げ改善の見込みがあります
 

調剤薬局の所在地 北海道オホーツクエリア
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 5000~7500万円
事業継承の目的 後継者不在のため
希望譲渡価格 1000~3000万円
調剤薬局の強み ・地域唯一の調剤薬局であること
・在宅需要があり、売上改善の余地があること

14.兵庫県丹波北播磨エリアの調剤薬局

14個目は、兵庫県丹波北播磨エリアの調剤薬局です。管理薬剤師は継承できないため、買い手側を薬剤師がいる企業もしくは薬剤師資格を持っている個人に限定しています
 

調剤薬局の所在地 兵庫県丹波北播磨エリア
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 2500~5000万円
事業継承の目的 経営戦略見直しのため
希望譲渡価格 250~500万円
調剤薬局の強み 初期投資を抑えて調剤薬局が開業できる点

15.徳島県の調剤薬局

15個目は、徳島県の調剤薬局です。門前薬局であるため売り上げが安定していることが強みです。

管理薬剤師は継承できないため、買い手を薬剤師がいる企業もしくは薬剤師資格を持っている個人に限定しています。
 

調剤薬局の所在地 徳島県
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 5000~7500万円
事業継承の目的 後継者不足のため
希望譲渡価格 3000~5000万円
調剤薬局の強み 門前薬局につき売り上げが安定していること

16.神奈川県内の個人薬剤師向け調剤薬局

16個目は、神奈川県の調剤薬局です。開業して3年以内であるため店舗も新しく、売り上げ改善の余地も十分あります。

この案件では、管理薬剤師は継承できないため、買い手を薬剤師資格を持っている個人に限定しています
 

調剤薬局の所在地 神奈川県
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 5000~7500万円
事業継承の目的 経営戦略の見直しのため
希望譲渡価格 5000~7500万円
調剤薬局の強み 開業3年以内につき、売上改善の余地があること

17.沖縄県の調剤薬局

17個目は、沖縄県の調剤薬局です。沖縄県は薬剤師が不足している地域の1つです。そのため、管理薬剤師は継承できないため、譲渡先を薬剤師資格を持っている個人に限定しています
 

調剤薬局の所在地 沖縄県
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 7500万円~1億円
事業継承の目的 財務的な理由
希望譲渡価格 1000~3000万円

18.三重県北部の調剤薬局

18個目は、三重県北部の調剤薬局です。安定した顧客がいるため、投資回収が早期に見込むことができます
 

調剤薬局の所在地 三重県北部
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 5000~7500万円
事業継承の目的 経営戦略見直しのため
希望譲渡価格 1000~3000万円
調剤薬局の強み 安定した顧客がいること

19.三重県中部の調剤薬局

19個目は、三重県中部の調剤薬局です。現在、売上や技術料が増加傾向であるため、更なる売上増加が見込めます
 

調剤薬局の所在地 三重県中部
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 2500~5000万円
事業継承の目的 経営戦略見直しのため
希望譲渡価格 5000~7500万円
調剤薬局の強み さらなる売上増加が見込めること

20.富山県の調剤薬局

20個目は、富山県の調剤薬局です。開局後3年未満で売上や技術料が増加傾向です。そのため、更なる売上増加が期待できます
 

調剤薬局の所在地 富山県
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 5000~7500万円
事業継承の目的 経営戦略見直しのため
希望譲渡価格 1000~3000万円
調剤薬局の強み 交渉次第で事務員を継続雇用することができる点

21.宮崎県の調剤薬局

21個目は、宮崎県の調剤薬局です。この案件では管理薬剤師や事務員を引き継ぐことができるため、スムーズに営業を開始することができます
 

調剤薬局の所在地 宮崎県
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 5000~7500万円
事業継承の目的 経営戦略見直しのため
希望譲渡価格 5000~7500万円
調剤薬局の強み 薬剤師など人材を引き継げること

22.奈良県の調剤薬局

22個目は、奈良県の調剤薬局です。周辺での在宅ニーズがあるため、売上拡大の余地があります
 

調剤薬局の所在地 奈良県
調剤薬局の従業員数 なし
直近の売上高 1000~2500万円
事業継承の目的 経営戦略見直しのため
希望譲渡価格 250万円以下
調剤薬局の強み 在宅ニーズがあり、売上改善の余地があること

23.大阪府茨木市の調剤薬局

23個目は、大阪府茨木市の調剤薬局です。処方元の医師が息子に事業を引き継いでおり、関係を維持することができるため、今後も安定した売上が期待できます
 

調剤薬局の所在地 大阪府茨木市
調剤薬局の従業員数 10人以下
直近の売上高 5000万円~1億円
事業継承の目的 後継者不在のため
希望譲渡価格 1000~5000万円
調剤薬局の強み 今後も安定した売上が期待できること

24.福岡県の調剤薬局

24個目の案件は福岡県の調剤薬局です。この調剤薬局では処方箋枚数が増加しているため、今後も増収・増益が見込めます
 

調剤薬局の所在地 福岡県
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 1000万円~5000万円
事業継承の目的 経営戦略見直しのため
希望譲渡価格 1000~5000万円
調剤薬局の強み 今後も増収・増益が見込めること

25.鹿児島県の調剤薬局

最後に紹介する案件は、鹿児島県の調剤薬局です。処方箋枚数が増加しており、今後も増収・増益が見込めますが、人材確保が困難な地域であるため、薬剤師の確保などに注意が必要です。
 

調剤薬局の所在地 鹿児島県
調剤薬局の従業員数 5人以下
直近の売上高 1000万円~5000万円
事業継承の目的 人材不足のため
希望譲渡価格 1000万円以下

3. 調剤薬局の事業継承に最適な時期

調剤薬局の事業継承に最適な時期について

調剤薬局の事業継承を行う最適な時期・年齢は、どの程度を目安とすればよいのでしょうか。ここでは、調剤薬局の事業継承を考える年齢・時期、調剤薬局を事業継承することの意味を解説します。

調剤薬局を事業継承することの意味

調剤薬局を簡単に廃業することはできません。医薬分業が進み、調剤薬局は病院と同様に地域医療を支える施設の1つになっています。その使命を果たすために調剤薬局は他の事業の事業継承と異なり、非常に重大な意味を持っています。

調剤薬局の事業継承を考える年齢

調剤薬局の経営者の平均年齢は約60歳です。ほとんどの経営者は65~70歳に事業継承をしたいと考えているようですが、それは遅すぎます。中小企業庁の40~49歳の調剤薬局の経営者を対象としたアンケートで事業継承を開始した時期としては最も良かったと考える経営者が最も多いことが分かっています。

つまり、50代の事業継承でも遅いということを意味しています。事業継承には後継者選びが必要であり、これに最も時間がかかるため、40代が最適であると考えられます。事業継承が必要だと感じたらすぐに準備するようにしましょう。

4. 調剤薬局の事業継承の方法とメリット・デメリット

調剤薬局の事業継承の方法とメリット・デメリットについて

最後に調剤薬局の事業継承の方法と、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

事業譲渡・売却、株式譲渡・売却

事業譲渡・売却では、対象とする資産や営業権のみを売買できるため、取引価格を最低限に抑えることができます。

しかし、薬剤師などの従業員は引き継ぐことができないため、勤務継続に関する交渉や新たな人材確保をする必要があります。

株式譲渡・売却では、包括承継が原則であるため、調剤士などの人材を確保する点に心配する必要はありません。

ただし、負債もすべて引き継ぐため、簿外債務などが発覚するリスクには注意しなければならないため、事前のデューデリジェンスを徹底することが大切です。

【事業譲渡・売却と株式譲渡・売却のメリットデメリット】

  メリット デメリット
事業譲渡・売却 必要な資産・営業権だけを売買する
ことができる
従業員の引継ぎなど、契約内容を詳細に
決める必要がある
株式譲渡・売却 包括承継であるため、薬剤師などの人材も
承継することができる
負債などすべてを承継するため、簿外債務に
注意しなければならない

【関連】事業譲渡と株式譲渡の違いを解説!税務面などメリット・デメリットを徹底比較!

事業承継

親族内事業承継は、親族に調剤薬局の資産を譲渡するため、贈与や相続についての手続きの手間を省くことができます。ただし、後継者候補が限られるため、簡単に親族内事業承継を行うことはできません。

親族外事業承継は、後継者候補を広げることができ、後継の意思があれば、後継者候補にすることができます

ただし、親族外事業承継では、後継者が資産を買い取るための資金を調達をしなければならないため、事業承継が困難なケースもあります。

M&Aによる事業承継では、後継者を探す必要はありません。しかし、想定していたよりも売却益が少なくなる可能性もあります。

【親族内事業承継、親族外事業承継、M&Aによる事業承継のメリットデメリット】

  メリット デメリット
親族内事業承継 贈与などの手続きが簡素化できる 後継者が限られるため簡単に行うことができない
親族外事業承継 引き継ぐ意思のある人を後継者にできる 調剤薬局を買い取る資金を調達する必要がある
M&Aによる事業承継 後継者を探す必要がない 想定した売却益を得られない場合がある

【関連】M&Aと事業承継の違いは?メリット・デメリットを解説!

5. 調剤薬局の事業継承におすすめの相談先

調剤薬局の事業継承におすすめの相談先について

調剤薬局の事業継承を成功させるためには、M&Aに関する知識や見解に加え、調剤薬局業界に精通していることも必要であるため、M&A仲介会社など専門家のサポートは不可欠ともいえるでしょう。

M&A総合研究所では、M&Aや事業承継・事業継承に関する実績豊富なアドバイザー・M&Aに精通した会計士・弁護士3名によるフルサポートを行っています

また、調剤薬局の事業承継・事業継承では、薬剤師がM&Aのお手伝いをいたします。

料金体系は、着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬型を採用しており、成約に至らなければ費用は一切かかりません。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、調剤薬局のM&Aや譲渡をご検討の方は、どうぞお気軽にご連絡ください。

6. まとめ

調剤薬局の事業継承 まとめ

今回は、調剤薬局のM&Aや譲渡について解説しました。調剤薬局の事業継承の案件数・成約件数は多数あり、調剤薬局を売却したいという経営者は増加しています。

  • 調剤薬局の事業継承について→地域医療に配慮して廃業できないため、とにかく事業を譲渡したい事業継承の件数は増加しています。
  • 調剤薬局のM&A手法のメリット・デメリットについて→それぞれの手法を理解した上で適切な事業継承を行うようにしましょう。
調剤薬局の事業継承を行う際は、M&Aに関する知識や経験だけでなく、調剤薬局業界に関して精通している必要があるため、M&Aの専門家に相談しながら進めていく必要があります。

M&A総合研究所では、M&A総合研究所では、M&Aや事業継承に関する実績豊富なアドバイザー・M&Aに精通した会計士・弁護士が調剤M&Aチームを編成し、フルサポートいたしますので、スムーズな事業継承が可能です

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ